松任谷 由実 守っ て あげ たい。 守ってあげたい/松任谷由実の歌詞

松任谷由実

松任谷 由実 守っ て あげ たい

WINGS OF LIGHT "THE GATES OF HEAVEN" TOUR 1991. 17 Release DVD TOBF-5148 1. Prologue 2. 時はかげろう 3. A(エース)はここにある 4. 時のないホテル 5. 一緒に暮らそう 6. Miss BROARDCAST 7. WANDERERS 8. Man In the Moon 9. SAVE OUR SHIP 10. 天国のドア 11. SWEET DREAMS 12. ダイアモンドダストが消えぬまに 13. 14番目の月 14. 守ってあげたい 15. カンナ8号線 16. ベルベット・イースター 配信リンク Official HP Twitter Instagram Facebook UNIVERSAL MUSIC JAPAN 松任谷由実:.

次の

「守ってあげたい」ツゥのブログ | 足利発

松任谷 由実 守っ て あげ たい

皆さん、こんにちは。 足利は晴れています。 関東は天気が不安定で午後は雨が降るかもしれないという予報でしたので、午前中に散歩してきました。 道沿いに咲いている春の花を愛でながら歩いてきました。 暑くもなく寒くもなく散歩には最適で、気持ちも晴れました。 昨日は、まりや様の歌で看護師さんたちのご苦労に少しでも報いたいと思いました。 今日はユーミンの力を借りることにしました。 「守ってあげたい」(作詞/作曲:松任谷由実)は、1981(昭和56)年に発売された松任谷由実(ユーミン) の17枚目のシングルです。 映画『ねらわれた学園』の主題歌でした。 監督の大林宣彦氏も先日亡くなってしまいました。 ユーミンを初めて聞いたのは「」です。 高校2年の時でした。 学生時代には下宿屋の薄暗い部屋の中で「ひこうき雲」「MISSLIM(ミスリム)」「COBALT HOUR」「The 14th Moon(14番目の月)」といったアルバムを聴きまくりました。 淋しいときも、悲しいときもユーミンの優しさに包まれていたのでした。 1976(昭和51)年に松任谷正隆氏と結婚し松任谷由実と名乗って活動するようになりましたが、私の中ではユーミンはユーミンでした。 社会人になって一時ユーミンはあまり聞かなくなったのですが、この歌あたりからまた聞き始めたのでした。 多くの歌手にカバーされている名曲ですね。 コロナ感染が始まった頃はテレビのニュースやワイドショーをよく見ていましたが、最近はあまり見なくなりました。 内容はほとんど同じだし、見ると不安になるばかりですからね。 ネットでのニュースも「楽観できる状況でない」とか「終息には程遠い」などの言葉が紹介されています。 気が滅入るばかりですね。 コロナで苦しんでいるすべての日本人を守りますと言ってくれる人がどこかにいませんかねぇ…。 So,you don't have to worry worry.

次の

松任谷由実

松任谷 由実 守っ て あげ たい

人生を歩むなかで、人はどうしても弱くなってしまうときがある。 1人では生きていけなくなるときがある。 そんなとき、 『なにも心配いらないんだよ。 』 そんな風に言ってくれる人がいたら、どれだけ心強いだろう。 きっと、どれだけ自分に自信がなくても、未来を歩むことが怖くても、そっと足元を照らしてくれるのではないだろうか。 「アイドル映画」時代の開幕を告げる作品ともいわれる、薬師丸ひろ子が主演をつとめた『ねらわれた学園』の主題歌として書き下ろされた曲である。 やさしさと愛しさが重なりあうあたたかい感情が描かれたこの曲は、オリコンシングル週間チャートで2位となり、ユーミンのシングルセールスではそれまでで最大のヒットとなった。 あなたは誰かを『守ってあげたい』と思ったことがありますか? ユーミンが歌う姿を見て何気なく口ずさんでみたが、歌詞をよく読んでみると、こんな風に想える相手は人生で何度も会えるものではないと感じた。 誰かを守りたいと思ったとき、心の中に新しくスペースが出来る、あの感覚が好きだ。 誰かを想う新しい感情が生まれたとき、自然とパワーが湧いてくる。 こんな自分もいたのかと、新しい自分に出会うことが出来る。 新しい感情に出会ったとき、自分の知らない自分に出会ったとき、人は成長するのかもしれない。 『守ってあげたい』 その言葉の先には、きっと愛する人がいる。 愛する人に対してそんな風に想える人は、きっと相手からも同じように愛されている。 その人の苦しみを取り除き、側でずっと笑顔を見ることが出来れば、どんなに幸せだろう。 『守ってあげたい』そんな風に想える誰かと出会えたら、それだけで人生はとても輝いていくはずだ。

次の