訂正 印 どこ。 訂正印を売ってるお店と値段の相場は?シャチハタもダイソーにある?

契約書の訂正方法について

訂正 印 どこ

会社で働き始めると色々とビジネスマナーを知っておく必要があります。 新入社員が配属されて驚いたことがあります。 それは、都道府県庁や市区町村から届く書類や取引先からの資料の中には返信用封筒が同封されていることがありますよね。 その返信用封筒には「ビジネス株式会社 営業部 行」と書かれており、この「行」の訂正の仕方、消し方、様と御中の使い分け方を知らないのです。 新人に聞いたら、7割の人が知らないという結果にビックリしました。 メールやLINEなどのSNSを使っているからでしょうかね。 そこで、新入社員向けに返信用封筒の行を御中や様に訂正するときの消し方と使い分け方についてまとめました。 返信用封筒の「行」の間違った消し方 さて、新入社員に返信用封筒の「ビジネス株式会社 営業部 行」を正しく訂正・書き直すように言ったら、次のようなものがありました。 こちらで研修用に作成した「ビジネス株式会社 営業部 行」の封筒をみて、「何これ、行って何?」という声もありました。 手紙や書類のやり取りが少なくなったこともあり、返信用封筒の「行」というのを見たことがないという人も多くいました。 そのため、「行」の消し方を知らない人が取った間違った消し方を箇条書きで紹介しましたが、如何でしょうか。 あなたも、こんな間違いしていませんか? いずれの方法もビジネスマナー違反であり、相手に対して失礼な対応になってしまいますので正しい消し方を知っておきましょう。 スポンサーリンク 返信用封筒の「行」の正しい消し方・訂正の仕方 返信用封筒の「ビジネス株式会社 営業部 行」の「行」の正しい消し方はいくつかあります。 また、返信用封筒に書かれている宛名が、縦書きのときと横書きのときでも消し方・訂正の仕方に違いあります。 会社宛や部所宛のときの返信封筒は「行」で書かれ、個人宛の返信用封筒は「宛」で書かれてくることもありますが、「宛」のときも「行」と対応は同じです。 縦書き封筒のときの消し方 宛名が縦書きに印刷されている封筒のとき、「行」の消し方・訂正の仕方は2通りあります。 ・縦に二重線を引く ・右上から左下への斜めの二重線を引く 封筒に書かれている宛名が縦書きのときの「行」を消すときは、縦か斜めの2本線で消します。 線を引くときはフリーハンドではなく定規などを使って真っ直ぐに線を引くようにしましょう。 横書き封筒のときの消し方 宛名が横書きに印刷されている封筒のとき、「行」の消し方・訂正の仕方は2通りあります。 ・横に二重線を引く ・右上から左下への斜めの二重線を引く 2通りを紹介しましたが、一般的には横に2本線を引いて訂正する消し方を使っています。 斜め線でもビジネスマナー違反になることはありませんが、いずれにしても、消していることがはっきりと分かるように消すこと、真っ直ぐな線で消すことです。 スポンサーリンク 「行」を「御中」や「様」に書き直すときの使い分け方 新入社員に返信用封筒の「行」を訂正してもらい、書き直すまで行なってもらったら次のような書き換えを行っていました。 ・ビジネス株式会社 営業部 様 ・ビジネス株式会社 営業部 各位 様 ・ビジネス株式会社 営業部 各位 御中 ・ビジネス株式会社 営業部 山田太郎 御中 ・ビジネス株式会社 営業部 御中 山田太郎 様 ・ビジネス株式会社 営業部 山田太郎 殿 ・ビジネス株式会社 営業部 山田太郎 御中 様 ・ビジネス株式会社 営業部 山田部長 様 ・ビジネス株式会社 営業部( 行を消しただけ) 赤字の部分が間違っています。 「様」・「御中」・「殿」・「各位」の使い方や使い分け方を知らないことが良く分かりました。 でも、これが現実なんだと思い、1つ1つ覚えてもらうしかありません。 ・「様」と「御中」を併用してはいけない ・「殿」は使わない ・「様」や「御中」の敬称を付けない ・「各位」は複数の人に対して宛てるときに使う という点に注意しないといけません。 「様」・「御中」・「殿」の使い方や使い分け方 ビジネスマナーとして「様」・「御中」・「殿」の使い方を間違えると相手に失礼になりますし、社会人として常識を知らないと思われてしまう結果になってしまいますので、正しい使い方と使い分け方を覚えておきましょう。 ・個人名宛であれば「様」 ・企業名、会社名、部所名宛であれば「御中」 を使う必要があります。 「殿」は、目上の人が目下の人に対して使う言葉なのでビジネス文書では「様」を使います。 意味や使い方を知ったうえで「殿」を正しく使うのであれば問題ありませんが、「様」で統一しておくほうが間違いがなく良いです。 「様」・「御中」を書く場所 「行」の消し方・訂正の仕方が分かり、「行」を書き換えるときは「様」と「御中」を使うことも分かりましたよね。 では、書き換えるときに「様」や「御中」をどこに書いたらいいのかをお伝えします。 書き込む位置にビジネスマナーはありませんが、一般的なマナーとしての場所を紹介します。 縦書きのときに「様」や「御中」を書く場所 縦書きに宛名書き封筒されている「行」を訂正して、下または左側に「様」や「御中」を書き込みます。 下側に余白がなく文字が入らないときは左側に書き込みましょう。 書き込むとき、消した「行」から離れた場所に書くとバランスが悪いので、すぐ下または左側に書くようにしましょう。 横書きのときに「様」や「御中」を書く場所 横書きに宛名書き封筒されている「行」を訂正した右横または下側に書き込みます。 書くときは、バランスを考えて書き込むことが大切です。 あまり離れ過ぎているとバランスがよくないので写真のような位置に書き込むといいです。 スポンサーリンク あとがき 就職活動をしているときや、アルバイトをしているときなどに返信用封筒を使って郵送するときに常識として知っていることと相手は思っていますから、変な訂正や消し方や様や御中の書き方などが違うと常識を疑ってしまうということもあります。 また、ちょっと調べれば分かることを調べないまま、分からないままやる人だと思われてしまいます。 ちょっと調べれば分かることをやらないのは、とても損ですので分からないことは調べるということをするようにしましょう。

次の

伝票の修正方法

訂正 印 どこ

二重線と訂正印で手直しするときにはどの印かんを使うの? 書面の誤記では、失敗したところに横に2本の線(二重線)を引いて訂正印を押します。 間違えた部分を直すときの印は何でもいいのかと迷う人もいるでしょう。 シャチハタは内部にインクが詰められていて、押すたびににじみ出てくるので朱肉を使う必要がありません。 社会生活の中では印かんを使うことが多く、ちょっとした認め印としてシャチハタが良く利用されています。 日頃からシャチハタをよく使っている人は、シャチハタで誤記を手直ししても問題ないと考えている人もいるかもしれません。 しかしこのシャチハタを使うのは認められていません。 その理由がゴム印は時間経過とともに印影が変わることがあるためです。 シャチハタにはゴムが使用されているため、何度も使っていると印影が変形してしまうことがあります。 またインクは紫外線によって印影が薄れる心配もあり、朱肉を使わないシャチハタは公的な書類では使用を認められていない印かんです。 あなたは二重線と訂正印で手直ししても良い時と悪い時があることを知っていますか? 会社員では、普段書面に書き入れる仕事をしていない人でも、年末になれば「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」、「給与所得者の保険料控除申告書」、「配偶者特別控除申請書」などを作成します。 それほど難しいことではないのですが、書きなれていないために、どうしても失敗してしまう人もいるでしょう。 失敗した時には修正液を使えばいいと思う人もいるかもしれませんが、この書面では修正液の使用は認められていません。 この時の手直しでは2本の線を引いてから印を押して手直しをするようにしましょう。 不慣れな年末だけの書面への書き入れでも、手直しの仕方を知っておくだけで気楽に作成できます。 上記のような書面であればこの手直しの仕方で問題ないのですが、履歴書やエントリーシートなどでは、手直しすることがマナー違反となり、手直しをするのではなく一からやり直すのがマナーです。 1箇所なら問題ないとする考え方もありますが、履歴書によって採用・不採用が決まるため、少しでも印象を良くするためにも書き直すのが基本です。 また領収書などの金額を間違えたときにも再発行するのが原則となっています。 二重線と訂正印の修正の仕方 修正をする場合、間違えたところに2本の線を引くのはわかるけど、どこに印を押したらいいのかと悩む人も多いことでしょう。 手直しするときの印を押す場所は厳密な決まりはありません。 一般的には二本の線を引いた箇所に少しかぶる程度の場所に印を押します。 二本の線を引いて印を押した後、そばに正確な言葉を書きます。 削除追加をする時には、何文字追加・削除したか分かるように書き入れて手直しをします。 印を押し間違えた時も二重線で訂正するの? 多くの人が書面に書き入れるタイミングは年末調整の時、保険の加入、借入時でしょう。 この時の書き入れるのは住所や氏名程度が多く、失敗したことはほとんどない人もいるかもしれません。 しかし捺印の時には上手く押せなかった、上下逆に押してしまったという経験をした人は多いです。 この失敗での対処法は文字の時とは違います。 捺印に失敗した時には二本の線は引かずに、失敗した捺印が分かるように少しずらして重なるように印を押します。 そして、その横に改めて捺印をするのが正しい手直しの仕方です。 職場内の書類では二重線と訂正印の手直しで使う印かんに注意をしよう 一般的には、その書面で使用した実印や銀行印で手直しをしますが、職場内での書面でも同じなのかと気になる人もいるでしょう。 このケースで実印や銀行印を使ってしまうと複製される可能性も高いことから、一般的には使いません。 複製された実印や銀行印を不正利用されることで財産を失う可能性も考えられます。 はんこ屋さんでは、刑法によって複製が禁止されているため、基本的に同じ印影の印かんを作ることはありません。 ただ、近年の複製機器の精度は向上しているため、印影だけで誰でも複製することが可能になっています。 職場内での書面では手直し用のハンコを用意します。 文字を直すための印は書類によって使い分けをするようにしましょう。 まとめ 書類で書き入れるミスをした時には、手直ししたいところに二本の線を引いて印を押すのが正しい手直しの仕方です。 ただ書類によっては手直しするのは認められないケースもありますし、書類の種類によっては印を使い分けることも大切です。 正しい方法で手直ししないと契約が無効になることもあり、このようなことにならないためにも正しい方法で対応をしましょう。

次の

訂正印の場所は二重線の上?普通の印鑑でいいの?

訂正 印 どこ

ビジネスマンにとって、契約や注文、同意書や誓約書など、 取引上で書面をかわすことは頻繁に行われるものです。 身長に慎重を期して作成した書類であっても、条件の変更や単純なミスなど、さまざまな理由により書類の修正を行う場合が出てきます。 そんな時にやむを得ず用いるのが 「訂正印」ですが、訂正印の使い方や押し方には、知らなかったら恥ずかしいポイントもあります。 今回は、ビジネスマンとして恥ずかしくない訂正印の押し方や扱い方をご紹介したいと思います。 訂正印を押すのはどんな時?よくある3つの方法 訂正印は、その名前のとおり、契約書などの書類を作成した時、 誤りがあったり追記が生じた場合に、はじめて用いるものです。 願う事なら、訂正印などを押さないようにしたいものですが、どうしてもそうはいかない事情がある場合も多いものです。 具体的には、次に紹介する時に訂正印を用いることが多いです。 それでは、具体的な訂正印の用い方をご紹介していきましょう。 スポンサーリンク 1. 書類の誤字や脱字があった時 訂正印は、「訂正」という呼び名のとおり、 文面に修正がある場合に押されるものです。 具体的には、契約書の文面に誤りがあった場合、文字の過不足があった場合に用いられるものです。 法律的には、訂正を要する文面を手書きで追記したり、削除する文面を二重線で消す時に、訂正印を押すことが必要になります。 訂正があるからと言って、修正テープなどで消して、その上から正しい文面を記載したとしても、法律上は 「偽造の可能性がある」として、有効な書類となりえないことも十分頭に入れておいてください。 ただし、あまりにも訂正箇所が多く、複数行を削除したり修正するようなことがある場合は、 一から書類を作成しなおした方が、ビジネスマナー上望ましいです。 2. 記載している内容が変わった時 契約書や見積書、請求書などには当然 数字が記載してある場合があります。 そのような時も、訂正印を押し、不要な文字を 二重線で取り消すことで、法律的には有効な書類として扱うことができます。 3. 印鑑の間違いがあった時 契約書や発注書、同意書などには 署名や押印が必要です。 同じ押印でも、認印でいい場合もあれば、 印鑑登録がなされている実印を用いねばならない時があります。 このような書類の時、実印を押すべきところだった書類に、認印を押してしまった場合、正しい実印を押しなおす必要がありますが、この場合にも訂正印を押して、誤った押印を訂正することができるのです。 スポンサーリンク でも、訂正印を押すことは、それだけ書類に見づらい部分ができたり、書類そのものが押印ばかりになって見苦しくなることは避けられません。 訂正をするのも大事ですが、 書類の見栄えを重視することも忘れないようにしてください。 間違うと書類が無効に!正しい訂正印の押し方5つ 前章でご紹介したように、訂正印は様々なビジネス文書で活用することができる方法です。 でも、訂正の方法を間違ってしまえば、法律的には有効であったはずの書類でも、方法を間違ったがために、 無効になってしまう場合があるのです。 特に、これから紹介する訂正印の押し方を確認して、誤りがないように書類の作成を行うようにしてください。 1. 二重線の横に押印する 訂正印を押す場合には、まず間違った文面の箇所に 二重線をひき、その訂正箇所の そばに印鑑を押すのが基本です。 この時、訂正印を押す場所は、二重線にかぶせる場合が一般的ですが、契約書などの場合、訂正印を押印することで 他の文面が読みにくくなる恐れもある場合は、二重線にかぶせなくても問題はありません。 2. 追記した文字の横に押印する 新たに 文字を付け加える場合は、追加したい箇所に 吹き出しを付けて、手書きで挿入したい文字を追記します。 その際、文章が横書きの場合は上部に吹き出しを、縦書きの場合は右に吹き出しを書き、文字を追加してください。 そして、訂正印は 追加した文字の横に押すようにしましょう。 追加する文字数が多い場合は、訂正印を押しても読みづらくなったりする恐れがあるので、最小限の追記の場合のみ訂正印で対応し、大規模な追記の場合は再度 書類を作成しなおした方がいいでしょう。 3. シヤチハタの押印を避ける 印鑑として便利なものは、一般的に 「シヤチハタ」と呼ばれる印鑑です。 いちいち印肉を付けなくていいので、ビジネスマンなら愛用している人も多いはずですが、法律上では、この便利さがあだになって、訂正印として用いても 正式な訂正と認められないことが多いのです。 そもそもシヤチハタは、実印の登録も認められていませんし、市販で購入しやすいこともあり、書類の偽造を助長するという観点もあります。 そのため、特に重要な書類については、シヤチハタの押印自体が効力を持たない場合もあります。 4.捨印とは区別する 訂正印と同様の用い方をするのが、 捨印です。 捨印は、契約書や誓約書などの空白部分に押印しておくもので、もし文面の修正が生じた場合は、捨印の横に「二字挿入、三字削除」などと明記すれば、 訂正印と同一の効力を持つ訂正方法とされています。 スポンサーリンク でも、捨印を押すことは、誰でも捨印の横に追記をすれば、自分の都合のいいように書面を修正することができることから、契約書や誓約書など、財産や個人の権利に関わる書類で用いられても 無効とされる場合があります。 法律的には、やはり訂正印のルールによる訂正方法を用いたほうが、捨印を用いる場合より問題はありません。 5.既に押印済みの印判と同じものを押印する 文具店などに行くと、通常のシヤチハタ印のサイズ(9インチや13インチ)よりも小さめのシヤチハタ印を 「訂正印」として販売していることがあります。 市販されている訂正印は、もっぱら庶務的な書類の修正を行う際に、書類が印判だらけで読みにくくなってしまうことを避けるために、訂正印と言う小さいサイズの印判を用いたのがルーツとされています。 ですが、いくら「訂正印」として売られていても、今回ご紹介している ビジネス上の訂正印としては、 利用することはできません。 そもそも正式な訂正印は、契約書や見積書などに既に押印されている会社員や個人印と同じ印判を持って行うべきものとされています。 既に押されている印判と異なる印判で訂正されても、 法律的には有効とみなされないことを、この機会に理解しておきましょう。 押しても無効?訂正印が使えない3つのケース 訂正印は、どうしても修正が必要であって、 法律的に有効となる書類を、最小限の範囲で修正する時に押印するものです。 でも、法律上の問題や、商行為の慣習上、訂正印での訂正が無効となる書類や、もともと訂正印での訂正を行うべきでない書類も存在します。 ここでは、それらの 「訂正印での訂正が望ましくない」書類について、いくつかご紹介します。 1. 金銭を扱う書類 金銭を扱う書類は、ビジネスにおいて多数存在します。 契約書、請求書、領収書、見積書、査定書などなど、ビジネス文書の大半が 金銭を扱う書類になっています。 基本的に、これらの金銭を扱う書類は、 書き損じたら再発行することが原則です。 これは、金額を間違えた場合はもちろんのこと、日付や内訳などの間違いがあった場合も再発行することが原則です。 金銭のやり取りに関わる書類である以上、修正箇所があるだけで 改ざんしている疑いが生まれてしまいますから、それがビジネス上、取引先からの不信感にもつながりますので、絶対に避けましょう。 なお、契約締結後の契約書修正など、どうしても修正を行う必要がある場合は、相互に方法を協議して、 相手先が同意してくれる方法で訂正をするようにしましょう。 2. 履歴書など人事に関わる書類 訂正印で簡単に修正されたくない書類と言えば、履歴書や評価書、推薦状、就職活動で使うエントリーシートなど、 人事に関わる書類も同様です。 せっかく仕上げた履歴書に誤字があると、訂正印で直してもいいかなと思うこともあると思いますが、あまりお勧めはできません。 考えてみれば、履歴書などは「自分を採用してください」「自分を評価してください」と言う、大事な書類です。 そんな書類を訂正印で修正してとなると、 先方の心証も悪くなってしまいます。 ですので、どんなに頑張って書いた書類であっても、1カ所の間違いを訂正印で横着に修正するのではなく、きっちりと きれいな文面の書類にもう一度書き直しましょう。 3. 数字の修正が必要な書類 契約書などで、一番重要な部分と言えば、 数字や期日などの数字です。 特に、契約金額や契約日の数字を訂正印で直すという事は、契約そのものの 正当性を否定することになり、訂正印で数字が訂正された契約書は無効になってしまう場合もあります。 どうしても訂正を行う場合は、訂正が必要な文字だけでなく 関わる数字すべてを訂正する方法を用いましょう。 例えば、契約金額を修正する場合、数字の前後にさらなる追記ができないよう、前に「¥」マークを入れたり、数字の最後にハイフンを追記するなどの方法があります。 まとめ このように、訂正印を用いる機会と言うのは、さまざまなビジネスシーンで存在します。 訂正をするという事は、訂正をする行為を 相手方に理解してもらうこと、それができないとどんなに訂正印を押しても、意味はありません。 法律的に有効である訂正印を押したとしても、相手方が訂正と言う行為を認めてくれて、はじめて有効なものとなり得ることを、十分理解してください。 特に、金銭や権利に関する書類は、相手の承諾を得ているといっても、偽造されている、改ざんされているなどの 不信感を抱かれるようなことになると、その後の ビジネスにも悪影響を与えることがあります。 そのような事がないよう、そもそも訂正を生じるような事態に陥らないよう、 日ごろから注意して書類を作成することを心掛けましょう。

次の