貫通ヘビィ 回復カスタム。 (mhwi)貫通と通常ヘビィLv3弾のダメージ比較

【MHWアイスボーン】ヘビィボウガンのおすすめ最強装備|覚醒武器【モンハンワールド】|ゲームエイト

貫通ヘビィ 回復カスタム

臨界ブラキ採用の徹甲ヘビィ装備 部位 防具名 スロット 武器• 立ち回りやすさ重視で速納珠をつけていますが、耐性スキルや攻撃など火力スキルに差し替えても良いでしょう。 散弾ヘビィ装備 覚醒武器 部位 防具名 スロット 武器• 渾身発動のため、スタミナ管理をしながら立ち回りましょう。 特に装填数【散弾】は4発と少ない散弾を増やせるので、最優先で付与させましょう。 貫通弾ヘビィ装備 覚醒武器 部位 防具名 スロット 武器• 超心・〇〇珠【4】• 渾身発動のため、スタミナにも気を配りましょう。 抜刀ヘビィ装備 火力特化型 部位 防具名 スロット 武器 攻撃力カスタム• 装飾品が複雑なため記載していませんが、主に超会心や整備、体力増強を発動させと安定します。 また、攻撃の回転率を上げるためにも「納刀術」をLv3まで上げてしまうのもおすすめです。 回復カスタム安定型 部位 防具名 スロット 武器 回復カスタム• カスタム枠の兼ね合いから「」を採用しており、1度のクラッチ攻撃でHPを5割程度回復できるのでフルチャージとも好相性です。 通常弾ヘビィ装備 金獅子砲構成 部位 防具名 スロット 武器 頭• 腕 腰• 単発自動装填のおかげで装填拡張が不要なため、スキルの自由度が高いのが利点です。 相手によっては、弾強化を削ってガード強化を積むのも有効です。 撃滅の砲火【戦】構成 部位 防具名 スロット 武器 頭• 腕 腰• マスターランク序盤おすすめ装備 部位 防具名 スロット 武器• 1 頭 1 胴 3 腕• 回避距離UPで機動力を確保し、体力増強で生存力も伸ばします。 マスターランクのラスボスまでのおすすめ装備 部位 防具名 スロット 武器 なし 頭• 1 腰• 1 脚• 武器には貫通弾の扱いに優れる「ヒドゥンスナイパー改」を採用しており、体格の大きいモンスターが出現する傾向にあるストーリー後半にて有効です。 至近距離で弱点を狙い続ければ高いDPSを発揮し、シールドによって咄嗟の攻撃を受けても対処できるのが魅力です。 、バゼルギウスやゼノ・ジーヴァ等の胴長なモンスターに特に有効です。 、 拡散弾で肉質無視ダメージ 拡散弾+竜撃弾特化の構成です。 不動の装衣と癒やしの煙筒を使用して敵の懐に潜り込み、拡散弾を連発して運用します。 、 通常弾運用でシンプルに攻める 通常弾Lv3を使用でき、無属性強化が乗る「ガイラアサルト・爆撃」を採用した、通常弾運用の基本的な構成です。 弱点を狙い続けられれば、高火力を発揮します。 、 攻略班の一言 ユーザー様から投稿頂いた中で、クリア後に作成できる優秀な装備をピックアップしました。 弱点特効を活かすためにも常に弱点を狙撃し続けましょう。 砲術によって徹甲榴弾の威力が僅かながら上昇しているので、攻撃の要としましょう。 下位の安定装備 安定性を高めた下位ヘビィ装備です。 体力増強を採用しており、序盤にも安定感のある戦闘を行えます。 見切りや弱点特効で火力をしており、砲術の効果を活かすため徹甲榴弾を使用しつつ戦いましょう。

次の

【MHWアイスボーン】ヘビィボウガンのおすすめ最強装備|覚醒武器【モンハンワールド】|ゲームエイト

貫通ヘビィ 回復カスタム

貫通弾について ワールド時代、不遇でした。 単発ダメージは低く、ヒット数も少ないため「それ、拡散弾でよくね」感が漂う 残念な弾丸。 アイスボーンへのアップデートにより、「 クラッチクローの肉質軟化」「 弾丸重化によるヒット数の増加」 この二つの要素が合わさり、 全てのデメリットが改善されたといっても過言ではありません。 弾丸重化パーツについて アイスボーンにて追加された、 ボウガンのカスタムパーツです。 弾速が遅くなる代わりに、 貫通弾のヒット数が超絶増加&状態異常値が増加するという効果。 状態異常値については、体感で大きく変わることがありません。 1クエスト中、何回状態異常になるかという括りのため しかし、 貫通弾では、体感どころか視覚的に超絶強化されていることがわかります。 ヘビィは、傷を付けるために必要な回数は1回であるので、 貫通ヘビィとクラッチクローのシステムは相性が良いです。 逆に言うと、 クラッチクロー1回で傷がつけられず、ダメージが肉質に依存した武器はアイスボーンでは弱いです。 双剣や徹甲榴弾以外のライトボウガン等が該当します。 ナルガヘビィはスロットがついていないという点で明確に劣っています。 しかし、 無属性強化を付けると攻撃力410になります。 特殊弾の違いは、特殊弾そのものの違いとクラッチクローの抜刀攻撃が違います。 狙撃榴弾の方が攻撃時間が短く、傷を付けやすいというメリットがあります。 基礎攻撃力10の違いは、会心時に「ダメージ1」 33と34 違うだけです。 ラージャンの実装により、カスタム強化に更なる上位の段階が実装されました。 貫通ヘビィは カスタム攻撃4を積めるベニカガチノシシ2を採用する形になります。 無撃搭載の 夜砲【黒風】よりも火力が高くなります。 今回、僕は ガードヘビィを採用しました。 理由は簡単で、 万人向けの装備であるから。 装填拡張Lv3は諦め、序盤でも入手が可能な弾丸節約。 攻撃スキルは貫通強化Lv2 Lv1で1. 1倍、Lv2で1. 2倍 のみですが、 装飾品がないときは生存スキルを優先させましょう。 鉄壁珠や解放珠は【4】系統で簡単に出現する装飾品で代用が可能です。 超心珠はワールドからプレイしていないとなかなか持っていないかもしれません。 解放珠や鉄壁珠を【4】でしか持っていない場合は、超心を切りましょう。 武器カスタム攻撃4を含めると無撃付き夜砲【黒風】を超えます。 不屈を発動させて開幕2乙スタート。 攻撃力と防御力が超強化されます。 終わりに ベニカガチノシシ2が、強さ、作成難度、発展性のすべてにおいて最強。 夜砲【黒風】は、ラージャン実装で産廃になりました。 使う価値は見た目以外にありません。 僕は、最強の貫通ヘビィであるベニカガチノシシ2を推奨します。 作成難易度最低で最強のヘビィ装備が完成します。 それでは、あでゅーノシ• オフラインのためランキングが表示できません カテゴリー カテゴリー アーカイブ• 最近のコメント• に より• に いも より• に より• に 匿名 より• に より.

次の

【MHW】最強の貫通鑑定ヘビィ「ガイラアサルト・援撃」で生存・火力を両立する装備

貫通ヘビィ 回復カスタム

MH歴約5ヶ月、アクション下手、ソロ専のおっさんのモンハン日記 その4。 ようやくMR125到達。 今回は貫通ヘビィを作ってみたという話。 瘴気でティガレックス亜種アンロック(防具)• 荒地でリオレイア希少種アンロック(防具)• 森&珊瑚で回復カスタム素材集め しかし、しばらくしてこのルートはソロ専だとかなりキツイことに気がつく。 つまり、やっかないモンスターを最低でも20体ぐらい倒さないとレベルが上がらない計算。 噂には聞いていたが、かなり大変である。 これを4地帯分やるのかと思うと、ちょっと気が遠くなる。 自分の腕やプレイスタイル、武器種を含めての話だが、森3でイャンガルルガをアンロック(脚狙い)したら、あとは陸珊瑚のレベル7にまっしぐらで、レア12武器の回復カスタム素材の確保が先決だったのではないかと後悔している。 現在の地帯レベルは、絶望的状況。 ・森5 ・荒地6 ・陸珊瑚1 ・瘴気5 瘴気7まで上げ終わって、荒地を上げている最中だったりする。 今から急遽予定を変えて陸珊瑚レベル7を目指すと、荒地や森をまた後で上げ直すことになってしまう。 レア10武器の回復カスタムで遊んでみる 歴戦個体や古龍と戦うことが増えてきて、回復カスタムが欲しくなってきたのだが、現在使っている武器はレア11〜12のものばかり。 レア11武器は、傷ついたイャンガルルガ素材がストッパー(森6以上) レア12武器は、歴戦ネロミェール素材(陸珊瑚7以上)。 森6はそれほど遠くないが、陸珊瑚はいつになるかわからない。 どうしたものかと悩んでいたところ、レア10武器であれば回復カスタムをつけられることに気がつく(瘴気で出る素材でレベル1から3までつけられる)。 自分が使う武器種、最終がレア10、回復カスタムをつけたら良さそうなもの、という条件で少し調べてみる。 その際に素材が全部返ってくるという神仕様。 「これは試してみるしかない」ということで、まずは貫通ヘビィの「ベニカガチノシシII」を作ることにした。 シールド型の貫通ヘビィ試作版(ベニカガチのシシII) 私の場合は、心眼珠あり、強壁珠あり、貫通珠なし。 ハイブリッド4スロは、さほど揃ってない状況。 武器:ベニカガチノシシII(レア10武器) ・ボウガンカスタム:反動制御1、シールド3、弾丸重化 ・カスタム強化:回復III ・パーツ強化:会心率(4段階まで強化) フルチャ3、渾身3いけるかと思ったが、手持ちの装飾品ではちょっと無理だった。 装備構成は、貫通珠が1個もないため、ナルガ頭とガルルガ脚で貫通弾強化発動。 また、解放珠もハイブリッド品の良いものがなく、4スロ枠を3個も使うのはもったいないということで、アーティア腕を採用。 ガード性能は定番の護石で稼ぐというパターン。 インプレ・感想 貫通弾Lv3を「反動小」で8発撃つことができ、リロードも「普通」のため、スキが少なく快適。 散弾ヘビィと比べても、適正距離に余裕があるし、エイムも簡単。 徹甲拡散ヘビィの方が速いと思うが、安定感なら貫通ヘビィといったところ。 また、貫通ヘビィは射撃時のエフェクトや音が気持ちよいので、プレイしていて楽しい。 実際、ハザク、ディアブロス系、ネルギガンテあたりなら、カガチを担いで行くことが多くなった。 肝心の回復カスタム3は、やはりというべきか、貫通弾ではあまり回復しない。 撃ちまくってもリジェネでジワジワ回復しているようなレベル。 ガードで削られた分の回復ぐらいならすぐだが、回復大剣のようなモリモリ回復というのは無理。 ただ、竜撃弾や、特殊射撃の狙撃竜弾であれば、それなりに回復する。 狙撃竜弾はクールダウンも早いので、これをうまく使えば回復の手間を減らせるかもしれない。 ボウガンカスタムでシールドを1枚減らして、狙撃改造にし、睡眠弾からの弱点狙撃というのも面白そうである。 回復カスタムのメモ には次のように書かれている。 攻撃すると与えたダメージの幾らかを回復できる。 カスタム回数で回復量は変動。 回復カスタムには0. 2秒程の僅かなクールタイムが存在し、多段ヒット系の攻撃(貫通弾や散弾、拡散弾)ではヒット数全ては適用されず最初の1ヒット分しか回復しない場合がある。 特にほぼ同時に着弾する散弾とは相性が悪い。 仕組みがよくわからないので、しっかりした検証はできないのだが、アイスボーンではそこまでの効果はない気がする。 (実験) トレーニングルームで、武器以外の装備を外して体力を減らし、単発の「電撃弾」を撃つ。 体力は最大100、爆弾で死ぬ直前まで減らしてスタート。 そこから、体力が最大になるまでの射撃数と総ダメージをチェック。 たまに40ダメージが出ていた。 14発前後で体力満タンにならないとつじつまが合わない。 真相は謎。 ちなみに、与ダメージ2の毒弾を撃っても、少しずつ体力が回復するので、内部的には小数点以下のダメージ計算および回復が行われていると思われる。 回復の挙動だが、貫通弾はトレーニングルームの柱で1発あたり3hit。 回復発動は1回のみ。 しかし、実戦では3hit以上することも多く、その際は体力ゲージが小刻みに数回動くことがある。 クールダウンタイマーが存在するということなので、4hit目ぐらいにはクールダウンが終わって2回目の回復が発動しているということなのだろうか。 ただ、斬裂弾や狙撃竜弾を撃つと、着弾後の連続hitの際に何度も回復する。 一律にクールダウンタイマーがあるのではなく、種類ごとに有無が設定されていると思われる。 なお、多段ヒットの最初が小ダメージで、その後に大ダメージというようなケース(クールダウンタイマーはあり)では、最初の部分で回復が発動してしまい、まともに回復しないことがあるという。 ヘビィだと竜撃弾(2回ヒット)でそういうことがたまに起きている気もする。 今後の課題 話を戻して、今後のプラン。 ハザクのヴァルファー2点を入れて回復を強化する方向• 貫通珠があれば、超会心3までハイブリッド珠なしで組むことも可能。 回復を強化(ゾンビヘビィ) 回復重視で、ハザク2点と回復速度や体力回復量upをつけるのも試してみたい。 ただしこれも心眼珠や強壁珠に加え、貫通珠も1個必須。 また、ハイブリッドの解放珠がいくつか必要になってくる。 導きの地向けに破壊王 最近になって、導きの地のレベル上げには、罠や部位破壊が有効だということを知った。 特に目からウロコだったのは、部位破壊ができる箇所の多いモンスター(ラドバルキンやボルボロス等)を狙えば地帯レベル大幅増加という動画。 部位破壊は、導きの地での素材集めにもピッタリ。 しかし、貫通弾の護石IIと、胴体にプライドメイルを採用しているので、レアな装飾品は少なくて済む計算。 「渾身・体力珠」と、「重撃・体力珠」があれば組めるので、こうなったら装飾品集めも頑張るしか、という気分になってきた。 貫通ヘビィだけでもしばらく楽しめそうな今日この頃。 MHW楽しすぎ。 今回はこのあたりで終了。 おまけ:入門向け防具補足 貫通ガードヘビィの防具選びは、装飾品で心眼、貫通強化、ガード強化、装填拡張のどれを持っているかで大きく変わる。 心眼珠等のレア装飾品がほとんどない人は、おそらく以下の装備構成が一番揃えやすい。 貫通弾強化はLv1になってしまうが、防具だけでガード性能4も確保。 装填拡張も、解放珠なしで3にできる(護石とリオソウル胴)。 心眼珠なし、強壁珠ありなら、以下のような構成も良さそう。 リオソウル腰とガルルガ脚で貫通強化2。 ドーベルヘルムとリオソウル胴で装填拡張3。 護石でガード性能4を補っているので、装飾品に、強壁珠 x1、鉄壁珠x1、体力珠x3あれば、形になる。 ただ、装飾品のスロット数が少ない。 攻撃面は見切り4、渾身3ぐらいとあまり盛れない。

次の