あいのり ネタバレ アフリカ 18。 「あいのりカップル」が全滅?ヤラセを疑う根強い声も

あいのりアフリカンジャーニー・第17話「ハスキー、一番光っといて」ネタバレ感想

あいのり ネタバレ アフリカ 18

初代あいのり57話では、残された時間の少ないツネがエリに告白を決意する回でした。 58話の題名は「星の印」フジテレビでのオンエア日は2000年12月18日。 ツネがエリへ告白 告白の夜。 待ち合わせの場所でツネはエリ が来るのを待っていた。 そこへ、エリ がやって来た。 ツネ「とにかく恋がしたいと思ってこの旅に来て。 この旅で見つけた目的はまだこれから続けて行く。 その為にはエリ が必要です。 ラブワゴン降りてっと近づいていくために。 このチケットを渡すからもう一回日本で旅を始めましょう」 旅の最終日に精一杯の想いをぶつけたツネ。 その夜、告白を受けたエリ は意外な想いにとらわれていた。 エリ も俺の目を見て聞いた。 果たしてツネの想いは届くのだろうか。 その時エリ がやって来た。 ツネ「一緒に帰ろう。 エリ 一緒に来い」 エリ 「昨日ツネちゃんに本気で告白されて最後の最後まで迷ったけどツネちゃんと日本に帰る事はできません。 ごめんなさい」 ツネ「俺の気持ちはここにいてお前はどこにいるの?」 エリ 「ここにはない」 ツネ「じゃあいきな」 エリ 「ありがとう」 あまりにも短すぎた3週間の有給休暇。 エリ はひとりでラブワゴンに戻る。 そしてメンバーたちとも最後のお別れをするツネ。 ツネ「皆ありがとう。 いい旅をしてください」 トレードマークである電卓をメンバー達に託すツネ。 ツネはスペイン最南端の街タリファで星になった。 ゴウへの想いに悩むエリ 一行は港町アルヘシラスへ。 ここでスペインのドライバー、フェデリコさんとお別れ。 フェリーに乗り込みついにアフリカ大陸へ。 船上でエリ はゴウ を誘った。 エリ 「あのまま本当に行っちゃおうかと思った。 思ったけどツネちゃんに想われてる気持ちより自分の想いの方が強かったから」 ゴウ は何も言葉を返せないでいた。 そしてゴウ。 ゴウ 「何か嫌なんだよな、星って」 旗に刻まれている星を見るゴウ。 6人が想い描くアフリカは野生の王国。 しかし船の上から見るアフリカは意外と都会。 灼熱の国、モロッコに到着。 星のマークの旗はモロッコの国旗だった。 フェリーを降りラブワゴンと再会。 ところがモロッコで急遽用意したラブワゴンは紫。 モロッコ人が想像するピンクは薄かった。 ドライバーアブドさんと合流。 旅の資金一人一日1000円を渡される。 モロッコの旅はを目指し南下することに。 新たな恋を求めラブワゴンは走り始めた。 しかし気温42度の暑さ。 そして険しい道に突入。 ラブワゴンも揺れる。 ゴウに心境の変化か? ようやくタンジェの街に到着。 ここは様々な国の人が行き交う。 その時、突然逃げ惑う人たち。 ここで開かれていた不法の警察の摘発だった。 6人は恐怖におびえる。 そんな中ゴウ だけは違っていた 「行こう、行こう。 後ろから見守っときます」 ゴウ の中で何かが変わり始めていた。 こんな旅ってもう一生できないじゃん。 長き旅と辛い別れの記憶が彼をたくましく成長させていた。 しかしそんなゴウ のひたむきな姿が皮肉にも避けられない恋の波乱を呼ぶことに。 ゴウに想いを寄せるエリとユウコ タンジェの街でホテル発見。 一人一泊400円と格安。 街へ繰り出す一行。 その時ゴウ のの鼻緒が切れた。 するとエリ が一生懸命新しいサンダルを探す。 そしてエリ はサンダルを見つけた。 必死で値段交渉するエリ。 値切り成功で自分の事のように喜ぶエリ。 自分はゴウ ちゃんの心の傷が癒えるまで待ってるつもりです。 ユウコには実はこんな思いがあった。 しかし闘牛場でエリ が真っ先に手当てをした事からユウコは何もできずにいた。 その夜ユウコはある決意を固めた。 ユウコ「やっぱり私はゴウ ちゃんの事が好きなんだなって。 だから私う一度頑張ろうって」 ついにユウコが宣戦布告。 ゴウ をめぐる二人の女のバトル。 未だ心の傷の癒えぬ彼の心を開くのはユウコかそれともエリ か。 ainorifan.

次の

あいのりアフリカンジャーニー18話ネタバレ!ジェノべがあおにゃんにロックオン

あいのり ネタバレ アフリカ 18

しかもハスキーは甘えられないのを悩んでいるからね。 でもハスキーは私に頼っていいからね!とわざとおちゃらけてしまいます。 つい笑いを取ろうとするハスキー。 真剣な雰囲気だとつい冗談を言ってしまうんだろうなあ、、、 でもこの日のハスキはー、アフリカンジャーニー来て初めてきゅんとはしましたとコメント! ヒデでもジェノベでもきゅんとはしなかったみたいだねw ついに登山当日!ヒデがみんなを助ける 一日目はみんなまだ笑顔です。 そしてヒデはつねにみんなの様子を気にかけます。 こういうところかっこいいよね。 ヒデの想いは、7人で頂上に行きたいということ。 昔は自分も登れなかったから、またチャレンジするのって勇気いるだろうなあ。。。。 一日目は笑顔で全員クリア 二日目はJOYくんがハスキーをリード! 二日目は12キロを8時間かけて登ります。 JOYくんがハスキーに積極的に声をかけます。 「もうすぐだ 頑張れ」とか、ハスキーが足を痛そうにしていたら、「俺に任せろ」と、マッサージ。 ハスキーをリードしようと頑張っています。 足取りが重くなるゆいなに対しては、シュウマイがなんとゆいなの荷物を持ってあげる。 そしてジェノベはあおにゃんをエスコート。 家族の話で盛り上がります。 いいやつ。。。。 !! 四日目の朝ヒデがJOYくんを呼び出し 山小屋にヒデがJOYくんを呼び出します。 そして元気のないJOYくんの悩みを聞きます。 ジェノベと比べて落ち込んでいるJOYくんに、ジェノベにはなれないし、なる必要はない、JOYくんは魅力であふれているから、そのまんま出していいんじゃないとアドバイス。 それでJOYくんが人と自分を比べるのはやめよう、と吹っ切れます。 4000メートルを超えた登山も、JOYくんがハスキーの手を取ったり、いい感じです。 そして上に登るにつれ、ますます険しくなって行きます。。 あいのりアフリカンジャーニー19話の口コミ感想! てか、今テラハより断然あいのりの方がおもろいねんけど、誰か共感してくれる人おらん?(笑) あいのり本間にジェノべおもろすぎやねんけど。 w声出して笑ってまうとこ結構あるねんなぁ。

次の

あいのりアフリカンジャーニー18話ネタバレ!ジェノべがあおにゃんにロックオン

あいのり ネタバレ アフリカ 18

みどころ 前回、ジェノベとあおにゃんが新メンバーとして加わり、新たな恋が動き始めた。 そんな中、すれ違いの繰り返しでヒデとハスキーの関係が壊れてしまうのであった。 第17話は、ハスキーに惹かれるジェノベが動き出すのだが、ある事件をきっかけに違う方向へ向かってしまうのだった。 あいのりアフリカンジャーニー・第17話「あなたが私にくれたもの」ネタバレ感想 あいのりアフリカンジャーニー・第17話は、タンザニア北部のアルーシャに到着し、女性メンバーが男性メンバーを指名するところからスタート。 あおにゃんはヒデ、ハスキーはジェノベを誘う。 社長同士 あおにゃんとヒデはお互いに社長ということもあり、話が合う様子。 ヒデと一緒に相席喫茶に入り、 バケツに入ったキリマンジャロコーヒーをあおにゃんが普通に飲むのは意外でした。 2人は共通点である経営について、話をしていたので恋愛というより、まだ仕事の相談という感じにも見えましたね。 — あいのり African Journey AinoriJP ハスキーはJOYくんではなく、ジェノベを選ぶ。 そんなハスキーに対して、今日一発目にしゃべろうと思っていたことを伝え、続けて、ハスキーへの胸キュンポイントを話し始めるジェノベ。 ジェノベの胸キュンポイント 車で移動している時にトイレのことをずっとハスキーが心配してくれてたこと。 さらに、 この旅で好きな人はできなかったのか尋ねられたハスキーは、いなかったと答えるのであった。 なんかジェノベに知られたくなくて言わなかったって感じじゃない気もするんだけどな…。 その後、ジェノベとハスキーとJOYくんの三人で食事をすることに。 そこで、JOYくんは ハスキーとジェノベが同じブレスレットをしていることに気づき、何もしゃべれず落ち込んでしまう。 同じブレスレットを身に付けるってことは、ハスキーもジェノベと真剣に向き合おうとしているのかもしれないですね。 でも何となく、ヒデに戻りそうな感じもするんだけどな…。 母を尊敬するジェノベ その晩、ハスキーを呼び出したジェノベは 「一番星のように一番光っといてよ」と伝え、自分の母親のエピソードを語り始める。 プレゼント仮説 オスがメスにアピールする方法のひとつとし、食料を他のところから運んできて、メスにあげるという戦略。 そのためにも二本足で立ち、手に食料をもって歩く必要があったといわれている。 この頃から男性は女性のために何かをしていたんですね。 そして、 愛する人のために何かをしてあげるという行動が自分自身の成長にもつながることを学んだあいのりメンバー。 その日の夕方、ハスキーを呼び出したJOYくんは、 明日のピクニックで食べるお弁当を一緒に作ることを提案し、一緒に買い出しに出かける。 ジェノベのおかげでJOYくんが積極的になっていい方向に進んでいるような気がしますね。 苦戦しながらも、買い物を済ませお弁当を完成させる二人。 しかし、この日のハスキーの日記には 「異性としてドキドキはない」と…。 ンゴロンゴロ自然保護区でピクニック 翌日、ラブワゴンに乗ってンゴロンゴロ自然保護区に出かけたあいのりメンバーは、たくさんの動物を目の前にし大興奮。 ヒデの体調を気遣い、座席を変わり、車内も静かにすることを決めたメンバーたち。 だが、しばらくすると ハスキーとしゅうまいが騒ぎ始めるのであった。 そんな様子を見ていた ジェノベは、ハスキーの行動が許せず、恋が冷めてしまうのであった。 ジェノベが怒る気持ちもわかります。 みんなで約束したのにあそこまで騒いじゃうのはどうなのって感じだし、静かにできないなら最初から約束するなよって思っちゃう。 あいのりアフリカンジャーニー・第18話の予告 あいのりアフリカンジャーニー・第18話は、ヒデとあおにゃん、そんなあおにゃんを狙うジェノベ。 さらにハスキーの目に涙が…。 🔊次回の は...

次の