ラウル ヒメネス。 ラウル・ヒメネスとは

【ウイイレアプリ2020】ラウルヒメネスの能力と使い方【確定スカウト】|ゲームエイト

ラウル ヒメネス

経歴 [ ] 1999年、メキシコののユースチームでキャリアをスタートさせ、2010年にトップチーム昇格した。 2018年6月13日、にレンタル移籍した。 2019年4月4日、ウルヴァーハンプトンに完全移籍した。 28試合で13ゴールを挙げ、クラブのプレミアリーグ残留に貢献し、クラブの年間最優勝選手賞を受賞した。 代表歴 [ ] としてU-23代表でプレーし、の金メダル獲得に貢献。 2013年1月30日、戦でA代表デビュー。 2013年7月11日の、戦で代表初得点を挙げた。 2014FIFAワールドカップではブラジル戦でドスサントスとの交代でワールドカップ初出場を果たす。 2018FIFAワールドカップではグループリーグのドイツ戦とブラジル戦に出場した。 では5ゴールを決め、大会最優秀選手に選出された。 タイトル [ ] クラブ [ ] クラブ・アメリカ• : クラウスーラ2013 アトレティコ・マドリード• : 2014 SLベンフィカ• : 2015-16, 2016-17• : 2016-17• : 2015-16• : 2016, 2017 代表 [ ] メキシコ代表• : 2012• : 金メダル 個人 [ ]• : 大会最優秀選手賞• :2018-19 クラブ年間最優秀選手賞 脚注 [ ].

次の

ラウール ヒメネス

ラウル ヒメネス

名前:ラウル・アロンソ・ヒメネス・ロドリゲス 生年月日:1991年5月5日 国籍:メキシコ チーム:ウルヴァーハンプトン・ワンダーランズ(背番号9) 身長:190cm 体重:76kg 利き足:右 ポジション:フォワード ラウール ヒメネスはメキシコのイダルゴ州テぺジという都市で生まれ育ちました。 サッカーは地元のサッカースクールで始め、その後メキシコの強豪クラブ・アメリカの下部組織に加入します。 クラブ・アメリカではアンダーカテゴリーを順調に駆け上がり、 2011年10月(当時20歳)にはトップチームデビューを果たしました。 それからクラブ・アメリカでは公式戦で2シーズンにわたり2桁得点をマークするなど印象的な活躍を見せ、2014年8月にはスペインの強豪アトレティコ・マドリードへの移籍が決まります。 しかし、アトレティコ・マドリードやその後加入したFCポルトでは印象的な活躍は見せられず、 2018年6月にプレミアリーグに昇格したばかりのウルヴァーハンプトン・ワンダーランズへ移籍します。 ウルヴァーハンプトンでは加入初年度から13得点を記録するなど素晴らしい成績を収め、クラブの年間最優勝選手賞も受賞。 2019-20シーズンは記事執筆時点で公式戦44試合に出場し22ゴール10アシストをマークしており、ウルヴァーハンプトンのエースと言える存在に成長しました。 ちなみに2019-20シーズンは記事執筆時点(2020年3月中旬)でキャリアハイとなる素晴らしい成績を収めています(公式戦44試合22ゴール10アシスト)。 ウイイレアプリ2021では黒玉昇格も十分あり得る選手です。 【ウイイレアプリ2020】ラウール ヒメネスの能力値 レベル1 レベル28(MAX) 総合値 83 89 オフェンスセンス 84 88 ボールコントロール 78 83 ドリブル 77 81 ボールキープ 75 80 グラウダーパス 74 79 フライパス 70 75 決定力 83 88 ヘッダー 83 87 プレースキック 60 64 カーブ 75 79 スピード 79 83 瞬発力 75 79 キック力 80 85 ジャンプ 78 83 フィジカルコンタクト 80 85 ボディコントロール 69 73 スタミナ 84 89 ディフェンスセンス 57 62 ボール奪取 55 59 アグレッシブネス 80 85 GKセンス 40 40 キャッチング 40 40 クリアリング 40 40 コラプシング 40 40 ディフレクティング 40 40 逆足頻度 2 2 逆足精度 3 3 コンディション安定度 6 6 怪我耐性 2 2 【ウイイレアプリ2020】ラウール ヒメネスのポジション ウイイレアプリ2020でのラウール ヒメネスはメインポジションがCFとなってなっていますが、ST、OMF、LWGのサブポジション適性もついています。 ウイイレアプリ2021では黒玉昇格の可能性がある選手ですので、まだ持っていない方は今のうちに獲得しておくことをおすすめします。 まとめ 今回はウイイレアプリ2020のラウール ヒメネスを紹介しましたがいかがでしたか。 ラウール ヒメネスはメキシコの強豪クラブ・アメリカでプロキャリアをスタートさせ、その後スペイン、ポルトガルの強豪クラブを渡り歩いてきました。 アトレティコ・マドリードやFCポルトでは印象的な活躍を見せられなかったものの、現在はウルヴァーハンプトン・ワンダーランズで素晴らしい活躍を見せています。 2019-20シーズンも非常に素晴らしい成績を残していますので、ウイイレアプリ2021では黒玉昇格も十分あり得る選手です。 ウイイレアプリ2020でラウール ヒメネスをまだ持っていない方は今のうちに獲得しておくことをおすすめします。

次の

ラウル・ヒメネス

ラウル ヒメネス

プレミアリーグが最後に開催されたのは3月9日、レスター4-0アストン・ヴィラ。 その前日のマンチェスターダービーで、マンチェスター・ユナイテッドがプレミアリーグ連覇を果たした王者に完勝し、チェルシーがエヴァートンに4-0で圧勝したのをどれだけの人が覚えているでしょうか。 1ヵ月前には、大勢のサポーターがスタンドに詰めかけていたのですが、あの熱狂の渦が遠い昔のように感じられます。 4月3日まで延期と伝えられたリーグは、未だ再開の目処は立っていません。 「昇格したばかりで、プレミアリーグで2シーズンしか戦っていないチームにとって、大きなことだ。 僕らはTOP4フィニッシュが可能だとわかっている」。 2019-20シーズンが再び始まれば、チャンピオンズリーグの出場権を獲得できると語っているのは、ラウル・ヒメネス。 彼が所属するウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズは、29節を終えて10勝13分6敗と健闘しており、 4位チェルシーに5ポイント差という好ポジションに着けています。 「ジェフ・シー会長のよき友人」と称するホルヘ・メンデスのネットワークによって、 現役バリバリのポルトガル代表をかき集めたクラブは、昇格初年度で7位に食い込み、今季のヨーロッパリーグではラウンド16に進出しています。 2018年の夏に、ベンフィカからのローン移籍で加わった器用なストライカーは、 2シーズンでプレミアリーグ67試合26ゴール13アシストと本領発揮。 2019-20シーズンは、リーグTOPとなる99本のシュートを放って13ゴールを決め、アダマ・トラオレやジョッタをヒーローにする6アシストを記録しています。 プレミアリーグがいつどうなるかわからないなかで、「まだ終わっていない」と語るストライカーは、 「望む場所に辿り着くためには戦い続けないといけない。 目標を達成できなくても失望しないが、到達するとしか考えていない」とコメント。 「このチーム、ファミリーの一員であることを誇らしく思う。 チームメイトとプレイするのが本当に楽しい。 このシーズンをとても満喫していたんだ」と、ウルヴスへの愛情の深さを表現しています。 ヌーノ・エスピリト・サント監督率いる速攻に長けたチームは、 リードを許した試合でリーグNo. 1の21ポイントを挙げているのをご存じでしょうか。 マンチェスター・シティ戦とサウサンプトン戦を2-0からひっくり返し、トッテナム戦も2-1から逆転勝利を飾っていますが、 ラウル・ヒメネスは劣勢の3試合すべてで同点ゴールか決勝ゴールをゲットしています。 獰猛なアタッカーが揃うチームで輝き続ける貪欲なストライカーは、この中断を幸運として欧州へのチケットを手に入れることができるでしょうか。

次の