マスカット 由来。 果物のマスカットの語源って何ですか?オマーンの首都のマス...

マスカット (ブドウ)

マスカット 由来

マスカットはブドウの品種の一つです。 マスカットは略語で正式名称は長いと言われています。 マスカットの名前の由来はどのようなものなのでしょうか。 マスカットは人気のブドウです。 ブドウの種類の中で最高の品種の一つに「マスカット」が選ばれるのではないでしょうか。 ブドウ栽培の歴史は古くて、紀元前3000年頃にはヨーロッパブドウの栽培が開始されていたとされています。 ブドウの原産地は、コーカサス地方やカスピ海沿岸になります。 ブドウを原料にするワインの醸造も早くに始まっていて、メソポタミア文明や古代エジプトではワインがありました。 古代ギリシアではワインのためのブドウ栽培が大々的に行われていたと考えられています。 ギリシアを支配したローマ帝国の時代にはワインは帝国中に広まったとされています。 ローマ帝国崩壊後はブドウ栽培も衰退しましたが、各地の修道院で生産が維持され続けられました。 11世紀~13世紀にかけての気候の温暖化で、イングランドのような北方の国家でもブドウ栽培が盛んとなったとされています。 しかし、14世紀ごろからの気候の寒冷化で、ブドウの栽培地域は南方になったようです。 コーカサス地方やカスピ海沿岸の原産地から東へと伝播したブドウは、紀元前2世紀頃に中国に伝わっています。 次に、マスカットとは・マスカットは略語?・マスカットの名前の由来、などの紹介をします。 マスカットとは マスカットは、ヨーロッパブドウ種のブドウです。 マスカット品種は、地中海地方原産とされています。 マスカット品種は、ワイン・レーズン・生食用になるので、広く栽培されています。 マスカットは、「麝香(じゃこう)」に喩えられる強い香りが特徴です。 数多くあるブドウの品種の中でも、最も古くに確立したものの一つだと考えられています。 巨峰が「ブドウの王様」なら、マスカットは「果物の女王様」と呼ばれる最高級の温室ブドウです。 最高級ブドウとして、贈答用などに根強い需要があります。 顕著な甘い花の芳香を有しているマスカット品種は、世界中で栽培されています。 ヨーロッパブドウの品種のほとんどが、マスカット品種の子孫であるという説もあります。 次に、マスカットは略語?・マスカットの名前の由来、などの紹介をします。 マスカットは略語? マスカットは略語で正式名称は長くなります。 日本で単に「マスカット」という場合は、「マスカット・オブ・アレキサンドリア」を指します。 正式名称は「マスカット・オブ・アレキサンドリア」ですが、長すぎて呼びにくいので略語の「マスカット」が定着しています。 中国では「麝香葡萄」と呼ばれているようです。 「マスカット・オブ・アレキサンドリア」の果皮は透明度のある美しい黄緑色で、特有の強い芳香を持っています。 果肉はしまっていて甘みは強く、酸味は少なくてコクのある気品の高い味わいが楽しめます。 次に、マスカットの名前の由来を紹介します。 マスカットの名前の由来 日本でマスカットと呼ばれるブドウは略語で、マスカットの正式名称は「マスカット・オブ・アレキサンドリア」です。 マスカットの名前の由来は、MUSK(マスク)から来ているようです。 マスク(MUSK)とは麝香(じゃこう)の香りがすると言う意味です。 麝香(じゃこう)とは、オスのジャコウジカがメスを誘うために出す分泌物です。 ブドウの香りが麝香(じゃこう)の香りのように素晴らしいということで「マスカット」の名前が付いたようです。 麝香(じゃこう)の香りがする、「マスクメロン」も同じ語源だと考えられています。 マスカットの正式名称のマスカット・オブ・アレキサンドリアの「アレキサンドリア」は、都市名のアレキサンドリアです。 古代エジプトの首都アレキサンドリアで栽培が行われていたことから名付けられたものです。 マスカットとは、麝香(じゃこう)の香りがするアレキサンドリアのブドウ、という意味になります。 マスカット・オブ・アレキサンドリアは、日本では短くして「マスカット」と呼ばれていますが、海外では略称で「アレキ」などと呼ばれることもあります。

次の

マスカット、名前の由来は?【ことば検定】 答え林修

マスカット 由来

最高級ブドウとして、贈答用などに根強い需要があります。 果皮は透明度のある美しい黄緑色で、マスカット特有の強い芳香を持っています。 甘みは強く、酸味は少なく、果肉はしまっていて、コクのある気品の高い味わいが楽しめます。 麝香はオスのジャコウジカがメスを誘うために出す分泌物で、このぶどうの香りが麝香の香りのように素晴らしいということです。 つまり、「マスカット・オブ・アレキサンドリア」=「麝香の香りがするアレキサンドリアの葡萄」ということです。 名前からしてハイカラですね。 ただ、あまりに名前が長いので通称「アレキ」なんて略して呼ばれることが多いようです。 歴史 原産は北アフリカで、エジプトなどを中心に紀元前から栽培されてきました。 誕生から2000年以上にもわたって世界的に栽培されてきたわけですが、あの王妃クレオパトラも麝香の香りに似た芳香・甘みを持つこのぶどうをこよなく好んだといわれています。 日本へは、明治19年に岡山県に導入されたのが栽培の始まりです。 当時、他にもたくさんのヨーロッパ系ブドウが導入されましたが、地中海沿岸の高温・乾燥地で育ったこれらの品種のほとんどは日本の風土に適さず、露地栽培は不成功に終わりました。 岡山県ではガラス温室栽培用として採り上げられ、以来1世紀以上にわたって品種改良・技術開発が進められ、岡山県産アレキの名声を築き上げてきました。 難しい栽培 アレキサンドリアにしても、基本的には日本の風土に合っているとはいえません。 ヨーロッパ系品種にとって、日本の気候は雨が多く、湿度が高すぎるのです。 したがってアレキサンドリアは、現在でもすべてが温室栽培です。 高度な技術と施設でもって、温度・日照・湿度管理などが徹底されて初めて高品質なものができるというわけ。 アレキが高級品として位置付けられるのは、こんなところにも理由があるのです。 最少・最高 アレキは生産量では全ぶどうのわずかな割合にすぎません。 ところが、1㎏あたりの単価は、全体平均の約2倍の価格になっています。 ちなみに、巨峰もかつてはアレキと並ぶ高級ぶどうでしたが、露地栽培の拡大等により生産量が大幅に拡大したため、今では安価に求められる大衆的な果実となっています。 出回り期 温室で加温して栽培されるものは5月から8月、加温しない冷室栽培は9月~11月に出回ります。 ピークは7月~10月です。 食べ方 冷やしたアレキサンドリアを房ごと簡単に水で洗い、皮ごと食べるのが最も簡単かつおいしい食べ方。 皮ごと食べることに抵抗のある人が(特に日本では)多いのですが、残留農薬などほとんどありませんし、万一あったとしても、水でさっと洗えば落ちてしまいますから安心してください。 また、よく表面に粉のようなものが浮き出ていることがありますが、これはブルーム(または果粉)といって、ぶどうから分泌される糖分やミネラルですので、まったく心配ご無用。 むしろこれはおいしく新鮮である証なのです。 保存方法 ビニール袋に入れ、冷蔵庫で保存すれば長持ちします。 温室育ちのアレキサンドリアは、軸が枯れても却って味が良くなり、風味、栄養価が損なわれることはありません。 仲間 アレキサンドリアは、新品種の親としても幅広く活躍しており、一連の「マスカット系」を形成しています。 その代表的なものをご紹介しましょう。 ネオ・マスカット最大の特徴は、露地栽培ができること。 アレキが温室栽培しかできないのに対し、ネオ・マスカットは露地栽培も可能なことから、岡山県以外でも広く栽培されるようになりました。 現在、最大の産地は山梨県で、全生産量の50%以上を占めています。 色・味ともにマスカット・オブ・アレキサンドリアに似ており、価格も安く提供できることから、マスカットの普及型として人気を得ています。 出回り期は7月~9月です。 日本で作られる赤ワインによく利用されるのはこの品種です。 果皮の色が黒いのが特徴。 大房・大粒で、濃厚な甘みと酸味を誇ります。 出回り期は8月~10月で、ぶどうシーズンの最後を飾る品種です。 黄緑色で大粒。 皮は薄いですがしっかりしています。 露地栽培も可能で、味はまろやかで多汁。 別名を「ローデハネポート」とも言います。 糖度が非常に高く、マスカットの香りも非常に強い品種です。 日本で育成された日本らしい名前ですが、血筋的には純欧州種です。 果皮は明るい紅色。 大粒で果皮が薄く多汁。 山梨県が主産地。

次の

マスカットは略語?正式名称は?マスカットの名前の由来

マスカット 由来

最高級ブドウとして、贈答用などに根強い需要があります。 果皮は透明度のある美しい黄緑色で、マスカット特有の強い芳香を持っています。 甘みは強く、酸味は少なく、果肉はしまっていて、コクのある気品の高い味わいが楽しめます。 麝香はオスのジャコウジカがメスを誘うために出す分泌物で、このぶどうの香りが麝香の香りのように素晴らしいということです。 つまり、「マスカット・オブ・アレキサンドリア」=「麝香の香りがするアレキサンドリアの葡萄」ということです。 名前からしてハイカラですね。 ただ、あまりに名前が長いので通称「アレキ」なんて略して呼ばれることが多いようです。 歴史 原産は北アフリカで、エジプトなどを中心に紀元前から栽培されてきました。 誕生から2000年以上にもわたって世界的に栽培されてきたわけですが、あの王妃クレオパトラも麝香の香りに似た芳香・甘みを持つこのぶどうをこよなく好んだといわれています。 日本へは、明治19年に岡山県に導入されたのが栽培の始まりです。 当時、他にもたくさんのヨーロッパ系ブドウが導入されましたが、地中海沿岸の高温・乾燥地で育ったこれらの品種のほとんどは日本の風土に適さず、露地栽培は不成功に終わりました。 岡山県ではガラス温室栽培用として採り上げられ、以来1世紀以上にわたって品種改良・技術開発が進められ、岡山県産アレキの名声を築き上げてきました。 難しい栽培 アレキサンドリアにしても、基本的には日本の風土に合っているとはいえません。 ヨーロッパ系品種にとって、日本の気候は雨が多く、湿度が高すぎるのです。 したがってアレキサンドリアは、現在でもすべてが温室栽培です。 高度な技術と施設でもって、温度・日照・湿度管理などが徹底されて初めて高品質なものができるというわけ。 アレキが高級品として位置付けられるのは、こんなところにも理由があるのです。 最少・最高 アレキは生産量では全ぶどうのわずかな割合にすぎません。 ところが、1㎏あたりの単価は、全体平均の約2倍の価格になっています。 ちなみに、巨峰もかつてはアレキと並ぶ高級ぶどうでしたが、露地栽培の拡大等により生産量が大幅に拡大したため、今では安価に求められる大衆的な果実となっています。 出回り期 温室で加温して栽培されるものは5月から8月、加温しない冷室栽培は9月~11月に出回ります。 ピークは7月~10月です。 食べ方 冷やしたアレキサンドリアを房ごと簡単に水で洗い、皮ごと食べるのが最も簡単かつおいしい食べ方。 皮ごと食べることに抵抗のある人が(特に日本では)多いのですが、残留農薬などほとんどありませんし、万一あったとしても、水でさっと洗えば落ちてしまいますから安心してください。 また、よく表面に粉のようなものが浮き出ていることがありますが、これはブルーム(または果粉)といって、ぶどうから分泌される糖分やミネラルですので、まったく心配ご無用。 むしろこれはおいしく新鮮である証なのです。 保存方法 ビニール袋に入れ、冷蔵庫で保存すれば長持ちします。 温室育ちのアレキサンドリアは、軸が枯れても却って味が良くなり、風味、栄養価が損なわれることはありません。 仲間 アレキサンドリアは、新品種の親としても幅広く活躍しており、一連の「マスカット系」を形成しています。 その代表的なものをご紹介しましょう。 ネオ・マスカット最大の特徴は、露地栽培ができること。 アレキが温室栽培しかできないのに対し、ネオ・マスカットは露地栽培も可能なことから、岡山県以外でも広く栽培されるようになりました。 現在、最大の産地は山梨県で、全生産量の50%以上を占めています。 色・味ともにマスカット・オブ・アレキサンドリアに似ており、価格も安く提供できることから、マスカットの普及型として人気を得ています。 出回り期は7月~9月です。 日本で作られる赤ワインによく利用されるのはこの品種です。 果皮の色が黒いのが特徴。 大房・大粒で、濃厚な甘みと酸味を誇ります。 出回り期は8月~10月で、ぶどうシーズンの最後を飾る品種です。 黄緑色で大粒。 皮は薄いですがしっかりしています。 露地栽培も可能で、味はまろやかで多汁。 別名を「ローデハネポート」とも言います。 糖度が非常に高く、マスカットの香りも非常に強い品種です。 日本で育成された日本らしい名前ですが、血筋的には純欧州種です。 果皮は明るい紅色。 大粒で果皮が薄く多汁。 山梨県が主産地。

次の