持田 香織。 News

News

持田 香織

持田香織(ELT の声について ファンの方は見ないほうがいいかもしれません。 持田香織さんの声についてなんですが、ずいぶん前から見ていてかわいそうなくらい声がでていませんが、 ふと疑問におもったので質問します。 なぜ彼女はあんなに声が出ないにも関わらず毎年のようにライブをするんですか? そりゃファンからしたらファンがみたいとおもっているから、ファンの期待にこたえてくれているんだ! 彼女はライブがすきだから、 みたいに言うかもしれませんが、 あんなに声がでない状態のライブをみてファンも持田自身もつらくないんでしょうか? (本人も声がでなすぎてライブ中に泣いたという情報も聞きました。 ) 最近の声がすきという方はいいかもしれませんが、昔の声がすきだった方はどうなんでしょう? わたし自身、持田の昔の透明感のあるヴォーカルがすきだったので、 ここ最近の劣化は正直聴くに堪えません。 いっそのことレコーディングアーティストになって、 ライブは声のことを考えて控えればいいのに、とおもいます。 (実際、声のよく出る歌手でも毎年ライブをやっている歌手はそんなに多くありません。 ) それと噂では彼女は喫煙者だと聞きました。 今は知りませんが、あの喉の状態を考えたら当然喉に悪いことは少しでも控えるべきとおもいます。 ライブだって毎年やらずにレコーディングのみにして休養していれば、すこしは声もよくなるかもしれません。 今のような状態をずっと続けていれば、よくなるものもよくならないとおもいます、、。 以上のことをふまえてお聞きしたいのですが、 彼女はなぜ毎年ライブをやるんでしょうか?avexに無理やり企画されているんですか?それとも彼女がのぞんでやっているのですか? 持田がライブ中、声のことで泣いたというのは本当なんでしょうか? 教えてください。 (ファンの方で感情的な回答をされる方は回答を控えてください。 あくまで冷静な回答をお待ちしています。 ) ファンです。 けっこうライブにも行ってます。 まず喉を壊した経緯ですが もともと喉が強い方ではないってのはありました 04~05年にかけてのツアー(10月から3月の4か月半で44公演) 特に12月にツアーに加えて、年末の歌番組(紅白など)が多数入っていたことで、年末には喉がかなり消耗して、1月の公演でダウンしました。 ちなみにライブ中に声が出なくて泣いたというのは事実です。 歌っている最中に声が出なくなり泣き出したというのがありました。 その次の公演から2公演が延期になりました。 なぜ毎年ライブをやるかですが、一つはエイベックスの影響はあると思います。 今でも固定ファンがある程度いるので、商業的にも動員数を確保できるからです。 ライブって経費がけっこう掛かるので、大規模のセットをやるような歌手(avexで言うと、浜崎あゆみ、幸田來未、EXILE)は動員数が多くてもあまりもうからないようです。 実はチケット代は、運営経費でなくなってしまい、利益にはならないんです(ステージセットに金をかけると、スポンサー料を含めてとんとん)、 ただELTだとホールツアーでステージにはあまり金をかけない、毎回スポンサーがつく、ホールツアーの中では動員数は多い方、また物販の売り上げが多いので収益性が高いです。 それから本人達の希望もあるので、決して無理やりでは無いとは断言しますが、細かいところ(日程や公演数)は会社の方針です。 ただ個人的にはですが、05年から07年の前半くらいまで、ちょうど世間から、巻き舌みたいな歌い方と酷評されていた時代は、あまり好きではなかったです。 見ていてつらくないのですか?と聞かれたら自分なら辛かったとは断言できます。 ただ07年の夏ごろからは多少声の改善はしています。 もちろん昔のような澄んだ歌声ではないですが、巻き舌のような歌い方ではなくなりました。 だから最近の歌い方は好きですよ 最近になって彼女がやっと喉を壊した時のことをしゃべるようになったのですが(当時はあまり話題にしたくなかったように感じました) 喉を壊したツアー中ではなく06年から07年くらいまでは本人もかなり辛かったらしいです。 どちらかと言うと精神的にかなり病んでたようです。 その頃は歌うのが楽しくなかったそうです。 (もともと歌を歌うのが好きで歌手になったような人で、普段からよく歌っていたそうです) ただその後は立ち直っています。 最近は歌うのは楽しいって言ってます。 07年以降の曲を聴いてほしいと個人的には思います。 もちろんツアー後半では声が消耗してるのが聞いていてわかりますが、楽しそうにやってますよ タバコはやってないです。 これは根も葉もないうわさです。 ただ相方のいっくんはヘビースモーカーですが 確かに今でも昔の曲を歌うと厳しいのはありますがぜひ最近の曲も聴いてほしいです たとえば「恋をしている」「あたらしい日々」など ・なぜ毎年ライブをするのか ELTはライブが好きだからです。 なんといってもELTは、「ライブアーティスト」ですからね。 ELTからライブを取ったら、魅力が半減すると思います。 (伊藤一朗ファンの僕にとっては、これほど悲しいことはない) ただ、公演回数は20公演くらいにして欲しいです。 当然のことながら、avexとのやりとりもあるでしょうが、本人たちがライブを望んでいると思います。 持田の性格上、じっとしているのが我慢ならないのでしょうね。 もちろん、avex側も所属している以上、ELTに稼いでもらわないといけません。 CDのシングルの売り上げが、1万枚を切ってしまう現状では、ある程度ライブを行って稼いでもらうことが必要です。 ですが、ELTのようなベテランに対し、そこまでツアーを行うことを強要しているとは思えません。 持田が以前ラジオで、「私くらい(キャリアを重ねた人間)になると、周りの人が何も言わなくなる。 」と語っていましたし。 avexの意向もあるでしょうが、少なくともELTが合点した上でツアーを行っていると思います。 この原因は、このツアーの途中で、持田は急性気管支炎を患っていたために声が出なくなったのです。 そして、この後のいくつかの公演を延期する事態となりました。 しかし、08年のツアーでは、かなり持田の声が回復しています。 そして、09年リリースの「DREM GOES ON」から、さらに声が回復しています。 回復してきたな~と思っていたら、09年の末にTVで歌ったときは声が出ず。。。 しかししかし、今年のa-nationでは、かなり回復しています! 質問者さんは、昔の声が好きとのことですが、僕が見る限り、何年休養しても、昔とまったく同じ声には戻らないと思います。 回復するとすれば、今年のa-nationの声質で、ボリュームと安定感が増すのがやっとだと思います。 結論として、なぜ毎年ツアーを行うのかは当事者じゃないのでわかりませんが、ひとつだけ言えることは、ELTのライブにかける想いは相当強いということです。 あと、常に現役アーティストでいたいという持田の気持ちが強いと思います。 ・喫煙に関して これは、持田が喉を壊した後にとって付けたような噂ですからね。 僕は目で見たもの以外は信用しないので。 これに、ツアーグッズの売り上げなどもあります(ツアーグッズは結構売れる)ので、ざっと4億くらいでしょうか。 改めて、ツアーの収益力の凄さを感じさせますね。 ELTのシングルはTOP10に入れるかどうかの状態だけど、 ツアーは毎回30公演くらいやっても客が集まるようなので、 強制とまではいかないけど、エイベックスにやらされているのかもしれません。 もちろん、本人たちものぞんでやっているのでしょうけど。 ツアー以外にクリスマスライブなども結構やっていますね。 エイベックスは稼げる時にはところん稼いでおくってイメージがあります。 ライブをやるときは公演数を減らしたほうがいいと思います。 そっちのほうがノドのためにも良いでしょうし。 ライブ中、声が出なくなって泣いたっていうのは本当です。 健康とかに気を使っているようだし性格的にも、喫煙していないと思います。 声が出なくなりすぎて、そういう噂がたったのかもしれませんね。 ただ、過去に吸っていたかは知りません。 エイベックスが関わってきているように思います。 私はエイベックスではありませんが、レーベルで働いていた時期があり その話を聞きました。 エイベックスは昔から新人発掘がうまい、やり手、という印象のレーベルでした。 その特徴としては、新人なのでインパクト、特徴が強いアーティストを 売りにするというのが手法です。 まだ7年程前くらいまでは、そういうのも控えめではありましたが、 不況の昨今、よりインパクトの強いアーティストを! という気持ちが強いのでしょう。 その結果、クセを活かす、という意味合いで あのような歌い方になってしまったのだと思います。 よく思い出してみれば、あゆも倖田來未も同じような歌い方ですよね。 おそらく、あゆが先駆けとなってああいう歌い方を始め、ヒットした。 ヒットが出るとそれを真似ようとする風潮は絶対に出てきます。 歌い方についてはこのようなかんじでしょうか。 またライブについては、 「ライブをやっていない=売れなくなってきた」 というイメージがあるため、それを隠す意味もあるかと思います。 もちろん、アーティスト側としても、ライブをやりたくてもできない方達はたくさんいるので 出来る限りやりたいというのが本音なのではないでしょうか。

次の

【画像90枚】Every Little Thing持田香織の高画質画像!「ELT ライブ 私服 歌ってる姿など!」

持田 香織

持田香織の現在!結婚したのはいつ? 引用元: 持田香織さんは1978年3月24日生まれの40歳、東京都出身のシンガーソングライターです。 Every Little Thingのボーカリストで、「もっちー」や「もっち」、「かおりん」、「だもきち」などの愛称で知られています。 元々は子役としてテレビやCM、雑誌などで活動していました。 アイドルグループの黒BUTAオールスターズの第2期メンバーとして芸能界入りし、1993年の「あなたにお願い申し上げます。 」でCDデビュー。 のちにソロデビューも果たしますが、一度芸能界を離れ学業に専念します。 高校卒業後の1996年8月7日、Every Little Thingのボーカルとして「Feel My Heart」でCDデビュー。 ご存知の通り、Every Little Thingは大ヒット! さらに持田香織さんはEvery Little Thingの活動と並行し、単独でテレビやCMに出演するなど活躍の幅を広げます。 1998年には企画アルバムでソロ楽曲を発表。 2003年にフォト・エッセイ「ミドリノヘイワ」を本にして出版。 2004年には兼ねてから尊敬している存在である井上陽水さんプロデュースで11年ぶりのソロシングルを発表。 綾瀬はるかさんや中島美嘉さんなど他のアーティストの楽曲を作詞するなど、作詞活動も積極的に行います。 現在でも活動は続けており、2019年には全国ツアー『KRASYS presents 持田香織10周年記念コンサートツアー2019「てんとてん」』の開催が予定されています。 婚約は7月26日に三重県の長島スパーランドで開催された「TOKAI SUMMIT」のステージ上で発表されました。 持田香織の旦那は金井俊希? 2015年に結婚した持田香織さんですが、お相手は持田香織さんより9歳年下の一般男性。 公式では、スポーツトレーナーだということだけで名前や顔は発表されていません。 また、180cmの高身長で細マッチョ、爽やかイケメン系で、芸能人に例えるなら徳重聡さんに似ているとのこと。 持田香織さんが通っているスポーツジムで出会い、交際に発展したそうです。 そこで、持田香織さんの旦那さんではないかと噂されているのが、 ヨガトレーナーでありパーソナルトレーナーでもある金井俊希さん。 金井俊希さんは、テレビに出演したのがきっかけで有名になったスポーツトレーナー。 そのテレビ番組とは「有吉ゼミ」。 南海キャンディーズのしずちゃんもヨガのレッスンを受けており、金井俊希さんのことを好きになって告白するというコーナーでした。 スポーツトレーナーをしていて爽やかイケメンだということで、金井俊希さんの名前が挙がってきたようですが、金井俊希さんは1993年生まれの20代。 持田香織さんの旦那さんは、持田香織さんの9歳年下ということなので30代前半のはずです。 そのため、 持田香織さんの旦那さんが金井俊希さんだという噂はデマということになりますね。 持田香織が子供を作らない理由とは! 2015年に結婚し、今年で結婚生活4年目を迎える持田香織さんですが、 2019年現在、お子様がいるとの情報はありません。 持田香織さんにお子様がいらっしゃらない理由として、子供が嫌いだという噂があります。 しかしそれは憶測であり、本人の口から公表されたわけではありません。 もしかすると望んでいるのにできないのかもしれませんし、仕事も忙しいこともあり、夫婦2人きりで自由に生活していく道を選んだのかもしれません。 年齢的にも「できればいいな」ぐらいで考えられているのかもしれませんね。 子供を作らないという明確な理由は無い為、今後の発表に期待しましょう! 持田香織が洗脳されている?噂の真相は! 持田香織さんの関連ワードとしてよく出てくる「洗脳」。 持田香織さんが洗脳されているのでは?というのは、どうやら結婚前から話題になっていたようです。 ことの発端は2012年に週刊誌に掲載された、謎の気功師夫婦との異様な関係。 当時、お笑いコンビ「オセロ」の中島さんの洗脳騒動があったこともあり、芸能人の洗脳ネタは注目されていました。 週刊誌に掲載された頃、持田香織さんは心身共に不安定な状態で声も出ない状態が続いていたそう。 そんな時に出会ったのが、「謎の気功師夫婦」。 その夫婦の治療院に通い、ツアーにも同行させるほどべったりだったのだとか。 どうやらその気功師夫婦の治療院が、怪しい言葉が飛び交い宗教の雰囲気が漂う場所だったらしく、さらに気功師の妻が宗教団体と関わっているとのことで、洗脳されているのではと噂されてしまいました。 世間から心配されたものの、所属事務所からは、洗脳という事実はなく、声の治療による付き合いのみだとの発表がありました。 結果的に、声は出るようになり、体調も元に戻ったのだとか。 少し怪しい雰囲気は漂っていましたが、「洗脳」ではなかったようです。 お子様にも期待したいところですが、ソロツアーも控えていますし、今は考えていないのかもしれませんね。 そして、旦那様や洗脳についての噂はデマだということが分かりました! 今後も持田香織さんの活躍に期待しましょう! 最後までお付き合い頂きましてありがとうございました! Sponsored Link スポンサードリンク.

次の

【旅猿】女性最多出演ゲスト。ELTの持田香織出演回まとめ

持田 香織

来歴 Every Little Thing以前 として、数々のテレビ、モデル雑誌で活躍。 小学校時代は、一輪車クラブに所属しており、一輪車で登下校していた。 高校時代は、部に所属。 その後、 持田 かおりの芸名で『』誌上で公募されたアイドルグループ・の第2期メンバーとして入りし、『黒BUTA天国』に出演。 (平成5年)に同グループ名義のシングル「あなたにお願い申し上げます。 」でCDデビュー。 後にシングル「」()でソロデビューを果たすが、特にヒットすることはなく、一旦芸能界を離れ、学業に専念する。 なお、「もう一度」はブレイク後の(平成10年)に再発売されている。 (平成4年)、第6回に出場したが予選で敗退。 その年のグランプリは、またが審査員特別賞を受賞している。 高校の先輩にはがいる。 Every Little Thingとして『』に出演した際、持田が子役時代に出演したのCMが放送された。 また、本人も稀にアイドル時代のことについて語る場合があり、特に隠そうとはしていない。 また、当時はにナンパされたと語ったこともある。 Every Little Thing発足 (平成7年)、「」(現エイベックス・グループ・ホールディングス)のディレクターにを紹介された。 五十嵐は、同社の子会社の制作会社「プライム・ディレクション」 のレコーディングスタジオ「プライム・サウンド・スタジオ青山」の電話番のアルバイトをしながら、を志し、音楽創作を続けていた。 週末にスタジオ勤務を終えた五十嵐と、五十嵐の作詞、作曲、編曲、プログラムした曲に歌を入れ、を作り続けた。 当初、持田はソロでデビューする予定だったが、持田が高校卒業目前だったことや、の勧めがあったことにより、高校卒業後に五十嵐と2人のユニットでデビューする予定になった。 さらに、五十嵐が楽曲にギターの音が欲しくなったことと心細さから、かつて共にバンドを組んでいたを入れたいと松浦に打診し、了承を得て、3人のユニットとしてデビューすることになった。 持田と伊藤はデビューの1か月前に初めて会った。 Every Little Thingは(平成8年)に「」でCDデビューした。 Every Little Thing発足後 ELTとしてのみでなく、持田単独でテレビCMにも多数出演していて、その多くはCMとタイアップしたELTの楽曲(詳細は参照)がに使用されている。 (平成10年)以降、企画アルバムでソロ楽曲を発表。 また、やなどのアーティストと共演をしている。 (平成15年)にはフォト・エッセイ『ミドリノヘイワ』を本にして出版している。 (平成16年)には尊敬するによるプロデュース(「持田香織 produced by 井上陽水」名義)で、シングル「」(作詞・作曲:井上陽水)を発売した。 ソロとしては11年ぶりである。 は(昭和48年)の井上陽水「」の。 『』にも収録されている。 (平成18年)に発売されたの のデビュー曲「ピリオド」の作詞(と共作)をしている。 (平成19年)に発売された・の4thアルバム『』に収録されている「GOING BACK HOME」の作詞を担当。 (平成20年)に発売された・のシングル「」に収録されている「MERRY-LIFE-GOES-ROUND」のに女優として出演している。 (平成21年)に、約4年3ヶ月ぶりに自身3枚目となるソロシングル「」(「持田香織と」名義)がリリースされた。 これを機にソロ活動を本格的に開始。 また、同年3月とCaocaoを結成し、の楽曲「」をカバー。 映画『』の主題歌となる。 (平成24年)にリリースされた「」は、系ドラマ『』の主題歌で、ソロでは初のドラマ主題歌に抜擢された。 (平成27年)、ので開催された「」のステージにおいてスポーツトレーナーの一般人男性との婚約を報告し 、8月8日に婚姻届を提出した。 (平成31年)3月- 4月、ソロ活動10周年を記念した全国ツアー『KRASYS presents 持田香織10周年記念コンサートツアー2019「てんとてん」』を開催予定。 五十嵐充との関係• 持田と伊藤の2人体制になってからも五十嵐がELTのコンサートに行っていることが五十嵐のブログの中でも明らかにされており、交流は続いている。 なお、五十嵐が脱退した理由は作曲・編曲及びプロデュース活動に専念するためと発表されている。 2008年に『』に出演した際、8thシングル「」について持田は「当時(19歳から20歳の頃)はまだ歌詞の意味を(深く)理解しないで歌っていた」と語っている。 五十嵐がELTを脱退して9年後となる2009年、36thシングル「」(9月23日発売)で五十嵐がサウンドプロデューサーとして作曲・編曲を担当した(作詞は持田香織、ただし、カップリングの「spearmint」の作詞は五十嵐自身が担当した)。 そして、その後の11月18日に発売した37thシングル「」でも同様の体制を取った。 2009年8月23日に行われた'09において「DREAM GOES ON」を演奏する際、持田は「何年ぶりになるんでしょう。 やり続けていると素敵な再会がまたあるんだなと感じております。 」という言葉で五十嵐を紹介し、ELTのステージで共演も果たしている。 に行われたMEETツアーの最終日となった東京公演ではサプライズゲストとして参加した五十嵐がケーキを持ち込み、持田を驚かせた。 人物像 身体、特徴 身長160cm(公称) 体重43kg スリーサイズB78-W58-H80 左右の手の指全部の第一関節だけを曲げることが出来る。 首を鳴らしたり、しかめっ面をするのが癖である。 歯磨きの際は舌も磨く。 、 、、、、、、、、、、、など、交友関係が幅広い。 趣味・嗜好• 尊敬するアーティストは(元)。 他には姉の影響での歌声のファンになり、カラオケに行くと「」や「いちご畑でつかまえて」などをよく歌うと歌番組などで公言している。 好きなスポーツはと。 一方、水泳はとしてデビューしてからするようになったが、最近ではトレーナーをつけて習っている。 料理が得意で、の知人から料理を教わって得意になり、自分のノートにはオリジナルメニューがいくつも書き溜めてある。 その腕前は、『』などで披露している。 『HEY! HEY! HEY! 』で「得意な料理は何か? 」という質問に、ばかりを挙げ、司会のから「 中華ばっかりやん! 」と突っ込まれた。 現在は、月1回のペースで料理教室に通っている。 が好物で、特に好きなのは福岡県産の「あまおう」。 好きな漫画は『』『』『』。 プライベートではに乗っている。 人柄、仕事• テレビ出演時などでは物静かだが、ライブでは人が変わったかのように力強い煽り方をする。 主に作詞担当だが、14thシングル「」で初めて作曲に携わる(Every Little Thing名義)。 4thオリジナルアルバム『』では初めて単独で作曲した楽曲が収録され、以降7thアルバム『』までに1曲は本人作曲の曲が収録されている。 自身のソロ作品ではほとんどの楽曲を作曲している。 現地時間2014年12月14日、に初挑戦。 途中、雨や強風など、コンディションは決してよくないながらも、フルマラソン初参加で6時間40分台で完走した。 ディスコグラフィ Every Little Thing名義についてはを参照。 週間68位 ()• 登場回数1回 (オリコン) 持田香織 アルバム 年表 2012年 てんとてん (2019年) 映像外部リンク ゲスト参加• : のカバー「」収録。 : 「in case of me」収録(作詞、作曲は)。 「in case of me tatsumaki remix 」収録。 Kaori Mochida from ELT」にボーカル参加。 にも出演。 初回生産限定盤(2枚組)のリミテッド・ディスクに収録されている。 : のカバー「空いろのくれよん」収録。 : 「ねむれ ねむる」収録。 キャッチミー岡っ引きさん feat. もち政宗 -• 「」収録。 (持田香織と名義) 楽曲提供• のカバー。 開局20周年を記念して制作された持田出演のステーションID(放送局のメッセージを視聴者に伝えるイメージスポット映像)で歌っている。 Don't Wait Too Long 2011年に恵比寿 ザ・ガーデンホールで行われた『L'ULTIMO BACIO Anno '11』で披露。 ツアー・コンサート ツアー• 持田香織 first solo tour "NIU" アルバム『』を引っさげた最初のツアー。 全4公演。 持田香織 Concert Tour 2012 〜manu a manu〜 アルバム『』を引っさげた2度目のツアー。 全3公演予定。 「雨のワルツ」インストアライブ(2009年1月31日、新宿店)• FM802 HOLIDAY SPECIAL DHC presents MY GIFT TO YOU 持田香織 スペシャル・アコースティックライブ(2009年2月11日、タワーレコード梅田NU茶屋町店) シングル「」購入者に先着で入場券が配布された。 音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2009 〜5周年〜(2009年7月16日)• SPECIAL TALK SHOW Vol. 1(2009年7月19日、Collect point原宿店・店舗前特設スペース)• 赤い風船 東京ディズニーリゾートへの旅 LOVE FLAP SUMMER SPECIAL(2009年7月22日、レストラン「ムーラン」)• 美浜海遊祭 MUSIC WAVE 2009 Supported by SUNSHINE SAKAE(2009年8月9日、美浜小野浦海水浴場前「食と健康の館」隣・特設ステージ)• Slow Music Slow LIVE '09 in 池上本門寺(2009年8月28日、池上本門寺・野外特設ステージ)• 松本隆作詞活動40周年記念 風街ガラ・コンサート(2010年5月16日、Bunkamuraオーチャードホール)• 第21回めいほう高原音楽祭 -SUMMER FES in MEIHO-(2010年8月1日、めいほう高原野外音楽堂ソノラシアター)• 金沢城オペラ祭 THE地球LIVE 2010(2010年8月12日、金沢城公園三の丸広場)• フジテレビ お台場合衆国「めざましライブ」(2009年8月27日、お台場合衆国HAPPYスタジアム)• Slow Music Slow LIVE '10 in 池上本門寺(2010年8月28日、池上本門寺・野外特設ステージ)• Slow Music Slow LIVE '11 in 池上本門寺(2011年8月26日 - 28日、池上本門寺・野外特設ステージ)• L'ULTIMO BACIO Anno '11(2011年12月20日、恵比寿 ザ・ガーデンホール)• 東京ホタル TOKYO HOTARU FESTIVAL 2012(2012年5月6日、隅田川テラス)• 道との遭遇ヒガシトーキョー音楽祭 Vol. 2(2012年5月12日、野外ステージ)• ap bank fes '12 Fund for Japan(2012年7月15日、つま恋)• Slow Music Slow LIVE '12 in 池上本門寺(2012年8月25日、池上本門寺・野外特設ステージ)• 3 〜Toward ZERO〜(2012年9月9日、恵比寿 ザ・ガーデンホール)• 若草山 MUSIC FESTIVAL 2012(2012年9月16日、若草山麓特設ステージ)• Slow Music Slow LIVE '13 in 池上本門寺 (2013年8月23日 - 2013年8月25日、池上本門寺・野外特設ステージ)• Slow Music Slow LIVE '14 in 池上本門寺 (2014年8月29日 - 2013年8月31日、池上本門寺・野外特設ステージ)• ザンジバルナイト2014 (2014年10月12日、) ラジオ出演• 知って肝炎プロジェクト "Letter Songs" - パーソナリティ(フルネット、2012年10月6日 - ) テレビ出演 バラエティ・トーク番組• (、2002年10月 - 2003年3月) 教養番組• バックヤードハンター!! (NHK総合、2015年9月21日) - バックヤードハンター(MC) CM• おにかいさん()• 歳末ビッグセール()• (と共演、1985年)• 歌って点太くん()=このCMは、ご本人がテレビ番組に出演する際、ネタにされるらしい。 アクアクア()(黒BUTAオールスターズ時代)• CDing・MD(1996年・Every Little Thingとして出演)• ICE BOX( - 1998年)• (1998年)• (1998年 - 2000年)• ヌーブ(1999年)• Ti-Ha(2000年)• Solo 3300(2000年)• (2000年)• プロスタイル(2001年 - 2002年)• はちみつきんかんのど飴(2002年 - 2005年)• アトリックス(2003年 - 2005年)• vodafone (2004年)• SMCCローンカード「エブリ」(2007年)• 「サッポロ 冬物語」(2007年)• 「BION3」(2008年)• 「開局20周年特別CM」(2009年)• 「」(2011年 - 2013年)• トヨタ自動車 (2011年)• 「」(2012年 - 2013年、Every Little Thingとして出演)• 「みんなに笑顔を届けたい。 冬篇」(2012年)• サッポロビール (2012年)• 「歌うタンブラー篇」• 「夏祭り篇」• フェアルーセント薬用ホワイター(2012年 - 現在)• バレンタインジャンボ(2018年、と共演)• 「スクワット マジック」(2019年)• NewマイティアCLスタンダードシリーズ 「すずアニメ 篇」 (2020年、歌のみの出演) その他の出演• 「」(2008年) 女優としてPVに出演。 一部ではあるが、歌唱するシーンが最中にある(演出上のものであるため、CDには収録されていない)。 『ミドリノヘイワ』(2003年、、)• 『もちだより』(2011年、、) 写真集• buffo(1999年、、) 撮影: 脚注• 法人としては現在のエイベックス・ライブ・クリエイティブ。 「法人としては」と断りがあるのは、同社が2005年のグループ再編でライブ企画会社に業態変更したため。 Sponichi Annex 2015年7月27日. 2015年7月27日閲覧。 Sponichi Annex 2015年8月8日. 2015年8月8日閲覧。 Avex Official site 2018年11月9日. 2018年11月25日閲覧。 - デイリースポーツ2014年12月15日(2014年12月15日閲覧)• 再発盤。 Caocao名義• より出版。 雑誌として書店、コンビニ等で発売。 シングルCD収録曲「green」は系「」8月度テーマ・ソング、「アカシア」は映画「」主題歌。 4,810枚限定生産• ミニアルバム• 音楽ナタリー 2016年1月21日. 2016年1月21日閲覧。 外部リンク• - 公式サイト• ゲスト持田香織さん(内).

次の