ケロッグ。 株式会社コスモマーチャンダイズィング

味の素、日本ケロッグとのシリアル販売契約解消へ :日本経済新聞

ケロッグ

【ご注意】 ・賞品デザインや内容が変更となる場合がございます。 あらかじめご了承ください。 ・ご応募された賞品の、別の賞品との交換、換金、または返品には応じかねます。 また、マイページからの賞品交換申請後の応募内容の変更、取消はできません。 ・レシート有効期間 2020年4月1日~2020年8月31日 以外のレシートでのご応募は無効とさせていただきます。 ・ご応募に際し、キャンペーン事務局が不正行為と判断した場合は、ご応募も無効(賞品発送対象外)となります。 ご注意ください。 ・マイページ作成時にご登録いただいたメールアドレスを変更することは出来ません。 ・当キャンペーンでは、事務局よりメールを送信します。 事前に「 kelloggs-zettai. jp」のアドレスの受信可能設定をお願いします。 ・ご登録いただいたレシートの再登録をお願いする場合がございます。 ご登録いただいたレシートは、賞品がお手元に届くまで大切に保管してください。 【発送に関する注意点】 ・発送に必要な情報(ご住所・お名前・電話番号)が正確でない場合はご応募を無効とさせていただきます。 ・賞品発送は当社が指定する方法により、一度限り行うものとし、お客さまに不受領または到着の遅延があっても、当社の故意または重過失がない限り、一切再発送せず、また不受領や遅延の責任を負いません。 ・賞品発送後、お客さまのご不在等により受け取りがされず、保管期間を過ぎて賞品が発送元へ返送された場合、転居などで住所に変更が生じた場合、賞品の再発送対応はいたしかねます。 ・お客さまのご住所が不明・連絡不能などの理由により賞品がお届けできず、賞品の再発送に応じられない場合がございます。 あらかじめご了承ください。 【応募に関する注意点】 ・ご応募にかかるインターネット接続料などの諸経費はお客様のご負担となります。 ・同時期に実施されている「同一の製品を対象とした他のキャンペーン」と重複して応募いただけない場合がございますので、あらかじめご了承ください。 ・賞品は、応募時にご設定いただく送付先に発送されます。 また、送付先や賞品の変更、及び発送日の指定はお受けできませんので、あらかじめご了承ください。 ・ご応募いただいた内容に関しての「有効」「無効」は、マイページの応募履歴よりご確認いただけます。 ・はがき、電話やメールでのご応募は受け付けておりません。 ・フィーチャーフォン(スマートフォン以外の携帯電話)からのご応募はできません。 ・複数人で同じレシートをご利用された場合、ご応募が無効となりますので、あらかじめご了承ください。 ・レシートに不正があった場合のご応募や、レシートのコピーでのご応募は無効とさせていただきます。 ・同一のレシートでの複数回のご応募はできませんのでご注意ください。 ただし、OSバージョンや機種特有の問題も多くございますため、一部の端末では、正常に動作しない場合やご応募できない場合もございます。 あらかじめご了承ください。 上記環境から、お試しいただきますようお願い致します。 【キャンペーンに応募可能なPCの環境】 ・Windowsの推奨OSおよびブラウザ Windows8. 「ケロッグ絶対もらえるキャンペーン」応募サイト(以下、「当サイト」 は、日本ケロッグ合同会社(以下、「当社」 または当社より委託を受けた第三者が運営しております。 以下の規約をお読みいただいたうえ、同意された場合のみ、当サイトをご利用いただきますよう宜しくお願い申し上げます。 本利用規約(以下、「本規約」)は当社が提供する当サイトを、お客様が利用することについての一切に適用します。 当サイトをご利用いただく全ての方(以下、「ご利用者」)は当サイト上で以下の行為をしてはならないものとします。 犯罪的行為もしくは犯罪的行為に結びつく行為、または公序良俗に反する行為もしくはそのおそれのある行為 2. 他のご利用者または第三者の財産、名誉、プライバシーなどを侵害する行為 3. 虚偽の情報を提供したり、不正な目的で利用したりする行為 4. 当社の承認なく当サイトの運営を妨げる行為、または誹謗(ひぼう)する行為 5. 個人情報登録の際、虚偽の情報を登録する行為 6. その他、法令に違反するおそれのある行為 当サイトに関する編集権を含む一切の権利は、当社または著作権を有する第三者に帰属します。 当サイトの内容を当社に無断で、転載、複写または転送することを禁止します。 当社は当サイト内で提供する情報の完全性などに関していかなる保証も行いません。 当社は、下記を含む不測の事態において、ご利用者への事前告知なくキャンペーンを中断することがあります。 ハード・ソフトなどの保守を定期的または、緊急に行う場合 2. 地震、火災、洪水、噴火、停電などによりサービスが提供できなくなった場合 3. 戦争、動乱、暴動などによりサービスが提供できなくなった場合 4. サーバーダウン、クラッキングなどによりサービスの提供の継続が困難な場合 5. その他、当社が運用上または技術上サービスの中断が必要と判断した場合 6. 緊急のトラブルにより、システムの保守・点検を行う場合 7. アクセスが集中し、システムにつながらなくなった場合 ご利用者が当サイトの利用において損害を被ることがあっても、当社は一切、賠償の責任は負いません。 当社はご利用者への通知なしに、必要に応じて、本規約を改訂、追加、変更および廃止する場合があります。 ご利用者は本規約により生じたいかなる権利または義務も第三者に移転または譲渡することはできません。 ご利用者と当社との間で本規約に関連して訴訟の必要が生じた場合、東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。 キャンペーン応募期間は、2020年4月1日〜2020年8月31日23:59 (レシート有効期間は2020年4月1日〜2020年8月31日).

次の

ケロッグ(Kelloggs)のシリアルの魅力や特徴

ケロッグ

ビヨンド・ミートの株式公開や多くのレストランとの提携が、投資家や消費者の注目を集めるようになって、植物ベースの代替肉における競争は激化している。 植物ベースの代替肉は、大きな盛り上がりを見せており、ウォール街のアナリストによると1400億ドル(約15兆円)規模の産業に成長する可能性があるという。 そして今、多くの歴史ある企業もビヨンド・ミートのライバルとして、この競争に参入している。 今年は植物ベースの代替肉が。 特にビヨンド・ミート(Beyond Meat)がIPO(新規株式公開)により株価を800%以上も上昇させるという大成功を納めてからはなおさらだ。 この盛り上がりの中、多くの有名レストランとの提携によって、さらなる注目を集めている。 歴史ある多くの食品加工企業も植物ベースの代替肉の製造に取り組むようになったことを考えると、このトレンドは当分衰えそうにもない。 植物を原料としたたんぱく質を製造する産業は競争が激化している。 今ではアメリカで140億ドル(約1兆5000億円)の産業に成長し、ウォール街のアナリストはと考えている。 多くのファストフード店で取り入れられているこの新たな食材を味わおうと、多くの客が店に押し寄せている。 データによると、彼らは値段が高くても喜んで購入している。 代替肉メニューを提供しているのは、ダンキン(Dunkin)、ティム・ホートンズ(Tim Hortons)、サブウェイ(Subway)、デルタコ(Del Taco)などだ。 F1チャンピオンのルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton)氏までもが、している。 そこには9月にロンドンでオープンするも含まれているとが伝えた。 ビヨンド・ミートは目標値を、ウォール街のアナリストが予想した1400億ドル(約15兆円)よりも高く設定している。 同社はで、2700億ドル(約29兆円)規模のアメリカの食肉産業を引き継ぐことがゴールだと述べた。 だが、植物を原料としたミルクが酪農業から獲得したシェアに基づき試算すると、植物由来の代替肉は、従来の食肉産業の13%のシェア、つまり350億ドル(約3兆7500億円)を獲得するとビヨンド・ミートは考えている。 また、動物性たんぱく質の消費は好調で、2019年と2020年は記録的な年となり、そのような状況でビヨンド・ミートが目標を達成するのは難しいだろうと、動物性たんぱく質について分析を行うラボバンクのシニア・アナリスト、ドン・クローズ(Don Close)氏はMarkets Insiderに語った。 とはいえ、植物由来のたんぱく質の人気ぶりと、は無視できない。 そして多くの歴史ある食品加工企業は、植物由来製品のブランド立ち上げや、植物由来食品を製造する中小企業への投資を行っている。 ビヨンド・ミートに対抗すべく、植物由来製品の製造を始めた6社を見てみよう。

次の

味の素、日本ケロッグとのシリアル販売契約解消へ :日本経済新聞

ケロッグ

シリアル食品の世界シェアトップブランド「ケロッグ」を日本国内で展開する日本ケロッグ合同会社(本社:東京都千代田区、代表職務執行者社長:井上ゆかり)は、2020年2月10日よりオフィスを麹町へと移転いたしました。 今回、(1)社員の対話(Communication)、(2)働き方の多様性(Diversity)、(3)開放的な空間(Open)の3つのコンセプトから、日本ケロッグ社員の多様なワーキングスタイルを支援するオフィス空間を新たにデザインいたしました。 現在では、利用制限を設けない自由度の高い在宅勤務制度へと発展し、育児に忙しい社員などを中心に利用が進んでいます。 また、本制度と連動してコアタイムの概念を撤廃。 勤務スタイルに合わせ就業時間を調整できるフルフレックス制度への移行も完了しています。 <副業規定の導入> 社員がもつ様々な専門性を活かした柔軟な働き方を支援するため日本ケロッグでは2019年より就業規定を早期に改定。 副業を可能とする勤務制度へと移行しています。 <フリーアドレス制度> 日本ケロッグ本社では、2018年より管理系部門を除く社員が固定席を持たないフリーアドレス制を開始しています。 社長や役員もフリーアドレスの対象となっており、それぞれの社員がその日の仕事内容に合わせて場所を選択して働くスタイルが標準となっています。 【日本ケロッグ合同会社 新オフィス住所】 〒102-0084 東京都千代田区二番町3番地5 麹町三葉ビル1F.

次の