にんにく 醤油 作り方。 万能調味料「にんにく醤油」の作り方とにんにく醤油を使った簡単レシピ

【栗原はるみ】にんにく醤油漬けの作り方や人気レシピは?長期保存を方法紹介

にんにく 醤油 作り方

にんにくの保存期間が伸びる• 料理の味を格上げする• 独自の風味が楽しめる• 漬け込んだにんにくも食べたり料理に使えたりする それぞれのメリットについて詳しく説明します。 にんにくの保存期間が伸びる 生のにんにくは、放っておくと芽が出たりしおれてきたりして、 2週間程度でダメになってしまいます。 冷蔵庫に入れると1ヵ月以上は日持ちするようになりますが、それでも使いきれないという方もいるでしょう。 これまでにんにくをダメにしてきた人でも、ムダなく使いきれるようになるでしょう。 料理の味を格上げする にんにく醬油は、ただにんにくと醤油を合わせただけの調味料なのに、驚くほど深い味わいを持ちます。 たとえば、炒め物やパスタにちょっと足すだけで、いつもの料理がワンランク上の味わいに大変身。 大げさに聞こえるかもしれませんが、本当に魔法のような調味料なんです。 独自の風味が楽しめる 「 生のにんにくと醤油を料理に入れても同じじゃない?」と思っている方も多いのではないでしょうか? 材料は同じでも、漬け込むと味が変わってくるんです。 にんにく醬油の場合は、まろやかで奥深く嫌味のないにんにくの風味が楽しめます。 じっくり漬け込まないと味わえないおいしさです。 漬け込んだにんにくも食べたり料理に使えたりする にんにく醬油の「にんにく」も活用できるんですよ。 長期間醤油に漬け込むことで、にんにく独自の辛さがマイルドになり、食べやすくなっています。 「 そのまま食べる」「 刻んで料理に混ぜる」「 トッピングに使う」など、さまざまな方法で楽しめる一石二鳥な調味料です。 にんにくの皮の簡単なむき方 さて、いよいよ作ってみようと思っても、一度にたくさんのにんにくをむくのは大変ですよね。 そんな時、ぜひ試してみてほしいのが次の3つの方法です。 【皮のむき方1】水に漬けておく ある程度の房にほぐしたにんにくをボウルに入れて、水に漬けておきましょう。 3~4時間すれば、薄皮まで簡単にむくことができます。 【皮のむき方2】ふた付きの瓶に入れてひたすら振る まるごと瓶に入れてふたをしてひたすら振ります。 瓶の側面に当たって、きれいにむくことができます。 むいたにんにくで使わない分は冷凍保存も可能です。 【皮のむき方3】にんにくの皮むき器を使う にんにく醬油を作る際、たくさんにんにくの皮をむかなくてはなりません。 便利な にんにく皮むき器を使えば、あっという間に処理ができるので便利です。 使い方は、小房に分けたにんにくの上下を切り落とし、皮むき器に入れて数回転がすだけ。 シリコンが皮をとらえるので、つるっときれいにむけます。 使用する醤油と保存容器の選び方 保存瓶や保存容器に食材を入れる際は、あらかじめ消毒が欠かせません。 醤油の中の塩分がある程度、菌の繁殖をおさえてくれる役割を持っていますが、減塩の醤油で作る場合は、普通の醤油で作る場合よりカビに注意して保存しましょう。 保存する容器はふた付きの密封できる瓶などが最適。 使用する前に必ず煮沸消毒して、きちんと乾かしてから使いましょう。 水滴などがついたままだと、雑菌の繁殖につながりかねません。 煮沸の方法は 90度以上のお湯で 5~6分ほどグツグツと煮ます。 やけどに注意しながらトングなどで取り出し、キッチンペーパーなどの上で乾かします。 これで下準備は完了! 続いて、にんにく醤油の作り方をご紹介します。 にんにく醤油の作り方 にんにく醤油の作り方といっても、レシピというほど大したものはありません。 あえていうなら、• 皮ごと漬ける。 皮をむいて半分にカット。 皮をむいて薄切りにする。 皮をむいて電子レンジでやわらかくする。 皮をむいて素揚げする。 皮をむいて焼き目をつける。 私は早く味をなじませたいので、 にんにくを2mmくらいの薄切りにして漬けています。 こうすると 2週間ほどで使い始めることができます。 漬けたばかりだと、にんにくの辛みと醤油のしょっぱさで、すぐに使うことはできません。 味に丸みが出てくるのは、その先です。 にんにく醤油の保管方法 漬けたにんにく醤油の保管は、 涼しい季節なら日が当たらない涼しい場所で、また 暑い夏などは冷蔵庫で保管すると良いでしょう。 冷蔵庫よりも 常温で漬けた方が、味がなじむのが早いように思いますよ。 醤油を継ぎ足したら、また少し寝かせて味をなじませましょう。 にんにく醬油のアレンジ方法 にんにく醬油の基本は、「にんにく」「醬油」の2つだけですが、ここにプラスアルファのアレンジをするのもおすすめです。 いくつかにんにく醤油のアレンジ方法をご提案するので、ぜひ試してみてくださいね。 にんにく醤油のアレンジ方法【1】唐辛子 ベーシックなアレンジが、 唐辛子を入れること。 ピリッとした辛さが味に奥行きをもたらします。 また、辛味成分のカプサイシンは 防腐作用があることから、にんにく醬油をより長持ちさせたい場合にもおすすめの方法です。 煮切って足すとよいでしょう。 これひとつで味が決まるといっても過言ではありません。 MEMOハーブ類は 1~2週間で取り出しましょう。 にんにく醤油のアレンジ方法【5】しょうが にんにくと相性抜群の しょうがも、おすすめの食材です。 しょうがを薄くスライスしたものを一緒に漬け込むと、さわやかな風味が楽しめます。 また、にんにくに浸かったしょうがも料理に使うことができますよ。 にんにく醤油&醬油漬けにんにくの活用レシピ にんにく醤油は、そのまま卵かけごはんにかけたり、いわしやサンマなど青魚のお刺身にかけたり、また、唐揚げの下味に使うだけでも、ふだんのお料理がワンランクアップします。 こちらでは、にんにく醬油や中身のにんにくを利用した絶品簡単レシピをご紹介します。 冷奴 豆腐に、刻んだ醬油漬けにんにくをプラスするだけの簡単レシピです。 いつもの冷奴がおいしいおつまみに大変身しますよ。 しいたけは薄くスライスする。 大葉は千切りにしておく。 サバ水煮缶は水を切っておく。 骨が気になるようなら取り除いておく。 (味が薄ければ、にんにく醬油をもう少し足す)• 汁気が残るようであれば、水溶き片栗粉を加えてとろみをつける。 まとめ 「なんでもっと早くから漬けてなかったんだろう!」と思わせる万能調味料にんにく醤油。 普段の料理にプラスすることで、味付けの幅が広がります。 ぜひいろんな料理にお試しくださいね。

次の

にんにくの効能と効果的な食べ方!醤油漬けの作り方とにんにく丸ごとレシピ

にんにく 醤油 作り方

 ニンニクの剥き方と醤油漬けの作り方 にんにくのしょうゆ漬けの作り方です。 にんにくを少し多目に入手した時など、しょう油漬けにして保存しておくと、とても便利で重宝しますので、ぜひお試しください。 しょうゆ漬けにしたにんにくはそのままでも食べられますし、生のニンニクと同じように料理の風味付けにも使えます。 細かく刻んだりスライスしていろいろな料理に加える事ができますよ。 にんにくを漬けておいたしょう油も使いみちが多く、醤油を使うあらゆる料理にそのまま使えます。 にんにくの風味がプラスされていますので、たとえば肉と野菜を炒め物にするときなど、コレだけで調味が可能で、他の調味料はまったく必要が無いくらいです。 豚肉のしょうが焼きなどでしたら、これにおろししょうがを加えるだけ。 とにかく便利ですし、本来は保存用の漬け物ですから、腐らせる事もなく、全てを無駄なく使えます。 まずはにんにくの剥き方から説明します。  大量のニンニクを使う場合のむき方 にんにくの皮を剥く場合、通常は下のようにして包丁で剥きます。 ここでは沢山のニンニクを早く簡単に剥ける方法を説明します。 尖った部分を折るようにすれば簡単に剥けます。 こうすると1個を秒単位で薄皮まで剥くことが出来ます。 水の中で剥くと手に臭いがつきにくい利点もありますよ。 さっと加熱してすぐに冷水にとる事で、生のニンニクと変わらぬ風味と食感(コリコリ感など)を失いません。 ニンニク醤油漬けの作り方 にんにくの醤油漬けは、剥いたニンニクをしょう油に漬けるだけの単純さ。 なのに、使い道が多くて重宝します。 ニンニクは酒の肴からおかずや茶請けにまでなるし、漬け液は調味料として使えます。 常備しておきたい菜のひとつですね。 (1)剥いて洗ったニンニクを完全に乾燥させる 漬け物の基本です。 余分な水気を除去して漬けると、傷みにくく、かつ味が回りやすくなるのです。 (2)密閉容器を煮沸消毒 煮沸消毒とは、容器を大きな鍋などに入れて水から加熱し、沸騰状態で五分以上殺菌することです。 そのまま火を止めて冷まし、取り出して自然乾燥させます。 (容器が大きいなどの場合はアルコールなどで拭いて減菌します) (3)ニンニクを容器に入れてしょう油を張ります しょう油だけで漬けるのが基本ですが、一般的には酒や酢などを加えて口当たりを良くする事が多いです。 漬けしょう油の割合はだいたい下のようになりますので、参考にして下さい。 気温や湿度が高すぎるときは冷蔵庫保存が安心ですが、そうすると味の浸透が遅くなりますので、漬けてから数日は外に出しておいた方が良いです。 しょう油漬けの食べごろ・保存期間など にんにく醤油漬けは、「いつから食べられる様になるか」ではなく、「いつ食べるか」という食べ物です。 なぜなら、漬けたその日からでも、1年後でも食べられるものだからです。 漬けたばかりだと、しょう油が内部に浸透しておらず、色も白いまま。 それでも食べることは可能です。 味が薄くて食感が生のニンニクに近いだけで、食べられないわけではありません。 「それらしくなる」のは二週間から1カ月後くらいです。 味が中心まで染みて、見た目もしょう油漬けらしくなるのは約3カ月後。 やや強く加熱してから漬けたり、にカットして切断面を多くしてから漬ける事で、漬け期間を短縮することもできます。 時間は短縮できても「漬け物らしさ」は減少しますので、梅酒などと同じようなものだと考えて、出来れば生の状態から漬けて気長に待つ方をおすすめします。 こうして作ったしょうゆ漬けは、一年間は保存可能です。

次の

にんにくの効能と効果的な食べ方!醤油漬けの作り方とにんにく丸ごとレシピ

にんにく 醤油 作り方

にんにくの保存期間が伸びる• 料理の味を格上げする• 独自の風味が楽しめる• 漬け込んだにんにくも食べたり料理に使えたりする それぞれのメリットについて詳しく説明します。 にんにくの保存期間が伸びる 生のにんにくは、放っておくと芽が出たりしおれてきたりして、 2週間程度でダメになってしまいます。 冷蔵庫に入れると1ヵ月以上は日持ちするようになりますが、それでも使いきれないという方もいるでしょう。 これまでにんにくをダメにしてきた人でも、ムダなく使いきれるようになるでしょう。 料理の味を格上げする にんにく醬油は、ただにんにくと醤油を合わせただけの調味料なのに、驚くほど深い味わいを持ちます。 たとえば、炒め物やパスタにちょっと足すだけで、いつもの料理がワンランク上の味わいに大変身。 大げさに聞こえるかもしれませんが、本当に魔法のような調味料なんです。 独自の風味が楽しめる 「 生のにんにくと醤油を料理に入れても同じじゃない?」と思っている方も多いのではないでしょうか? 材料は同じでも、漬け込むと味が変わってくるんです。 にんにく醬油の場合は、まろやかで奥深く嫌味のないにんにくの風味が楽しめます。 じっくり漬け込まないと味わえないおいしさです。 漬け込んだにんにくも食べたり料理に使えたりする にんにく醬油の「にんにく」も活用できるんですよ。 長期間醤油に漬け込むことで、にんにく独自の辛さがマイルドになり、食べやすくなっています。 「 そのまま食べる」「 刻んで料理に混ぜる」「 トッピングに使う」など、さまざまな方法で楽しめる一石二鳥な調味料です。 にんにくの皮の簡単なむき方 さて、いよいよ作ってみようと思っても、一度にたくさんのにんにくをむくのは大変ですよね。 そんな時、ぜひ試してみてほしいのが次の3つの方法です。 【皮のむき方1】水に漬けておく ある程度の房にほぐしたにんにくをボウルに入れて、水に漬けておきましょう。 3~4時間すれば、薄皮まで簡単にむくことができます。 【皮のむき方2】ふた付きの瓶に入れてひたすら振る まるごと瓶に入れてふたをしてひたすら振ります。 瓶の側面に当たって、きれいにむくことができます。 むいたにんにくで使わない分は冷凍保存も可能です。 【皮のむき方3】にんにくの皮むき器を使う にんにく醬油を作る際、たくさんにんにくの皮をむかなくてはなりません。 便利な にんにく皮むき器を使えば、あっという間に処理ができるので便利です。 使い方は、小房に分けたにんにくの上下を切り落とし、皮むき器に入れて数回転がすだけ。 シリコンが皮をとらえるので、つるっときれいにむけます。 使用する醤油と保存容器の選び方 保存瓶や保存容器に食材を入れる際は、あらかじめ消毒が欠かせません。 醤油の中の塩分がある程度、菌の繁殖をおさえてくれる役割を持っていますが、減塩の醤油で作る場合は、普通の醤油で作る場合よりカビに注意して保存しましょう。 保存する容器はふた付きの密封できる瓶などが最適。 使用する前に必ず煮沸消毒して、きちんと乾かしてから使いましょう。 水滴などがついたままだと、雑菌の繁殖につながりかねません。 煮沸の方法は 90度以上のお湯で 5~6分ほどグツグツと煮ます。 やけどに注意しながらトングなどで取り出し、キッチンペーパーなどの上で乾かします。 これで下準備は完了! 続いて、にんにく醤油の作り方をご紹介します。 にんにく醤油の作り方 にんにく醤油の作り方といっても、レシピというほど大したものはありません。 あえていうなら、• 皮ごと漬ける。 皮をむいて半分にカット。 皮をむいて薄切りにする。 皮をむいて電子レンジでやわらかくする。 皮をむいて素揚げする。 皮をむいて焼き目をつける。 私は早く味をなじませたいので、 にんにくを2mmくらいの薄切りにして漬けています。 こうすると 2週間ほどで使い始めることができます。 漬けたばかりだと、にんにくの辛みと醤油のしょっぱさで、すぐに使うことはできません。 味に丸みが出てくるのは、その先です。 にんにく醤油の保管方法 漬けたにんにく醤油の保管は、 涼しい季節なら日が当たらない涼しい場所で、また 暑い夏などは冷蔵庫で保管すると良いでしょう。 冷蔵庫よりも 常温で漬けた方が、味がなじむのが早いように思いますよ。 醤油を継ぎ足したら、また少し寝かせて味をなじませましょう。 にんにく醬油のアレンジ方法 にんにく醬油の基本は、「にんにく」「醬油」の2つだけですが、ここにプラスアルファのアレンジをするのもおすすめです。 いくつかにんにく醤油のアレンジ方法をご提案するので、ぜひ試してみてくださいね。 にんにく醤油のアレンジ方法【1】唐辛子 ベーシックなアレンジが、 唐辛子を入れること。 ピリッとした辛さが味に奥行きをもたらします。 また、辛味成分のカプサイシンは 防腐作用があることから、にんにく醬油をより長持ちさせたい場合にもおすすめの方法です。 煮切って足すとよいでしょう。 これひとつで味が決まるといっても過言ではありません。 MEMOハーブ類は 1~2週間で取り出しましょう。 にんにく醤油のアレンジ方法【5】しょうが にんにくと相性抜群の しょうがも、おすすめの食材です。 しょうがを薄くスライスしたものを一緒に漬け込むと、さわやかな風味が楽しめます。 また、にんにくに浸かったしょうがも料理に使うことができますよ。 にんにく醤油&醬油漬けにんにくの活用レシピ にんにく醤油は、そのまま卵かけごはんにかけたり、いわしやサンマなど青魚のお刺身にかけたり、また、唐揚げの下味に使うだけでも、ふだんのお料理がワンランクアップします。 こちらでは、にんにく醬油や中身のにんにくを利用した絶品簡単レシピをご紹介します。 冷奴 豆腐に、刻んだ醬油漬けにんにくをプラスするだけの簡単レシピです。 いつもの冷奴がおいしいおつまみに大変身しますよ。 しいたけは薄くスライスする。 大葉は千切りにしておく。 サバ水煮缶は水を切っておく。 骨が気になるようなら取り除いておく。 (味が薄ければ、にんにく醬油をもう少し足す)• 汁気が残るようであれば、水溶き片栗粉を加えてとろみをつける。 まとめ 「なんでもっと早くから漬けてなかったんだろう!」と思わせる万能調味料にんにく醤油。 普段の料理にプラスすることで、味付けの幅が広がります。 ぜひいろんな料理にお試しくださいね。

次の