雑談たぬき 特定。 雑談たぬきを見るメリット・デメリットを徹底解説!|アプリ村

雑談たぬきで、ハンドルネームなど個人情報が漏洩した体験|ネット中傷の被害に遭った女性の体験談

雑談たぬき 特定

雑談たぬきで悪質な誹謗中傷の被害を受けている場合は、然るべき手続きを踏むことで、投稿者を特定できる可能性があります。 ネット上には完全な匿名サービスは存在しません。 雑談たぬきのような匿名掲示板であっても、誰が書き込みをしたのかを調べる方法はあります。 この記事では、雑談たぬきの投稿者を特定する方法をご紹介します。 ネット掲示板での嫌がらせにお悩みの場合は、参考にしてみてください。 ネットの投稿者の特定には 時間制限 がある! 誹謗中傷の犯人を特定できるのは、書き込みから 3ヶ月以内といわれています。 ネット接続業者による投稿者情報の保存期間がおおよそ3ヶ月だからです。 ただ、 特定手続きにかかる時間も考慮すると、1ヶ月半がタイムリミットといえるでしょう。 犯人を特定できないと…• 損害賠償 慰謝料 を請求できない• 誹謗中傷が繰り返される恐れがある 弁護士であれば、素早くスムーズに手続きが進められます。 犯人の特定を検討している場合は、お近くの法律事務所へお悩みをご相談ください。 雑談たぬきへの投稿者を特定する方法 雑談たぬきへの投稿者を特定する手続きの流れは、以下の通りです。 まず、雑談たぬきへ投稿者のIPアドレス情報開示を請求し、その情報から投稿者が利用するプロバイダを特定。 その後にプロバイダ会社に対して、投稿者の契約者情報 個人情報 の開示請求を行います。 ここでは、それぞれの手続きの詳細を確認していきましょう。 ネットに何かを投稿した際には、そのサイト内にIPアドレスが保存されるので、まずはたぬき掲示板に対して情報の開示請求をします。 たぬき掲示板には開示請求に対する利用規約が掲載されていないので、はじめに削除依頼の連絡フォームから、開示請求をしたい旨を報告する必要があるでしょう。 ただし、たぬき掲示板側にも個人情報の守秘義務があります。 基本的に、個人での開示請求は対応されないケースが多いので、 裁判 仮処分 を通じての請求になるかと思われます。 たぬき掲示板からIPアドレスを開示してもらえたら、ネット上の『』などを用いて、投稿者が利用するプロバイダを確認してください。 つまり、この情報の開示に成功すれば、誰が書き込みをしたかを特定できたといえるでしょう。 しかし、プロパイダへの開示請求を行うと、 プロバイダは投稿者に対して情報開示に同意するか否かの意見照会書を送付します。 この意見照会書に対して、契約者情報の開示に同意する投稿者はほとんどいないです。 そのため、プロパイダへの開示請求は、実務上は裁判手続による場合が大半です。 【詳細記事】 開示請求が認められる状況とは 開示請求では個人情報のやり取りを行うことになるため、「ただ知りたいから」という理由だけでは、情報の開示は認められません。 開示請求に応じてもらうには、以下の2つの要件を満たしている必要があります。 開示請求に必要な条件• 権利が侵害されたことが明らか• 開示を受ける正当な理由がある 他者の権利侵害に該当する行為 開示請求をするためには、 雑談たぬきへの書き込みにより、権利侵害を受けている事実を立証しなくてはいけません。 具体的には、以下のような権利侵害を受けている状況であれば、開示請求が認められる可能性が高くなるでしょう。 権利侵害 詳細 公然の場で具体的事実を挙げて第三者の評判を落とす行為 例:あいつは不倫している、あいつは犯罪に手を染めている 公然の場で具体的事実を挙げないで第三者の評判を落とす行為(例:昔からずっと根暗、仕事ができない落ちこぼれ) 公共の場で公開を望んでいない個人情報や私生活の情報を暴露する行為 例:本名や住所などの個人情報を晒す 『開示を受ける正当な理由』に関しては、投稿者を訴えるまたは告訴する目的で開示請求に臨んでいれば、基本的には認められるかと思われます。 権利侵害として扱われやすい投稿例 上記の権利侵害となり得るたぬき掲示板への投稿例を3つご紹介します。 女性ファンをお酒で酔わせて無理やりレイプするクズ男。 被害報告も多いからみんな気をつけて。 よくあんな奴が人前に出てこられるよな。 また、ご自身に対する誹謗中傷がどんな権利侵害に該当するかを判断し、法的根拠を示してそれを立証しなくてはいけません。 これらの手続きは ITと法律の専門知識がないと、個人での対応は難しいのが実情です。 そのため、開示請求手続きは弁護士へ依頼しての対応が一般的といわれています。 実務上は、開示請求は弁護士に依頼しなくても個人で臨むことは可能です。 ただ、開示請求の成功率を少しでも高めたいのであれば、弁護士への法律相談をご検討ください。 ただ、いくら認められるかは裁判官の判断しだいなので、必ず全額を請求できるわけではない点にはご留意ください。 投稿者の特定にかかる期間の目安 開示請求をして投稿者の身元特定にかかるまでの期間は、6ヶ月〜1年が目安です。 投稿者特定にかかる期間の目安 IPアドレス開示請求 仮処分 1〜2ヶ月 個人情報開示請求 裁判 3〜6ヶ月 なお 、 IPアドレスが雑談たぬきへ保存されている期間には期限があり、その期限は投稿からおおよそ 3ヶ月ほどであるといわれています。 保存期限が過ぎた後では、投稿者の特定はできなくなってしまいます。 そのため、開示請求の手続きには、遅くても書き込みから1ヶ月以内には、着手できる状態にしておきましょう。 誹謗中傷の投稿者を特定するメリット 最後に、ネット誹謗中傷の投稿者を特定するメリットを3つご紹介します。 投稿者を特定するメリット• 損害賠償 慰謝料 を請求できる• 誹謗中傷が繰り返されなくなる• 告訴が受理されやすくなる 損害賠償 慰謝料 を請求できる 雑談たぬきへの投稿者を被告として民事裁判を提起し、権利侵害の被害が認められた場合には、加害者に対して慰謝料の支払いが命じられます。 ネット誹謗中傷による権利侵害の慰謝料相場は、以下の通りです。 誹謗中傷の内容 慰謝料の相場 名誉毀損 一般人 10〜50万円 名誉毀損 事業主 50〜100万円 侮辱 1~10万円 プライバシー侵害 10〜50万円 プライバシー侵害 ヌード写真の公開 100万円以上 誹謗中傷が繰り返されなくなる ネットで誹謗中傷を繰り返す人の傾向として、何を書いても自分にリスクはないと考える節があります。 そのため、開示請求の通知を受けてまで、書き込みを続けようとする人はほとんどいません。 ネットで長期間ずっと粘着されていたり、書き込みを削除してもすぐ同じ投稿をされ続けたりなど、このような状況の解決策として投稿者の特定はとても効果的です。 告訴が受理されやすくなる 投稿者を特定した後に弁護士に告訴の手続きを依頼すれば、被害内容の立証や証拠の提出を正確に行えるので、警察から告訴が受理される可能性が高まります。 その後、刑事事件として立件され、刑事裁判で有罪が確定した場合、投稿者には以下の罰則が科されるでしょう。 雑談たぬきへ投稿者のIPアドレス開示請求• IPアドレスからプロバイダの特定• プロパイダへ投稿者の個人情報開示請求• 投稿者の特定 投稿者の個人情報を開示してもらうには、裁判が必要になるケースがほとんどです。 専門知識がないと対応は難しいので、弁護士への相談をご検討ください。 そんなときに役立つのが。 月2,500円の保険料で、 実際にかかった弁護士費用(着手金・報酬金)の補償が受けられます。 ネットの誹謗中傷問題だけでなく、労働問題、自転車事故、刑事事件被害、離婚や相続など様々なトラブルで使うことができます。 弁護士費用保険メルシーは一人の加入で、契約者の配偶者・子供・両親も補償対象となります。 より詳しい補償内容/範囲、対象トラブルなどを記載した資料の請求はWEBから申込できます。

次の

雑談 たぬき

雑談たぬき 特定

雑談たぬきのメリット ここからは雑談たぬきを利用するメリットについて解説いたします。 多くの配信者のスレッドがある ツイキャスを例に挙げるとおすすめに表示されている閲覧数百人〜数千人の大手・中堅配信者はもちろん、二桁台のいわゆる過疎配信者のスレッドも存在したります。 自分の好きな配信者がそれほど有名ではなくても過去スレがある場合があるので、「スレを検索」に名前を入れて検索してみてください。 過去の情報や珍しい情報を知れる 中堅の配信者以上になると過去スレが100を超えている方も珍しくありません。 最近よく視聴するようになった配信者の過去の人柄やエピソードが知りたい場合は初期のスレッドを確認してみてください。 放送上で顔を出していない配信者が過疎配信者時代に顔を出していた時のスクショが投稿されていたり、意外な黒歴史が出てくることもあります。 その他にも配信者が気に入っているリスナーや苦手に感じているリスナー、いわゆるオキニ・オキラを知れたりもします。 見逃した放送の内容を把握できる 神回や炎上は生放送の醍醐味の一つですが、いつもリアルタイムで放送を視聴できるとは限りません。 ツイキャスやふわっちには過去のライブ履歴を見れる機能があるのですが、配信者が公開していない限りリスナーは視聴することができません。 そんな時に雑談たぬきで配信者のスレッドを確認すれば一連の流れが手を取るように把握できます。 いまいち状況を把握できない場合は質問することもできるので、盛り上がった放送を見逃した際に非常に便利です。 匿名で書き込める 同じ配信者のリスナー同士がTwitterなどで繋がることはよくあることですが、例えTwitterアカウントを二次元アイコンにしてハンドルネームで利用していたとしても、全て本音で話せるかというと必ずしもそうとは限りません。 その点、雑談たぬきは匿名で書き込むことができるのでフォロワーの顔色をうかがうことなく思ったことを率直に書き込むことができます。 匿名だからこそ当たり障りのない意見ではなく、厳しい意見も含めて様々な見解が寄せられています。 雑談たぬきのデメリット ここからは雑談たぬきを利用する上で気を付けたいデメリットについて解説いたします。 誤った情報もある 雑談たぬきに限った話ではなくインターネット全般に通じる話ですが、スレッドに書かれていることを全部真に受けるのは止めましょう。 配信者についてさも真実かのように繰り返し書かれていることも絶対に正しいわけではありません。 噂話がひとり歩きして事実より随分と誇張されている場合もあるので、話半分で捉えるようにしましょう。 アンチの投稿が多め 雑談たぬきという名称からはのほほんとした可愛らしい印象を受けますが、現実的には和気あいあいとしたコミュニティーというよりは配信者叩きの方が多い傾向にあります。 自分の好きな配信者のスレッドを読んでいて悪口を目にすると決して良い気分はしないはずです。 配信者を擁護するコメントを書くと攻撃的なレスが付くこともあるので、言い合いに巻き込まれないように気を付けましょう。 訴訟されるリスク メリットの欄で匿名の利点について言及しましたが、匿名だからといって有る事無い事を投稿して配信者の名誉を毀損してしまうと訴訟されてしまう恐れがあります。 断定口調ではなく「〜らしいよ」「〜みたいだよ」といった推測の投稿であっても、当の本人が訴訟に踏み出す可能性は十分にあるので軽率な投稿には注意が必要です。 まとめ 雑談たぬきを見るメリット・デメリットのご紹介は以上です。 一長一短ありますが、ツイキャスやふわっちの裏の楽しみ方として適度な距離感でご利用いただければと思います。

次の

雑談たぬきのスレ削除方法!書き込みした人を特定する方法も解説

雑談たぬき 特定

もくじ• 雑談たぬきのスレ削除方法 雑談たぬきとは 雑談たぬきは「V系初代たぬき」というV系について話す掲示板の派生サイトになります。 「V系初代たぬき」は名前の通りV系について話す掲示板になりますが、雑談たぬきはV系以外の内容に関しても交流することが可能です。 そのため、政治やスポーツなどのスレッドも数多く存在しています。 雑談たぬきの特徴としては若年層のユーザーが多く、 「ツイキャス」「ふわっち」「ニコニコ」「Youtube」に関するスレッドが多いところです。 このような媒体を活用して生配信を行っている配信者には数多くのファンがいますが、それと同時に数多くのアンチの方が存在することも事実です。 雑談たぬきは2ちゃんねると同様に匿名性の高い掲示板になりますので、アンチの方が掲示板を利用して悪意のある投稿をする場合などがあります。 投稿されてる内容が事実無根である場合には、今すぐにでもその投稿を削除したい気持ちになると思います。 雑談たぬきのスレッドを削除するためにはまず、雑談たぬきの利用規約を確認する必要があります。 雑談たぬきに投稿された内容の全てが削除されるわけではなく、利用規約に反している口コミのみが削除されるので注意しましょう。 利用規約の確認 以下が雑談たぬきに記載されている掲示板の禁止事項になります。 バンドに興味・関係がなく、出会いを目的とした一般の方の利用• 出会い目的&未成年の利用• 写メ晒し、他人に迷惑をかける行為• 売春・買春行為• 18歳未満の利用、18歳未満を勧誘する行為• 性器モロ画像・児童ポルノ等、日本の法律に違反する画像の交換• 2ch2. aablpKKTZq81U 上記がV系初代たぬきの掲示禁止事項になります。 こちらの禁止事項は「たぬき共通ルール」になりますので、雑談たぬきの禁止事項にも適用することができます。 雑談たぬきの運営に削除を依頼する 投稿の内容が上記の禁止事項に触れている場合や、誹謗中傷や名誉毀損、プライバシーの侵害にあたるものであれば、運営側に削除申請を出しましょう。 以下、削除申請を出すまでの手順になります。 URLは必ず書く(スレッドの名前のみは禁止)• 本文内の管理用文字は削除しない• タイトル『問い合わせ』は変更しない• 管理用文字のないメールは受け付けない• 削除依頼は削除理由を明記すること• アク禁解除は基本しない。 言い訳は聞く。 対応後の完了報告はしないので各自チェック• 2ch2. 警察に削除を依頼しても警察は雑談たぬきに削除申請を出してくれるわけではないので、しっかりと「お問い合わせ」から削除申請を出しましょう。 ただし、お問い合わせフォームから削除申請をした場合でも投稿を100%削除してくれるわけではありません。 その場合は弁護士などに依頼をして投稿の削除を依頼することも1つの方法になります。 弁護士を通して削除を依頼する 雑談たぬきに削除申請をしても投稿が削除されない場合は弁護士に投稿の削除を依頼することもできます。 弁護士が雑談たぬき運営者に直接交渉をし、仮処分申立をするなど法的な手続きを行うことで削除される場合もあるので、その方法を確認していきましょう。 弁護士に削除の依頼をする場合はネットの問題解決に精通している弁護士に依頼をしましょう。 ネットのIT問題を数多く解決してきた弁護士であれば豊富な事例を抱えているため解決できる可能性が高くなります。 投稿の削除を弁護士に依頼した場合、一般的な相場は 着手金で5万円~10万円、削除成功で報酬金が5万円~10万円程度になります。 弁護士に依頼して投稿が削除されなくても着手金は費用として掛かってしまうので、資金に余裕がある方は弁護士に一度依頼をしてみても良いと思います。 書き込みした人を特定する方法 雑談たぬきは2ちゃんねる同様、匿名性が高いため誰が投稿をしたのかを知ることはできません。 なので、そういった場合は 「発信者情報開示請求」を利用して投稿者を調べることになります。 「発信者情報開示請求」とはサイトに投稿した人物の情報開示を求める方法になります。 発信者情報開示請求をするためには雑談たぬきのサイト運営者に対して「発信者情報開示請求書」と題した書類を送る必要があります。 発信者情報開示請求書はからダウンロードすることができるので、活用する場合は確認してみて下さい。 この開示請求によって相手が個人情報の公開を許可した場合は個人情報が公開されます。 順序としては以下のような流れで開示に至ります。 相手が個人情報の公開を許可した場合は、その相手に対して名誉毀損や誹謗中傷として損害賠償を求めることができます。 ただし、悪意のある誹謗中傷のような投稿をした人物が個人情報の公開を許可する可能性は低いので、そういった場合は弁護士に依頼をすることをオススメします。 悪質な投稿による炎上を防ぐために ネット上に誹謗中傷などの内容が投稿がされた場合はここまで紹介してきたような方法で対処することが可能になります。 しかし、いくら対処をしたとしても削除までに時間を要する場合や費用が発生する場合もあり、投稿内容が100%削除されるとは限りません。 特に投稿が炎上してしまっている場合は仮に削除することに成功したとしても、多くの人の目に触れてしまうことになります。 なので、そういった事態を避けるためにも 悪質な投稿による炎上を未然に防ぐことが大切になってきます。 悪質な投稿事態を防ぐことはできませんが、投稿後の対応の仕方によって被害を最小限に抑えることができます。 特に今回ご紹介する方法は「ツイキャス」「ふわっち」「ニコニコ」「Youtube」などで配信している方には最適な方法だと思いますので是非、参考にして下さい。 「ツイキャス」「ふわっち」「ニコニコ」「Youtube」などで配信をしている方の中には少なからずアンチの方が存在する人もいるかと思います。 アンチの方が掲示板やSNSなどに悪質なコメントを投稿し、それが拡大することで炎上してしまう可能性も十分に秘めています。 そのような事態を防ぐためには常日頃、掲示板やSNSの投稿を確認したり、エゴサーチなどをしなければいけないと思いますが、ネットで叩かれていないかを調査するだけでもかなりの時間がかかるので大変ですよね。 「全ての投稿内容を確認したいけど忙しくて確認できない!」そう思っている方にオススメなのが 【投稿監視サービス】です。 投稿監視サービスを利用すればあなたの代わりに24時間365日ネットパトロールをし、投稿内容を確認してくれます。 以下のような媒体で投稿内容をパトロールしてくれるので幅広く対応することが可能です。 リアルタイム配信動画コメント監視• コミュニティサイト監視• SNS監視• Facebookページコメント監視• Instagramページコメント監視• クチコミ・レビュー監視 料金はそれぞれの対策でおおよそ月額10万円前後程度になるので資金に余裕がある場合はこういったサービスを利用することも1つの方法になります。 リスクのある投稿をいち早く見つけることができれば、それだけ早く対応することができます。 夜間や休日など自分では対応できない時間帯でもしっかりとパトロールを行ってくれるので炎上の拡大を防ぐことに繋がります。 雑談たぬきのスレ削除方法まとめ この記事では雑談たぬきのスレ削除方法についてまとめました。 雑談たぬきのスレを削除するためにはまず、雑談たぬきの禁止事項を確認しましょう。 禁止事項を確認し、違反している場合は雑談たぬきの運営に削除申請を申し出ることができます。 雑談たぬきの運営に連絡しても投稿が削除されない場合は弁護士に投稿の削除を依頼しましょう。 ネット問題に詳しい弁護士に依頼をすることで投稿が削除される可能性が高まります。 また、今後誹謗中傷コメントが投稿された場合に炎上を未然に防ぐための手段として 【投稿監視サービス】を利用することも可能です。 今後、悪質な誹謗中傷投稿を防ぐ方法として利用することができるので、気になった方は是非、活用してみて下さいね。

次の