新型 コロナ 愛知。 愛知)コロナ対策で水道基本料金の無料化 県内20市町 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

芸術家や劇団、将棋教室などに支援 愛知県、総額6億円 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

新型 コロナ 愛知

都道府県別の数字(5月13日午前11時時点)は、東京都31件、北海道14件、大阪府12件の順に多い。 愛知に「着目すべき」 なお、大都市圏の中では愛知が4件に留まっていることについて、赤間部長は「少ないのはなぜかということも、今後行うべき方策・対策の一つのヒントになる」と言及した。 大手自動車メーカーを念頭に置いた自身の分析として、「製造業は愛知県のお家芸。 これまで若干少しマイナスに捉えられていた『系列』という考え方が、今回非常に功を奏したのではないか。 『従業員を守る』にプラスして、今こそ共存共栄といったところで、下請けさんおよび関連する仕入れ先さんに関しても『頑張ろうよ』という『系列』の考え方」が愛知県の状況に影響している可能性があるとして、「着目すべきと考えます」と指摘した。 業界別の動向は 業界別では、下記の順番で倒産件数が多く、この4業種で90パーセントを占めるという。 ・サービス業 53件(うち「ホテル・旅館」34件) ・小売業 41件(うち「飲食店」17件、「アパレル・雑貨小売店」14件) ・卸売業 20件(うち「食品卸」6件) ・製造業14件(うち「食品製造」8件) 負債額が多い倒産企業の中には、リゾートホテル事業、アミューズメント施設運営、雑貨小売、パチンコホール経営などが含まれている。 個別の事情としては、下記の事象などが経営状態に影響を及ぼした。 ・イベント自粛 ・プロスポーツの開幕延期 ・得意先の海外工場の操業停止 ・仕入れ先が、従業員の新型コロナ感染により生産活動を一時停止 ・取引先である小中学校の休校 景気動向指数の落下幅は過去最大 4月の景気動向指数(DI)の落下幅はリーマン・ショックや東日本大震災を上回り、過去最大となっている。 赤間部長は「見通しが立たないという状況です。 多くの施策が実行に移されておりますが、今後この景況感の歯止め、どこで右肩上がりになるか、あるいは水平になるのか非常に課題視される状況にあります」と話した。 また景気DIから分析すると、今後の倒産リスクが高くなる可能性がある業種として「旅館・ホテル」「飲食店」「娯楽サービス」「繊維・繊維製品・服飾品卸売」などを挙げた。 中小企業の事業継続のために 今後については、倒産に加え「廃業」も増加し、雇用情勢に大きな影響が出ることを予想した。 そして、中小企業の事業継続のために、下記の5つポイントを挙げた。

次の

愛知県・市町村新型コロナウイルス感染症対策協力金について

新型 コロナ 愛知

愛知県では、5月26日に愛知県緊急事態宣言を解除するとともに、今後、講じていくべき感染拡大予防対策を「愛知県新型コロナウイルス感染拡大予防対策指針」として定め実施に移しております。 その後、5月31日に開催された東海3県知事によるテレビ会議で、「コロナ社会における観光の再生に向けた愛知・岐阜・三重3県知事共同宣言」が合意され、社会経済圏が深く重なり合う3県間において、観光を含めた人の移動を、全国に先駆け、6月1日から緩和することが決定されたことから、本県の対策指針にこの旨を追記しました。 合わせて、5月29日に「休業協力要請の解除と営業再開・継続時における感染防止対策の徹底について」でお知らせした、愛知県として作成した「感染防止対策リスト」についても追記しております。 新型コロナウイルス感染症について、本県では、5月14日の国の宣言の対象区域の解除後も、感染状況は、国が判断の目安としている新規感染者数を大きく下回り、減少を続けています。 全国的にも、新規感染者数の減少等から、5月21日に関西圏の2府1県が、25日には、残された首都圏1都3県と北海道の緊急事態宣言が解除され、全ての都道府県で、感染拡大防止対策を講じつつ、社会経済活動を再開するための取組が始まっています。 これらの状況を総合的に勘案し、本県においても、「愛知県緊急事態宣言」及び「愛知県緊急事態措置」を解除することといたします。 一方で、断続的に新規感染者が発生するなど、感染症のリスクは、依然として社会生活の場に存在していますので、今後も、社会経済活動を持続的に両立させながら、再度の感染拡大を防止していくことが不可欠であります。 このため、本県では、今後の対策を実施するにあたっての指針として、「愛知県新型コロナウイルス感染拡大予防対策指針」を策定しました。 引き続き、県民の皆様には、3つの密を避けるなど、「新しい生活様式」の実践を、事業者の皆様には、個別施設ごとに、あらゆるリスクに備え、徹底した感染防止対策の実施をお願いします。 なお、「対策指針」を5月27日、以下の正誤表のとおり修正しました。

次の

名古屋市:新型コロナウイルス感染症対策協力金の申請受付について(暮らしの情報)

新型 コロナ 愛知

コロナ社会における観光の再生に向けた愛知・岐阜・三重3県知事共同宣言 5月31日、愛知・岐阜・三重の3県知事は、観光地の早期再生を目指し、コロナ社会における新たな観光産業の構築に向けて、東海3県が連携して取組を進めるとする共同宣言を発出しました。 愛知県緊急事態宣言の解除に際して 県民・事業者の皆様へのメッセージ 5月25日、政府において、緊急事態解除宣言が発出され、全ての都道府県が緊急事態措置を実施すべき区域に該当しないこととなりました。 これを受け、愛知県では、県独自の緊急事態宣言の解除と、県民・事業者の皆様に対し感染防止対策の徹底をお願いするメッセージを発出しました。 営業を継続・再開する事業者の皆様へ 「徹底した感染防止対策」のお願い 愛知県は、県独自の緊急事態宣言に基づき、5月31日まで緊急事態措置を継続しつつ、段階的に社会経済活動のレベルを上げていくため、事業者の皆様への休業要請についても順次、緩和することといたしました。 5月18日、大村知事から営業を継続・再開する事業者の皆様へ、徹底した感染防止対策の実施をお願いするメッセージを発出しました。 国の「緊急事態宣言」解除を受けての愛知・岐阜・三重3県知事共同メッセージ 5月16日、愛知・岐阜・三重の3県知事は、3県の県民・事業者の皆様に向けて、3県はすべて国の「緊急事態宣言」が解除されたものの、他の都道府県に宣言が発令されている間は、3県の県境をまたぐ不要不急の移動を控えることなどを呼び掛ける共同メッセージを発出しました。 県民・事業者の皆様へのメッセージ 5月14日、愛知県は、国における法に基づく緊急事態宣言の対象地域から解除されました。 しかしながら、本県では、引き続き県独自の「愛知県緊急事態宣言」の期間とした5月31日まで、緊急事態措置を継続しつつ、段階的に社会経済活動のレベルを上げていくこととし、県民・事業者の皆様へ引き続きご理解、ご協力をお願いするメッセージを発出しました。 緊急事態宣言の期間延長について 県民・事業者の皆様へのメッセージ 5月4日、政府において、緊急事態宣言の枠組みを5月31日まで延長することが決定されました。 これを受け、愛知県では、第8回愛知県新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催し、県の緊急事態宣言及び緊急事態措置の期間も5月31日まで延長することとし、県民・事業者の皆様へ引き続き感染症対策へのご理解、ご協力をお願いするメッセージを発出しました。 愛知県における新型コロナウイルス感染症対策 愛知県が取り組んでいる新型コロナウイルス感染症対策の概要です。 新型コロナウイルス感染症 愛知県緊急事態宣言 4月10日、新型コロナウイルス感染症に関する全国及び愛知県の感染状況等にかんがみ、その拡大を防止するため、を発出しました。 () 5月31日(日曜日)までの間、「」を実施します。 また、愛知県として当面、取り組む施策を「」として取りまとめました。 【愛知県の感染症発生状況】• 新型コロナウイルス感染症が心配なとき 県内・国内外の情報 愛知県内の情報について• 国内外の発生状況等の情報• その他 外務省から中国、韓国、イタリア、イランの感染症危険情報(一部地域の感染症危険レベルの引き上げ)が発出されています。 感染がさらに拡大する可能性があるので、最新情報を入手し、感染予防に努めてください。 愛知県のLINE公式アカウントと友だちになり、あなたの状態を入力いただくことで、あなたの状態に合わせた、新型コロナウイルスに関する情報をお知らせします。 登録方法は、ページをご覧ください。

次の