半熟 卵 水 から 何 分。 ゆで卵の作り方!半熟ゆで卵のゆで時間、簡単な作り方|食材/食品ハンター

ゆで卵は沸騰してから何分?半熟の時間はコレだ!

半熟 卵 水 から 何 分

男性が好きな手料理の定番といえば、肉じゃがや生姜焼きなどですが、実は「 オレ、半熟煮卵大好きなんだよね」という男性が非常に多いこと、気付いていましたか? 大した料理じゃないとは思いつつ、なんとなく手を出しにくい半熟煮卵ですが、実は簡単に作れるんです。 というわけで本日は、 【用意するもの】 用意するのは、生卵6個、水150cc、醤油30cc、みりん15ccと、ジップロックMサイズ。 【作り方とポイント】 1. 最初にお鍋にお湯を沸かしておきます。 (Point 1)半熟にするためには、卵を水からではなく沸騰したお湯に入れて加熱時間を正確にカウントする。 冷蔵庫から取り出した生卵に、スプーンの背で軽くヒビを入れます。 (Point 2)半熟の卵は白身が柔らかくて殻がむきにくく、無理すると卵の表面が無惨な様子になってしまうので、あらかじめ殻にヒビを入れて、むきやすくする。 沸騰したお湯に、ヒビを入れた生卵をスプーンでそっと入れます。 (Point 3)手で勢いよく入れると、お鍋とぶつかって卵が割れてしまうことがある。 6つ目の生卵をお鍋に入れてから、6分半ゆでます。 6分半経過したら、卵を冷水に取ります。 (Point4)予熱で卵に火が通り過ぎないように冷やす。 あら熱がとれたら、殻をむきます。 (Point 5)白身が柔らかいので、丁寧にむく。 むき終わった卵をジップロックに入れます。 ジップロックの中に、お水150cc、醤油30cc、みりん15ccを目安に入れます。 (Point 6)水は卵が8分目くらいまで隠れるまで、醤油は色づく程度、みりんは醤油の半量位の感じでOK。 ジップロックの中の空気を抜いて、しっかりジッパーを閉め、冷蔵庫へ。 (Point7)ジッパーの閉めが甘いと、冷蔵庫が悲惨なことになる。 途中、何度か冷蔵庫から取り出して卵の位置を移動させ、卵がまんべんなく醤油液に浸かるようにします。 1日程度漬ければできあがり。 (Point8)半日でも食べられるが、1日程度経過したほうが黄身が少し固まって食べやすくなる。 要は、卵を沸騰したお湯で6分30秒ゆでて冷水にとり、水と醤油とみりんの液に1日漬けるだけ。 簡単でしょ。 単独で食べるだけでなく、牛丼、カレー、ラーメンのトッピングにも最適な煮卵は、冷蔵庫にあるととっても重宝する一品。 興味のある人はぜひ試してみてくださいね。 画像・執筆=南野バンビ(c)Pouch.

次の

今さら聞けないゆで卵の作り方。水から何分? 火加減は? 半熟~固ゆでまで、作り方の基本をおさらいする

半熟 卵 水 から 何 分

ゆで卵の作り方 目次• 卵は常温に戻しておくべきなのか?• 卵を入れるのは水からが先か沸騰が先か?• ゆで時間と火加減は?• 殻を剥きやすくするコツは?• 8分バージョン動画• 5分バージョン画像• 7分バージョン画像• 6分バージョン動画• 6分バージョン塩漬け動画 卵は常温に戻しておくべきなのか? 私は冷蔵庫の卵を入れます。 「さぁゆで卵作るか!」って思ってから卵を常温に戻すってけっこうな時間がかかりますよね。 すぐ食べたいのに卵を常温に戻す準備ってどうなの?って気もするんで。 で、沸騰したお湯に冷えた卵を入れると割れるじゃないか!とお思いの方、 大丈夫なんです。 水でちゃちゃっと卵を濡らすと割れにくくなります。 できればおたまなどで丁寧に入れてあげてくださいね。 卵を入れるタイミング 私は 沸騰したお湯に入れます。 理由は卵の茹でる数や鍋の大きさで沸騰までの時間がだいぶ変わるから。 それと、水から茹でたら沸騰した瞬間を逃すともう黄身の半熟具合をコントロールできませんしね。 ってか卵の入ったお湯が沸騰するまで鍋の前にいるって めんどくさいんで。 あぁお湯がふっとうしたなぁと思ってから鍋の前に行く方が性にあってます、私は。 卵の量が少ない時は小さい鍋、多い時は大きめの鍋を使えば、当然、冷蔵庫の卵を入れた時のお湯の温度変化も少ないでしょう。 一応殻がひび割れて白身が出てきた場合のために そっこーで凝固させる酢と塩は少々入れておきます。 で、投入の際には 卵を濡らすのを忘れずに。 これで冷蔵庫の卵を直接熱湯に入れても割れにくくなります。 卵のゆで時間と火加減は? 沸騰したお湯に 卵を入れてからの時間を計ります。 出来上がりをすぐに食べる場合の私のおすすめゆで時間は6〜7分。 この時間帯で好きな黄身の固さを選びます。 後ほど写真付き動画付きで詳しく述べます。 火加減は常にポコポコいってるくらいで全て調理してます。 こんな感じ。 殻を剥きやすくするコツ 設定した茹で時間になったらソッコーでお湯を捨てて冷水か流水へ。 余熱を一気に取ることで卵の中身が締まり殻との隙間ができるようになります。 ただ新鮮すぎる卵はめちゃ剝きずらいのでそこそこ産まれてから時間が経ったものほうがいいです(ラーメン屋としての経験則)。 冷やす際は水を何度か取り替えます。 そのタイミングで鍋の中で卵を転がして殻にヒビを入れましょう。 ヒビから殻の中に冷たい水が入り込んでさらに殻が剥きやすくなります。 あまりにも卵が新鮮すぎると殻は剥きずらいのですが余熱を一気に取ることで多少は改善されます。 8分ゆでの黄身の具合 8分経った黄身はどんな感じ? こんな感じです。 動画です。 (15秒) 映りが悪くて申し訳ないですが黄身の感じは伝わっていただけるかと。 黄身がしっとりといい感じになりつつも逆さまにしても黄身が垂れてきません。 塩分濃度の浸透圧の関係で卵のなかの水分が抜けてゆくためとろっとろの黄身でもけっこう固まってゆきますので。 黄身は冷たくないけれど全く固まっていない状態。 さすがにこれはそのまま食べるには早過ぎた。 でもおでんタネとして使うにはめっちゃいい感じになります。 半熟ゆで卵のおでんタネってなまら上品です。 7分ゆでの黄身の具合 ちなみに7分だとこんな感じ。 おそらく、 6〜7分が、冷蔵庫内の卵を沸騰したお湯の中に投入してゆで卵を作るうえでのゴールデンタイムでしょう。 6分ゆでた黄身の具合 ちなみに以下は6分バージョンです。 塩漬けする前の6分バージョンと比べてみると黄身の粘度が上がっているのがわかると思います。 で、塩味付いてる! 卵にちょっとヒビが入っていたのでちょっとだけしょっぱかったけれどいい感じ。 皆さんも塩漬けする際は卵の殻にヒビが入っていないものを選びましょう。 卵の大きさや冷蔵庫の温度等でいろいろ微調整は必要です。 自分の環境にあった微調整をして最高のゆで卵を作ってみてください。 簡単に作るポイントは、• 冷蔵庫内の卵をそのまま使う(常温に戻すのがめんどくさいから)• 沸騰してから入れる• 卵を濡らしてからお湯の中に入れる• 6〜7分を目安に自分の環境で微調整する ということでしょうかね。 で、何度か試してみて常に同じ状態のゆで卵ができるようになったら家族や恋人に食べてもらいましょう。

次の

完璧な半熟卵の作り方

半熟 卵 水 から 何 分

スーパーで必ず見かける卵。 そんな卵の一番シンプルな食べ方といえば、「ゆで卵」。 しっかり固めか、それともトロトロの半熟か…。 ゆで卵とひと言でいっても、どれだけ茹でるかによって食感も見た目も全然違います。 野菜やお肉と違って、くしに刺して茹で具合をチェックできない卵は、適当に茹でると失敗しがち。 そろそろかな~と思って鍋から取り出し殻をむくと、「まだ全然茹で上がってない!」「茹ですぎてパサパサになっちゃった」なんてことも。 そこで今回は、ゆで卵の 一番ベストな茹で時間を徹底検証!誰もがおいしいと認めるゆで卵は、何分間茹でたものなのでしょうか?茹で時間の異なる卵を食べ比べて、ベストタイムを決定したいと思います。 6分〜13分まで1分刻みで1つずつゆで卵を取り出していきます。 そしてできあがった6分、7分、8分、9分、10分、11分、12分、13分の8種類のゆで卵! それぞれを薄く切り、この検証のためだけにお集まりいただいた男女4名に食べていただきます。 「ゆで卵を食べてほしい」という取材スタッフのなかば強引かつ謎なオファーを受けて集まってくださった慈愛深い4名様がこちらです。 「誰も来てくれないかもしれない…」と思いきや、皆さんちゃんと時間通りに来てくれました!優しさが染みる~。 1人目:タカさん パリで絵の修行をしてきた経験があるという、フリーランスののタカさん。 卵料理が大好きで味にはうるさいとのこと。 鋭い視点の意見が伺えそうですね。 2人目:クリハラさん 長野県に住んでいるのクリハラさん。 料理好きなクリハラさんは「基本的にゆで卵は半熟が好みです!」とのこと。 料理男子が選ぶベストオブゆで卵とは? 3人目:ユウカさん デザインを勉強中の会社員、ユウカさん。 ご自身でお弁当を作るなど普段から料理をよくされるそう。 女性目線の厳しい意見、期待しています! 4人目:彩希さん 最後は女子大生の彩希さん。 「私、味覚オンチなんですけど大丈夫でしょうか…」と弱気なコメント。 味覚オンチという彼女が今回のカギを握るかも…!? 茹で時間の違う8種類の卵、一番おいしいのは? 早速、実食タイム!茹で時間の異なる8種類のゆで卵を食べ比べていただきます。 (いただきまーすっ!) 【6分】 まずは6分茹でたゆで卵をいただきます。 「6分でも意外としっかりとした食感ですね。 もうちょっとトロッとしているかと思いましたが、ちょうどいいかも」 8種類あるのでどんどんいきましょう! 【7分】 続いて7分茹でた卵。 「7分のほうが黄身の色がしっかりしていて、見た目がキレイ!ちょっと半熟っぽさも残っていて6分のものより好みです」 【8分】 8分茹でた卵は、黄身が少し薄い色に茹で上がりました。 「黄身の味が変わった気がします!なぜだろう…」 「8分のものは、甘みも見た目も固さもすべてにおいて平均。 いつも食べ慣れているゆで卵はコレ!って感じです」 「玉子サンドに使えるくらいのちょうどいい固さかな〜と思います」 【9分】 9分茹でたバージョンだといかがでしょうか。 今まで違いがわかりづらかった白身の部分も、茹で時間が長くなるごとにだんだん弾力が出てきたとの声も。 「これくらいになると、黄身の固さが明らかにしっかりしてる。 もったり感があってあんこみたい」 【10分】 いよいよゆで卵食べ比べも折り返し。 実食5種めとなる10分茹でた卵の評判はいかに! 「10分過ぎると、黄身と白身の食感のバランスが悪くなってきたなぁ…。 【11分】 続いて、11分茹でた卵を実食。 「黄身がぎゅっと凝縮された感じがする!」 「11分だと黄身と白身が同じくらい固くて、分離しやすくなっている気がします」 「白身はかまぼこみたいな食感だな」 しっかりめのゆで卵が好きな人は、この11分くらいがちょうどいいのかもしれません。 【12分】 さて実食タイムもラストスパート!12分茹でた卵をいただきます。 「……固い!」 「黄身がパサパサしてきたなぁ。 なんか口の中の水分が持っていかれる…喉が乾くというか」 「わかる」 「若干温泉卵っぽい感じの匂いがしますね」 茹で時間が長くなると、そういう香りがしてくるのでしょうか。 【13分】 いよいよ最後!13分茹でた卵はどうでしょう? 「白身も黄身もどっちも固すぎるな〜」 「他の卵に比べると正直あまりおいしくない。 後味が良くないっていうのかな…ちょっと微妙」 これで、茹で時間が異なるゆで卵の食べ比べはすべて終了。 この中から、一番おいしいと思ったゆで卵を皆さんに選んでもらいました。 \せーの…これ!/ \それぞれのベストタイム/ ・タカさん:8分 ・クリハラさん:7分 ・ユウカさん:7分 ・彩希さん:7分 という結果に。 実食タイムの前半に食べたゆで卵が全体的に人気でした! 「 8分がちょうどいい。 7分だとまだ白身が固まりきってなくてやや水っぽい印象。 食べ比べて気づいたんですが、僕、黄身よりも白身のほうが好きかもしれないです」 「僕は半熟のゆで卵が好きなので、固茹でのものはちょっと違和感がありました。 7分茹でたものが白身と黄身の茹でのバランスがちょうどよかったです!」 「私のなかでベストだったのは 7分。 でも10分茹でたしっかりめなゆで卵も実は意外とよかったです。 10分ほど茹でると白身の食べ応えがあって、これはこれでおいしいなと気付きました。 柔らかすぎず固すぎずちょうどいい7〜8分の間に人気が集中しました。 全員の意見が近かったということは、ここが好みを問わずに「おいしい」と感じるラインなのでしょう。 ユウカさんから出た意見のように、意外と10分茹でたものも食べ応えという点で「おいしい!」と感じることが判明しました。 ただ、13分茹でるとパサパサ感が強くなってしまい、おいしさが損なわれてしまうよう。 茹で過ぎには注意しましょうね~! ゆで卵を使った料理はバリエーションがとっても豊富。 いただく料理やシーンに合わせて、その味と食感を楽しんでみましょう!ゆで卵を作る際に、ぜひ参考にしてみてくださいね。

次の