シルク ロード 伊勢崎。 【繊維素材LABO】シルクってどんな素材?特徴とメリット・デメリットを解説

伊勢崎イタリアンレストラン

シルク ロード 伊勢崎

「 海の道」はこの項目へされています。 古代オリエントにあった道路については「」をご覧ください。 ただし「シルクロード」の概念は一義的ではなく、広義にはユーラシア大陸を通る東西の交通路の総称であり、具体的には北方の草原地帯のルートである草原の道、中央の乾燥地帯のルートであるオアシスの道、インド南端を通る海の道の3つのルートをいう。 狭義にはもっとも古くから利用されたオアシスの道を指してシルクロードという。 オアシスの道は中国からローマへは、アルタイ山脈から中国へはが重要な交易品となっていたことから、このルートは「絹の道」あるいは「黄金の道」と呼ばれており、のちに草原の道や海の道が開けるまでは最も合理的な東西の交易路であった。 その一部はに初めて「」としてのに登録された。 リヒトホーフェンの弟子で、にの遺跡を発見したの地理学者が、自らの旅行記の書名の一つとして用い、これがに『The Silk Road』の題名で英訳されて広く知られるようになった。 シルクロードの中国側起点は()、欧州側起点はのとする説があるが、中国側は、欧州側はと見る説などもある。 がシルクロードの東端だったとするような考え方もあり、特定のや組織が経営していたわけではないのであるから、そもそもどこが起点などと明確に定められる性質のものではない。 ステップ地帯 「草原の道」 [ ] 中国から北上して、やの草原(地帯)を通り、やの北側からに至る、最も古いとみなされている交易路。 この地に住むや、といった多くの()が、東西の文化交流の役割をも担った。 現在のは、部分的にほぼこの道に沿っている。 モンゴルの大統領が同名の中露蒙経済回廊を提唱していることでも知られている。 「オアシスの道」 [ ] 東トルキスタンを横切って東西を結ぶ路「オアシスの道」が、リヒトホーフェンが名付けたところの「シルクロード」である。 長安を発って、今日ののあたりでを渡り、を経てに至る。 ここから先の主要なルートは次の3本である。 以西は多数のルートに分岐している。 このルート上に住んでいたが、シルクロード交易を支配していたといわれている。 東トルキスタンの興亡史については、「」「」「」「」などを参照のこと。 オアシスの道 (ロプノールが干上がると、楼蘭を経由する水色のルートは通行が困難になった。 ) 西域南道 敦煌から、など南縁のオアシスを辿ってに達するルートで、 漠南路とも呼ばれる。 オアシスの道の中では最も古く、頃のの時代には確立していたとされる。 このルートは、敦煌を出てからの北側を通り、楼蘭を経由して砂漠の南縁に下る方法と、当初からロプノールの南側、の北麓に沿って進む方法とがあったが、頃にロプノールが干上がって楼蘭が衰退すると、水の補給などができなくなり、前者のルートは往来が困難になった。 距離的には最短であるにもかかわらず、極めて危険で過酷なルートであるが、にはインドからの帰途このルートを通っており、楼蘭の廃墟に立ち寄ったと『』に記されているので、前者のルートも全く通行できない状態ではなかったものとみられる。 にの都を訪れたは、から後者のルートを辿って敦煌に達したとされている。 現在のは、部分的にほぼこの道に沿って建設されており、カシュガルからホータンまでは、にが開通している。 天山南路(西域北道) 敦煌から、を経て、の南麓に沿ってカシュガルからパミール高原に至るルートで、 漠北路ともいう。 西域南道とほぼ同じ頃までさかのぼり、最も重要な隊商路として使用されていた。 このルートは、楼蘭を経由してコルラに出る方法と、敦煌または少し手前のからいったん北上し、から西進してを通り、コルラに出る方法とがあったが、楼蘭が衰退して水が得られなくなると、前者は通行が困難になった。 現在トルファンとカシュガルを結んでいるは、概ね後者のルートに沿って敷設されており、に工事が始まり、に開通した。 も部分的にほぼこの道に沿っている。 天山北路 敦煌または少し手前の安西から北上し、ハミまたはトルファンで天山南路と分かれてを通り、天山山脈の北麓沿いに流域を経てに至るルートで、紀元後に開かれたといわれる。 砂漠を行く上記ふたつのルートに比べれば、水や食料の調達が容易であり、平均5000mとされるを越える必要もない。 現在のや、は、部分的にほぼこの道に沿っている。 「海の道」 [ ] 青い線が海の道 中国の南から海に乗り出し、、、を経てへ、さらにへと至る海路は「海のシルクロード」とも呼ばれる。 海のシルクロードの起点は。 すでにの時代からはの港からインドと通商を行っており、エジプトを征服した(、)はこの貿易路も継承して、南インドのとの交易のために港湾都市 ()(現近郊のポドゥケー遺跡)などいくつかの商業拠点を築き(『』も参照)、絹を求めて中国にまで達したことは中国の史書にも記されている。 このルートで(獅子国)やインド、の商人も中国に赴いたのである。 しかし、陸のシルクロードが諸国の戦争でしばしば中断を余儀なくされたのと同様、海のシルクロードもやの出没、各国のの争奪などによって撹乱され、必ずしも安定した交易路とはいえなかった。 以降はペルシアの交通路を継承した商人(、等の出身の商人)が絹を求めて大挙中国を訪れ、などに居留地を築く。 中国のイスラム教徒居留地は、末にやによって大打撃を受け、一時後退した。 代になると再び中国各地(、など)に進出し、代まで続いた。 元のは東シナ海、南シナ海から、インド洋を結ぶこの貿易路で制海権を握るために()やに遠征軍を次々とおくった。 この時期にはも泉州、福州を通って()を訪れた。 はしか認めない海禁政策を取り、艦隊で知られるように、海上交易路を海賊から保護した。 鄭和はアフリカのまで航海している。 鄭和艦隊の進路 その後インド洋は、・・が制海権を握っていたが、に経由でが進出し、ので敗れたため、イスラム商人の交易ルートは衰えた。 、・連合軍が勝利した()のを皮切りに、には(現)がインド洋の制海権を握り、ポルトガルとスペインの商人が追放された。 また中近世以降は、中国から大量のが交易商品となったので「陶磁の道」とも称された。 に、の結果、イギリスが制海権を握った。 はから制海権を握ることを目指しているとされ、この貿易路を「21世紀海上シルクロード」と呼称している。 シルクロードと日本 [ ] 日本には、奈良のに中国製やペルシア製の宝物が数多くあり、にに随行しての (り・みつえい)が日本に来朝したことに関する記録 なども残されている。 当時の日本は唐代の東西交通路の東端に連なっていたと認識されており、の(現在の)は「シルクロードの日本の玄関」、やは「シルクロードの東の終着点」と呼ぶことがある。 シルクロードに関しては近年の日本における学校教育でも取り上げられていたが、歴史やヘディンの著書などに関心を持つ一部の人たち以外には、さほど興味を引く存在ではなかった。 しかし、中華人民共和国との文化交流が進む過程でがとともにに共同制作した『』によって、のノスタルジックなテーマ音楽とともに、一躍シルクロードの名が広く知れ渡ることとなった。 日本ではシルクロードという語は独特のやと結びついており、西安や新疆、、、などへの情報やの広告には必ずと言ってよいほど「シルクロード」という言葉が記されている。 この80年代の「シルクロードブーム」を受け 、に日中両政府はの設立を決定した。 また、はシルクロードの世界遺産登録をユネスコに中国政府とともに働きかけても設立した。 シルクロードプロジェクト [ ] 「」も参照 シルクロードが世界遺産に登録されたことを契機に、ユネスコの人文・社会科学局が推進する「異文化間の対話」プログラムにおいて、「シルクロード-対話、多様性、開発」プロジェクトが始まった。 これはシルクロードほど多様な・・・などが混在する地域はなく、そのことが歴史的には係争の舞台ともなってきたことから、シルクロードを平和の象徴にしようという主旨。 具体的にはユネスコを代表する事業となった世界遺産をシルクロードに広げてゆき、各地域に・・・・など(海の道においてはも)各種ユネスコ事業を総投入展開し、やの保護にも取り組む。 ユネスコ公式サイトでは、「シルクロード・オンラインプラットフォーム」を立ち上げた。 一方で、このプロジェクトの主たる旗振り役が中国であり、中国による計画の文化面政策として利用される懸念もある。 シルクロードを題材とした作品 [ ] に乗る西方人の像(中国唐代、陶磁器製〈〉。 テレビ番組• BSプレミアム 激走! シルクロード104日の旅• コンサート「シルクロード音楽の旅」- 1979年にが制作したシリーズ企画• NHK特集『』 オリジナルサウンドトラック(喜多郎)• NHK特集 『』 オリジナルサウンドトラック()• 交響組曲「シルクロード」 ()指揮・• がにした・曲• 写真集• 秘宝・草原のシルクロード()• 写真集シルクロード(NHK取材班)ほか• シルクロード() 脚注 [ ] []• 武光誠『「地形」で読み解く世界史の謎』PHP文庫、2015年、18-19頁。 訳書は、『シルクロード』 西義之訳、白水社、のち、2003年。 本書は往年のシルクロードに沿った自動車道路建設に向けた調査旅行の顛末に関するものであって、昔日の交易路そのものについて論じた書ではない。 2015年11月11日. 2016年5月19日閲覧。 2015年7月10日. 2016年5月19日閲覧。 現在の、などを含む地域。 の『』でも知られる人物。 『』巻第十二 聖武天皇 天平八年()• 王坤「中国側から見る日中経済協力 : 1979~1988年の『人民日報』の対中ODA 報道を中心に」OUFCブックレット 3, 313頁, 2014-03-10• 日本ユネスコ協会連盟 『世界遺産年報2015』pp. 18 講談社、2014年• 日本ユネスコ協会連盟 『世界遺産年報2005』p. 40 平凡社、2005年• UNESCO• ジャン=ピエール・ドレージュ 『シルクロード 砂漠を越えた冒険者たち』長沢和俊監修、吉田良子訳、:創元社、1992年• 『シルクロード』 、1992年• ジャン=ノエル・ロベール 『の使者中国に至る 繁栄と野望のシルクロード』 伊藤晃・森永公子共訳、、1996年• 宇山智彦 『中央アジアの歴史と現在』 東洋書店、2000年• 長沢和俊編 『シルクロードを知る事典』 東京堂出版、2002年• 三杉隆敏 『海のシルクロードを調べる事典』 芙蓉書房出版、2006年• エドワード・H. シェーファー 『の金の桃 唐代の異国文物の研究』 ・日本語版監修、吉田真弓訳、アシアーナ叢書2:、2007年 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 シルクロードに関連する および があります。 () - 皇帝からの使節がに送られた。 () - の製法がイスラム圏に伝わり、にで初めての工場が支配下ののに作られた。 、、:シルクロード経由して伝来したもの。

次の

ロードバイク

シルク ロード 伊勢崎

動画アルバム [ | ] [ ] 動画アルバム このページは「Go! 伊勢崎」の個々のページで紹介した動画の一覧です。 動画を再生するには各画像をクリックします。 動画の再生には皆さんのパソコンにWindows Media Playerなどの再生ソフトがインストールされている必要がありますが、インストールされていない場合にはインストールを促すメッセージが表示される場合がありますので、指示に従ってインストールしてください。 これらの再生ソフトの多くは無償でインストールできますが、有償の再生ソフトをインストールする場合には十分にご注意ください。 曲沢ヨサコイ:大音響の音楽に乗って曲沢ヨサコイ節を踊ります。 ダンピアいせさき(2シーン):広場の大舞台とその前で大勢が踊ります。 伊勢崎駅〜新伊勢崎駅間の高架化工事完成後には消え去ります。 北側には既に完成したコンクリート橋。 伊勢崎駅舎建設 伊勢崎駅の北口で進む建設風景。 2機のクレーンが活躍。 強風で鳥も煽られます。 Youtubeサイトで再生します。 和太鼓やお囃子が演奏されます。 動画をご覧になりたい方は、各動画の画像をクリックしてください。 Youtubeサイトで再生します。 コンサート時にデジカメの動画機能で撮影し、当時一日だけ公開し、その後非公開にしていましたが、島村が脚光を浴びている現在、皆さんに島小児童達の素晴らしい歌声を聴いていただきたく、2012年10月4日、再公開しました。 場内には繰り上げスタートのアナウンス。 無常にも鳴るピストルの号砲。 今年の繰り上げスタートはほんの数秒でした。 タスキを受け取る事ができず、白タスキでスタートした選手、また到着してもタスキを渡す相手がいない選手、どちらにも観衆から一際大きな声援が飛びます。 警視庁(郷間 章選手から田村康徳選手へ) アンカーの選手にトップでタスキを渡した安川電機の小畑昌之選手のインタビューも見られます。

次の

シルク・ロード(しるくろーど)とは

シルク ロード 伊勢崎

営業時間短縮期間中は御協力いただき誠にありがとうございました。 引き続き感染予防を行いながら営業をしてまいります。 シルクロード伊勢崎店 定休日のお知らせ シルクロード伊勢崎店は6月の木曜日を定休日とさせていただきます。 シルクロード伊勢崎店 サラダバー【再開】のおしらせ シルクロード伊勢崎店では、新型コロナ感染拡大防止の為一時中止としておりましたサラダバーを再開いたしました。 再開につきましては お客様に安心してご利用いただけますよう感染防止対策の実施を徹底してまいります。 シルクロード石原店 サラダバー【一時休止】のおしらせ シルクロード石原店では、新型コロナ感染拡大防止の為 しばらくの間サラダバーをお休みとさせて頂きます。 サラダバーをご注文のお客様には「セットサラダ・スープ・フルーツ」を「お替り自由」でご提供させていただきます。 お客様には大変ご不便をお掛け致しますがご理解いただけます様お願い申し上げます。 ヴィラローマイオンモール高崎店 メニューリニューアルのお知らせ ヴィラローマイオンモール高崎店はリニューアルに伴いピザの食べ放題・サラダバーを終了いたしました。 シルクロード伊勢崎店 メニューリニューアルのお知らせ シルクロード伊勢崎店はリニューアルに伴いピザの食べ放題を終了いたしました。

次の