鼻が利く 類語。 「鼻が高い」とは?意味や使い方を解説

鼻が利くとは

鼻が利く 類語

「融通」には複数の意味が存在します。 物事に柔軟に対応し的確な処理を行うこと• 金銭の流通をすること。 金銭をお互いの間でやりくりすること• 融けあって滞りなく通ずること 「融通が利く」は、 1の意味です。 2の意味で使う場合は、「金銭を融通する」という使い方をします。 また3の意味は、「融通」の語源である仏教用語の 「(ゆうずうむげ)」の意味を色濃く残しています。 「融通無碍」とは、 「行動や考え方が何にもとらわれずに自由気ままであること」という意味があります。 パナソニックの創業者である「松下幸之助氏」は、「弁慶と牛若丸」の話を題材にし、「素直な心を持てばどんな困難も融通無碍に対処することが出来る」と教えました。 「機転が利く」とは、「物事に応じて咄嗟に心が働くこと」という意味です。 機転が利く人というのは、「状況に応じて素早く適切な対応が出来る人」のことを指します。 機転にはもう1つ「気転」という漢字を当てることがありますが、一般的には「機転が利く」と表記されます。 「機転が利く」と同意の四字熟語として「」という言葉があります。 合わせて覚えておくと役に立つでしょう。 【例文】• 度重なる注文によって工場はてんやわんやしていたが、 機転が利く社員のおかげでこの危機を乗り切った。 彼はとても 機転が利く人間だからどんな困難にあっても乗り越えていくだろう。 彼女は社内でも 機転が利く社員として有名で、上司からの信頼も厚い。 「物分かりが良い」とは、「事情・状況、人の立場などを理解することに長けていること」という意味です。 本来であれば「物分かりの良い人」とは、「融通の利く人」同様に重宝される人物を表すのですが、現代では少し違ったイメージを持たれているようです。 もちろん、本来の意味で使う人もいますが、物分かりが良いのは「自分を良く見せたい・自分のことを良く思ってもらいたい」という気持ちの表れであると解釈される傾向が強くなっています。 悪く言うと「変化を恐れ一歩を踏み出せない人」のことを指します。 【例文】• 彼女はとても 物分かりの良い人間で、全てを伝える前にある程度の状況を把握してくれる。 今日出会った幼稚園児は、その年齢には似つかわしくないほどに 物分かりが良く、お母さんの言うことを聞き、行儀よくしていた。 彼は 物分かりが良いのが特長なのだが、会話をしていると本当はどう思っているか、時々聞きたくなる。

次の

「融通」の意味は?「融通が利く」「融通する」の使い方も解説!

鼻が利く 類語

「鼻が高い」 「鼻が高い」は 「はながたかい」と読む言葉です。 「あの人は顔の彫りが深く鼻も高くて羨ましい」というように使われることもありますが、人のことを誇りに思うといった気持ちを表現する時に使われる言葉の代表としても知られています。 後者の意味で使われる場合は、 「鼻高々 はなたかだか 」と表現されることもあります。 「鼻が高い」の意味 「鼻が高い」という言葉には、 「自慢に思う」、 「誇らしく思う」、 「得意に思う」といった意味があります。 「鼻」は、顔にあるパーツの1つで、呼吸したり、匂いを嗅いだりする時に使われますが、この体の一部である 「鼻」は、意外に多くの慣用句に使われています。 「鼻が利く」、 「鼻であしらう」、 「鼻で笑う」、 「鼻に付く」、 「鼻にかける」、 「鼻を明かす」 「鼻を折る」などは、その中のごく一部です。 「鼻」には、得意がる気持ちや、相手を見下した態度を表す時に使われていることに気付きます。 「鼻であしらう」は、相手を雑に扱って取り合わない様子を表し、 「鼻で笑う」には相手を見下して笑うという意味があります。 又、 「鼻にかける」は、自慢するという意味を持っていますが、それを快く思わない時に使われる言葉です。 「鼻が高い」の言葉の使い方 自慢に思う、得意に思うという言葉を持つ 「鼻が高い」は、 「出来の良い息子を持って鼻が高い」や、 「好成績を残せて鼻が高い」、 「妻は、誰もが振り返るような美人で鼻が高い」のように、肯定的な文章で使われることが多いといえるでしょう。 これらを、鼻が高いと思っている人のことを快く思わない人の目線で表現すると、 「出来の良い息子を持っていると自慢しているのが鼻に付く」、 「好成績を残して得意げな態度をとっている様子が鼻に付く」、 「美人な奥さんを自慢するのが鼻に付く」のようになります。 「鼻に付く」というのは、否定的な表現に使われる言葉なのです。 「鼻が高い」を使った例文・短文 解釈 「鼻が高い」という言葉の意味や使い方を説明してきましたが、この項では、 「鼻が高い」を使った例文をご紹介しましょう。 「鼻が高い」の例文1 「娘は、人の手助けになることがしたいといって、心理学の勉強をし、今は、大きな災害に遭った人の心をケアする活動をしています。 そんな心優しい娘に育ってくれて、親としてとても鼻が高いのです」 この文章は、他人のために尽くすことができる優しい娘を自慢に思っています。 ということを表現しています。 人のために身を粉にして何かをするという行動は、誰にでも真似できることではありませんので、自慢の娘であると思うでしょう。 「鼻が高い」の例文2 「私が運営している絵画スクールの生徒が、名のある絵画展に作品を出品して大賞を受賞しました。 生徒がそのような名誉ある賞を受賞して、鼻を高くしています」 この文章は、絵画スクールに通う自分の生徒が、大きな賞を獲ったことを自慢に思っています。 ということを表現しています。 生徒が持っている才能を伸ばす指導が出来た結果、素晴らしい作品が生まれたということですから、指導者が自慢に思うのは自然なことなのです。 「鼻が高い」の例文3 「オリンピックで金メダルを獲って、鼻が高いと嬉しそうに語っていた彼の表情が今でも忘れられません」 この文章は、オリンピックで金メダルを獲ったことを誇りに思うと言って、嬉しそうに話していた選手の表情が忘れられない、ということを表しています。 並々ならない努力を重ねた結果、誇りある金メダルを獲ることができたのですから、言葉では言い尽くせない喜びが滲み出た表情をしていたのでしょう。 そういう時の表情というのは、見る人の心に響くもので、強く記憶に残るのでしょう。

次の

「効く」と「利く」

鼻が利く 類語

「実は、T社の課長のご機嫌を損ねてしまったみたいなんです…。 何に怒っているかもわからないんで旧知の仲である部長から口をきいてもらえないですか…」 と、こんな会話が聞こえてきました。 お調子者とみんなから言われているYさん、やってしまったみたいですね。 ところで、Yさんはちゃんと「口を利く」の意味をわかって使っているのかな? なんだか、「僕のかわりに謝ってください…」っていう雰囲気に聞こえちゃうんだけど。 確か「間に入ってください…」そんなニュアンスだったので?と気になったので、早速調べてみることにしました。 知ってるようで間違えて覚えてる言葉は意外に多いもの。 もしも、仕事などで間違えて使うと大変なことに・・・。 そうならない為にも、正しい意味や使い方を知るのは凄く大切ですね。 そこで今回は 「口をきく」の意味や語源・使い方を紹介します! では、まずは意味と読み方から。 一緒に見ていきましょう! スポンサーリンク 口を利くの語源・由来とは? さて、こちらの章では「口を利く」の語源の紹介です。 …と、言いたいところなのですが 「口を利く」には語源らしい語源はありません。 単語、ひとつひとつの意味から成り立っている言葉なのです。 ということで、単語ごとに分けて意味を掘り下げて説明していきますね! まずは「口」の意味からです。 動物の消化器系の開口部で、食物を取り入れる器官。 発声にも関係する• 人や物の出入りするところ• 容器の中身を出し入れするところ• 就職や縁組みなどの落ち着く先• 物事を分類したときの、同じ種類に入るものの一つ• 食べ物の好み。 生活のために食料を必要とする人数• ものの言い方• うわさ などなど。 そして、「口を利く」での「口」の意味は、「動物の消化器系の開口部で、食物を取り入れる器官。 発声にも関係する」です。 しかし、これだけだと意味がわかりにくいですね。 そこで、慣用句やことわざお得意の比喩表現が出てきます。 「話す」ために必要なものである、「声」。 「声」は「口」から出ますよね。 「発声にも関係する。 」と意味にも明記されています。 ということで、「話す」ことを「口」と比喩表現しているのです。 では、続いて「利く」の意味です。 本来の機能を十分に発揮する• それをすることが可能• 間に入って、うまくいくように世話をしてあげる• 腕が立つ もう、あなたもおわかりですよね。 「口を利く」での「利く」の意味は、「間に入って、うまくいくように世話をしてあげる」です。 さぁ、意味が出そろったところで合わせると、 「間に入って、うまくいくように世話をしてあげるために話す。 」 となります。 しかし、このままでは日本語として不自然ですから整理して言い回しを変えてみると…• ものごとがうまくいくように、間に入り話をとりもつ• 仲介や斡旋をする となりますね。 言葉を単語にわけることによって、意味を掘り下げて知ることができました。 ちなみに、「利く」を使った言葉は他にもたくさんあります。 :もののよしあしを見分ける能力がある• 鼻がきく:嗅覚が鋭い。 利益になりそうなことを巧みに見つけ出す• : 信用や権力があって相手に便宜をはかってもらうことができる• 気が利く:配慮が行き届いている。 心遣いがある• 幅が利く:勢力や発言力がある。 はぶりがよい 聞き覚えがある言葉ばかりじゃないでしょうか? さて、次の章では「口を利く」の使い方を例文を交えて紹介しますね! 口を利くの使い方・例文! 早速ですが、例文を作っていきましょう。 例文を使って学ぶことで、より使い方を知ることができますよ。 口をきいてくれると言ってくれるママ友。 頼りになりますね。 しかも、自ら言ってくれたなんて良いママ友ですね。 D社との契約、今回の契約を取ることができればD社からの今後の受注数が安定するんだけど… ここは、D社が人望があるといってくださっている T部長にお願いして口をきいてもらうことにしよう! 仕事を成功させるために上司を頼る。 いい方法なんじゃないでしょうか。 しかも、相手が人望があると言ってくださっているなんて最高の秘密兵器ですね! 夏休みを利用して開催される校庭キャンプ。 はたしてうまくいくのでしょうか? どちらかをあきらめることを覚えるのも大事なことだと思いますが… と、こんなふうに「口を利く」は使えます!あなたも、ぜひ使ってくださいね。 スポンサーリンク まとめ いかがでしたか? 「口を利く」の意味や語源・使い方を見てきました。 ことわざや慣用句の得意技のひとつ比喩表現が入った言葉でしたが、英語で表現はできるのでしょうか? 「put in a word,mediate」なんてどうでしょうか?• mediateは「仲介する、調停する」• put in a wordは「言葉をさしはさむ」 という意味です。 「口を利く」と意訳するにはピッタリな言葉ですね、 もちろん、「口を利く」の類語もありますよ。 口利き:仲介・斡旋・紹介などをすること• 口添え:知人に傍らから言葉を添えてもらって、事がうまく運ぶようにとりなすこと• 便宜をはかる:利益になるようなことや、特別な計らいなどを行うこと• 取り計らう: あれこれと考えて、物事をうまく処理すること• 橋渡し:両者の間に入ってとりもつこと。 また、その人 などがあります。 さすがは日本語、たくさんありますね。 これだけあれば場面に応じてニュアンスをかえて、うまく使うことが出来そうですね。 関連記事 一部広告含む•

次の