コロナ お腹 痛い。 新型コロナウイルス、どういう症状が出るのか

新型コロナウイルスに関連した患者の発生について(29例目)

コロナ お腹 痛い

中国での感染者が語るコロナウイルスの発症から症状が出るまでの経過 中国での感染者の方が語る、コロナウイルス感染で、発症から症状が出るまでの経過が投稿され反響を呼んでいます。 役に立つかわかりませんが、私の今回の症状を書いておきます。 友人も同じ症状ようでしたので、少しでも目安になればと考えます。 体調が悪いと感じた1日目が、私も友人も咳や熱では無くお腹の症状でした。 お腹の気分が悪く、食べられない。 気持ち悪い。 お腹が痛い、下痢。 それが2日くらい続いて咳が — 唐老鸭 上海迪士尼 donananaduck 出るようになりました。 まだこの時が熱が出ないね。 そのくらいから咳に痰が絡むようになりました。 熱が出て3日目頃から咳も止まらない、胸も痛い、息苦しいが出てきて、病院でレントゲンを撮って肺炎と診断されました。 — 唐老鸭 上海迪士尼 donananaduck 私も友人も最初がお腹の症状もありましたから、咳や熱が無くてもお腹の症状がある方は本当に外出を控えた方が良いと思います。 中国が似たようにお腹の症状があってから新型肺炎の診断を受ける人も多いようです 感染を広げない為にも少しでも体調がおかしいと思ったら仕事、遊びが行かない方が良いです — 唐老鸭 上海迪士尼 donananaduck 私が肺炎がそこまで酷くありませんでしたから、入院はしないで家で治療しました。 最初が点滴をしましたが、あとは咳を止める薬、抗生剤、熱を下げる薬を飲んで家で寝ていました。 家族も同じです。 体力があれば酷くならない場合は家でしっかり休めば治ります。 皆さんも無理をしないようにしてください — 唐老鸭 上海迪士尼 donananaduck マスク入荷してきているようです! ネットの反応 1日目、お腹の症状 2日目、咳が出る 熱なし 食欲不振、腹痛、下痢。 咳が出て3日後、 発熱 38度 痰が絡む、咳が止まらない、胸が痛い苦しい。 mariaruchia 千葉の中学校教員の女性も、最初の症状として「嘔気」があり、風邪と診断されて、数日後に発熱でしたね。 — ぴぴちか pipichica 初期症状のばらつきは、とっくに中国から情報が出ているんです。 結膜炎、心筋炎、胃腸炎など。 正式名称も「新型肺炎」ではなく「~感染症」です。 マスコミは4文字で済む肺炎の表記を使い続けているし、感染者数を増やしたくない政府にも好都合。 誘導されないで、正しい情報収集をしましょう。

次の

お腹が痛い原因とは〜痛みを感じる部位から考えられる病気〜

コロナ お腹 痛い

みぞおちの痛みは「胃の痛み」と表現されることもあり、その原因にはさまざまなことが考えられます。 みぞおちのところがキリキリ差し込むように痛い• 胸焼けがしてみぞおちのあたりも痛む• 階段を上るとみぞおちのあたりが苦しい… このような症状が見られた時、原因として考えられることにはどのようなものがあるでしょうか。 みぞおちの痛みを引き起こす病気 みぞおちの痛みは、なんらかの病気によって引き起こされている場合があります。 みぞおちの痛みを起こす胃腸の病気は? みぞおちの痛みの原因が胃腸にある場合、考えられる疾患には以下のようなものがあります。 逆流性食道炎 は、強い酸性である胃酸が逆流することにより、食道の粘膜がただれたり、潰瘍ができたりする病気のことです。 食後の胸焼け、げっぷ、喉に酸っぱいものがこみあげる感じ、胸のつかえ感などがよくある症状です。 腸閉塞 とは、なんらかの原因により腸の通過障害を起こしている状態です。 過去にお腹の手術を受けたことのある方は、他の人に比べてなりやすいといわれています。 症状として、腹痛や便秘・ガスが出ないことによるお腹のハリやなどの症状が現れます。 過去にお腹の手術をしたことのある方でこのような症状が現れた場合、早めに病院を受診するようにしましょう。 みぞおちの痛みを起こすその他の原因は? 必ず起こるものではありませんが、以下のような病気でもみぞおちの痛みを感じる場合があります。 尿路結石 結石はごく小さなものであれば症状が現れないこともありますが、尿の通り道がふさがれたり、尿に流されて結石が移動したりすると強い痛みが生じます。 痛みは結石のある下腹部や腰回りから始まることが一般的ですが、みぞおちの痛みから始まることもあります。 受診の目安とポイント 受診の目安には以下のようなものがあります。 痛みの程度が強い• いつまでも痛みが治らない• 痛み以外の症状がある このような場合には早期に受診しましょう。 痛みの原因によって専門科目は異なりますが、まずは近くの内科やかかりつけなどで相談するとよいでしょう。 受診の際のポイントとして、痛みの出る部位やタイミング、痛み以外の症状の有無などを医師へよく伝えるようにしましょう。 日常生活上の原因と対処法 食べ過ぎ・飲み過ぎ 暴飲暴食、アルコールの飲みすぎで胃腸に負担がかかり、みぞおちが痛むことがあります。 食べ過ぎ・飲み過ぎた時には 暴飲暴食を控えることは当然ですが、食事の時間も大事です。 夜遅くの食事や朝食を抜いて1日2食にしたりすると、胃腸に負担をかけてしまいます。 3食きちんと規則正しい食生活を送りましょう。 刺激物の摂りすぎ 唐辛子やニンニクなどの刺激物も胃の粘膜を刺激するため、摂りすぎはみぞおちが痛む原因になります。 刺激物を摂りすぎた時は 香辛料を多く使った料理やコーヒーなどの刺激物は適量にしましょう。 刺激物を摂りすぎたことでみぞおちが痛む時は、消化の良いものや胃に負担をかけないものを中心に食事を摂り、胃を休ませるようにしましょう。 よくならないときには 症状がよくならない時には一度病院を受診してみましょう。 思いもよらない原因が潜んでいる場合もあります。

次の

体じゅうが痛いですが コロナですか?? それとも単なる筋肉痛ですか?

コロナ お腹 痛い

2 お腹が痛い、お腹が張る、などは誰もがよく経験する症状で、様々なことが原因で起こります。 大半は、 食べ過ぎや 飲み過ぎ、 便秘で 便や ガスが溜まっている、といった、病的ではない腹痛です。 しかし中にはこの記事に書くような大きな病気が隠れていることもあるため、注意が必要です。 腹痛でみなさんが病院を受診した時、私たち医師が質問すること、つまり みなさんにチェックしてほしいことは決まっています。 今回は、 腹痛の時に確認すべき5つのチェックポイントを解説します。 お腹の中には多数の臓器があります。 胃、 小腸、 大腸、 肝臓、 胆嚢、 膵臓などの消化器 子宮や 卵巣といった婦人科系の臓器 膀胱や 尿管といった泌尿器科系の臓器 これらはいずれも腹痛の原因になります。 特に女性の場合は、 妊娠に関わる腹痛の可能性があるため注意が必要です。 この記事の末尾にチェックリストを用意しています。 受診時のメモとしても便利に使えますので、ぜひご利用ください。 また、下痢や吐き気・嘔吐を伴う場合は、やも参照して下さい。 (注)症状だけで病気を診断することはできません。 必ず医師の診察を受けましょう。 「突然始まる」というのは、何をしている時に始まったか、ということを細かく言えるくらいの突発性の痛みを指しています。 女性の場合は、 子宮外妊娠の破裂や 卵巣出血が突然発症の腹痛の原因になります。 卵巣出血は 性行為の直後に痛くなるのが典型的です。 この経緯は言いにくいと感じる方が多いかもしれませんが、正確な診断のためには、むしろ最初に医師に伝えるべきポイントです (ただし卵巣出血は命に関わる病気ではありません)。 一方で、 虫垂炎(いわゆる「盲腸」)や胆嚢炎、胆管炎、憩室炎などの 炎症性の病気 手術後の癒着や、大腸や小腸の腫瘍が原因で起こる 腸閉塞 はゆっくり始まることがほとんどです。 また炎症性の病気は、大部分は 細菌感染が原因のため、 発熱を伴うことも多い傾向があります。 (高齢の方では 熱が出ないケースもあります) いずれの病気も、手術が必要になることがあります。 いつから、どのように始まったかをきっちりチェックしましょう。 ポイントは、 「押さえると痛い場所が1ヶ所だけある」という症状では ないことです。 「どこを押さえてもなんとなく痛い」というケースがこれに当てはまります。 みぞおちが痛い みぞおちの痛みは、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃炎などを考えます。 これらは、 キリキリ、ズキズキと表現され、差し込むような痛みが特徴です。 また 急性膵炎でもみぞおちの痛みが生じます。 うずくまるほどの、 差し込むような鈍痛が特徴です。 ほかにも例外的に、 胆石発作や胆嚢炎でみぞおちが痛くなるケース 虫垂炎(盲腸)の初期症状としてみぞおちが痛くなるケース があります。 虫垂炎では、 「最初にみぞおちあたりが痛くて、その後右下腹部に移動してきた」 といった、 痛みの場所が移動するということもよくあります。 右上腹部が痛い 右上腹部(お腹の右上、あばらの下、右わき腹)には胆のう、胆管、肝臓があります。 胆石発作や、胆嚢炎、胆管炎といった炎症性の病気が右上腹部痛の原因になります。 ( 肝臓の病気では痛みがほとんど出ないため、腹痛の原因ということはまれです) また大腸も右上腹部を通ります。 頻度は低いですが、 大腸がんなどの腫瘍、大腸の 憩室炎が原因になっていることもあります。 右下腹部が痛い 右下腹部(お腹の右下、へその右横)が痛いケースでは、まず虫垂炎(盲腸)を疑います。 ただ、 虫垂は人によって位置や長さ、大きさが異なるため、 へそ周囲や、下腹部の真ん中が痛くなるケースもあります。 また右下腹部の大腸に起きた憩室炎でも全く同じ症状になります。 私たち消化器外科医でも、 お腹を触っただけでこの位置の憩室炎を虫垂炎と区別することはかなり困難です。 こちらもご参照ください。 また女性では、右下腹部には卵管や卵巣があります。 卵巣出血や 卵管炎、 子宮外妊娠など、婦人科系の臓器が痛みの原因になっていることがあります。 左上腹部が痛い 左上腹部(お腹の左上、左のあばらの下、左わき腹)にあるのは、脾臓です。 ただ脾臓の病気で痛みが出ることはまれで、左上腹部痛であれば、まずそこを通る大腸の痛みを考えます。 つまり、 大腸がんなどの腫瘍、大腸の 憩室炎が原因になっているケースです。 左下腹部が痛い 左下腹部(お腹の左下、へその左横)にあるのは大腸です。 やはり 大腸がんなどの腫瘍、大腸の 憩室炎をまず考えます。 ただし女性では、右と同じく左下腹部にも卵管や卵巣があります。 卵巣出血や 卵管炎、 子宮外妊娠など、婦人科系の臓器が痛みの原因になります。 下腹部中央が痛い 下腹部の真ん中(へその下)には、 膀胱や 直腸があります。 膀胱炎や、 直腸の腫瘍(直腸がん)、 憩室炎などが原因となります。 膀胱炎では、 排尿時の痛み、 残尿感、 頻尿といった尿の症状を伴います。 また女性では下腹部中央に子宮があります。 子宮内膜症、子宮腺筋症が痛みの原因になります。 これらは月経周期と関係する痛み( 強い生理痛)が特徴です。 また、子宮周囲に感染症による炎症を起こす 「骨盤内炎症性疾患(PID)」が下腹部痛の原因になります。 原因は 性感染症(性病)ですので、 不特定多数の人との性交渉がある女性や、 性風俗関連の仕事をしている女性ではリスクになります。 PIDは 入院での治療が必要な病気です。 お腹全体の激痛 お腹全体がすごく痛い、歩けないほどの激痛があるという場合は、 腸閉塞や 穿孔性腹膜炎(胃や腸に穴があいて腹膜全体に炎症を起こしている状態)を考えます。 穿孔性腹膜炎でお腹全体に腹膜炎が起こっているケース(汎発性腹膜炎)では、 お腹のどこを触っても激痛 軽く押すだけ、あるいは触れるだけでも激痛 座る、立つ、咳をするといった軽い 振動でも激痛 といった症状が典型的で、 うずくまって脂汗をかいて動けない、ということがほとんどです。 腹膜炎で「痛みでのたうちまわる」ということはありません(少し動くだけでも痛いからです)。 一方、 腸閉塞でも激痛が起こりますが、腹膜炎よりは症状が軽く、 「お腹が張って苦しい痛み」が 長時間続くのが特徴です。 帝王切開を含め、お腹の手術を一度でもしたことがある人は腸閉塞のリスクがあります(お腹の中の癒着が原因です)。 また、 大腸や小腸のがん(腫瘍)や、 腸重積、 鼠径ヘルニア(いわゆる「脱腸」)など、お腹の手術以外にも 腸閉塞を起こす要因はあります。 ここに書いたことを参考に、どの場所が痛いか、あるいは 痛みが移動したりして 痛みの場所が複数ある場合は、どの場所からどの場所にどんな時間経過で移動したかをチェックしてみましょう。 また例外として、帯状疱疹などの皮膚の痛みを腹痛と捉える人もいます。 ピリピリ、チクチクといった痛みは体表面の痛みである可能性が高いため、必ず目で皮膚の表面を見て変化がないか確認しましょう。 虫垂炎や 憩室炎は周囲の腹膜に炎症が起きるため、歩くと お腹に響くような痛みがあります。 穿孔性腹膜炎など重症の疾患は、歩くとお腹に響くので全く歩けない、というのが典型的です。 前述の通り、腹膜炎の痛みは少し動くだけでお腹に響くので、 「痛くてじっとしている、うずくまっている」 というのが普通です。 逆に、 「痛くてのたうちまわっている、暴れている」というようなケースは、むしろ上述した腹膜炎の可能性は低く、 尿路結石などが原因となることが多いです。 症状が軽い場合は、 ジャンプしたり、背伸びした後かかとをストンと落として、痛い部分に響くかどうか確認してみましょう。 なお、 「お腹をへこませると痛い」というのは、腹膜炎の典型的な症状ではありません。 腹壁(お腹の壁)によって 小腸や大腸が圧迫されたときの痛みですので、便秘で便やガスが溜まっている時に起こる可能性はあります。 広告 4. お腹の手術を受けたことが一度でもある人は、癒着が原因で 腸閉塞になりやすくなっています。 腸閉塞では、便が出ないどころか、ガスも全く出なくなります。 (「おならが出ない」は危険ですが、「おならがよく出る」は全く問題ありません) 一方、 水のような下痢をしている場合は、 腸炎による腹痛である可能性が高くなります。 「どんな便が出ているか?」「最終排便(直近に排便した日)はいつか?」といった排便状況を私たちは 必ず聞きますが、突然聞かれると思い出せないこともあるでしょう。 事前に確認しておきましょう。 どのような始まり方でしたか? 突然始まった ゆっくり始まった 2. どの部分が痛みますか? 一定しない みぞおち 右上腹部 右下腹部 左上腹部 左下腹部 へそ周囲 下腹部中央 お腹全体 3. 歩くと響きますか? 響く 響かない 4. 便秘・下痢はありますか? 便秘をしている 下痢をしている 通常の排便 最終排便:[ ]日前 5. 他の症状をチェックする場合は以下の記事へ.

次の