パソコン メモリ 解放。 第38回 Windows 10 のメモリ解放。作業を中断させない環境作りを

Windows7のメモリ解放方法!PCが重い時はMicrosoft純正のメモリクリーナーを使おう!

パソコン メモリ 解放

メモリ不足とは そもそもメモリというのは、パソコン内のデータを一時的に記憶するための役割があります。 メモリが多いと、それだけ同時に作業ができるのです。 メモリは、作業場のようなものだと思ってください。 例えば、机の上で作業をするとしましょう。 そうすると、机の上は広い方が多くのものを置けるためそれだけ作業効率が上がります。 つまり、メモリ不足とは、作業場に多くのものが置かれていて狭くなっている状態を指しています。 作業場が狭くなってしまうと、それだけ作業が進みづらくなってしまうためパソコンの動作に影響が出てしまうのです。 他にも、メモリ不足によってファイルやアプリが開けないことがあります。 アプリケーションを開くときにもメモリの容量を必要とするためです。 画面表示がおかしくなるケースもあり、最悪の場合にはパソコンがフリーズしてしまって動かなくなってしまうこともあります。 フリーズしてしまったら、いったん強制的に電源を落とすしかありません。 メモリ不足によって多くの不具合が発生してしまいます。 メモリ不足には多くの原因があり、解説するためには多くの対策法があります。 メモリ不足を実感するのはこんなとき そもそもどんなときにパソコンのメモリ不足を痛感するのか調べるために、アンケートを実施しました。 現段階ではさほど大きな不具合がないと思っている人でも、いつかこのような不具合が頻発するようになる可能性もあります。 そもそも実際にメモリ不足になっているのか、その原因はなんなのかなどの確認方法を見てみましょう。 自分のパソコンがメモリ不足か確認する方法 メモリ不足についてわかったところで、今使っているパソコンがメモリ不足なのか知りたいところです。 ここでは、今使っているパソコンがメモリ不足なのかどうかを確認する方法を解説します。 タスクマネージャーを使うことでメモリがどれくらい使われているのかがわかる パソコンがメモリ不足なのかを知るためには、 現在自分の使っているパソコンにはどれくらいのメモリ数が搭載されていて、普段どれくらいのメモリを使っているのかを知る必要があります。 そうすることで、今のパソコンのメモリ数が自分の利用用途に適しているのかがわかるのです。 どれくらいのメモリ数を使っているのかを知るためには「タスクマネージャー」と呼ばれるものが必要です。 タスクマネージャーは、全てのパソコンに搭載されている機能で、メモリ数の他にどういったアプリが使用中なのかなどわかります。 Windowsを使っている人であれば、スタートメニューから開けます。 スタートメニューを開き、Windowsシステムツールのなかに、タスクマネージャーがあります。 他にも、下にあるタスクバーから開くことができるのです。 タスクバーの何もないところで右クリックをすると、タスクマネージャーが選択肢と出てくるのでクリックして起動されます。 最後に、検索フォームからも起動できます。 検索フォームをクリックしたら、タスクと打ち込めばタスクマネージャーが表示されるはずです。 クリックすればタスクマネージャーが起動されます。 タスクマネージャーを起動したら、パフォーマンスタブからメモリ数をどのくらい使っているのかを知ることができます。 メモリ不足が引き起こされる原因 メモリ不足についてわかったところで、どうしてメモリ不足になるのかが気になるところです。 ここでは、メモリ不足を引き起こす原因を解説します。 4-1. 多くのソフトウェアを起動している 多くのソフトウェアが起動されていることによりメモリの負荷が高まります。 パソコンを使っていると、気づかぬうちにいろいろなソフトウェアを起動しており、ウィンドウの数も増えてしまいます。 同時に起動をしていると、それだけ作業場の上にものを置いていくことにつながるため、作業場が狭くなってしまいメモリが圧迫されてしまうのです。 特に重いアプリを起動している場合は、多くのメモリを使用するため注意が必要です。 4-2. 利用用途とメモリ数があっていない そもそも自分の利用用途が、必要なメモリ数を満たしていない場合があります。 例えば、グラフィックが美しいオンラインゲームをパソコンでプレイしたいとします。 こういったオンラインゲームをする場合、ゲーミングパソコンと言われるメモリ数が多くスペックの高いパソコンでプレイする必要があるのです。 スペックがあっていない場合、ゲーム自体は起動しますが途中で止まったり、画面がカクカクしたり、ゲームプレイ中に突然画面が落ちるなどの症状が発生してしまいます。 CADなどを使った図形設計などや、動画編集のためにソフトウェアを導入して利用する場合も同様です。 パソコンを購入する前に、利用用途に応じてスペックを考える必要があります。 4-3. ハードディスクやSSDの容量が不足している ハードディスクやSSDは、パソコン内のデータやファイルを保存しているものです。 これらの容量が不足すると、通常よりも多くのメモリが使用されてしまいます。 ハードディスクとして使われている、CドライブやDドライブの容量を確認すると良いでしょう。 4-4. プリンタなどの周辺機器の接続によるもの パソコンを使っていれば、マウス、キーボード、USB、プリンタ、外付けハードディスクなどの周辺機器を使用している方が多いと思います。 実は、これらの 周辺機器の接続によってもメモリは使用されているのです。 パソコンに多くの周辺機器を接続している場合、不要なものはパソコンから取り外すと良いでしょう。 メモリ不足を解消するには メモリ不足の原因がわかったところで、次にメモリ不足の解消方法についてご紹介します。 5-1. 不要なアプリの起動をやめる 原因でも解説したとおり、多くのアプリケーションを同時に起動しているとそれだけ多くのメモリが使用されます。 そのため、 不要なアプリの起動を止めることでメモリの使用量を抑えることができます。 また、インターネットブラウザを使用している人の場合、複数のタブやウィンドウでさまざまなWebページを開いていることがあるでしょう。 このタブやウィンドウもメモリを使用しているので、利用が終わったら消すように習慣づけるのがおすすめです。 5-2. 不要なアプリを削除 パソコン内にあるアプリケーションはハードディスクやSSDに格納されています。 不要なアプリを削除することで、ハードディスクやSSDの容量を開けることができるため、メモリ使用量の減少にもつながります。 コントロールパネルの「プログラムの追加と削除」から、パソコン内にどのようなアプリケーションがインストールされているのかが見れるので、使わなくなったアプリケーションは削除するのがおすすめです。 5-3. 不要なファイルを削除 パソコン内にある不要なファイルの削除をすると、それだけハードディスクの容量が軽くなるため、メモリ自体の負荷も下がります。 Cドライブ、Dドライブ、デスクトップ、ダウンロード、ドキュメントなどを利用することが多いので、この辺りの場所を確認して不要なものは削除しましょう。 5-4. デフラグの実行 デフラグとは、ハードディスク内にある散らばったデータをきれいに整理整頓することを言います。 ハードディスク内でファイルの作成や削除を繰り返していると、ハードディスク内が散らかっていくのです。 自分の部屋を想像してみてください。 同じものが置いてあったとしても、毎日生活を続けていくと散らかっていくと思います。 ハードディスクも同じようなことが起きているので、きれいに整理する必要があるのです。 デフラグを実行することで、ハードディスクの容量が軽くなり、メモリの使用量を少なくすることにつながっていきます。 5-5. メモリの増設 メモリが足りないのなら増設するのも手段の一つです。 実は、パソコンのメモリは増設ができるようになっています。 増設するときには、まずは必要なメモリを購入する必要があります。 メモリを購入したら、自分で取り付けることも十分に可能です。 ただし、あまりパソコンに詳しくなくて不安な方は業者の方に依頼するのが確実でおすすめです。 通常パソコンにはメモリを挿すメモリスロットが複数あります。 そしてメモリにも2GB、4GB、8GBなどと複数の種類があります。 しかし、どのメモリをどの箇所に挿しても良いというわけではなく、正しい場所に差し込まないとパソコンが正常に起動しないことがあります。 そのため、不慣れな人にはあまりおすすめできることではありません。 5-6. 高スペックのパソコンに買い換える 最終的な手段として、思い切ってパソコンを買い換えるのもおすすめです。 最近では、高スペックで価格が安いコストパフォーマンスに優れたパソコンが多くなっています。 パソコンの寿命は、およそ5年程度と言われているので、もし長い間使っている方は買い換えるのも良いでしょう。 パソコンの詳しい方は、昔のパソコンでもOSを再インストールすることで使い続けている方がいらっしゃるかもしれません。 しかし、昔のパソコンの場合メモリが十分だったとしても、それ以外の要素によってソフトが起動しないなどのケースがあります。 パソコンは5年で買い替えを検討するのがおすすめです。 5-7. パソコン内の機能を見直す パソコン内には、画面をみやすくするためにいろいろな機能が有効にされています。 視覚情報に関する機能が多く用意されているため、こういった機能をOFFにすることでメモリの使用量を抑えられるのです。 他にも、パソコン内の設定をパフォーマンスを優先した設定にすることでメモリの使用を抑えられます。 5-8. 外付けのハードディスクを使用する 原因のところで、ハードディスクの容量が足りないとメモリが圧迫されると解説しました。 つまり、容量を増やせばメモリの使用量も抑えられるのです。 どうしてもハードディスクの容量が足りない場合には、 外付けのハードディスクを使用することで容量を増やせます。 おすすめのメモリ数とは ここまで、メモリ不足になる原因と対策方法をご紹介してきました。 メモリ不足になると、根本的な解決としてはメモリの増設かパソコンの買い替えを検討しなければなりません。 そこで、必要なメモリ数を十分に確保するために、利用用途に応じた適切なメモリ数をご紹介します。 6-1. 4GBがおすすめのケース 4GBがおすすめのケースは、 インターネットで何か調べたり、YouTubeなどの動画をみたり、簡単なドキュメントを作成する人です。 これらの処理はそこまでパソコン内の負荷にならないため、メモリ数が少なめでも十分に快適な利用ができます。 自宅でプライベートパソコンとして使いたい方に向いています。 6-2. 8GBがおすすめのケース 次に8GBがおすすめのケースは、 動画編集、CADツール、Adobeなどのソフトを使う方です。 先ほどの4GBよりも、専門的なソフトを利用する方に向いています。 6-3. 16GBがおすすめのケース 16GBがおすすめのケースは、 オンラインゲームでの利用を考えている方です。 他にも、 マルチタスクを前提としてパソコン購入を考えている方におすすめです。 最近のオンラインゲームは、非常にクオリティの高いゲームが多いです。 グラフィックの向上も素晴らしいこともあり、非常に多くのメモリが使用されます。 快適にオンラインゲームをプレイしたい方は、迷わずに16GBを選びましょう。 自分の利用用途に合わせたメモリを選ぼう 今回は、メモリ不足の原因と対応策について解説しました。 メモリ不足になってしまった場合、複数のアプリを同時に起動しているか、メモリ数が利用用途にあっていないか、ハードディスクの容量が不足しているなどが原因として考えられます。 使わないアプリを落としたり、ハードディスクの容量を軽くすることでメモリの使用量は減らせますが、根本的に解決したい場合には、メモリの増設や新しいパソコンの購入が必要です。 メモリの増設が必要になる場合、パソコンの扱いに慣れていれば部品だけを購入して交換できます。 しかし、パソコンの取り扱いに慣れていない人が自分でメモリを増設するのは簡単ではありません。 そこでおすすめしたい修理業者が「」です。 ドクター・ホームネットはパソコン修理の専門会社ですが、修理以外にもデータの消去やメモリ増設にも対応しています。 パソコンの機種やOS、どんな目的でのメモリ増設を考えているかなどを電話で伝えることで、最善の方法を提案してくれます。 メモリ増設の際にパソコン自体を壊してしまっては元も子もありません。 慣れていない人は無理せず専門会社に依頼しましょう。

次の

パソコンを使っているとメモリ不足になる原因と解消法とは?

パソコン メモリ 解放

メモリーとは、データを記憶する部品のことです。 英語でmemoryとは記憶を意味します。 メモリーは、大きく分けてと読み書き両方できるRAM(ラム)と読み出し専用のROM(ロム)がありますが、一般的にメモリーという時は、 RAMであるメインメモリーのことを指します。 スマートフォンやタブレットでは、単にRAMといいます。 データやプログラムを 一時的に記憶する部品で、コンピューターでは 主記憶を担当します。 分かりやすく例えると机や作業台です。 何かの課題に取り組んでいるとします。 書類や辞書を並べたり、筆記用具をおいたり、参考書を開いたりします。 机の上が広ければ広いほど作業はしやすくはかどります。 それと大変似ています。 メインメモリーもパソコンを使っているときや何かのプログラムを開くときに、 作業台のように利用されます。 そのためメモリーの容量は、パソコンの動作速度に影響を及ぼします。 実装メモリ(RAM)の項目です。 デスクトップパソコン用メモリー。 DIMMともいいます。 基盤(緑)や端子部分(赤)からなる モジュールと、基板上の DRAMチップ (水色)などで構成されています。 端子部分の切り欠きの場所がメモリーの種類・規格によって違ってきます。 ノートパソコン用メモリー。 デスクトップ用のメモリーより一回り小さくなります。 SO-DIMMともいいます。 メモリーはマザーボードのメモリースロットに取り付けられています。 ノートパソコンのメモリースロット。 一体型パソコンは、内部構造がノートパソコンと似ているため、メモリーもノートパソコンと同じものが使われることがほとんどです。 主記憶 パソコンの電源を入れてOSを起動しているとき、プログラムを起動させているとき、ファイルやフォルダを開いたときなど、すべてのデータはハードディスクから読み込まれ、一旦 メモリー上におかれます。 メモリーは アドレス(番地)で区分けされていて、ここにデータが入っていきます。 このメモリーにあるデータをが読み書きして、処理したものを再度メモリーへ渡します。 例えば Excelなどで「名前を付けて保存」としたときに、メモリーからに書き込みが行われます。 このようにメモリーは、作業机のような役割があり、CPUとは非常に密接な関係にあります。 マザーボード上でハードディスクよりメモリーの方がCPUに近い場所にあるのもこうした理由です。 また 揮発性メモリーであり、パソコンの電源を切るとメモリー上からデータはなくなります。 容量 メモリーの容量とは、の8ビット、 1バイトを基準としてどれだけのデータを一時的に保存できるかということを表しています。 昔のWindows 98のパソコンでは、メモリー1枚の容量は32MBや64MBなどでしたが、現在のメモリーも32MBや64MBの延長で、倍数になっていることが分かります。 32MBの8倍が256MBなど。 256MBの倍数と覚えるとわかりやすくなっています。 1024MBで1GBです。 市販されているメモリーは256MB、512MB、1GB、2GBなど。 最近では4GBや8GBのメモリーが使われるようになってきています。 メモリーの容量が少ないと、データのおき場所が足りない、確保できないということになり、パソコンの動作は遅くなる傾向があります。 種類・規格 メモリーには種類・規格があります。 メモリーの出された時期によってメモリーの性能や切り欠き部分が異なります。 新しいメモリーであるほど、転送速度が速く 容量の大きいものが増えています。 大きく分ける メモリーには、主に以下のような規格があります。 (上が新・下が旧)• DDR4• DDR3• DDR2• DDR• SDRAM DDRやDDR2の正式な名称は、DDR SDRAM、DDR2 SDRAMです。 単にSDRAMというときは旧規格のメモリーかメモリーそのものを指します。 DDRは、ダブルデータレートの略で旧規格のSDRAMとは動作原理が異なり、現在でも高速化が進んでいます。 細かく分ける またメモリーの規格はもう少し細分化して以下のように分けることもできます。 (上が新・下が旧)• DDR4-2666・・・PC4-21300• DDR4-2400・・・PC4-19200• DDR4-2133・・・PC4-17000• DDR3-1600・・・PC3-12800• DDR3-1333・・・PC3-10600• DDR3-1066・・・PC3-8500• DDR2-800・・・PC2-6400• DDR2-667・・・PC2-5300• DDR2-533・・・PC2-4200• DDR-400・・・PC3200• DDR-333・・・PC2700• DDR-266・・・PC2100 このように DDRからDDR4は、さらに3つに分かれています。 これらのメモリーの規格は、半導体標準化団体 JEDECにより規格化されています。 数字は単純に転送速度を示しています。 同じDDR3やDDR4のメモリーでも、数字の大きいメモリーほど転送速度は速くなります。 DDR4-2666などを チップ規格、PC4-21300を モジュール規格といいます。 チップ規格を8倍するとモジュール規格になります。 メモリーの規格とWindowsのシリーズ DDRのメモリーとWindowsは、ある程度関係しているところがあります。 必ずしもこのような決まりがあるわけではないのですが、概ね以下のようになります。 DDR4・・・Windows 10• DDR3・・・Windows 7、8• DDR2・・・Widnows XP、Vista• DDR・・・XP パソコンに増設できるメモリーは、CPUやマザーボードに左右されます。 それぞれのパソコンには対応したメモリーというのがあり、チップ規格・モジュール規格が決まっています。 互換性.

次の

Macが重い…そんなときは「メモリ解放アプリ」で対策!

パソコン メモリ 解放

音楽、画像、動画の閲覧、編集などアプリケーションの起動・終了を繰り返すうちに不要なプロセスが残ってしまい、パソコンの動作がだんだん重くなってしまうことがあります。 あまりソフトを起動していないはずなのに、なんか急にパソコンが重くなったなーというときは不要なプロセスがメモリを無駄遣いしてしまっている可能性があります。 そんな無駄なメモリの使用を改善し、パソコンのパフォーマンスを最適化してくれるのがメモリ最適化ソフトです。 常駐タイプのソフトを利用すれば、メモリの無駄使いを監視し、常に快適な状態を保ってくれることができるようになります。 その場合は非常駐タイプを利用するようにしましょう。 メモリの管理・最適化を行えるソースネクストの驚速シリーズ「驚速メモリ」 ファイルキャッシュサイズを調節したり、使用していないデータが占有しているメモリの開放したりでき、アプリケーションの実行速度をあげることができます。 ファイルキャッシュからハードディスクへの書き戻し時間を短くすることでフリーズのリスクを減らす「メモリ保護」や、を作成して や の一時ファイルを保存できます。 他にもCPU、メモリ、ファイルキャッシュ、ページファイルの使用状況がわかる「シンプルモニター」、プロセス状況やシステム稼働率、メモリやキャッシュなどの使用状況の詳細が分かる「フルモニター」により、メモリ状況を素早く把握できます。 パソコンで動作している不要なメモリーを解放して、メモリー領域を確保し、快適なパソコン動作環境を保ってくれるメモリー掃除の定番ソフト ワードやエクセルなどのアプリケーションを起動すると、メモリー上にDLLなどの必要なプログラムを展開し、何度も頻繁に参照することでアプリケーションの動作を快適に保つように動作します。 このようなアプリケーションによるメモリーの確保によって、パソコンが使えるメモリー領域が減り、メモリー不足が発生してパソコンの動作が遅くなっていきます。 本ソフトは、いまのパソコンの動作とは関係のない不要なメモリー領域占有を解放してパソコンの動作を快適に保つことができるクリーナーソフトです。 アプリケーションによっては、終了させた後にも不要なメモリー確保を続けるソフトもあり、そのような不要なメモリー領域を掃除することが可能です。 ウイルス対策ソフト、スパイウェア対策ソフト、ファイアウォールソフト、ファイル暗号化ソフト、ID・パスワード管理ソフト… オフィスソフト、ウェブブラウザー、メールソフト、圧縮・解凍ソフト、付箋紙ソフト、PDF作成ソフト、イラスト作成ソフト、画像・動画管理ソフト、テキストエディター、ファイル復元ソフト… 辞書検索、オンラインウイルススキャン、オンラインアルバム、ストリーミング、動画共有サイト… フリーメール、メッセンジャー、オンラインゲーム、mixi活用ソフト、ブログ… USBメモリー停止ソフト、USBメモリーファイル復元ソフト、ポータブルオフィスソフト、ポータブルブラウザー、ポータブルメールソフト… フリーソフト100が注目したソフトや無料サービスをピックアップした特集記事….

次の