プリン 体 の 少ない お 酒。 お酒のプリン体量比較!痛風予防にプリン体はあまり関係ない?!|MFSメディカルフードサービス

ビール・発泡酒・第三のビールの違いと健康的なのはどれか比較

プリン 体 の 少ない お 酒

痛風の指標となる尿酸値は、日頃の生活の仕方によって上昇したり下降したりします。 特に食事の影響は大きく、プリン体やショ糖、果糖、エネルギーの取りすぎは、 痛風のリスクを高めます。 プリン体の取りすぎに注意 「痛風に悪い食事」と聞いて、「プリン体」を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。 プリン体という言葉をテレビや新聞で見る機会が増え、プリン体を取りすぎると尿酸値が上がって痛風のリスクを高めることは、今では広く知られるようになりました。 プリン体は尿酸の原料です。 体内にあるプリン体のうち、食事に由来するものの比率は20%程度と必ずしも高くはありませんが、プリン体と尿酸値の関連が深いことは明確です。 肉類や魚介類は一般的にプリン体を多く含みますが、種類や部位によっては少ないものもあります。 取りすぎを防ぐ場合、プリン体の1日の摂取目安量である400mg以下に留意します。 以下に挙げたプリン体含有量の多い食品を日常的に摂取するような食習慣は、痛風のリスクを高めてしまうので注意が必要です。 食べる量にも目を向けます。 以下は食品100gに含まれるプリン体の量ですが、プリン体が極めて多いとされるレバーや白子、アンコウ肝を100gも食べることはありません。 その一方で、あまり多くないと分類されるものでも、1食に300gも食べればプリン体の摂取量は多くなります。 また干物や干しシイタケのような食品は乾燥重量なので、乾燥する前の状態よりも100gあたりのプリン体が多くなります。 痛風の人は過食傾向があり、必要以上に多くの食事を取っている人が多いのが現状です。 1日に4,000kcalを摂取していた人が摂取量を2,000kcalに減らせば、プリン体の摂取量を半分にすることができます。 痛風の食事療法としては質も大事ですが、それ以上に量が大事です。 食品のプリン体含有量(100gあたり) 出典:高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン第2版 甘いお菓子やジュースの過剰摂取に注意 お菓子やジュースなどの甘いものの取りすぎは、肥満や糖尿病予防の観点から注意が必要です。 しかし実は、痛風のリスクとしても十分注意しなければならない要素の1つです。 甘い食べ物が痛風のリスクを高める お菓子やジュースなどの甘い食べ物や飲み物の取りすぎは、痛風のリスクを引き上げる。 甘いものといえば糖質ですが、糖質にはいくつかの種類があります。 特に痛風のリスクとして問題になるのは果糖です。 文字を見ても分かるように果物に多く含まれる糖質です。 果糖の摂取量が多くなるほど、それに比例して尿酸値が上昇することが分かっています。 エネルギーの取りすぎに注意 糖質の取りすぎとも関係しますが、エネルギーの取りすぎも痛風のリスクとして問題視されています。 近年は、高尿酸血症・痛風の食事療法の主眼がプリン体の摂取制限から総エネルギーの摂取制限に移行しているほどです。 エネルギーの取りすぎは肥満にもつながります。 痛風を発症した人の約60%に肥満が見られます。 また、肥満度と尿酸値は比例関係にあり、肥満度が高いほど尿酸値も高くなります。 アルコールの摂取量が多いほど尿酸値が高くなり、 痛風発作も起こりやすくなることが最近の調査で明らかになっています。 アルコールそのものによる尿酸値の上昇に加えて尿酸の排出抑制作用もあるので、 その影響は侮れません。 すべてのアルコール飲料に尿酸値を高める作用が さまざまあるアルコール飲料の中でも高尿酸血症や痛風において注意すべきはビール、という認識が広まっています。 確かにプリン体含有量の関係などもあり、ビールが特に注意しなければならないアルコール飲料であることに間違いありません。 ただし、ほかのアルコール飲料なら大丈夫と思ったら大間違いです。 種類に関係なくアルコールそのものに尿酸値を高める作用があるため、安心して飲めるアルコール飲料というものは存在しません。 アルコールが尿酸値を高める過程は大きく3つに分かれます。 1つめは、アルコール代謝における尿酸値の上昇です。 アルコールを分解するときにATPが使われ、その代謝の過程で尿酸が作られるのです。 2つめは、尿酸の排せつ阻害です。 アルコールは尿酸を尿中に排出する作用を妨げるように働きます。 アルコールが代謝されるときに作られる乳酸に、尿酸を体内に蓄積させる作用があることも関係しています。 3つめは尿酸の濃縮です。 アルコールには利尿作用(尿を多くする作用)があり、アルコール飲料を飲むと尿酸の排せつを妨げつつ排尿の量は増えるため、結果的に体内に残った尿酸が濃縮されてしまうのです。 特にビールは注意が必要 数あるアルコール飲料の中でもビールに注意する理由の1つは、プリン体を多く含んでいるからです。 ビールの原料であるホップ(大麦の麦芽)にプリン体が多く含まれています。 100ml中のプリン体含有量をアルコールの種類別で見てみましょう、蒸留酒であるウイスキーは0. 1mg、ブランデーは0. 3mg、焼酎(25%)は0. 0mg、梅酒は0. 2mgです。 飲酒が必ずしも推奨されるわけでないものの、これらに含まれるプリン体の量は少なめです。 醸造酒である日本酒は1. 2~1. 5mg、ワインは赤、白とも1. 6mgです。 これに対しビールは、メーカーによって幅がありますが3. 3~8. 4mgと高くなります。 地ビールに限れば4. 6~16. 7mgとさらに高値です。 各種アルコール飲料と比べると、ウイスキーの30~170倍、ワインの2~10倍となります。 ビールのアルコール度数はほかのアルコール飲料に比べて低いことから、1回に飲む量が多くなりがちです。 そのため実際は、ここに挙げた数値の何倍ものプリン体を摂取することがあります。 ビール大瓶1本を飲んだ場合、プリン体をおよそ50mg摂取することになります。 さらにプリン体の多いおつまみを一緒に取れば、1日の摂取量の目安をすぐに超えてしまいます。 このような理由から、飲酒の習慣のある人、特にビール好きの人は痛風発作に陥りやすいのです。 ちなみに、ビールとよく似たアルコール飲料である発泡酒の100mlあたりのプリン体含有量は2. 8~3. 6mg、ホッピーは黒が1. 1mg、黄色が1. 3mgで、ビールよりやや低めです。 また、近年はプリン体含有量を抑えたビールや発泡酒も販売されています。 一方、地ビール並みに含有量が多いのは紹興酒で、7. 7~11. 6mgとなっています。 主なアルコール飲料に含まれるプリン体含有量(100mlあたり) 出典:高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン 第2版 無酸素運動は痛風発作を招く危険がありますが、激しい運動をした後にビールを飲むといった習慣は、その危険性をさらに高めてしまうのです。 痛風・高尿酸血症の中には、何かの病気が影響して尿酸の産生促進や排せつ低下を起こす、 二次的に発症するタイプがあります。 また、別の病気の治療薬が原因になるケースもあります。 腎臓病や血液の病気、悪性腫瘍が原因で発症 病気や症状を引き起こす元になる病気を「基礎疾患」といいます。 痛風・高尿酸血症の基礎疾患には、慢性腎不全などの腎臓病、白血病や骨髄腫、悪性リンパ腫、多血症、溶血性貧血といった血液の病気、がんや肉腫といった悪性腫瘍などが知られています。 痛風や高尿酸血症の元になる主な基礎疾患 がんや悪性リンパ腫、白血病、骨髄腫などの疾患は、痛風や高尿酸血症を引き起こしやすい。 腎臓病の場合、腎機能の低下によって、老廃物や尿酸の排せつ機能が弱まってしまうのが尿酸値上昇の原因です。 白血病や骨髄腫の場合、病気の経過として細胞の破壊が進むため、その過程で尿酸が大量に作られることで尿酸値が上昇します。 血液の病気の場合、悪い細胞を破壊するための薬物治療などがメインとなり、治療の結果、尿酸が産生され尿酸値が上がる面もあります。 がんや肉腫といった悪性腫瘍の場合も、細胞の増殖と破壊が繰り返される過程で尿酸が大量に作られるため、尿酸値が上昇してしまうのです。 遺伝性の病気が関係することも 遺伝性の病気が痛風・高尿酸血症の元になる場合もあります。 例えば、「レッシュ・ナイハン症候群」という病気は主に男性に見られるもので、生まれつき尿酸値を調節する酵素が欠損しているために尿酸値が非常に高くなってしまう病気です。 また、糖の代謝に関連する酵素が生まれつき欠けている「糖原病」も、痛風・高尿酸血症の基礎疾患となりえます。 尿酸値の上昇を伴う遺伝性の病気はほかに、「ホスホリボシルピロリン酸合成酵素亢進(こうしん)症」などがあります。 降圧薬、抗結核薬、消炎鎮痛薬などが影響 尿酸値を高める主な薬には、高血圧の薬(サイアザイド系降圧利尿薬など)、結核の治療に用いられる薬(ピラジナミド、エタンブトールなど)、痛みなどを取る消炎鎮痛薬(サリチル酸など)、体内の余分な水分を排せつさせてむくみなどを改善する利尿薬(フロセミドなど)、喘息治療薬(テオフィリンなど)があります。 また、抗がん剤や免疫抑制剤によって尿酸値が高まることもあります。 頭痛や歯痛などの薬としておなじみのアスピリンも、少量では尿酸値を高めるリスクがあります。 薬以外でも、例えばサプリメントや健康食品に分類されるものの中にも尿酸値を高める作用を持つものがあります。 核酸成分を豊富に含むものは特に注意が必要です。 特定の薬やサプリメントが原因で尿酸値が上がってしまった場合、それらの使用を止めることで尿酸値は元に戻ります。 ただし、基礎疾患の治療目的で使っている薬を自己判断で止めてはいけません。 基礎疾患の治療と、痛風・高尿酸血症の治療を両立させるためにも、主治医とよく相談するようにします。 時には尿酸値を高めにくい薬に変更するなどの工夫をしながら治療に取り組むことが大事です。

次の

焼酎ってプリン体が少ないの?痛風に悪い食べ物って何なの??

プリン 体 の 少ない お 酒

こんにちは。 わっくんです。 お酒を飲まれてる方、特にビールを飲まれている方はよく耳にする言葉かもしれません。 そうです、プリン体です。 今回はプリン体、それにまつわる尿酸値や痛風なんかにフォーカスを当てて、解説していきたいと思います。 プリン体とは? 私たちは 新陳代謝などによって古い細胞から新しい細胞に変わります。 そして、古い細胞が壊されるときに プリン体が出来ます。 そのプリン体は肝臓で分解され、不要な 老廃物は 尿酸となって体外に排出されます。 プリン体は色々な食べ物に含まれている『 うまみ成分』の元になるものです。 食べ物ですと、細胞の数が多いものや、細胞分裂をよくする食品に多いです。 特徴としては、そのものを摂取しなくても、水に溶けるという性質があるので、 出汁なんかにも含まれてしまいます。 うまみといえば、昆布のグルタミン酸、にぼしやかつお節のイノシン酸、しいたけのグアニル酸、などのうまみ成分ですね。 尿酸について 尿酸とは生物の情報( DNA)とエネルギーが分解されたときの 老廃物のことです。 かんたんに言いますと プリン体が分解された時の不要なものになります。 そして、よく耳にする 尿酸値というのは、血液1dl(デシリットル)あたり何mgの尿酸が含まれているかで調べることができます。 ちなみに尿酸値が 7.0dl/mg未満だと正常値になります。 人の尿酸量は常に一定(健康的な成人の男性だと1200mg)に保たれてます。 1日の生産量は700mg、1日の排泄量は700mgほどとなってます。 なので尿酸値が高い人は、 尿酸の生産量を減らす(プリン体を摂らない)こと、 尿酸の排出を増やす(アルコールを控える)ことを心がけなければなりません。 そして、尿酸値が高い状態だと、いずれ痛風になってしまうのです。 痛風とは? 関節に炎症ができる病気です。 尿酸値が高くなると血液に溶けなかった尿酸が結晶となって関節にくっつきます。 このくっついた結晶が関節の中で剥がれ落ちたときに、白血球に攻撃されてしまい炎症を起こします。 足の指の付け根などが赤く腫れあがり、風が吹いただけでも痛いと言われてますよね。 男性の方が多い病気だそうです。 なぜかというと、 女性ホルモンに尿酸の 排泄を促す働きがあるからです。 ただし、閉経後は女性ホルモン量が減るため、注意してください。 痛風の予防策 もしも痛風になってしまった場合、 日々の蓄積の影響が大きいので、生活習慣を変える必要があると思います。 なので、いざ痛風になってからだと、病気の症状と重なってよけいに大変に感じるので、健康のためにもすぐに実践していただけたらと思います。

次の

いも焼酎はプリン体を含まないのに痛風だとなぜ飲めない?

プリン 体 の 少ない お 酒

あなたは、ビール、発泡酒、プリン体糖質ゼロビールの違いを、はっきりと説明することができますか? プリン体糖質ゼロビールは、ゼロだから体にいいと無条件に判断していませんか? ビール、発泡酒、プリン体糖質ゼロビールの違いは、価格や味の違いだけではありません。 それぞれに使われている原材料が異なる以上、あなたの体や健康に与える影響も、大きく異なるんです。 せっかく、アルコールを楽しむなら、体への負担が少ないものを選んで、体も心も健康になりたいですよね。 というわけで、今回はスーパーで販売されている人気のビールを実際に購入し、原材料の違いを比較してみました。 「ゼロイコール健康」と思い込んでいる人もとっては、驚くような情報もあるので、必ずチェックしてくださいね。 ビールと発泡酒の違いは? では、まず基本的なところからおさらいしていきましょう。 ビールと発泡酒の違いは、によると、 いずれも琥珀色をした泡の出るアルコール飲料で、「ビール類」という言葉でくくられることもあります。 この呼び名は、日本の酒税法によってそれぞれの基準が定められたもので、主に原材料の種類や使用比率によって分類されています。 一般的には、麦芽の使用が少なくなると「発泡酒」に分類されますが、国の政令で指定された副原料以外を使うと、麦芽をたっぷり使っていても「発泡酒」の扱いになります。 「新ジャンル」は麦・麦芽以外を原料としたものと、発泡酒にスピリッツなどのアルコール飲料を加えたものに大別できます。 と定義されています。 また、では、 ビールは• ビールで使用可能な原料を発酵させたもの• 発泡性 発泡酒は、• 原料の一部に麦芽または麦を使用• 発泡性 と定義されています。 つまり、ビールと発泡酒の違いは、おおまかにいってしまうと、麦芽の使用割合の違いであり、発泡酒よりもビールの方が使用可能な原料の種類や割合などが厳選された原料によるアルコール飲料という印象を持ちます。 やはり、ビールと発泡酒の価格の違いは、使われている原料の種類や割合の違いでもあるわけですね。 スポンサーリンク 2. プリン体ゼロとは?糖質ゼロとは では、普通の発泡酒とプリン体糖質ゼロビールの違いである「プリン体」、「糖質」とはいったいどんなもので、私たちの体にどんな影響を及ぼすのでしょう。 2-1. プリン体とは プリン体とは、肉、野菜、魚、穀物などほとんどの食品に含まれている成分で、食品のうまみ成分の一種です。 プリン体が多く含まれている食品としては、レバー類、白子、一部の魚介類(エビ、イワシ、カツオ等)や、干し椎茸、魚のたまご(いくら・たらこ・すじこ)などがあげられます。 そして、プリン体はビール、焼酎、ウイスキーなど、ほとんどのアルコール飲料に含まれています。 参考: 通常、プリン体は肝臓で代謝されて、最終的に尿酸となって身体の外に排泄されますがプリン体を多く含む食物を食べ続けると、血液の中に尿酸という物質が溜まっていきます。 そして、尿酸が溜まった状態が続くことによって、痛風や尿酸結石などさまざまな病気を発症する要因となります。 2-2. 糖質とは によると、 糖質とは、『炭水化物から食物繊維を除いたもの』の総称 と定義されています。 そして、ご飯やパン、麺類など私たちが普段の食事で主食とする食べ物の中に多く含まれています。 糖質は私たちの体にとって必要な栄養素ですが、摂り過ぎた糖質は体の中に脂肪として蓄えられ、肥満の原因のなるのはもちろんのこと、糖尿病やアトピー、冷え性、不妊症などさまざまな病気の要因となります。 2-3. 普通の発泡酒とプリン体ゼロ、糖質ゼロの違いは? つまり、プリン体ゼロ糖質ゼロビールは通常の発泡酒に比べ、プリン体や糖質の摂取量を抑え、過剰摂取による悪影響を予防する効果が期待できる発泡酒だということがいえます。 しかし、原材料の種類を確認すると、プリン体ゼロ糖質ゼロビールには、プリン体と糖質をカットしたことを補うかのように、発泡酒には使われていない成分が多数使われていることも同時に分かります。 スポンサーリンク 3. 原材料が一番少ないのはビール ビール、発泡酒、プリン体糖質ゼロビール、それぞれの原材料名を比較した場合、原材料の種類が最も少ないのは「麦芽」、「ホップ」の2種類のみ使われているビールでした。 材料の種類が少ないことは、必ずしもいいことだとは言い切れませんが、しょう油やみりん、マヨネーズなど、その他の食品の傾向から、やはり原材料の種類が少なく聞いたことのある原材料が使われているビールは、発泡酒に比べ安心できますね。 発泡酒に使われている「大麦」「コーン」とは 発泡酒の原材料には、ビールには使われていない「大麦」、「コーン」の記載があります。 大麦を発芽させたものが麦芽なので、もし、同じ大麦から麦芽が作られているとすれば、安全性に大きな問題はなさそうです。 4-1. コーンは遺伝子組み換え作物? 発泡酒に使われているコーンの原料は「とうもろこし」です。 とうもろこしを使った食品と聞くと、やっぱり気になってしまうのは、遺伝子組み換え作物を使用している可能性です。 しかし、大手4社のビールについては、原材料にコーンが使われていたとしても、現状では遺伝子組み換え作物の危険性は無いようです。 プリン体糖質ゼロビールは、糖質はゼロでも、糖類は含まれている 発泡酒とプリン体糖質ゼロビールの原材料には、糖類の表記があります。 発泡酒に糖類が使われているのはあまり気になりませんが、なぜ、糖質ゼロであるはずのプリン体糖質ゼロビールに糖類が使われているのでしょう。 5-1. 糖類と糖質は違う によると、 「糖質」とは、『炭水化物から食物繊維を除いたもの』の総称です。 「糖類」とは、『単糖類・二糖類』の総称です。 つまり、糖類は糖質の一部なんです。 とすれば、糖質ゼロということは糖類もゼロということになり、「糖質ゼロ」がうたい文句のプリン体糖質ゼロビールの原材料の糖類が含まれていることには矛盾を感じてしまいます。 しかし、糖質ゼロの表示には、ちょっとしたカラクリがあるんです。 5-2. 糖質ゼロビールは、糖質が含まれている可能性がある によると、 消費者庁が定める栄養表示基準に基づき、100ミリリットルあたり糖質が0. 5グラム未満の場合には、「0」としていることがあります。 との記載があります。 つまり、糖質ゼロと表示されているということは、糖質が含まれていないことではないんです。 さらに、糖質の中には、砂糖など一般的な糖類の他に、人工甘味料なども含まれている可能性もあります。 そして、人工甘味料には、私たちの体に有害な影響を与える可能性がある成分も多く存在しているんです。 スポンサーリンク 6. プリン体糖質ゼロビールだけに使われている原材料での中で要注意が必要なものは では、最後にプリン体糖質ゼロビールだけに使われている原材料での中で、特に注意が必要と思われる成分をご紹介していきます。 6-1. 甘味料(アセスルファムK) アセスルファムKは、食酢の主成分である酢酸を主成分とする人工甘味料です。 また、日本では2000年に使用が認めれた食品添加物です。 カロリーがゼロのため、お菓子、アイスクリーム、ジュースなどカロリーオフをうたった食品や飲料に多く使われています。 6-1-1. アセスルファムKの何が危険 アセスルファムの製造過程では、塩化メチレンと呼ばれる溶剤が使われています。 そして、塩化メチレンの長期的な摂取はガンやウツ病、肝臓や腎臓障害を引き起こす可能性があると指摘されています。 つまり、塩化メチレンを含むアセスルファムKについても、さまざまな病気の要因となる懸念が考えられるんです。 6-2. カラメル色素 カラメル色素は、コーラなどに使われる着色料ですが、発がん性物質が含まれている可能性が高い添加物という指摘がある一方、カラメルは、JECFAにおいて安全性評価がなされた食品添加物という見解も存在しています。 参考: どちらの意見を信用するかは、人それぞれですが、私たちの体にとって有害な可能性のあるものは、可能な限り避けたほうが得策であることは、間違いありません。 スポンサーリンク 7. ビール、発泡酒、プリン体糖質ゼロビール、成分的には何を選ぶのかベストな選択なの? これまで、ビール、発泡酒、プリン体糖質ゼロビール、それぞれの原材料の違いをいろいろとご紹介してきましたが、食品としての危険性を基準とした場合、いったい何を選ぶのがベストの選択なのでしょう。 7-1. ビールと発泡酒では、ビールを選びたい 今回原材料を調査したビールと発泡酒は、原材料に多少の違いはあるものの、ともに食品添加物などは含まれていませんでした。 また、遺伝子組み換え作物が使用されていないことも、メーカーより回答されており、遺伝子組み換え作物による危険性もないことが分かりました。 また、発泡酒には糖類が含まれているため、糖分の摂り過ぎによる生活習慣病の危険性が高い人は、発泡酒より糖質の少ないビールを選んだ方がよいでしょう。 7-2. プリン体糖質ゼロビールは、有害の可能性がある食品添加物が使われているため、避けたほうがいい 今回比較した3種類のアルコール飲料の中で、最も私が飲みたくないと感じたのは、プリン体糖質ゼロビールです。 プリン体ゼロや糖質ゼロは確かに大きなメリットかもしれませんが、プリン体や糖質を無くした代わりに人工甘味料や食品添加物が使われていることは、決して体によい影響を与えるとは思えません。 また、糖質ゼロとPRしているにもかかわらず、糖類がゼロではないことも、言葉のまやかしのような感じが否めず、本当に私たちの体によい影響があるのが疑問視したくなります。 ただし、カロリーは3種類の中では最も低いので、ダイエットをしている人にとっては、メリットのあるお酒だといえるでしょう。 スポンサーリンク 8. まとめ いかがでしたか? ついつい、味や値段の違いだけに注目してしまいがちなビールや発泡酒ですが、私たちの体に与える影響も、少なからず異なることがご理解いただけたのではないでしょうか。 また、糖質と糖類の違いなど、調べなければ間違った解釈をしてしまうポイントがあることも、お分かりいただけたのではないでしょうか。 ビールは、手軽に飲むことができ、日常生活に最も近いアルコール類です。 だからこそ、ビールや発泡酒の特徴や違いを十分に理解した上で、上手にたしなみたいものですよね。 今回ご紹介した情報が、あなたのビール選びの参考になれば、うれしいです。 糖質30g以下• たんぱく質15g以上• 塩分2. 5g以下 というヘルシーメニューなので、血糖値や血圧が高い方はもちろんのこと、「糖質制限の食事で体質改善をしたい!」、「食生活を見直して生活習慣病を予防したい!」と考えている人にもおすすめのサービスです。 低糖質、高たんぱく質、低塩分のヘルシーメニューといえば「美味しくない!」、「病院食みたい…」という印象を持つことが一般的。 しかし、ナッシュでは「経験豊富な栄養管理士」と「20年以上の経験のあるシェフ」がタッグを組むことによって、「美味しく飽きのこない味付け」を常に追求しています。 さらに、• 国産野菜を使用• 砂糖未使用• すべて手作り など、産地や製造にこだわっているにもかかわらず、値段はとってもリーズナブル。 「1食548円~」という糖質制限食としてはとってもお手頃価格なので、これまで値段が気になっていた人でも安心して試すことができます。 さらに、あなたが自由にメニューを選ぶことができるので、「これ、このあいだ食べたばかり…」とガッカリする可能性もゼロ。 しかも、メニューの中には、低糖質のドーナツやロールケーキなども含まれているので、夕食後のデザートも楽しむことができます。 糖質制限を続けるためには、「無理をしない」ことがとっても重要。 「自己流では、なかなかうまくいかない…」と感じているなら、科学的根拠に基づいたナッシュのヘルシーメニュー!おすすめです。 — シノマリ@糖質制限中アラフォー主婦 bronalven 【口コミ評価】NOSH ナッシュ 糖質10g以下のお弁当セットを食べた感想。 肉も魚もボリューム感が凄い!味は一級品。 これから晩飯はコレでいくです。 — シノマリ@糖質制限中アラフォー主婦 bronalven.

次の