群馬 県 コロナ ウイルス 感染 者。 『群馬県』コロナウイルス感染者の経緯や行動は?保育所の場所はどこ?|ブログと育つ

新型コロナウイルス感染症の市内発生状況|健康・健診|安中市

群馬 県 コロナ ウイルス 感染 者

集団感染が特異な数値を示しているので、県内全体の感染者動向を把握し難くしていますが、集団感染者数を除いたケースをグラフ化すると、多少の傾向を掴むことができます。 下記に県内全体と、伊勢崎市の高齢者施設を除いた2ケースについて、日ごとの感染者数グラフを示しますが、県全体では4月12日頃をピークに微減しているようです。 ただ、東京都のように増減傾向が把握し難い例もあること、また、ここ10日間ほどは群馬県内においても散発事例が増えていることから、微減傾向が続く保証はありません。 当面の課題は、ゴールデンウィーク中の人との交流をいかに自粛できるかでしょう。 その 約半数の64人が伊勢崎市内の高齢者施設の集団感染とその関係者です。 各グループごとの感染期間を調べると、4月21日時点で感染者が発生し続けている伊勢崎市の高齢者施設と沼田市の総合病院を除くと、 短いところで3日間、長いところで13日間となっています。 千葉県の4月21日時点の感染者数は730人ですが、その内、支援施設での集団感染者が117名です。 一方、茨城県の4月21日時点の感染者数は146人ですが、その内、千葉県の集団感染者が通所する施設で集団感染が発生しています。 他の都府県については調べていませんが、群馬、千葉、茨城と、集団感染者が多くを占めること、集団感染の怖さを知る思いです。 余談ですが、群馬県ウェブではグループ別(施設や会社等)の一覧表を閲覧できますが、千葉県、茨城県はそれと同等の資料が見つかりません。 感染経路を知るうえで、グループ別分類は重要なので知りたいところです。 (見つけ切らないだけかも知れませんが) 以下に、 群馬県内のグループ別発生期間と 全県の日ごとの推移をグラフで示します。 なお、前回(4月16日)には、感染者の居住地が全て判明していましたが、今回は4月20日、21日の感染者について管轄保健所のみの記載だったので、自治体別感染者推移はグラフ化していません。

次の

群馬コロナウイルスの受け入れ病院はどこ?感染経路や感染者の職種などについても

群馬 県 コロナ ウイルス 感染 者

目次 こんなことがわかります• 群馬コロナウイルスの受け入れ病院はどこ? 3月7日、群馬県内で確認されたコロナウイルス感染者に関して、山本知事が発表した内容によると感染者は太田市に住む40代の保育士女性とのこと。 現在は「県内の医療機関」に入院しているそうです。 どの医療機関なのでしょうか。 群馬県は、太田市に住む40代の保育士女性が、新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表しました。 群馬県で感染者が確認されたのはこれが初めてで、県によりますと、県内の医療機関に入院していて重症だということです。 引用元:NHK NEWS WEB 山本知事の発表によると、医療機関名は公表されていません。 ただ、コロナウイルス患者を受け入れられる県内の医療機関はあらかじめ厚生労働省で定められており、以下のいずれかの病院と考えられます。 まず群馬県内には 「特定感染症指定医療機関」はありませんが 全国4箇所のみ 、 他に「第一種感染症指定医療機関」が1箇所と「第二種感染症指定医療機関」が11箇所あります。 ・2月27日:勤務中に体調不良を感じる ・2月29日:38度の発熱があり、 1つ目の医療機関でインフルエンザ検査を受け陰性 ・3月3日: 2つ目の医療機関を受診。 せきや息苦しさが続く。 ・3月6日: 2つ目の医療機関で再受診の上、レントゲン検査で肺炎と診断され、 3つ目の感染症指定医療機関に転院する。 ・3月7日:県衛生環境研究所のPCRと呼ばれる遺伝子レベルの検査でコロナウイルスへの感染が確認される。 感染者の職種や症状について 山本知事の発表では感染者の職業などは「太田市に住み、同じ市内の保育士に勤務する40代の保育士女性」とのことがわかっています。 ただ、保育園の名前などは公開されていません。 ・太田市在住 ・40代女性 ・市内の保育園勤務の保育士 なお、女性の現在の症状は「重症」であるとのこと。 「重篤」ではないようですが症状は重いということがわかります。 女性は2月末から体調不良を感じ、途中38度の熱やせきや息苦しさなどが出て肺炎と診断され、現在の症状となった様子です。 女性はこの間、3日にわたってマスクをしたり、早退したりして勤務していて、県は現在、保育所に通っている子どもや同僚、それに同居している家族などの体調に、異常がないかどうか調べています。 県によりますと、女性に海外への渡航歴はなく、体調不良を感じて以降、公共交通機関は使っていないということです。 感染経路は? 今回感染された女性の「感染経路」が気になりますが、現段階では特定されていません。 保育園に勤務していたということですが、勤務以外の細かい行動履歴などは公開されておらず、現段階ではまだ調査中のようです。 保育園関係者や子供達などには現在、県が体調に異常がないか等を調べているようですので、関係者には連絡が行っているものと思われます。

次の

群馬コロナウイルスの受け入れ病院はどこ?感染経路や感染者の職種などについても

群馬 県 コロナ ウイルス 感染 者

スポンサードリンク コロナウイルス群馬県の受け入れ病院はどこ? 厚労省は、 新型肺炎を重症急性呼吸器症候群(SARS)やMERSと同様、同法上の 2類感染症相当とみなし、自治体による入院措置や就業制限を可能とするほか、患者を見つけた医師に報告義務を課す。 入院中の治療費は公費で負担する。 スポンサードリンク コロナウイルス群馬県の受け入れ病院はどこ?新型肺炎感染者搬送先まとめ 今回は、今回は、 コロナウィルス感染者の搬送先となる群馬県の受け入れ病院はどこ?についてをお伝えしました。 新型肺炎コロナウイルスは第二種感染症指定医療機関での治療となり感染症病床が設けられている病院になります。 群馬県の新型肺炎コロナウイルス治療の受け入れ先病院は、• 前橋赤十字病院 6床• 独立行政法人国立病院機構 渋川医療センター 4床• 伊勢崎市民病院 4床• 独立行政法人国立病院機構 高崎総合医療センター 6床• 公立藤岡総合病院 4床• 公立富岡総合病院 4床• 原町赤十字病院 4床• 独立行政法人国立病院機構 沼田病院 4床• SUBARU健康保険組合 太田記念病院 4床• 公立館林厚生病院 6床• 桐生厚生総合病院 4床 以上の11か所の病院となります。 群馬県の新型肺炎コロナウイルス感染者の受け入れ先病院は11か所あり、 感染症病床数は11か所の病院で計50 床あります。 各、搬送先の病院ごとに4~6床の感染症病床が設けられています。 新型肺炎コロナウイルスに感染された方の回復と感染の広がりが収まり終息することを願っています。 1人1人が新型肺炎コロナウイルスへのに努めていきたいですね。

次の