織田信長ホトトギス。 織田信長の名言?ホトトギスの意味と意外な性格やエピソード!

織田信長の性格

織田信長ホトトギス

織田信長 と言えば、日本の歴史上の人物で、最も人気のある人物のひとりです。 誕生(1534年)は、尾張(現在の愛知県)の弱小大名の子として生まれ、幼い頃には 「大うつけ」と呼ばれ、回りの臣従達は、まさか天下統一を望む大武将になるとは思っていませんでした。 織田信長が、歴史上に名前が挙がったのは、何といってもで、大大名である 「今川義元」を倒した合戦といわれています。 わずか10分の1の兵力(今川軍2万0000・織田軍2千000)で、巧みな情報戦と奇襲で挑み、見事、今川義元を討ち取りました。 一躍、歴史の表舞台に登場した信長は、その後、斬新な戦法を用い、そして資金となる経済流通の改革で、次々と敵対する諸大名を倒し、領土を広げていきます。 1582年3月には、戦国最強と言われた「武田氏」を討ち滅ぼし、天下統一目前と迫っていましたが、当年6月2日にで家臣であった明智光秀の謀反により豪死を遂げます。 地方の一介の弱小大名に過ぎなかった子倅が、天下統一の直前まで生き抜いた人生。 波乱万丈となった人生の中で、信長も数々の 「名言」を残しています。 それは、現代に生きる私たちにも深く響く名言となっています。 ここでは、その名言を紹介し、その意味も考察してまいります。 ワシにも、(優しい)心はある…。 見て見ぬ振りが一番イカン。 出来ることから始めれば、それで良い…。 織田信長 名言・格言・言葉集 まとめ いかがでしたでしょうか…。 信長が人生において述べた 「名言・格言集22選」を並べてみました。 私自身、身に余る所や、ジーンと胸に刺さるような名言がありました…。 あなたはいかがでしたか…。 織田信長の人生は、決して順風万般に行った訳ではありません。 わずか49年の生涯で90回もの合戦をこなし、命の奪い合いを繰り広げた人生は、私たちの想像をはるかに超えた壮絶な人生だったに違いありません。 緻密な戦略と戦術で戦った合戦の日々の中にも、ちょとだけ優しさが垣間見える名言もありましたね…。 下剋上の群雄割拠の時代を生きぬいた人間だからこそ、言葉にも重みが伝わってまいりました。 あなたの胸にも、きっと響いた名言があったと思います…。 この名言を胸に、今日も頑張ってまいりましょう!!.

次の

戦国三武将である織田信長、豊臣秀吉、徳川家康がホトトギスで俳句読んでみたwww

織田信長ホトトギス

これは織田信長の かなり 執念深い性格が表れています。 また、ルイス・フロイスは 織田信長のことを次のように記しています。 常に武技を好む• 荒々しく野生的である• 傲慢で神をも恐れぬ• 部下の進言を聞き入れることは滅多にない 他にも、教育係の平手政秀は 織田信長の奇特な行動を諫めるために切腹したと言われています。 織田信長は優しい!?実はこんな長所も! 先に短所として 残忍で容赦ない性格を紹介しましたが、 実は にも、 優しい一面があったのです。 「 信長公記」の中にこんなエピソードが。 織田信長が岐阜と京都を行き来している 時期があり、その道中に障害があるせいで 普通の生活を送れずにいた男を哀れに思います。 そこで、ある日村人達を集めて木綿20反を 金に換えてその男に小屋を建ててやるように言います。 お寺と女子供を焼き討ちした同一人物とは思えない程、とても心温まるエピソードです! 織田信長は身分にとらわれなかった は、当時では珍しく 身分にとらわれない一面もありました。 若い頃「 尾張の大うつけ」 と呼ばれていた織田信長は、 庶民たちと相撲をしたり、 お祭りでは一緒に踊ったりと 庶民と分け隔てなく接したエピソードが多く残っています。 織田信長は家臣たちには厳しいですが、 立場の弱い者たちに対する心配りを忘れなかったようです。 最後に この記事では、 の長所や短所など 織田信長の性格について簡単に紹介しました。

次の

織田信長の性格とは?戦国武将は残忍で冷酷?実は優しい一面もあり?

織田信長ホトトギス

人は皆それぞれ独自の性格があります。 あの人は性格がいいとか悪いとか、噂話をする人も多いのではないでしょうか?織田信長は戦国武将のなかでも特に強烈な性格だったとされ、仕事はできる人だけれど、この人にはついていきたくないと思われてしまうような、現代でいうパワハラ上司のような一面もあったようです。 ここでは織田信長の行動からからうかがえる性格についてみていきます。 意外に優しい側面もあったようですよ。 織田信長の性格とは? 「鳴かぬなら 殺してしまえ ほととぎす」は、実は信長自身が作った句ではないのですが、そうした言い伝えができるほどの言行を残した事も事実です。 しかし、その一方で、信長には部下思いの優しい行動の記録も残っています。 信長の性格は実際のところどうだったか、いくつかのエピソードを踏まえて確認していきたいと思います。 容赦がない残忍な性格 信長が非常に残虐で容赦がなかったとされる理由は、やはり一向一揆の殲滅や比叡山の焼き討ちなど、武士以外の人々の反乱に対して、皆殺しや焼き討ちといった対応を取った事にあります。 当時、足利幕府を事実上廃止し、天下統一の野望にまい進する信長に対して、多数の反乱勢力が現れました。 反乱勢力の中には、戦国時代の特徴として、一向一揆や比叡山延暦寺などの宗教勢力も含まれていました。 そうした中、1574年には長島の一向一揆を殲滅したのですが、この時は男女二万数千人が殺害されたと言われています。 また比叡山の反乱鎮圧では三千人から四千人の人々が殺害されたとされています。 他にも多数のこうした殺戮の記録があり、武士同士の争い以外に宗教勢力をもタブーとせず殺戮していったことから、信長は特に残忍な性格の武将であったとされるようになったのでしょう。 鳴かぬなら 殺してしまえ ほととぎす この句は信長の性格を端的に表わす句として有名ですが、実のところこれは信長自身が作った句ではありません。 残忍な言行が目立った織田信長がいかにも言いそうな句だとして、江戸時代の人々の間で伝えられていました。 この句を記録に残したのは江戸時代後期に現在の長崎県、当時の備前で藩主を引退して随筆「甲子夜話」を書き綴っていた松山静山でした。 随筆の中にはほかに豊臣秀吉の句として「鳴かぬなら鳴かせてみようホトトギス」、徳川家康の句として「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」の句も残っています。 江戸時代の人々は戦国の三武将の性格をよく理解してたようですね。 織田信長は癇癪(かんしゃく)持ち? 信長は癇癪もちで、ちょっとした事でもすぐに怒っていたようです。 また信長は長身で痩せていて声がかん高かったようです。 体型や声と人の性格に関連があるとする理論では、こうした体型と声の持ち主は、基本的にわがままで自己主張が強く、興奮しやすいとあります。 癇癪を起こした結果残忍な行為に及ぶことが多かったのではないでしょうか?数々の残忍な行いがあったことは確かですが、人が苦しむことを見るのが好きだったといったタイプの残忍さとは違い、自分の感情を制御できない事から来る残忍さだったのでしょう。 そう考えると信長の癇癪にあい、酷い目にあった人々はお気の毒ですが、信長自身にとっても次第に部下の心に離反を呼び、各地で反乱を起こされたり、明智光秀の謀反で命を落とすことになった訳ですから、周りの人々とともに、信長自身も、自分の癇癪の犠牲者だったと言えるのかもしれません。 自意識過剰?宣教師、フロイスの証言 ポルトガルのカトリック司祭、ルイス・フロイスは宣教師、イエズス会師として日本に来日し宣教活動を行うとともに、信長、秀吉とも会見し、日本での活動を著作「日本史」を残しました。 フロイスはその著書の中で織田信長に関する的確な観察記録を残しています。 それによりますと、確かに癇癪持ちだったようですが、普段はおとなしかったとあります。 ひとから侮辱されると我慢できなかったようです。 また好戦的で、修練に熱心で、正義に厳格だったようです。 潔癖で綺麗好き、身分の低い部下とも気にせず話をした、などという側面もありました。 こうした観察から推測されることは、猟奇的な残虐性とは関係のない、むしろ子供が十分に大人になり切れないことからくる残虐性です。 簡単に表現すると、いつまでも角が取れない人だった、ということになるのかもしれません。 残忍な性格とは裏腹な優しい一面 さて、ここまで信長がいかに残忍な行為を行ってきたのか、それらは信長のどういった性格からきているのかを見てきました。 しかし実は信長には優しい一面も伝えらています。 ここからはそうした側面に焦点を当てていきましょう。 優秀な部下に見せる寛大さ そもそも残虐なだけでは部下はついてきません。 志半ばで倒れたものの、尾張を統一し、足利幕府を事実上廃止し、朝廷から「天下人」であることも事実上公認され、実質的な天下統一へまい進していく信長ですから、多くの優秀な部下から信任を獲得してきた事は間違いありません。 信長の方針は実力主義、能力主義でした。 身分が低い家来でも、能力を認めれば寛大に分け隔てなく抜擢しました。 そうした方針の下でもっとも出世したのは羽柴秀吉、のちの豊臣秀吉でした。 百姓の子として生まれた秀吉は、はじめは身分の低い家来として信長に仕えましたが、次第に頭角を現し、最終的には信長の第一の家来として全国に名を馳せるところまで出世しました。 優秀な部下、しっかり仕事をする部下は寛大に取り立てる方針が、信長軍団が勢力を拡大していく原動力となりました。 豊臣秀吉夫婦の喧嘩を仲裁 信長の優しい気遣いをよく表す話として、秀吉夫婦の喧嘩を仲裁したエピソードは有名です。 秀吉とその妻ねねは当時としては非常に珍しい恋愛結婚でした。 やはり愛し合って結婚したのでしょう。 そんな二人でしたが、結婚生活に危機が訪れることがありました。 出世して一城の主となった秀吉。 権勢を手に入れた男が陥りがちな過ちですが、秀吉は浮気を繰り返しました。 その時ねねは直接秀吉に怒りをぶつけるのではなく、なんと信長に仲裁を求めたのです。 信長はというと、わざわざ直筆の手紙をしたためて、秀吉を叱責します。 秀吉のことを「禿ネズミ」などとも罵っています。 とりあえずことは収まりましが、結局のところ秀吉の浮気病は治りませんでした。 現代においても、社長が部下の夫婦喧嘩の仲裁に乗り出し直筆の手紙まで書くなどという事は滅多にないことでしょう。 信長と秀吉夫婦の間の厚い信頼関係を垣間見ることができます。 残虐な面も多かった信長ですが、こうした形で部下との信頼関係を深めることが出来たからこそ、天下統一の偉業へのまい進する事も出来たのでしょう。 新しい文化を次々に取り入れる 合理的精神に富み、従来のしきたりには殆ど縛られなかった信長は、新しい文化を次々に取り入れました。 キリスト教を歓迎し宣教師ルイス・フロイスとも親交を持ちました。 たしかにキリスト教徒を受け入れましたが、宗教的な側面に関心があったというよりは、キリスト教徒の外国人を受け入れる中で、多くの外国の文物、風習を取り入れることが出来る点に着目していたようです。 信長の甲冑は西洋風な外観をもち、安土城の天守は金色と朱色の八角堂でした。 また楽市楽座は今日でいえば経営利権、販売利権を排した自由主義経済の導入でした。 信長の進取性は多方面に発揮され、最終的には中世から近世への大きな時代変遷をもたらすことになりました。 まとめ:織田信長の性格の長所と短所とは? これまでさまざまなエピソードを通じて、織田信長の性格を見てきました。 ここで信長の性格にはどのような長所と短所があるのかを改めて考えてみましょう。 まず長所としては従来のしきたりに縛られず新しいことを積極的に取り入れた事があります。 文化・文物の面でも、部下・家来との接し方の面でもそうした長所が発揮され、信長軍団が伸長していく原動力となりました。 一方短所としては癇癪もちで感情をコントロールできなかったことが挙げられます。 すぐに怒ってしまうことはリーダーにとって大きな問題です。 有能ではない部下や、しきたりを重視する部下、あるいは敵対勢力を力で圧倒するばかりでは長続きしません。 快進撃を続けた信長が本能寺の変の謀反であっけなく殺される結果となったのは、やはり信長の性格の短所に問題があったと言えることでしょう。 <織田信長の関連記事>.

次の