お悔やみ メール 友人。 お悔やみの言葉 メール】友人・友達・例文・文例・返信・親戚・ペット・ママ友

お悔やみメールを友人に送る際のポイント4つ&文例5選

お悔やみ メール 友人

スポンサーリンク お悔やみの言葉をラインで友人に伝える際のマナーとは? 以下では、お悔やみの言葉をラインで友人に伝える際のマナーについて見ていきたいと思います。 これはラインで伝える際も直接伝える場合も同じです。 お悔やみの言葉「このたびは、心よりお悔やみ申し上げます。 」というのが一般的な表現であり、たとえ親しい友人であっても、お悔やみの言葉を伝える時は改まった言い方で伝えましょう。 お悔やみの言葉を伝える時は、死や苦しみなど生死にかかわる言葉や不吉な言葉、重ねる言葉や繰り返す言葉など、忌み言葉を使わないように気をつけましょう。 主な忌み言葉は、重ね言葉や繰り返す言葉である「再び、重ね重ね、ますます、追って」 生死にかかわる言葉である「死、死去、急死」 不吉な言葉である「苦しみ、浮かばれない、消える」などとなっています。 不幸があったばかりの友人には、負担をかけない配慮が必要です。 亡くなった理由を聞いたり、詮索したりする内容のメールはマナー違反と言えます。 またラインなどでは返事を求めるような文面や、自分の気持ちを一方的に伝えるような文面は避けるようにしましょう。 返信の負担をかけたくない時は、最後に「返信不要」の旨を伝える言葉を添えるようにすると良いかもしれませんね。 そもそもお悔やみの言葉をラインで伝えてもよいの? 日常的にメールなどでやり取りをしている間柄であれば、お悔やみの言葉も普段使っているメールやラインで送ることは問題ないといえます。 逆に遠慮して何もしないより、メッセージを送った方が相手に追悼の気持ちやねぎらいの素直な気持ちを伝えることができるでしょう。 さらにラインには相手の都合のよい時に確認してもらえるため、電話よりも相手に負担をかけないメリットもあります。 友人へのお悔やみメールの文例をご紹介 ここでは、お悔やみメールの文例を紹介していきたいと思います。 ぜひ参考にしてみてくださいね。 なおメールの件名は、内容がすぐにわかるよう「お悔やみ申し上げます」などとするとよいでしょう。 文例1 「このたびはお父様のご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。 無理をされていないか心配しています。 私にできることがあればいつでも連絡してくださいね。 ご冥福をお祈りいたします。 」 文例2 「お母様のご逝去の報に接し、悲しい思いでいっぱいです。 安らかにご永眠されますよう、お祈りしております。 なお、返信は不要です。 」 文例3 「突然の訃報に接し、驚きと悲しみでいっぱいです。 すぐにでも最後のお別れに駆けつけなければならないのですが、参列できず残念です。 心よりご冥福をお祈りいたします。 何かできることがあればすぐに連絡してください。 』 文例4 「悲しみいかばかりかと察しています。 お父様の在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします」.

次の

LINE(ライン)で「お悔やみ申し上げます」は失礼?伝える際のマナー

お悔やみ メール 友人

もくじ• お悔やみのメールとは お悔やみの言葉とは、故人の死を悼み悲しむ気持ちをこめて述べる言葉をさします。 それをメールで送るのは、あくまでマナー上は正式なものではありません。 通常であれば、訃報を知らせる連絡を受けたとき、通夜や告別式の日時・宗派などをまず確認します。 そして、故人や遺族との付き合いの深さによって、すぐに駆け付けたり葬儀に参加をしたりします。 どうしても通夜や告別式に参列できない場合は、お悔やみの手紙を添えて香典を郵送するのが通常です。 参考記事: お悔やみメールのメリット マナー上正式なものではないとしても、メールはメッセージをすぐに送れるメリットがあり、日頃からメールで連絡を取るような親しい間柄の人にとっては心に寄り添うメッセージになりえます。 加えて、読み手が都合のよいときに読めるという大きなメリットがあり、バタバタしているときに手を取らせるようなことがありません。 葬儀などの進行を邪魔しないというメリットがあります。 もうひとつのメリットは、「単なるお悔やみの言葉だけでなくねぎらいの言葉をかけたいとき」に、使いやすいという特長があります。 遺族や親族・親戚に「大変でしたね」とねぎらうときにも使いやすいのです。 メール本文の注意点 メールは文字の羅列になってしまい、手紙と違ってそこに込められた感情が伝わりにくいという特徴があります。 そのため、失礼にならないように、 普段より丁寧めの言葉づかいを意識して書くようにしましょう。 また、だらだらと長く書きすぎると読みにくくなりますので、 要点を絞ってシンプルに書くとよいでしょう。 お悔やみメールで使ってはいけない「忌み言葉」 お悔やみに関する忌み言葉(いみことば; 避けるべき言葉)には、次のようなものがあります。 これらは 「不幸がまた起きる」ことを連想させてしまいます。 ついつい使ってしまうような言葉ですので、意識して使わないように十分注意しましょう。 その他の禁句 高齢の方の逝去について、「天寿を全う(まっとう)」という表現をするのは禁物です。 よく聞く表現ですが、「天寿を全う」「年齢に不足がない」は遺族側が諦めるために使う表現です。 こちらから言うものではないので注意が必要です。 絵文字は特に注意が必要で、携帯電話・スマホからパソコンに送ったときは、パソコン側で絵文字に対応するものがなく「文字化け」して何が書いてあったのかわからなくなることがあります。 たとえばスマホでは笑顔の絵文字を送っても、パソコン側では「・」という表示に変換されることがあります。 パソコン側は絵文字にほとんど対応していませんので、絵文字は極力使わない方が無難と言えるでしょう。 たとえば笑顔のマークの顔つきが少し異なる、まったく表示されない絵文字がある…などです。 件名: 「(自分の名前)より>お悔やみ申し上げます」 本文: 奥様のご逝去を知り、驚いています。 遠方のためお悔やみにも伺えず、申し訳ありません。 きちんと食事を取っていますか? 今はまだ辛いと思うけど、子供達のこと、自分のことを考えて、 くれぐれも身体をいたわって下さい。 何かあったらいつでも連絡下さい。 お悔やみメールを友人に送るときのまとめ 友人からの訃報がメールで届いた場合は、次のポイントを守ってメールでお悔やみの気持ちを表現しましょう。 ・件名は概要がわかる簡潔なものをつける。 ・本文は丁寧な言葉づかいでシンプルに書く。 ・忌み言葉は避ける。 ・機種依存文字の使用を避ける。 メールでは軽い感じになってしまい、電話をかけようかと悩むこともありますが、メールの最大のメリットは「読み手が都合のよいときに読める」ことにあります。 通夜や葬儀などでバタバタしているときは、そもそも電話に出られませんし、出られたとしても気持ちが落ち着いていない場合が多いです。 そんなときはメールが重宝しますので、ぜひポイントを守って送ってみてくださいね。

次の

お悔やみメールの文例13選!友人・同僚等からの訃報連絡への返信方法は?

お悔やみ メール 友人

友人かline(ライン)で、両親や祖父母が亡くなった…。 というメッセージをもらった時あなたはどんな風に返信しますか? 普通のメッセージと違って誰かが亡くなったことのメールは、どんな風に友人に送っていいか悩んでしまいます。 『失礼なことは送れない。 』 『マナーはわかるけど、固すぎる言葉ばかり使うのも違和感がある。 』 『既読になっているから、早く返信しないと…。 』 とても大事な内容なんだけど、焦った経験が私にはあります。 私の場合は、友人の父親が亡くなった時、祖父母が亡くなった時 line(ライン)でその知らせを教えてくれました。 その時、どんな風に返信したのか? ここでは、そんなお悔みメール(line(ライン))についてを書いています。 そもそも、line(ライン)がお悔みメールってありなのでしょうか? 目次• お悔みメッセージをline(ライン)って失礼? お悔みメールをline(ライン)で送る。 ありなのだろうか? 私の中ではそもそも、line(ライン)自体が気軽にメッセージを送るイメージがあります。 コミュニケーションの幅を広げるのにはとても使いやすいツールではありますが、お悔みメールに向いているか? といったら向いていない気がします。 しかし、 現代はline(ライン)=メールという感覚も定着していて、 『line(ライン)以外何で友達と連絡をとるの?』 と言った感じになっています。 大事なのは、お悔みをline(ライン)で伝えるかどうかではなく、その後のお悔みline(ライン)だったり、対応が大事なんじゃないか!? って感じます。 (友人の時に限り) 友達自身も身内が亡くなったことをline(ライン)で知らせてきているのだから、返信もラインで良いはずです。 お悔みline(ライン)の言葉どう返信する? 問題はline(ライン)でどうお悔み言葉を返信するか?です…。 友人に一般的なお悔み言葉を使うのは、なんか固すぎるし、身内が亡くなっているのに、普通にメールしても良いのか? と色々考えてしまいますよね…。 お悔みline(ライン)を送る時に、こんなふうに悩みませんでしたか? ・この度はご愁傷様でした。 ・心よりお悔み申し上げます。 ・ご冥福をお祈りいたします。 などです。 親類とか会社の上司なら、一般的なお悔み言葉も違和感ないですが、友達に使うとなんとなく固すぎて違和感があります。 礼儀正しすぎるお悔みメールは、送られた側の友人もかえって心の距離を感じてしまうかもしれません。 友人から敬語とか使われると、なんか心の距離を感じたことはありませんか? 私は友人から敬語を使われると、ドキッとしたことがありますよ…。 『なぜ敬語!?って…』 礼儀正しすぎるお悔み言葉は王道で、間違いないですが、距離を感じさせないお悔み言葉があるといいですよね。 距離を感じさせないお悔み言葉って? じゃあ、距離感を感じさせないお悔み言葉って何なんだろう…。 一般的なお悔み言葉を使わなくても、相手を気遣う、相手の気持ちに共感した。 という事を友人に伝えられたら、それが一番のお悔み言葉だと私は思います。 こんな言葉を使いました。 ・長文 ・故人の死因などを聞く ・返信が必要な内容 長文 友人はお通夜やお葬式などでバタバタしているかもしれません。 長文だと、メッセージを読むことに時間がかかるし、お悔みのメッセージには適しません。 故人の死因などを聞く 『おばあちゃんは何でなくなったの?病気?それとも…。 』 友人が、身内が何で亡くなったのか話すのはいいのですが、あえてこちら側からは聞きません。 返信が必要な内容 色々聞きたいこともあるかもしれませんが、お悔みメッセージは返信不要な内容で送るのが良いです。 大変な時なので、友人の時間をメールの返信で奪わないようにしたいという心遣いから。 お悔みをline(ライン)やメールで送る時の例文 お悔み言葉の例文紹介です。 亡くなった人が、祖父母、両親、兄妹などでまた、お悔み言葉が変わってくると感じます。 私は、福祉関係の仕事をしていて仕事がら研修でこんな言葉を教えてもらいました。 例文7: この度はご愁傷様でした。 なんと言葉にしていいかわかりません。 落ち着いたら、今度仏壇へお参りさせてね。 続いて、お悔みメール(line(ライン))をもらった後の対応です。 友人の身内の葬儀は『出る? 』、『出ない?』 友人からline(ライン)で身内の不幸の知らせがあった場合。 line(ライン)の返信だけでは終わらせず、友人へ香典を持っていたこともあります。 そもそも、友人との関係が浅いのに身内の不幸をわざわざ伝える人はいないと思います。 私の時は、小・中の友人が身内の不幸を教えてくれました。 友達の家族とも顔見知りだったので、関係も深い方。 友人も身内の不幸を伝える相手を選んでラインを送っているはずです。 通夜又は葬儀に出たのはこんな場合。 両親の場合 友人の両親が亡くなった場合は、 通夜か葬式、または両方参列します。 実際、小学の友人の父親が亡くなり他の友人と相談して通夜に参列しました。 もし、通夜や葬式も出れない場合は通夜が行われるその前に、香典をもってお祈りにいきました。 遠方にいる場合は、香典を郵送または、自分の両親から持って行ってもらって、自分が帰省した時に、仏壇に参りにいく。 ということもありました。 最後に line(ライン)を使っての友人の身内の不幸の知らせ。 普段気軽に使っているline(ライン)だからこそ、お悔みメールで利用するのは不適切な感じもします。 しかし、line(ライン)を使わなかったら何で友人と連絡をとるべき!? と感じるし、電話をかけるとかえってダイレクトすぎて伝える相手に気を遣わせてしまう。 親類や会社の上司ならともかく、友人ならline(ライン)を使うお悔みメールも有りだと感じます。 ただ、その後の友人への対応が一番大事です。 それは、お悔みメールの返信する内容や葬儀まで参列するかどうか? ということです。 友人の心境を考えるとやっぱり軽率な対応は出来ないですよね…。

次の