右 脇腹 痛い。 右脇腹の痛みが続く原因は?女性・男性別に疑われる病気一覧

脇腹が痛い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

右 脇腹 痛い

ですが、それ以外にも「病気」ということも考えられます。 ではここから、上記の内容含めて「なぜ右脇腹が痛くなるのか」を説明しましょう。 走ると脇腹が痛い! 上記どおり、右脇腹痛い理由として一番多いのがこのケースでしょう。 ではなぜ人は、食後に急な運動をすると脇腹が痛くなるのでしょうか。 これは、 胃に落ちてきた食べ物が、左上から右下に向かって移動していくから です。 その結果、胃酸が右側にたまりやすくなり、強い運動やストレスによって消化不良や胃酸過多が起こると、 右脇腹に炎症が発生しやすくなると考えられています。 このように、右脇腹が急に痛み出すといういう場合にはまず 「胃腸不良」が疑われます。 スポンサーリンク 「胆石」による痛み 胃と十二指腸(右脇腹側)のすぐ近くには、 胆のうという臓器があります。 「胆のう」とは、胆汁をためておくための器官です。 食べ物を消化する際に十二指腸側に胆汁を送り出すことで、 消化された食べ物を小腸で吸収可能な物質へと変化させる役割を担っています。 脂肪分の多い食事を好む人は、コレステロールが結晶化して胆石になりやすく、腹腔内の右側にある胆のうや胆管に胆石が存在すると右脇腹に痛みを感じるようになります。 他の病気は? 腹腔(お腹の空間)内の右側には ・肝臓 ・上行結腸 ・虫垂 ・盲腸 などの器官があります。 そのため、右脇腹が痛む病気として考えられるのは• 胃腸障害(慢性胃炎、胃潰瘍、胃がんなど)• 胆石症• 胆のう炎• 胆のうがん• 胆管がん• 肝硬変• 肝がん• 盲腸炎• 虫垂炎• 上行結腸がん• 上行結腸憩室炎 などが挙げられます。 では上記に挙げられる病気は、何が原因となるのでしょうか。 スポンサーリンク これらの病気の原因とは? 右脇腹が痛む病気の中で最も発症頻度の高いものが ・胃腸障害 ・胆石症 の二つと言って良いでしょう。 いずれも食生活の乱れとストレスが原因で起こりやすい病気です。 それ以外の原因としては ・飲酒 ・喫煙 ・加齢 ・睡眠不足 ・運動不足 などが考えられます。

次の

【横腹が痛い.com】〜左・右・横腹の痛みの原因〜

右 脇腹 痛い

右脇腹の痛みの原因は? 右脇腹に起こる痛みは、• ストレスによる神経系の痛み• 無理な運動や姿勢の悪さからくる筋肉痛• 内臓疾患 など、様々な原因が考えられます。 筋肉痛や神経痛であれば、時間の経過とともに痛みは和らいできますが、右脇腹にいつまでも違和感があったり、鈍痛や痛みが続く場合、内臓系の病気の疑いが強くなります。 右脇腹の痛みが続く時に疑われる病気を紹介したいと思います。 右脇腹の痛みが続く時、疑われる病気は? 右脇腹の辺りには大腸・盲腸・腎臓・胆のう・肝臓と多くの臓器が存在しており、右脇腹の痛みはこれら臓器に何らかの病気がある可能性が考えられます。 男性と女性で考えられる病気が若干変わるので、右脇腹の痛みに直結する可能性が高い病気のみ男女別に紹介していきます。 男性・女性に共通して考えられる病気 胆石 胆石はコレステロールなどが固まったもので、成人の8%が持っていると言われています。 症状としては、右脇腹から背中にかけ激痛が走るのが特徴です。 食後に発症することが多く、肥満や食物繊維不足によりリスクが高まるため、日頃の生活習慣を見直せば予防可能な病気とも言えます。 大腸がん・肝臓がん・胃がん 右脇腹の痛みが長期に渡って続く場合、これらのがんの疑いもあります。 がんの場合、耐えられないほどの激痛というより、ズキズキと重い鈍痛が続きます。 虫垂炎 右脇腹の小腸から大腸に繋がった下、盲腸の先に突き出ている虫垂に炎症が起き発症します。 男女差はなく、どの年齢層でも見られる病気で急に激しい腹痛が起こり吐き気を伴うこともあります。 放っておくと腹膜炎を起こし、命の危険性もあるため早急な治療が必要です。 腹膜炎 臓器を覆っている腹膜が細菌感染を起こして炎症が起きます。 はじめは右脇腹の一部が痛み出し、次第に痛みの範囲が広がっていきます。 痛みと併せて吐き気や頻脈、発熱などの症状が見られることもあります。 胆のう炎 胆石が胆管に詰まる事により胆のうの壁が炎症を起こす病気で、症状として右脇腹の激しい痛みや発熱・黄疸が見られます。 胆石同様、食後に現れることが多い病気です。 肝炎 肝臓に炎症が起こる病気で「急性肝炎」と「慢性肝炎」があります。 症状としては、全身の倦怠感・発熱や黄疸・吐き気、そして右脇腹やみぞおちに鈍い痛みがみられます。 スポンサーリンク 女性に多い病気 慢性胆のう炎 近年、食事の欧米化が進みコレステロールの多い食生活の影響で、胆汁の成分が固まってできる胆石を持つ女性が増え続けています。 胆石が一因となって起こる病気が慢性胆のう炎で、特に40代~50代の女性に多い病気です。 症状の特徴として、激しい痛みはなく右脇腹に鈍痛や重い感じを伴います。 膀胱炎 女性は性器の形状が外側に開口しているため、男性より細菌感染しやすく膀胱炎を発症しやすくなっています。 膀胱炎は大抵直ぐ治りますが、大腸菌などが腎臓まで上がると腎盲腎炎を引き起こすことがあります。 膀胱炎が右側の腎臓で起きた場合、右脇腹の痛みを伴い、併せて高熱・吐き気の症状もみられます。 子宮筋腫 右脇腹の痛みが鈍痛の場合、子宮筋腫やそれに伴う便秘の可能性があります。 子宮筋腫は妊娠に影響を与える場合があるので、今後結婚や妊娠を控えている女性はきちんと検査することをおすすめします。 卵巣卵管組織の炎症 女性は女性特有の臓器を保有しているため、右脇腹が痛む時それらの臓器に何らかの疾患が起きている可能性も考えなければなりません。 卵巣は左右対称にありますが、右側の卵巣にトラブルが起きた場合、右脇腹に痛みを感じます。 卵巣にできる腫瘍の種類は非常に多く、良性とされる卵巣嚢胞~悪性とされる境界悪性腫瘍まで様々です。 少しでも違和感や痛み不安を感じた場合、早期に専門医を受診する事が大切です。 男性に多い病気 尿路結石 尿の通り道に結石が出来てしまう病気で、30~40代の男性に多い疾患です。 男性は女性より尿管が細く長いため石が詰まりやすくなっています。 尿路結石は腰の背部から脇腹にかけて耐えがたい激痛が起こります。 夜間や早朝に痛むことが多く、腎臓の中心に炎症が起こる腎盲腎炎を併発することもあります。 肋間神経痛 肋骨部分の神経痛のことで、女性にも起こりますが男性に起こる割合の方が多いです。 肋間神経痛は呼吸の度に右脇腹が痛んだり、寝返りや咳、笑った時にも痛むことが多いです。 原因は日常のストレスや内臓疾患の場合など様々ですが、右脇腹以外に背中や脇の下、みぞおちが痛むこともあります。 痛み自体は長く続かないですが、癖になってしまい繰り返すことがあります。 まとめ 右脇腹に痛みが続く時、筋肉痛や適切な治療ですぐ治る軽い疾患の場合もありますが、時には命にかかわる重大な病気の可能性もあります。 自己判断や「もう少し我慢してみよう…」と軽い気持ちで考えず、早めに病院へ行き正しい診断・治療を受けることが何より大切です。 内臓疾患の場合は数センチずれるだけで病気である臓器が違ってくるので、痛む場所をきちんと把握して医師に伝えるようにしましょうね! スポンサーリンク.

次の

右の脇腹が痛む10の原因 — みんな健康 右の脇腹が痛む10の原因

右 脇腹 痛い

せき・くしゃみでわき腹が痛いときは、肋骨を傷めたかも…… 体をひねったり、ふりかぶるような、わき腹に負担のかかる動作を繰り返すと、肋骨の 疲労骨折をおこすことがあります。 肋骨の疲労骨折は中高年の スポーツ初心者や 運動不足の人が、 ゴルフや テニス、 野球や 剣道などのスポーツで受傷しやすいです。 また、 骨が弱くなっている高齢者では、 激しいせきや 寝返りだけでも骨折する場合があるので要注意です。 わき腹から背中の肋骨に沿っての圧痛や、せき・くしゃみでのわき腹の痛みがみられたら、整形外科を受診しましょう。 わき腹の筋肉の肉離れや、筋肉痛でも痛みます 体を急にねじったときに、わき腹の 筋肉を傷めることがあります。 ゴルフや 野球、 テニスなどのスポーツや、 転んだり、 転落したときなどに受傷します。 また、筋肉が弱くなっていると、体をねじる体操やストレッチで、高齢者では横の物を取ろうとしただけで、わき腹の筋肉を痛めてしまう事もあるでしょう。 普段より運動量が多かったり、疲れているときなどは、わき腹の筋肉痛も生じやすいものです。 わき腹には、上腕骨(二の腕)や肩甲骨、肋骨などを動かしたり、呼吸時に働く筋肉があるので、傷めると上半身の運動や呼吸にともない痛みます。 急性期は、わき腹に痛みを感じる動作や姿勢は避け、アイシングや湿布などで様子をみます。 痛みが軽くなってきたら、温めて少しずつストレッチや筋トレを開始しましょう。 スポーツの前には十分なストレッチを行い、高齢の人は無理な運動は控えて、急がずゆっくりと慎重に行動してください。 わき腹が突然、刺すような痛みに襲われる「肋間神経痛(ろっかんしんけいつう)」 わき腹が痛む 肋間神経痛(ろっかんしんけいつう)の原因は、背骨や肋骨、筋肉やウイルスなどです。 上半身を動かすと痛む、骨が原因の肋間神経痛 肋間神経痛では、背中から始まり、わき腹やみぞおちまで広い範囲で痛みます。 左右どちらかの肋骨にそって、急にするどい痛みが生じることが多いでしょう。 上半身を動かして痛みが強くなる場合は、背骨や肋骨の異常が考えられます。 変形性脊椎症や 肋骨骨折、 腫瘍などの可能性があるので、整形外科を受診しましょう。 わき腹の皮膚が痛む肋間神経痛は、帯状疱疹(たいじょうほうしん) わき腹などの 皮膚が ピリピリ・ジンジン痛み、やがて発疹や水泡ができたら 帯状疱疹が疑われるので、皮膚科や内科、整形外科を受診してください。 帯状疱疹は、神経に潜んでいた「水ぼうそう」のウイルスが、免疫力低下時に活発化して発症するので、過労やストレスに注意しましょう。 また、水ぼうそうのワクチンを受けていない小児には、うつす可能性があるのでお気を付け下さい。 治療薬の「抗ウイルス薬」は、発疹が出てから3日以内の投与が効果的なので、早期発見・早期治療が重要です。 病状が進行してからだと、薬の効き目が悪くなるので、わき腹などの症状に気が付いたら速やかに受診してください。 帯状疱疹によるわき腹の痛みが強いときは、 神経ブロック療法が施されます。 局所麻酔剤の注射で、痛みを感じる神経を一時的に遮断したり、ステロイドで神経の炎症を鎮める治療法です。 この治療法では痛みによる悪循環を改善し、自然治癒力を高めることで、症状緩和に導くと考えられています。 また、神経障害性疼痛の内服薬(リリカなど)も神経の痛みに有効なので、処方されることがあるでしょう。 帯状疱疹治癒後のわき腹の痛みには、手技療法(関節運動学的アプローチなど)が有効な場合もあります。 パソコンやスマホで硬くなった背筋が原因の肋間神経痛 近年はパソコンなどの 長時間のデスクワークや、 悪い姿勢でのスマホの使用などで、背筋に負担をかける人が増えています。 疲れて硬くなった背筋が、肋骨の間を走る肋間神経を刺激して、わき腹の痛みとなることもあるでしょう。 出来るだけ 長時間の悪い姿勢は避け、休憩やストレッチで、時々背中の筋肉を休ませてあげてください。 神経は冷やすと痛みが出やすくなるので、クーラーや汗をかいた下着などで、背中やわき腹を冷やさないようにしましょう。 わき腹のどこが痛みますか?• 左わき腹の上部が痛いとき…胃や膵臓、脾臓や心臓などの異常が疑われます。 右わき腹の上部が痛いとき…肝臓や胆嚢、十二指腸などの異常が疑われます。 左わき腹の下部が痛いとき…過敏性腸症候群の可能性があります。 右わき腹の下部が痛いとき…盲腸(虫垂炎)、左右の下部の痛みは、大腸の異常が疑われます。 わき腹の痛みに伴う、内臓疾患特有の初期症状 わき腹が痛いときに考えられる内臓疾患の、一般的な初期症状をみていきます。 胃潰瘍 食後や空腹時の痛み、吐き気、腹部膨満感、胸やけ、げっぷ、食欲不振など、ストレスで誘発されることも 急性膵炎 初期は軽い胃痛に似た症状(やがて刺すような鋭い痛みが腹部全体に広がる)、吐き気、嘔吐、お腹の張りなど、食べすぎや飲み過ぎで誘発されることも 脾腫 少しの食事での満腹感、左肩の痛み、貧血、呼吸困難、吐き気、便秘、疲労感など 心筋梗塞 突然、胸の真ん中から左側にかけて、手のひらサイズの範囲が押されたり、締め付けられるような嫌な感じが、数分から30分程度続いて治まるのを繰り返す、同時に背中や肩、首や左腕、顎や奥歯、左腕などにも痛みや痺れがでることがあり、呼吸困難、吐き気、冷や汗なども 肝炎 全身倦怠感、食欲不振、発熱、頭痛、吐き気、嘔吐、かぜのような症状など 急性胆嚢炎 脂物を食べた後などに痛み、1~2時間で治まる、右わき腹の上部を押すと痛い、息が吸いづらい、発熱、吐き気、嘔吐など 胆石症 脂物を食べた後や夜間に、右わき腹の上部が激しく痛み、数十分~数時間で治まる、背中から胸や右肩の痛み、腹部の違和感、腹部膨満感、発熱など 十二指腸潰瘍 空腹時や夜間に、みぞおちや右わき腹が痛むが食後軽減する、胸やけ、吐き気、嘔吐、食欲不振など 過敏性腸症候群 左わき腹の下部に突然の差し込むような腹痛、持続性の鈍痛、排便後は症状軽減、外出時の下痢、下痢と便秘を繰り返す、腹部膨満感、腹鳴、放屁、頭痛、倦怠感、不安感など 急性虫垂炎 みぞおちやへそ周辺が時々痛みだし、やがて右下腹部に移動して持続的ではっきりした痛みになる、せきや運動や押して離した時に痛みが強くなる、発熱、吐き気、嘔吐、食欲不振など 潰瘍性大腸炎 血便、粘液便、下痢、腹痛などが繰り返し続く、ストレスが誘因になることも 左右のわき腹が痛いときは、腎臓疾患の場合も 腎臓の腫れや 尿管の結石などで、左右のわき腹が痛むことがあります。 わき腹の痛みが強くなると、吐き気や嘔吐もみられるでしょう。 弱い痛みが続き、押しての痛みや発熱があり、尿検査で白血球が増加しているときは、 腎臓の感染症が疑われるので、尿培養検査を行い診断します。 腎結石と鑑別のため、CT検査や超音波検査などが行われるでしょう。 腎臓疾患の症状は• 倦怠感• 食欲不振• 背腰部痛• 排尿異常(血尿・頻尿・残尿感・排尿痛・尿量減少など)• 体重減少 などです。 腎梗塞、腎膿瘍、遊走腎、水腎症、腎がん、腎臓結石などが疑われますので、泌尿器科を受診しましょう。 食後に激しい運動をしたとき、わき腹が痛む原因と対策は? 左のわき腹が痛むときは、 脾臓が原因かもしれません。 激しい運動をしたときに、筋肉が必要とする酸素を運ぶ血液を供給するために、急に収縮する脾臓の痛みと考えられています。 しっかり ウォーミングアップすることが予防となり、痛み出したら 左わき腹のストレッチと 深呼吸で対応しましょう。 右のわき腹が痛むときは、運動で揺れる肝臓などの重みが、横隔膜を刺激しておこる痛みと考えられています。 左わき腹の痛みと同様に、 ウォーミングアップと 右わき腹のストレッチが有効でしょう。 食事をしたときは、消化器が大量の血液を必要としますが、運動をすると消化器の血液が不足して痛みをおこすとも言われています。 また近年は、お腹の臓器や腹腔(ふくくう:内臓が入る空間)を包む腹膜が、運動により擦れて痛みが出るとする研究者もいます。 運動をする1~2時間前までに消化の良いものをとるようにし、食事直後は激しい運動をなるべく控えましょう。 運動中の水分補給は、少量ずつ頻回に行い、体幹の筋トレや背筋を伸ばす姿勢も予防になるようです。 わき腹の痛みには、食事や運動と姿勢などの生活習慣を改善しましょう わき腹が痛くなる原因は、 筋肉だけでなく 骨や 神経、 ウイルスや 内臓などと多彩です。 近年は、中高年のスポーツ愛好者の増加に伴い、運動初心者や普段運動不足の人の肋骨疲労骨折が増えています。 また、骨が弱くなった高齢者では、長びく激しい咳でも疲労骨折をおこすので、注意が必要です。 内臓の疾患が原因のわき腹の痛みも多くみられますので、普段と違う身体の異常に気が付いたら、放置せずに専門医を受診しましょう。 また、生活習慣病や姿勢などが原因の場合は、食事療法や運動療法、仕事や生活習慣の改善も有効なので、ぜひ取り組んでみてください。

次の