ご 承諾 いただき ありがとう ござい ます。 お礼メールの文例集(社外向け)|コピペでOK!今すぐ使えるビジネスメールの例文集

お礼のフレーズ

ご 承諾 いただき ありがとう ござい ます

私自身、正しく使っている自信はありませんが、お答えします。 「くださる」は尊敬語、「いただく」は謙譲語、どちらも元は「もらう」です。 なので、視点が相手にあるか自分にあるかの違いだけなので、だいたいはどちらを使ってもいいのかな、と思いますが、 質問のような、ご自分主催の会に出席してくれた目上の人へのお礼の場合などは、相手視点で言う方が丁寧と思われます。 「本日は、この会にご出席いただきまして、ありがとうございます(自分中心な感じがする)」 「本日は、この会にご出席くださいまして、ありがとうございます(相手に向けて言っている感じがする)」 ただし、出席者代表として、来賓などに向けた挨拶ならば、「ご出席いただきまして」も違和感はない気はします。 (例えば結婚披露宴などの新郎・新婦の挨拶というのであれば、主役は新郎新婦なのでこれでもよさそうです) でも、少数の来賓や目上の人に向けた挨拶と言う場合は「ご出席くださいまして」の方が適切な気がしますし、ましてや、その方に直接(開会前などに)ご挨拶するような場合は「お越しくださいまして」じゃないと失礼な気がします。 もし、間違いなどがあるようでしたらご指摘下さい。 「くださり」と「いただき」の違いについて。 結論を先に書くと、どちらもOKです。 論理的に考えると「くださり」が正しい、という説もありますが、一般にはどちらも認められています。 40に「どちらの言い方も適切に 敬語が用いられているものである」と明記されています。 【「教えてくださり」? 「教えていただき」?】 ================引用開始 現状としては、どちらかといえば「教えていただき~」のほうがよく使われており、「教えてくださり~」という言い方は自分ではしないという意見が、やや多くなっています。 ですが、両方とも正しい言い方です。 ================引用終了 個人的には下記のように考えています。 長〜い話なので結論部だけ。 ================引用開始 「〜してくださりありがとうございます。 」 「〜していただきありがとうございます。 」 これは否定できないから、厳密に言えば「くださり(まして)/くださいまして」なんだろう。 論理的に考えるとそうなってしまう。 しかし、現実にはどちらも使われているし、どちらも「間違い」とは言えない。 困ったことに個人的な語感では「〜していただきまして」のほうが自然。 NHKの調査でも、「〜していただきまして」が優勢のようだ。 こうなってくるとなんとも言えない。 ちょっとだけ屁理屈をこねる。 「〜してもらってありがとう。 」はたしかにヘンだが、下記の形ならおかしくないだろう。 「〜してもらってありがたい」 「〜してもらってありがたかった」 これを丁寧にしたのが「〜してもらってありがとうございました。 」と考えるならそんなにおかしくないかも。 無理か……。 ================引用終了.

次の

この度はの意味|「このたびはありがとうございます」の使い方や英語も

ご 承諾 いただき ありがとう ござい ます

より丁寧にお礼を述べるときには、「ご教示いただきありがとうございます」を使用します。 教えることをより丁寧にしたい場合、ご教示という敬語を使用します。 ビジネス会話では「教えていただき」でも問題ありませんが、ビジネスメールでの改まった場ではこちらを使用しましょう。 ビジネスメールは対面と異なり、言葉でのみ自分の気持ちを表現する必要があります。 よってなるべく丁寧な敬語を使い、自分の誠意を示す必要があります。 例えば、「早速ご教示いただきありがとうございます」、「ご多忙中ご教示いただきありがとうございます」と使用します。 教えていただきよりも丁寧で誠実な印象を与えますので、正式なビジネスの場ではこちらを使用しましょう。 お答えいただきありがとうございます 「お越しいただきありがとうございます」は、ビジネスシーンで客が自分の会社に来た時に使うことが多いです。 主に客が自社に来た時の挨拶やメールで使われます。 また、来たことに対するお礼のメールを送る場合は、過去形である「お越しいただきありがとうございました」を使うのが基本です。 例えば、「先日は弊社までお越しいただき、ありがとうございました」と使用します。 こちらはよく使われるフレーズですので、覚えておきましょう。 「お忙しい中お越しいただき」もよく使われます。 客が来た時の挨拶としてよく、「本日はお忙しい中お越しいただきありがとうございます」を使用します。 遠方から来た客に対しては、「遠路はるばるお越しいただきありがとうございます」がふさわしいです。 「お・ご〇〇いただく」のフレーズを覚えよう!.

次の

「いただきありがとうございます」の使い方・例文|敬語/メール

ご 承諾 いただき ありがとう ござい ます

「承諾」が持つ同じような丁寧さが英語で欲しいということだったら、「consent」、「assent」、または「acceptance」です。 「Consent」は「〜に同意する」、「〜に承諾する」という意味です。 We thank you very much for your consent. ご承諾いただきありがとうございます。 ちなみに、「thank」をもっと丁寧にしたいと思ったら「appreciate 感謝する)」を使うといいと思います。 We appreciate your consent. ご承諾いただきありがとうございます。 「Assent」という言葉もあります。 「Assent」は「同意する」、「賛成する」という意味です。 Do you assent to the proposal? 提案に賛成ですか。 「Acceptance」も「承諾」、「受け入れる」と言う意味です。 We thank you for your acceptance of the proposal. 提案の承諾をいただきましてありがとうございます。 英語で「Thank you for your acceptance」とはあまり言いません。 確かに acceptance のほうは動詞ですが、その言い方は何故か不自然だとしか聞こえません。 他の似たような言い方は「Thank you for your cooperation」です。 その意味は「ご協力有難うございます」ということです。 ここで「Thank you for cooperating」のほうもオッケーです。 その三つの言い方の丁寧さはほぼ同じです。 "approval"(名詞)は「承諾」を意味します。 目上の人から頂く承諾の場合に相応しいです。 "acceptance"(名詞)も「承諾」を意味します。 交渉の決定の場合に相応しいです。 "compliance"(名詞)も「承諾」を意味します。 目下の人から頂く承諾の場合に相応しいです。 例えば部下が新しい服装規定に従うことは"compliance"と言います。 例文一: We appreciate your approval. ご承諾いただきありがとうございます。 例文二: We appreciate your acceptance. ご承諾いただきありがとうございます。 例文三: We appreciate your compliance. ご承諾いただきありがとうございます。

次の