海洋 プラスチック 問題。 地球異変・海洋プラスチックに関するトピックス:朝日新聞デジタル

海洋プラスチックごみの問題への世界の対策や取り組みについて解説

海洋 プラスチック 問題

日本では敬遠されがちな時事問題ですが、社会の動向はビジネスにも影響します。 忙しいビジネスパーソンのために、いまさら聞けない時事問題を分かりやすく解説するシリーズ。 Vol. 4は国際的な取り組みが進んでいる、海洋プラスチックごみ問題を取り上げます。 年々深刻さを増す海洋プラスチックごみ問題。 国連によると、毎年800万トン以上のプラスチックごみが海洋に流れ込んでいて、その総量はすでに1億5000万トンを超えるといわれています。 2050年には、地球上に生息する魚の重量をプラスチックごみの重量が上回るとも予測されており、早急な対策が必要です。 この問題は国際社会でも大きく問題視されていて、2019年6月に大阪市で開催されたG20サミットでは、2050年までに新たな海洋プラスチックごみによる汚染をゼロにする目標を掲げた「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン」を各国首脳が共有しました。 では、海洋プラスチックごみをゼロにするためには、どのような対策が考えられるのでしょうか。 まずは問題点と原因から探っていきましょう。 海洋プラスチックごみ、何が問題? プラスチックごみによる海洋汚染で特に危惧されているのは海洋生物への影響ですが、人体への影響や経済損失も見過ごせません。 何が問題なのか、順に見ていきましょう。 海洋生物への影響 海洋生物への影響は甚大です。 例えば、ウミガメがプラスチックのポリ袋をクラゲと間違えて食べてしまったり、廃棄されたプラスチック製の漁業網に絡まってクジラや海鳥が窒息死したりするなど、被害の報告が世界中で後を絶ちません。 人体への影響 また、「マイクロプラスチック問題」も看過できない課題の一つです。 マイクロプラスチックとは、海流で漂流したプラスチックごみが雨や波、紫外線によって5ミリ以下の細かい粒子に砕かれたもの。 もちろん魚を口にする人間も例外ではありません。 2019年6月、AFP通信が報じたカナダ研究チームによる調査結果では、1人あたりが年間で取り込んでいるマイクロプラスチックは約5万2000個だとか。 人体への危険性は解明されていませんが、プラスチックに入っている添加物や有害な化学物質が内臓に悪影響を及ぼすとの見方もあり、今後の研究次第ではさらに大きな問題に発展していくかもしれません。 経済損失 2018年にOECD(経済協力開発機構)が発表した報告によると、海に流れ出たプラスチックごみがアジア・太平洋地域の観光業に与える損害は年間6億2200万ドル(約672億円)にのぼるとされ、ごみの回収や漁業への悪影響、船舶の事故などを含めると、その損失は膨大になるとしています。 海洋プラスチックごみの流出量、多い国と原因は? プラスチックごみを多く流出している国は主にアジア諸国で、全体の約8割を占めています。 なぜアジア諸国に集中しているのか、また、日本がプラスチック生産量世界3位という点についても考えてみましょう。 プラスチックの年間生産量は20倍に その利便性から、私たちの身の回りにあふれかえっているプラスチック。 これほど大量に生産され始めたのは実はここ半世紀のこと。 50年前の年間生産量は今の20分の1しかありませんでした。 現在、プラスチック総生産量のうち、レジ袋やペットボトルなどのパッケージ類が全体の3分の1と最多。 ごみとして廃棄される約半分もこうしたパッケージ類だといいます。 アジア諸国では分別の習慣や再処理技術が遅れている 世界経済フォーラム(2010年推計値)によれば、世界中にある海洋プラスチックごみのうち、82%の流出源はアジア諸国で、上位には中国やインドネシア、フィリピン、ベトナムなどの新興国が並びます。 ごみを分別する習慣がなかったり、リサイクル技術やリサイクル施設の導入が遅れていたりすることが、こうした国々がごみを多く流出する要因になってきました。 しかし近年では、インドネシアで植物由来のプラスチック袋の開発が進むなど、変化も見られ始めています。 プラスチックの生産量、日本は世界3位 プラスチックごみの海洋流出量を国別に見ると日本は30位ですが、プラスチックの生産量を見ると、アメリカ、中国に続いて日本は世界3位。 そしてアジア諸国にプラスチック製品を大量輸出している国こそが日本なのです。 また、2018年6月に発表された国連環境計画(UNEP の報告書によると、1人あたりのプラスチックごみ廃棄量は32キログラムでアメリカに次いで日本は世界2位。 プラスチックごみを廃棄している総合量でいえば中国、EU、アメリカ、インドに続いて世界5位。 日本が海洋プラスチックごみ問題にどう取り組むかは、地球環境の未来に大きく左右するのです。 問題を改善する3つの対策とは 海洋プラスチックごみに対する問題意識はここ数年、国際社会においてずいぶん高まりを見せています。 実際に、多くのグローバル企業が競うようにして独自の対策に乗り出し、それが追い風となり、自治体や個人の取り組みも目立つようになりました。 企業の取り組み 世界的コーヒーチェーン・スターバックスは、2020年までに世界中の店舗でプラスチックストローの廃止を掲げ、代替ストローの開発を続けています。 世界に約2万8000店舗を構えており、年間で使用されるプラスチックストローは推計で10億本。 プラスチックストローは小さいが故にごみ処理システムをすり抜け、自然環境に流出してしまうことも多いため、プラスチックストロー廃止の意義は決して小さくありません。 スウェーデンの家具販売大手・イケアは、2020年までに使い捨て用のプラスチック製品の販売をすべて廃止すると発表。 プラスチックの皿やスプーン、フォーク、ストローなどがこれにあたりますが、来年以降は再生可能な原材料に切り替えるなどして、環境保護に取り組む方針です。 また、世界最大のおもちゃメーカー・レゴも、サステイナブル(持続可能)な原材料を2030年までに発見し、すべてのレゴブロックで使用すると目標を定めています。 日本国内でいち早くプラスチックごみ問題の取り組みに乗り出したのは、ファミリーレストランチェーンのすかいらーく。 2020年の東京五輪までに石油由来の使い捨てプラスチック製ストローの使用を廃止すると発表しました。 カップヌードルなどを販売する日清食品ホールディングスが、海洋汚染対策として、紙や発泡スチロールで製造しているカップ麺の容器などを、自然に分解される「生分解性プラスチック」に変更することを決定。 2020年から2021年を目安に順次切り替えていく方針です。 また、サーブコープジャパンも2019年4月1日から、使い捨てプラスチック製品を全拠点のキッチンから撤去しています。 自治体の取り組み 独自の対策に乗り出す自治体も増えています。 徳島県の上勝町では、プラスチックごみを削減するため、飲食店や商店での個売り、量り売りを推進。 油や醤油、米、お茶だけでなく、刺し身やカレーまで数量を指定して買うことができます。 また、容器を持参して買い物をするとポイントがたまり、ポイントを使って生活用品などとの交換もできる仕組みを導入するなど、ユニークな工夫がなされています。 また、神奈川県横浜市はイオンとタッグを組み、買い物客にマイバッグの活用を呼び掛けるなど、プラスチックごみ対策に向けたキャンペーンを展開。 2019年11月には自治体初となる木製ストローを製作し、市内の飲食店などに導入するなどの施策を試みています。 京都府の亀岡市は事業者に対し、レジ袋の有償無償を問わず、提供を禁じる条例の施行を目指しています。 実現すれば全国初の条例で、違反店舗には、店舗名を公表するなどの「罰則」も設ける予定です。 個人の取り組み 国や自治体、企業がプラスチックごみの削減に取り組む中で、私たち一人ひとりにできることは何でしょうか? 問題解決には、以下の「3R」が基本だといわれています。 ・リデュース(Reduce)=排出するごみの総量を減らすこと。 ・リユース(Reuse)=ごみにせず、再利用すること。 ・リサイクル(Recycle)=徹底的に再生産に回すこと。 このうち、私たちがすぐに取り組めるのは「リデュース」でしょう。 日本国内で年間に消費されるレジ袋の枚数は推定400億枚といわれていて、これを1人あたりに換算すると、1日約1枚のペースで使われていることになります。 コンビニやスーパーで何気なくもらうレジ袋を買い物バッグなどで代用することで、無駄な消費を減らすことは難しくありません。 また、日本国内におけるペットボトルの年間出荷数は約230億本にものぼりますが、その1割ほどがリサイクルされずにごみとして燃やされたり、自然界に廃棄されたりしています。 たった1割でも約23億本といえば膨大な量です。 ごみをしっかりと分別するのはもちろん、ペットボトルの使用を控え水筒を持ち歩く、海岸や河川敷の清掃活動へ参加するといった積極的な行動も求められているのかもしれません。 政治・社会問題からライフスタイルやファッションまで、扱う分野は多岐にわたる。

次の

第4回 海洋プラスチックごみの問題と、解決に向けて私たちができること:NTT HOME

海洋 プラスチック 問題

プラスチックは軽くて丈夫で加工がしやすく耐水性もある、とても便利でしかも安価な素材です。 そしてプラスチックの利用は、食品の賞味期限を延ばすなど、社会や環境にいい側面もあります。 海に流れ込んだプラスチックごみは、海流に乗り海洋を漂い、また海底に沈みこみ、またあるものは海岸に打ち寄せられます。 さらに5mm以下の細かいプラスチックの粒子であるマイクロプラスチックも世界の海に存在しています。 産業別の生産量では、容器、包装、袋などのパッケージが36%と最も多く、建設(16%)、繊維(14%)と続きます。 特にペットボトルやレジ袋、食品トレーなど一度利用されただけで捨てられてしまう「使い捨て用」に使われることの多いパッケージ用のプラスチック生産が、プラスチックごみの量を増やすのに大きく影響しています。 このパッケージ用プラスチックでリサイクルされている割合は14%しかありません。 [ 私たちができること ] このような大きな問題の解決に向けて、私たちにできるのは、ポイ捨てをしないことに加え、海洋プラスチックごみの元となるプラスチック、特に「使い捨て用プラスチック」の利用自体を減らしていくことです。 また環境への負荷を考えたときには、これらを安易に紙やバイオプラスチックなどに替えればいいという訳ではありません。 そこで、例えばマイバッグやマイボトルを持ち歩き、必ずしも必要ではないプラスチック製のレジ袋やペットボトルの利用自体を減らしていくことができます。 さらに企業がプラスチックの使用を減らしていくために、消費者として声を上げていくことが効果的です。 消費者からの「使い捨て用プラスチックの使用を減らしてほしい」との要望が、企業がプラスチックを使わない商品を開発したり、自治体や企業が協力して使い捨て用プラスチック製品の提供を減らすことにつながっていきます。 「お客さんに迷惑をかけるからプラスチック製のレジ袋やストローの提供を止められない」という企業も実はたくさんあるのかもしれません。 また、ここで大切なのは、私たち消費者自身も多少の負担を受け入れることです。 プラスチック製品がここまで広まってきたのは、それが安くて便利でもあるからですが、これまで述べてきた地球環境への影響を抑えるコストはその中に十分には含まれていません。 豊かな海を次の世代に残していくためにも、地球への脅威となりつつある海洋プラスチックごみ問題を解決しなければなりません。 他の誰かが解決してくれるのを待つのではなく、プラスチック製品を日々利用する私たち一人一人が、できることからすぐにでも実践していく必要があります。 【参照】• Jambeck, Jenna R. , et al. "Plastic waste inputs from land into the ocean. " Science 347. 6223 (2015): 768-771. Neufeld, L. , et al. "The new plastics economy: rethinking the future of plastics. " World Economic Forum. 2016. Baulch, Sarah, and Clare Perry. "Evaluating the impacts of marine debris on cetaceans. " Marine pollution bulletin 80. 1-2 (2014): 210-221. Conservancy, Ocean. "Stemming the tide: Land-based strategies for a plastic-free ocean. " Ocean Conservancy and McKinsey Center for Business and Environment, 48pp (2015). UNEP (2018). SINGLE-USE PLASTICS: A Roadmap for Sustainability• GESAMP (2015). , ed. Rep. Stud. GESAMP No. 90, 96 p. Gall, Sarah C. , and Richard C. Thompson. "The impact of debris on marine life. " Marine pollution bulletin 92. 1-2 (2015): 170-179. Schuyler, Qamar A. , et al. "Risk analysis reveals global hotspots for marine debris ingestion by sea turtles. " Global change biology 22. 2 (2016): 567-576. Wilcox, Chris, Erik Van Sebille, and Britta Denise Hardesty. "Threat of plastic pollution to seabirds is global, pervasive, and increasing. " Proceedings of the National Academy of Sciences 112. 38 (2015): 11899-11904. 環境省水・大気環境局水環境課海洋環境室 平成28年度海洋ごみ調査の結果について (2018)• 衆議院調査局環境調査室 海洋ごみ問題関係資料 (2018)• Isobe, Atsuhiko, et al. "East Asian seas: a hot spot of pelagic microplastics. " Marine pollution bulletin 101. 2 (2015): 618-623. do Sul, Juliana A. Ivar, and Monica F. Costa. "The present and future of microplastic pollution in the marine environment. " Environmental pollution 185 (2014): 352-364. Yang, Dongqi, et al. "Microplastic pollution in table salts from China. 22 (2015): 13622-13627. Orb Media 2017. 酒井伸一, et al. "レジ袋に含まれる鉛とその物質フローについて. " 環境化学 19. 4 2009 : 497-507. 神奈川県記者発表資料 SDGsの推進に向け、「かながわプラごみゼロ宣言」を発表します 2018.

次の

海洋プラスチックごみ問題とは? 原因と対策を解説

海洋 プラスチック 問題

asukaです。 最近とても気になっているニュースがあります。 それは、 プラスチックごみ問題! 無駄なプラごみが多すぎること、それにより私たちの地球が汚染され、生き物に影響が出ていることが非常に気になっているここ数年のわたくしです。 最近は世界も危機感を感じ始め、 スターバックスでプラスチック製のストローが廃止されることになったり、 各国のスーパーなどでビニール袋の使用が禁止・有料化されることになったりと、動きが出始めていますよね。 その時の為に少しは予備知識、そして英単語・英語表現を頭に入れておいた方がいいですね! ということで、今日は プラスチックごみ問題についてのニュース記事をいくつか一緒に覗いてみましょう~。 Sponsored Link Contents• スタバで2020年までにプラスチック製ストロー廃止 (英語) (日本語) スターバックスでは環境に配慮し、 2020年までにプラスチック製のストローを廃止することを発表しました。 代わりに飲み口の付いた蓋で提供するそうですが、それに反対する人も出ているようですね。 研究によると、 毎年1000万トンものプラごみが海に流れているのだとか。 そのうちスタバのストローが占める量がどのくらいかは分かりませんが(おそらくかなーり少ないでしょうね)、世界中のスタバで毎年推計10億本のプラ製ストローが使用されているそうですので、海洋汚染解消にほんの少ーし近づけるのかな?といったところでしょうか。 さて、気になる英語表現を見ていきましょう。 プラスチックによる環境汚染:plastic pollution air pollution(大気汚染)とか noise pollution(騒音公害)はよく聞きますが、 プラスチックによる環境汚染(plastic pollution) なんて表現があるんですね~。 この他に、 plastic-based pollution や、 the problem of ocean pollution caused by plastic waste なんて言い方をしている記事もありました。 eliminateは (問題などを)排除するとか、 (関係を)断ち切るという意味でよく使われる単語です。 これ以外にも、すこしニュアンスが変わってしまいますが、 stop providing plastic straws (プラ製ストローの提供をやめる) とか、 ban plastic straws (プラ製ストローを禁止する) と表現してもいいと思います! 使い捨ての:single-use 記事によると、シアトルで バーや飲食店でのプラスチック製ストローやフォーク、ナイフなどの使い捨て食器の提供を禁じる条例が制定されたそうです。 ここでは 「使い捨ての」を single-useと表現されていますね。 ちなみに、 disposableの反意語「再利用できる」は、 reusableです! ソーシャルメディアでの運動:social media movement ニュースで見た方も多いかと思いますが、 ウミガメの鼻に刺さったプラ製ストローを抜く動画が拡散されたことにより、 ハッシュタグ「#StopSucking(吸うのをやめよう)」運動 が広まったんだそうです。 つい最近では、 「#me too運動」というのが広まりましたよね。 セクハラ被害を受けた女性たちが声を上げる運動です。 このような動きのことを、 social media movementと呼ぶようです。 現代用語ですね。 ちなみに(このような運動が) 「広まる、拡散する」は英語で go viralと表現できます。 例: The MeToo movement went viral last year. Sponsored Link オーストラリアではレジ袋有料化見送り (英語) (日本語) オーストラリアでは、今年の夏に 使い捨てのレジ袋を禁止する措置がオーストラリア全土で導入され、小売り大手は有料のレジ袋を提供し、買い物客に持参を呼びかけていました。 しかし、大手スーパーパーマーケットコールズは、あっとゆーまに レジ袋有料化を断念してしまったのです。 代わりに再利用可能なレジ袋を15オーストラリアドル(約12円)で売り出しました。 めっちゃ安いですね。 レジ袋が禁止となっているオーストラリアですが、この12円の袋は reusable(再利用可能)な為、違反ではないんだそうです。 断念した理由としては、無料レジ袋の廃止に慣れるまでもっと時間が必要であることや、消費者からの苦情が相次ぎ、中には店員さんにつかみかかるお客さんまでいたことが挙げられています。 レジ袋:plastic bag 英語のお勉強をしている方ならご存知の方が多いかと思いますが、 レジ袋は plastic bagと言います。 プラスチックというとハードなイメージですが、レジ袋のように柔らかいものにも使われるんですね。 charge 人 for ~で、 「人に~の料金を課す」という意味になります。 プラスチック廃棄物:plastic waste 要するに 「プラごみ」ですね。 マイクロプラスチック 調査した河川の9割で検出 (英語) (日本語) 毎年何万トンものプラごみが海に流れ出ているわけですが、それらが劣化し、細かく細かく細かく砕かれ、5ミリ以下となったものが マイクロプラスチック です。 この マイクロプラスチックが多くの海洋生物の体内に入り、生態系に影響が出るのではと懸念されているんです。 そんなマイクロプラスチックがなんと、研究により 日本各地の多くの河川で見つかったんだそうです! 海だけでなく川にまで・・・ なんということでしょう。 プラごみの削減は、一刻を争う事態になっているのかもしれませんね。 生態系に害が及ぶ可能性:harmful to ecosystems 「生態系」は ecosystemです。 プラごみによって生態系が壊れるだなんて、恐ろしい話です。 (生態系を破壊するかもしれない) Microplastics could devastate ecosystems. (生態系を破壊するかもしれない) Microplastics could effect ecosystems badly. (生態系に悪影響を与えるかもしれない) などと表現できますよ。 プラごみの削減が環境破壊につながる? (英語) ここまでの記事を読めば、プラごみを一刻も早く削減すべきなのは明白ですね。 ですが! なんと プラスチック製品を廃止することが環境破壊につながるかもしれない、なんて記事を見つけてしまいました。 プラスチックを廃止するとなると、その代替品が必要になりますが、例えばガラスや鉄などを代わりに使用することにより、地球のエネルギー消費が倍になり、温室効果ガスの排出が3倍になってしまうかもしれないという主張です。 この記事では、 プラスチックを何か別のものに置き換えるのではなく、単にプラスチックの使用を減らすことがベストである、としています。 代替品がプラスチックよりも環境に良くない可能性を指摘していますが、代替品を紙にする分には問題なさそうな気がします。 日本語の記事を見つけられなかったのですが、逆の意見を知ることも問題の理解を深めるにはとても良いことだと思いますので、ぜひ一読してみてください! 英会話教室のディベートでトピックに上がった時なんかは、絶対に役立つと思います。 代替品:replacement プラスチックの代わりに使われるものについて話すときに使えますね。 「代替品」は replacementです。 名詞でreplacementだけでなく、こんなふうに動詞としても使われていますね。 いかがでしたでしょうか。 日本でも数年前から大手スーパーマーケットでは レジ袋が有料化されたり、 ストロー廃止の動きが多くの飲食店に広がっていたりと、少しずつプラごみ削減に向かって行けているように思います。 私が住む市では少し前からプラごみが有料化になったのですが、買い物するたびに 「こんなに包装いらないよな・・・。 」 と、より強く思うようになりました。 製品、食品をキズなどから守る目的や、持ち運ぶのに便利という理由があるのかもしれませんが、私たちの地球の為、そして私たちの健康の為にも、もっともっとプラスチック製品削減の動きが広まってくれたらいいなと思います。 " "OK Google, turn on Wi-Fi! ワーホリでイギリスに2年間滞在したSanaが、部屋や仕事の探し方、仕事やお金や英語力のこと、帰国時の税金還付や就活など、リアルに語ってくれました! ワーホリから帰国後、今度はイギリス大学院留学を決めたSanaの現在進行形の体験記。 イギリスの彼と遠距離恋愛しながら日本で資金を貯め、IELTSテストや面談を受けたり、着々と前進中! イギリスワーホリ中に運命のヨーロピアン彼氏と出会ったSanaが、さまざまな壁がある国際恋愛事情について赤裸々に語ります。 習慣や文化の違いを乗り越えるためにお互いが努力している大事なことなど! アメリカ留学から帰国後、「どうにかアメリカで働けないか?」と模索した末、「J1ビザ」でインターンシップからの正規雇用を実現した20代女子Mayの現在進行形の体験談!アメリカの会計士の試験準備中! アメリカ在住・ゲーム大好きなYonaが、ゲームを英語版でプレイする時や海外プレイヤーと話をする時に役立つ用語や表現など、気になったゲームに関連する英語をご紹介! アメリカのメキシコ系の家族に嫁いだYonaが、映画「リメンバーミー」のセリフの中から日常会話で応用してつかえるものをとっても丁寧に分かりやすく解説してくれました! アメリカのメキシコ系の家族に嫁いだYonaは、日々スペイン語にも触れています。 映画「リメンバーミー」のセリフに使われているスペイン語単語や表現を解説! 長年の英語コンプレックスをなんとかすべく、「スマホ留学」に90日間みっちり取り組んだ当ブログ管理人の本音ベースでの実践記。 com は、 「英語学習者の 英語学習者による 英語学習者のためのブログ」。

次の