オージー円 予想。 【為替・FX】 AUD/JPY オージー円の今週のポイント(動画付き) MshiによるFX:AUDJPYの分析 — TradingView

米ドル/円(USD/JPY)の為替チャート・予想・見通し

オージー円 予想

, , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• 豪ドル/円は4日間にわたって75円ブレイクチャンスの日が続きましたが、三角形の形をしたレンジの頂点に至までに上辺をブレイクすることがブレイクできず、反落となりました。 前回、内側のレンジブレイク(74.40)で買ったポジションは、75円までに3/4はリカクしましたが、残りの1/4は、74.35でロスカットになりました。 前回の投稿で >なかなかブレイクできない場合は一旦は74円方向に戻されるかもしれないとみています。 と、書きましたが、そのようになっています。 引き続きブレイク待ちで様子見ですが、その間に、銘柄(通貨ペア)への入れ替えも検討しています。 日経225は「レンジが続くよどこまでも」と言う感じになってきました。 引き続き、Bの高値を上限としたレンジをブレイク(22800円ブレイク)した場合、 買いのチャ... 【環境認識】 ・長期下降トレンド上限近く ・中期上昇トレンドの下限付近 ・短期でのトレンドライン(イエローライン)を上抜け 【戦略】 ・74. 最初は74. ) 結果74.

次の

豪ドル円予想 2020、2021、2022

オージー円 予想

会社名 スプレッド 買スワップ 売スワップ 最小取引単位 口座開設キャッシュバック 0. 5 pips 0 円 -30 円 1,000 通貨 最大505,000 円 0. 6 pips 2 円 -2 円 1,000 通貨 最大53,000 円 0. 6 pips 2 円 -2 円 1,000 通貨 最大53,000 円 0. 6 pips 1 円 -21 円 10,000 通貨 - 0. ランド円とメキシコペソ円のみ10万通貨で表記しています。 特徴 かつては高金利通貨の代名詞としてFX取引でも人気の通貨であった。 2018年8月時点での政策金利は1. 50%と、米国よりも低く、長期金利などでも米国の水準を下回っている。 もっとも、日本や欧州に比べると金利が取れる分、ある程度金利を意識した取引も残っている。 また、世界有数の資源国として、天然資源の国際市場での動向が相場に影響を与える資源国通貨としての一面も持っている。 輸出のトップ10はすべて天然資源が占めており、資源価格動向が豪経済に与える影響が大きい。 鉄鋼・石炭などが主な輸出品で、輸出先のトップは中国。 そのため、自国の経済指標だけでなく、中国の鉱工業生産や小売売上高など、中国の経済指標で豪ドルが動くこともある。 取引のポイント 鉄鋼・銅など金属資源の国際市場動向の影響を大きく受けるため、国際商品市場動向を要チェック。 中国向けの資源輸出が経済のカギを握っており、中国の需要減退などのニュースに反応しやすい面も。 かつて金利を狙った投機的な取引が多かったこともあり、世界的なリスク警戒感を誘うようなニュースに対する感応度が大きく、リーマンショックの際に、経済的にはほとんどン関係なかったにもかかわらず、ドル円以上に値を落としたこともあるため、大きなニュースには要注意。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。 ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

オージー/円 小動きながら下落懸念は小さいのではないか?

オージー円 予想

もくじ• FX予想 全体的な方針 来週も基本的なスタンスは、ファンダメンタルズが強いUSDを買い、ファンダメンタルズの弱いGBP、EURの売りを狙っていきます。 また、いつリスクオフの流れがまた加速するか分からないので、リスクオフで買われるJPY、CHFを買い、ファンダメンタルズの弱いGBP、EURを売るというポジションも検討します。 また、AUDとNZDは現状のファンダメンタルズは強いのですが(ファンダメンタルズの強さ2位と3位)、観光業や教育業の比率が大きく、チャイナ依存していて、さらにコモディティー通貨なのでリスクオフで売られるという様々な売られる要素があるので、AUDとNZDも売りの候補としてみていきます。 リスクオフということでいうと、JPY、CHF、そしてUSDを買うのが良いです。 リスクオフではコモディティー通貨は弱まるので、CAD、NZD、AUDは基本的には売りを狙うのが良いです。 もしコモディティー通貨を逆張りで買うなら、ファンダメンタルズが弱いGBPやEURを相手通貨に選ぶのが良いでしょう。 その場合、テクニカルで最高の買いシグナルが出た場合に限るほうが良いと思います。 テクニカル分析とファンダメンタルズ分析の両方で米ドルが強いので、僕は今週もまだ米ドルの買いを狙いますが、注意が必要だと思っています。 というのは、どこの国も自国通貨が極端に強くなることは望んでいないからです。 米ドルが強くなりすぎると米国の輸出は打撃を受けてしまいます。 どこかの時点でFEDやトランプは米ドルが強くなりすぎないような施策を売ってくるのではないでしょうか。 それを期待して逆張りで米ドルのショートを狙うのもありかもしれませんが、明確なセンチメントの変化が見えてからにした方が良いと思います。 ドル円 USDJPY の予想と戦略 ドル円は難しいです。 リスクオフで買われる円の強さ VS ファンダメンタルズが強くて買われる米ドルの強さ で、先週は米ドルが一方的に強くなりました。 しかしコロナウィルス関連で何か悪いニュースが飛び込んでくるとまた円が一気に強まるかもしれません。 一番強い通貨と2番目に強い通貨の組み合わせでのトレードは難しいのでスルーした方が良さそうです。 もしトレードするなら…. 2月の高値を上でストップ狩りのような動きになれば、売りを狙うぐらいかなと思います。 ユーロドル EURUSD の予想 3月9日ごろまでなぜかファンダメンタルズが弱いユーロが買われ、ファンダメンタルズが1番強い米ドルが売られまくっていました。 高くなりすぎたユーロ、バーゲン価格の米ドルという状態になっていたのです。 その状態は長くは続かず、一気にユーロドルは落ちてきました。 完全に行ってこいの相場です。 テクニカルしか見ていない人にとっては意味不明な日足チャートになっているかもしれませんが、ファンダメンタルズ分析をしている人にとっては、3月9日の高値の状態を見て、「この上昇はそう長く続かない」ということは分かったと思います。 問題はこれだけ下がった後、まだ下落することを予想してショートをするか?ということです。 結論から言うと、まだユーロドルの売りを狙います。 なぜなら、ファンダメンタルズ分析の裏づけがあるからです。 ユーロのファンダメンタルズは弱く、米ドルは強い。 だからまだユーロドルは売りを狙います。 どこで売るか?ですが、下値のブレークアウトでユーロドルを売った弱いトレーダーがロスカットになるストップ狩りの動きを待ち、そこで売ります。 そして下値をブレークアウトしたら利食いします。 ユーロドルを買うならどこか?ですが… 下の方、1. 0500~1. 035あたりに買いゾーンがあるので、その辺りで買いを狙うのはありです。 ただ、ファンダメンタルズに逆らうトレードになりますので、下降トレンドラインのブレークからの2番底でのダマしブレークアウトでの逆張りを狙うなど、買いは特に慎重にやるほうが良いと思います。 ポンドドル GBPUSD 売り狙い継続です。 ファンダメンタルズも売り、テクニカルも売りです。 ただ、かなり売られすぎ状態で反発も怖いので、レジスタンスエリアに引き付けて、プライスアクションの売りシグナルをしっかり待って売りたいと思います。 ポンド円 GBPJPY の予想 ポンド円も売り狙いです。 リスクオフで強まりそうな円と、ファンダメンタルズが一番弱いGBPの組みわせというのが理由で、テクニカルも弱いです。 日足を見る急激に下げてきており、ありとあらゆる設定の移動平均線がデッドクロスして上から降りかかってくるような状態になっているでしょう。 ただ、急激に下げたので、一番下の方でショートしてしまった人のロスカット(買い注文)が今の価格の少し上にあり、安値で買いたい人の買い注文が今の安値の下にあると思います。 大口は、少し上げて、まずは弱いショートのふるい落としをやって売りポジションを作り、そこから叩き落して下にある買い注文で利食いするのではないでしょうか。 レジスタンスエリアは広すぎてどこで売るか?が難しいですが、プライスアクションの売りシグナルで売るということを根気よく続けようと思います。 オージー円 AUDJPY の予想 オージー円も売りです。 なんか売りしかしてないな 笑 AUDはリスクオフで売られる通貨。 JPYは買われる通貨。 だから売り。 ファンダメンタルズ分析は、AUDの方がまだJPYよりも、今のところはマシです。 日本のファンダメンタルズは終わっているので。 そこだけは注意です。 テクニカル分析的には…トレンドも下降トレンド。 レジスタンスエリアで売りを狙っていきます。 ユーロカナダ EURCAD のショート狙い ユーロカナダでショートをやっています。 仮説はこうです。 原油安でバーゲン価格になっているカナダドルを買い、コロナウィルスの影響を今後最も強く受けそうなユーロを売る。 コロナウィルスの影響を今最も強く受けているのはユーロ圏。 感染者も死者数もげきてきに増加中。 死者はイタリアだけで4825人。 一方、カナダは19人。 コロナウイルスの影響でGDPが下がる可能性がより高いのはユーロ圏と見ます。 一方、カナダは産油国なので、原油の値下がりの影響をもろに受けて今安くなっています。 バーゲン価格と言ってよいでしょう。 そこで、EURCADのショートポジションを作り始めています。 来週は4時間足か1時間足のレジスタンスエリアで売りのチャンスをうかがって少しずつ乗せていきたいと思います。 もちろん、原油安の問題が悪化してさらに上げるようなら、しっかりロスカットです。 FX予想まとめ 3月22日 僕はファンダメンタルが強い米ドル買い、弱そうなポンド、ユーロ売りの戦略を基本的には継続していきます。 値動きが激しいですが、落ち着いて、しっかりとレジサポエリアに引き付けて、今週も良いトレードをしましょう。 以上で、3月22日のFX予想の解説を終わります。

次の