パーパー。 ワーキングマザー調査

男女コンビのパーパーが交際を公約!?『キングオブコント』会見で大胆宣言

パーパー

みなさん、子どもの頃にドッジボールをするとき、チーム分けはどうしていましたか? 例えば筆者の場合は幼少期を過ごした2つの地域で異なりました。 千葉県習志野市ではグーとチョキで「グーチョ」、その後引っ越した神奈川県横浜市ではご存知「グットッパ」。 同じ首都圏でもこんなに変わる「組み分け」。 全国ではどんなものがあるのでしょうか。 アンケートしてみました。 「グットッパ」の亜種として「グッチッパ(神奈川県横浜市)」など、「グーパージャス」の亜種として「グッパーエス(千葉県船橋市)」「グーパーショ(神奈川県茅ヶ崎市)」「グーパーワイ(群馬県太田市)」などがあります。 おもしろいのは「グッパグッパグッパッパ(群馬)」、「グッパーグッパーグーグーパッ(神奈川県川崎市)」、「グッパーグッパーグッパージャン(東京江戸川区)」など、微妙な違いがあるところです。 元がどれなのかは分かりませんが、おそらく同一の祖先を持つ種だと考えられます。 【近畿】 近畿でも「グットッパ(兵庫県神戸市)」は多いようですが、そのほかで特徴的なのが「ほい」というフレーズが入るところです。 「グットッパでホイ(兵庫県姫路市)」や「ぐっぱーぐっぱーぐっぱでほい(三重県津市)」、「ぐっぱでほい(大阪府東大阪市)」など、この「ほい」は関東にはあまり見られない特徴で、独特の愛嬌があります。 そして近畿以西では関東で見られた「グーパージャス」はほとんど姿を消します。 また兵庫県は独特の掛け声を数多く持っている地域で「アイラッセ(兵庫県宝塚市)」や「うーららおーもーて(兵庫県神戸市)」、「いんじゃんほい(兵庫県神戸市)」「グッパーッパー(兵庫県神戸市)」など、多くの文化が入り乱れる港町らしい多様性が確認されます。 【北海道・東北】 北海道ではグーとパーに加え、グーとチョキで分かれる地方も多いようです。 掛け声も「グーとチーで合った人(北海道石狩市)」、「グッチーグッチーグッチッチ(北海道札幌市)」など。 さらに「合った人」というワンフレーズが入ることが多いのも北海道の特徴です。 独特な言い回しでは「グーロッパ(福島県郡山市)」、「パンチョス(宮城県仙台市)」などがあります。 おそらく「パンチョス」はパーとチョキという全国でもまれに見る組み分け方法と予想できます。 【中部】 愛知県では「そろい」や「あわせ」というフレーズが入る「グッとパでそろい(愛知県名古屋市)」「グッパであわせ(愛知県刈谷市)」などが多いようです。 掛け声の基本は「グットッパ」型ですが、「グッとピーであわせ(愛知県新城市)」など少しアレンジが加わっているものも。 そのお隣の岐阜では「さいしょはぐーじゃんけんぽい(岐阜県岐阜市)」「グーパーじゃんけん、せーの(岐阜県郡上市)」と、普通のジャンケンと同じ掛け声で行う場合もあるようです。 そのほかの地域では「グーキーグーキーおっとも〜やっす(石川県金沢市)」、「ドーロンパ(富山県射水市)」、「グーパだよ(静岡県伊豆の国市)」「ぐとぱのおーたーま(福井県北部)」など、バラエティ豊かな掛け声が挙がりました。 どれも他の地方にはない、オリジナリティあふれる響きですね。

次の

パーフィットプロダクション

パーパー

()の ()のリバー・コースにある標識。 7番ホールがパー4であることが示されている。 における パー par は、 ()のないスクラッチのゴルファーを標準に予め定められた 、そのホールを終えるストロークの数(打数)であり、プレーしたホールのパーを合計したラウンド、さらにラウンドごとのパーを総計したトーナメントについても同様の表現が用いられる。 パーは、プロ・ゴルフのトーナメントで最も広く行われている形態であるの中核を成す要素である。 パーは、など、ゴルフに似たスポーツにおいても、同じ意味で用いられている。 各ホールにおけるパーの数は、からピンまでの距離によって概ね決定される。 ほとんどの場合、各ホールのパー数は3から5ストロークの範囲で設定される。 ミドル・ティー middle tees から打つようなカジュアル・プレーヤーの場合、パー3のホールはティーからピンまで100—250ヤード 90—230m 、パー4のホールは250—470ヤード 230—430m 程度となるが、トーナメント競技ではパー4でも500ヤード 460 m 以上ということになり、通常は短めのパー5とされるホールが選手権競技ではパー4として扱われることもよくある。 典型的なパー5のホールは470—600ヤード 430—550m 程度であるが、現代の選手権競技では600ヤード超のホールも一般的になりつつある。 ホールのパー数を決める上で関わる要素としては、距離の他にも、ストローク数に影響を与えそうな地形の起伏や障害物(樹木、ウォーターハザード、丘、建物など)がある。 一部のゴルフ場にはパー6のホールがあり、極めて稀な例ではパー7のホールも存在するが、は後者を認めていない。 選手権競技に用いられる典型的なコースは、パーの合計が72で、パー3が4ホール、パー4が10ホール、パー5が4ホールという構成になっている。 選手権競技に用いられるコースは、パーの合計が多い方では73、少ない方では69の範囲内とされている。 選手権競技に用いられることを前提としていないコースでも、ほとんどの場合はパーの合計が72に近い数とされているが、より少ないパー数のところもある。 パー数の合計が73を超えるコースは、稀である。 ゴルフ場の敷地が限られているコースの中には「パー3コース Par-3 Courses 」として設計され、全ての(あるいは、ほとんど全ての)ホールがパー3というものもあり、この場合、18ホールの合計では54(あるいは、それより少し多い数)となる。 コースとトーナメントのスコア [ ] ゴルファーのスコアは、パー数との比較で示される。 もし、ストローク数が70であれば、スコアは -2、あるいは2アンダー・パー two-under-par とされる。 トーナメントのスコアは、各ラウンドのパー数の合計と、総打数との差として申告される。 プロのトーナメントでは、通常4ラウンドが行われる。 もし、4ラウンドがいずれもパー数72で設定されていれば、トーナメントのパー数の総計は288となる。 例えば、あるゴルファーが初日に70打、2日目に72打、3日目に73打、4日目に69打であったとすると、トーナメントのスコアは284で、4アンダー・パー four-under-par とされる。 ホールごとのスコア [ ] ホールごとのスコアも、コースのスコアと同じように表記して申告される。 ホールごとのスコアには、パーとの打数の差によって一般化した名称が付けられている。 もともと「ボギーで回る Going round in bogey 」という表現は、コース通算でパーであったことを意味し、にグレート・ヤーマス・ゴルフ・クラブ Great Yarmouth Golf Club で言われ始めたが 、これは「 」という表現や、で人気のあった楽曲「Here Comes the Bogey Man」に由来したものとされる。 広くゴルファーたちは「カーネル・ボギー Colonel Bogey 」と競っているという考えをもっており、これを踏まえてには「 」が作られた。 において、ゴルフがより標準化されていくようになると、パーの基準はより厳しいものとなって、リクリエーションとしてゴルフに興じるゴルファーがオーバー・パーでしか回れないようになってくると、ボギーの意味は1オーバー・パーを意味するものに変わっていった。 ボギーは比較的よくあることで、プロ・ゴルファーでも同様である。 ボギーなしにラウンドすることには、一定の特筆性があるものと考えられている。 カジュアル・プレーヤー、クラブ・プレーヤーにとって、ボギーは日常茶飯事である。 しかし、それ以上の打数となると、こういった名称よりも、何打叩いたかで言及されるのが一般的である。 例えば、パー3のホールで8打を要したプレーヤーがいたとすれば、「クイントゥプル・ボギー quintuple-bogey 」ではなく、「エイト eight 」とか「5オーバー・パー five-over-par 」というのが普通である。 プロの競技のトップ選手たちが、ダブルボギーやそれ以上を叩くことは稀である。 パー [ ] パーは、スコアがイーブン E であることを意味する。 ゴルファーは、そのホールでパー数と同じ打数を要したことになる。 理論上、パーは、グリーンで2パットを要することが前提となっており、残りがグリーンに載せるのに要する打数となる。 あるホールでパー数から2を引いた打数でグリーンに載せることを「グリーン・イン・レギュレーション green in regulation 」という。 これは例えば、パー5のホールでは3打(あるいはより少ない打数)でグリーンに載せることであり、残りの2打をグリーン上でパットするのである。 パーという言葉は、の「等しい」という意味に由来している。 バーディー [ ] バーディーは、1アンダー・パー -1 のスコアを意味する。 この表現が生み出されたのは、、 ()の ()においてであった。 伝えられるところでは、1899年のある日、 ()(後に、45マイル 72km ほど離れた場所に ()を開設した人物)、ウィリアム・ポルトニー・スミス(William Poultney Smith:パイン・バレーの創設メンバー)、その弟アブ・スミス Ab Smith の3人が一緒にプレーしていたとき、パー4のホールでクランプは、第1打を飛んでいた鳥に当て、第2打をカップからわずか数インチのところまで寄せた。 スミス兄弟は同時に、この一打を「鳥 a bird 」だと叫んだ。 程なくして、このクラブの皆が、この表現を使うようになった。 クランプは短いパットを沈め、そのホールを1アンダー・パー -1 とし、以降、3人はこのようなスコアを「バーディー birdie 」と呼ぶようになった。 程なくして、クラブの皆がこの言葉を用いるようになった。 アトランティック・シティ・カントリー・クラブはリゾート地にあり、他地域から訪れるビジターも多かったため、この表現は広まり、アメリカ合衆国のすべてのゴルファーたちの心を捉えた。 ()(パー72のコースを54打のスコアで回ること)は、しばしば、18ポールすべてでバーディーをとることと説明されるが 、プロのトーナメント戦で、パーフェクトラウンドを記録した者はいない。 ので、 ()は、第2 ラウンドで9ホール連続バーディーを決め、それまでの記録を破った。 イーグル [ ] イーグルは、2アンダー・パー -2 のスコアを意味する。 通常、イーグルは、グリーンに達するまでに要する打数が、見込みよりも少ない場合に成立する。 最も一般的にはパー5のホールで達成されるが、短めのパー4のホールでも起こる。 パー3のホールにおけるも、イーグルとなる。 イーグルという名称は、バーディーよりも良いスコアであることから、小鳥より大きな鳥ということで=イーグルと称したものである。 アルバトロス [ ] 「」および「」も参照 は、3アンダー・パー -3 のスコアを意味する。 アルバトロス=の鳥は、最も大きな鳥類のひとつである。 アメリカ合衆国ではダブル・イーグル double eagle ともいう。 アルバトロスは極めて稀なスコアであるが、パー5のホールで強いドライブと、1打で決めるアプローチで達成されるのが普通である。 短めのパー4のホールにおけるも、アルバトロスとなる。 最初に記録された有名なアルバトロスは、で行われたの最終ラウンド15番ホールで、が達成した。 このアルバトロスでサラゼンは首位に並び、プレイオフが行われることとなり、翌日行われたプレイオフで優勝を果たすこととなった。 当時のスポーツ記者は「 」と表現した。 からの間に、では84回アルバトロスが出たが、これは年平均で3回に達しない程の水準である。 近年の広く知られたアルバトロスとしては、の で ()が出した、この選手権における史上3度目のもの 、にで前年優勝者だったのもの 、の 最終ラウンドにおける ()のもの 、の 最終日における ()が出した この選手権における史上2度目のもの、の におけるのもの 、の 最終日に ()が出した、この選手権における史上4度目、テレビ放送された最初、パー5であるオーガスタの2番ホールで達成された最初のもの 、の で ()が出したものなどがある。 コンドル [ ] 「」および「」も参照 コンドルは、4アンダー・パー -4 のスコアに付けられた非公式な名称である。 これは、一つのホールで達成された最も低いスコアである。 コンドルは、パー5のホールにおけるホールインワン(典型的な例はドッグレッグ dogleg 形状のコーナー手前からの林越え)となるか、パー6のホールを2打でホールアウトした場合となるが、2016年12月の時点で後者は達成された例がない)。 パー6のホールは、極めて例外的な、滅多にないものであり 、パー7のホールも同様である。 10月の時点で、コンドルは史上4回しか達成されておらず、そのうち1回は、標高が高いの希薄な空気に助けられて517 ヤードまたは473メートルというストレート・ドライブを記録したとされ、また、プロのトーナメントでは記録されていないとされた。 コンドルは3番アイアンで達成されたこともあり、これは馬てい形状のパー5のホールでに記録されたものであった。 コンドルは、ダブル・アルバトロス double albatross 、トリプル・イーグル triple eagle とも呼ばれ 、このやり方は、理屈の上では、5アンダー・パーなど仮想的なスコアにも拡張されるはずである。 脚注 [ ]• Drane, Dan; Block, Martin E. 2005. Illustrated. Human Kinetics. 2011年6月6日閲覧。 net, 2003—2007, webpage:. Harris, Ed 2007. Illustrated. AAPPL. The World of Golf, page 124, by Charles Price, copyright 1962 with a foreword by Bobby Jones. :は、加盟申請する者の必読書としてこの書籍を指定している。 1998年5月10日. June 2008. Golf. com. Associated Press. 2009年7月25日. Fields, Bill 2004-04-02. Golf World. の2007-03-05時点におけるアーカイブ。 BBC News. 2009年7月19日. 2010年5月21日閲覧。 Keogh, Brian 2010年11月6日. Irish Golf Desk. 2012年10月1日閲覧。 BBC Sport. 2012年4月9日. 2012年10月1日閲覧。 Golf Today 2008年10月. 2018年3月15日閲覧。 Kelley, Brent. Golf. 2014年8月24日閲覧。 Most recreational golfers go their entire golfing careers without ever seeing a par 6. Worldgolf. com 2002年1月29日. 2012年10月1日閲覧。 Robb, Victoria 2007-04-13. 2014年12月25日閲覧. "According to The , the Satsuki golf course in , Japan, boasts the longest hole in the world -- an exhausting 964-yard, par-7 humdinger. " :の佐野コース、アウト7番ホールは、パー7で、世界一長いホールとしての認定を受けている。 Aumann, Mark 2014年9月7日. 2014年12月25日閲覧。 Gunsan's par-7, 1,100-yard third hole... Gunsan Country Club... has some of the longest golf holes in the world, including a Par 7 hole 1,004m and a Par 6 hole 661m. Golf. 2014年8月24日閲覧。 That one was made by Shaun Lynch, playing at Teign Valley Golf Club in Christow, England, in 1995, on the 496-yard No. According to a 2004 article in Golf World magazine, Lynch aimed straight toward the green on a horseshoe par-5, clearing a 20-foot-high hedge, then hitting a downslope on the other side. The downslope carried his ball to the green and into the cup.

次の

全国の「グーとパー」での組み分け、地方によってこんなに違う

パーパー

最近6試合の成績 日付 対戦チーム 打数 安打 本塁打 打点 得点 三振 四球 死球 打席結果 vs. 4 0 0 0 0 1 0 0 二ゴロ、遊ゴロ、空三振、右飛 vs. 4 2 0 1 1 1 0 0 右安、右飛、右安、空三振 vs. 3 1 0 0 0 1 1 0 四球、右飛、右安、空三振 vs. 4 1 0 0 0 0 0 0 左安、三併打、一飛、左飛 vs. 4 0 0 0 0 1 0 0 遊飛、空三振、二ゴロ、三邪飛 vs. 4 0 0 0 0 0 0 0 捕ゴロ、二ゴロ、三邪飛、二ゴロ 対チーム別成績 対戦チーム 打率 試合 打席 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 得点 三振 四球 死球 犠打 犠飛 盗塁 盗塁死 併殺打 出塁率 長打率 OPS 得点圏 失策 vs. 200 4 16 15 3 0 0 1 6 2 1 5 1 0 0 0 0 1 1. 250. 400. 650. 000 0 vs. 400 3 11 10 4 0 0 0 4 2 2 1 1 0 0 0 0 0 0. 455. 400. 855 1. 000 0 vs. 300 3 10 10 3 2 0 0 5 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0. 300. 500. 800. 000 0 vs. 385 4 16 13 5 0 0 2 11 6 4 3 3 0 0 0 0 0 0. 500. 846 1. 346. 500 0 vs. 211 5 20 19 4 0 0 0 4 1 1 5 1 0 0 0 0 1 0. 250. 211. 461. 333 0 月別成績 月 打率 試合 打席 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 得点 三振 四球 死球 犠打 犠飛 盗塁 盗塁死 併殺打 出塁率 長打率 OPS 得点圏 失策 6月. 290 9 35 31 9 0 0 3 18 9 5 9 4 0 0 0 0 1 0. 371. 581. 952. 500 0 7月. 278 10 38 36 10 2 0 0 12 2 3 7 2 0 0 0 0 1 1. 316. 333. 649. 250 0 対左右別成績 投手 打席 打率 打数 安打 本塁打 打点 三振 四球 死球 犠打 犠飛 右投 右打者 - - - - - - - - - - 左打者. 311 45 14 3 10 10 4 0 0 0 左投 右打者 - - - - - - - - - - 左打者. 227 22 5 0 1 6 2 0 0 0 カウント別成績 カウント 打率 打数 安打 本塁打 打点 三振 四球 死球 犠打 犠飛 0-0. 545 11 6 1 4 0 1 0 0 0 0-1. 333 3 1 0 0 0 0 0 0 0 0-2 - - - - - - - - - - 1-0. 273 11 3 0 0 0 0 0 0 0 1-1. 200 5 1 1 2 0 0 0 0 0 1-2. 091 11 1 0 0 7 0 0 0 0 2-0. 667 3 2 1 3 0 0 0 0 0 2-1. 400 5 2 0 1 0 0 0 0 0 2-2. 100 10 1 0 1 5 0 0 0 0 3-0. 500 2 1 0 0 0 0 0 0 0 3-1 - 0 0 0 0 0 4 0 0 0 3-2. 167 6 1 0 0 4 1 0 0 0 塁状況別成績 ランナー 打率 打数 安打 本塁打 打点 三振 四球 死球 犠打 犠飛 なし. 229 35 8 0 0 8 2 0 0 0 一塁. 357 14 5 2 4 5 0 0 0 0 一二塁. 375 8 3 1 4 1 1 0 0 0 一三塁 1. 000 2 2 0 2 0 1 0 0 0 二塁. 167 6 1 0 1 1 0 0 0 0 二三塁 - - - - - - - - - - 三塁 - 0 0 0 0 0 2 0 0 0 満塁. 000 2 0 0 0 1 0 0 0 0 球場別成績 球場 打率 試合 打席 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 得点 三振 四球 死球 犠打 犠飛 盗塁 盗塁死 併殺打 出塁率 長打率 OPS 得点圏 失策 東京ドーム. 350 12 45 40 14 2 0 2 22 8 6 8 5 0 0 0 0 1 0. 422. 550. 972. 400 0 神宮. 125 2 8 8 1 0 0 1 4 2 1 4 0 0 0 0 0 0 0. 125. 500. 625. 000 0 甲子園. 000 1 4 4 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0. 000. 000. 000. 000 0 ほっと神戸. 286 2 8 7 2 0 0 0 2 0 0 1 1 0 0 0 0 1 1. 375. 286. 661. 000 0 マツダスタジアム. 250 2 8 8 2 0 0 0 2 1 1 2 0 0 0 0 0 0 0. 250. 250. 500. 500 0 オープン戦の成績 打率 試合 打席 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 得点 三振. 233 11 31 30 7 2 0 0 9 3 1 8 四球 死球 犠打 犠飛 盗塁 盗塁死 併殺打 出塁率 長打率 OPS 得点圏 失策 1 0 0 0 0 0 0. 258. 300. 558.

次の