ソフトバンク ロボティクス 株式 会社。 株式会社スマートロボティクスの株式取得に関するお知らせ

ソフトバンクロボティクスホールディングス

ソフトバンク ロボティクス 株式 会社

(SBG)は23日、自己株式取得と負債削減に向けて4. 5兆円の資産を売却または資金化すると発表した。 中国・アリババ集団や国内通信子会社ソフトバンクなど投資先の上場株が主な対象になるとみられる。 調達した資金は最大2兆円の自社株買いのほか、負債圧縮に充てることで財務を強化する。 SBGが投資会社として保有する株式の価値は27兆円を超える。 一方、SBG自体の株式時価総額は19日時点で約6兆円と、保有株価値に比べ大幅に割り引かれて取引されていた。 こうした市場の低評価を改善するため、保有資産を原資に大胆な自社株買いと負債圧縮に打って出る。 取引は今後4四半期にわたり実施するとした。 調達する4. 5兆円の資金は、最大2兆円の自社株買いに充てる。 これは13日に発表した上限5000億円の自社株買いに追加して実施する。 加えて残額を負債の償還、社債の買い入れ、現預金残高に充当する。 SBGの孫正義会長兼社長は今回の取り組みについて「当社史上最大の自己株式取得であり、さらに過去最大の現預金等の増加につながるもので、当社の事業に対する揺るぎない自信に基づくものだ」とコメント。 SBG株の評価改善に加え、社債買い入れを含む負債削減によって、信用格付けの向上を目指すとの狙いも明らかにした。 午後1時50分の発表を受けて、東京株式市場ではSBG株が急騰。 市場では「資産売却によって資金を捻出できるという見通しを示したことで、『他の財務状況の悪い企業とは違う』という再評価につながったのではないか」(楽天証券経済研究所の窪田真之チーフ・ストラテジスト)との見方があった。 社債市場からは、大規模な資産現金化プランを歓迎する声が聞かれる。 SBGが保有資産を換金して社債を買い入れることで、債券市場での需給の緩みが改善されるためだ。 「SBG債の価格変動リスクが大きくなりすぎ、新型コロナで痛手を負った投資家は支えきれなくなっていた」(国内運用会社の債券ファンドマネジャー)との指摘がある。

次の

ソフトバンクロボティクスホールディングス

ソフトバンク ロボティクス 株式 会社

ソフトバンクグループの子会社・関連会社。 グラフィックデザイン:井村亮 ソフトバンクグループの事業は大きく、次の6つの領域に分かれている。 - 通信 - ヤフー - ファンド - 海外 - 流通 - その他 携帯電話キャリアとしてのソフトバンクや、巨大ポータルサイトのヤフーは、馴染みの深い事業となっているが、この数年、海外展開を急速に進め、巨額の資金規模を有するファンドも組成している。 以下、事業領域ごとの主力企業と、事業内容を簡単に整理した。 ・Wireless City Planning 携帯電話ネットワークの整備など。 ・ソフトバンク・ペイメント・サービス グループの中で、決済業務を担う。 ソフトバンクカードの発行・運営など。 JAPAN 一ヶ月間の総ページビューが600億を超える日本最大のポータルサイト。 ・バリューコマース アフィリエイト(成果報酬型広告)を中心としたインターネット広告。 ・アスクル 文房具・オフィス用品の通販。 ・ジャパンネット銀行 同行ウェブサイトによれば、「日本初のインターネット専業銀行」。 ・ブックオフ 古本・中古家電の販売。 英国で運営している。 サウジアラビアのファンド、アップル、クアルコム、アラブ首長国連邦の公社などから出資を受け、今年5月22日には、総額約10兆4千億円の出資コミットメントを得たと発表。 テクノロジー分野に幅広く出資を検討する、としている。 同ファンド以外にもソフトバンクグループ傘下には、複数のファンドが組成されている。 ・ARM 英国の半導体設計会社。 半導体メーカーが半導体を製造する際に必要な知的所有権を保有している。 とくに携帯電話向けで高いシェアを誇る。 2016年9月5日、約3. 3兆円で買収を完了したと発表。 ・Brightstar 米国の携帯電話端末の卸売会社。 世界規模で携帯電話の卸売事業を展開しているとされる。 ・Alibaba 中国のネット通販サイト・アリババを運営する。 ソフトバンクグループが主要株主に名を連ねている。 ・ソフトバンクロボティクス Pepperなどヒューマノイド・ロボットの開発・販売。 ・SBエナジー 自然エネルギーによる発電、電気の供給と販売。 ・アイティメディア IT関連のポータルサイト・ITmediaを運営。 ・ソフトバンク・テクノロジー ICT(情報通信事業)サービスを提供。 ・ベクター パソコン用アプリケーションのダウンロードサイト・Vectorを運営。 ・ガンホー・オンライン・エンターテイメント 『ラグロナクオンライン』などオンラインゲーム、携帯向けゲームなどを開発。 ・サイジニア ビッグデータ解析など。

次の

ソフトバンクロボティクス

ソフトバンク ロボティクス 株式 会社

ソフトバンク・ビジョン・ファンド関連株・銘柄まとめ ソフトバンク・ビジョン・ファンド関連株まとめ 株式市場で注目を集める、 ソフトバンク・ビジョン・ファンド関連株をまとめました。 ソフトバンク・ビジョン・ファンドとは、孫正義率いるソフトバンクグループが運営する、 世界規模でテクノロジー分野の企業に投資するファンドです。 総額は日本円で 約10兆円と言われており、IoTや人工知能、ロボティクスなどといった最新技術に投資することで、IT業界の成長スピードを速める狙いがあります。 このソフトバンク・ビジョン・ファンドには、ソフトバンクグループはもちろん、サウジアラビア王国とアラブ首長国連邦アブダビ首長国の政府系ファンド、アップル、クアルコム、鴻海精密工業などが出資を発表しています。 このファンドによって大きなお金が動くため、多くの投資家や経営者が注目しているようです。 ソフトバンク・ビジョン・ファンド関連株には、日米で携帯事業を展開している「(9984)」、ネットマーケティングサービスを提供している「(6031)」、情報機器の製造・販売・保守をおこなう「(2488)」、コンサルティング会社の「(6088)」があります。 銘柄 コード 銘柄名 (クリックで最新株価) 事業内容 9984 日米で携帯事業やインターネット事業を展開している会社。 傘下にヤフーが、持分会社に中国のアリババがある。 ソフトバンク・ビジョン・ファンドを運営する会社である。 6031 ソフトバンク系のネットマーケティングサービスを提供している会社。 検索エンジンの履歴から最適な 商品広告を表示するシステムのほか、欲しい服の写真を読み込むと買うことができる AIアプリ『 PASHALY(パシャリィ)』などを運営している。 2488 外資系企業向けに、情報機器ハード・ソフトの製造・販売と保守サービスを提供する会社。 最近はIT研修や医療機器・ロボットにも注力している。 2017年にAIサービス『 Third AI』をリリースしたことで、ソフトバンク・ビジョン・ファンドによる投資が受けられるとして、買いが集まっている。 6088 戦略立案から業務改善、システム導入まで一貫サポートするコンサルティング会社。 AIを活用した業務効率化を目指す経営コンサルティングを提供しており、ソフトバンクのファンドによる投資が受けられるとして、注目されている。 4726 EC業者向けのサイト運用代行や、セキュリティソリューションの提供をしている会社。 ソフトバンクの関連会社として、ファンドの恩恵を受けられると考えられることから、ファンド設立のニュースを受けて株価が上昇した銘柄である。 3690 AIを活用したインターネット広告の運用サポートサービスを提供している会社。 ECサイトの構築のほか海外展開も進めている。 AI関連事業のため、 ファンドの投資対象になる可能性があることから、買いが集まっている。 4847 ソフト開発会社で、カード決済システムでトップの会社。 内部情報漏洩対策関連の事業を強化している。 2017年にはAI技術を活用した言語処理システム『 OpAI(オーピーエーアイ)』を損害保険会社向けに開発した。 このことで、ファンドの投資対象になる可能性があるとして、注目を集めている。 2158 AIを活用した電子データ収集やコンピュータ解析事業を提供している会社。 法人向けがメインだが、個人向けに AI搭載ロボット『Kibiro』、 AI搭載のヘルスケア情報サイト『KENKO JIMAN』などを運営している。 AI関連でファンドの投資対象になると考えられ、買いを集めている。

次の