お気 を 遣 わせ て しまい。 壁紙の画像がサイズが合っててもぼやけて表示される問題について

メール講座

お気 を 遣 わせ て しまい

英語の表現自体の回答ではありません。 ちょっと気になったので。 相手がどこの国の人か分かりませんが、英米の人だったら、あなたに喜んでもらいたくて、あなたの欲しいものをプレゼントしてくれているのです。 なのにあなたが「ごめんね」といちいち謝るのだとすると、相手も気を悪くしますよ。 相手の人はあなたの反応にがっかりするはずです。 素直に喜びを表現し、お礼としてThank you very much. I really love it. とでも言えばいいのです。 あんまり難しい表現でなく、あなた自身が使いこなせる表現の方がいいと思いますよ。 また今回のことに対しお礼の品など送る必要はありません。 たった今、相手の欲しい物をあなたが知っているなら別ですが、相手が欲しがっていないものを送ったところで、相手の人は嬉しくも何ともありません。 あなたの単なる自己満足になるだけです。 そんなことよりも今後の交流を通じて、相手のして欲しいもの、手に入れたいものを敏感に感じ取って、今回相手の人があなたにしてくれたように、あなたがしてあげれば、それが一番のお礼になります。 外国の人と付き合うときは、自分を卑下するのではなく 相手には理解されません!! 、とにかく相手の気持ちを察してあげて喜んでもらうという姿勢が重要です。 2の回答者もおっしゃっているように、うれしかったら素直に「Thank you very much」といいましょう。 日本語では何でも謝ることが礼儀にあたりますが、海外では通じません。 「Thank you」ということによってあなたは相手に感謝の念を見せているのですから、この言葉を聞くと相手も送った甲斐があったというものです。 「Thank you so much for your lovely present, I really love it!! 」みたいなことを言えばいいです。 You didn't have to do that「そんなことしなくてもよかったのに」を使用してもかまいませんが、「よけいなことをして」と否定的にとられて気を曲げられる場合もあるので 経験者。。 気をつけてくださいね。 お礼の品は・・・あなたが送って気が楽になるのであればそれでいいと思います。 ただし、「物をもらったからお礼を出す」という考えは欧米には無いので、送らなくても失礼にはあたりません。 プレゼントを送ってもらいっぱなしでお礼も送らないのは考え物ですが。。。 1回目であれば別に気にしなくても大丈夫ですよ。 A ベストアンサー 気を使うというのは日本人独特の表現ではありません。 「わざわざしないで」という意味で、丁寧に言う場合は「Please don't bother to (相手の行動)」、親しい間柄では「You don't have to (相手の行動)」などと言います。 また、「私にはもったいない」という意味で「You're spoiling me. 」と言ったりもします。 「気持ちは嬉しいけど」を英語ではたいてい「お申し出はありがたいけど」と言いますので、「I truly appreciate your offer, but you really don't have to do that. 」などと書いてはどうでしょう。 ただし、日本であれ英語圏であれ、もしもプロの商売人が「無料であげる」と言っているのだとしたら、遠慮なく頂戴するものだと思いますが。 A ベストアンサー ずっと思っていた 会話中の今でもそう思ってる -I've always thought. か I've always been thinking. 現在完了形 例『i've always been thinking of you』 君のこと、ずっと思ってるよ よく似た使用例『I've always wanted this』 これ、ずっと欲しと思ってたの と思っていた-i thought.... 過去形 例『i thought you were gay. 』単純に あなたはゲイだと思ってた でも今は違うと思ってる have thought 思ってしまった は『思っちゃった』という感じ。 had thoughtは過去のある時点を語っているときに使うので、現在の話では使いません。 A ベストアンサー アメリカに35年ほど住んでいる者です。 まだ締め切っていないようですので、私なりに書かせてくださいね。 囲まれている、包まれている、と言う外側からの表現もいいですね. その表現の代わりに、あなたがしあわせに溢れている、と言う中側からの表現をしてみました. Wish you be always filled with happiness. Wish happiness be always in you. Wish happiness be always with you. May God always fill your heart with happiness また、幸せと言う物があなたを引っ張っていく、と言うような表現で、 May happiness lead your life always. May your life be always fulfilled with Happiness. 最後のように、Happinessと大文字で書く事も、幸せ! と言うフィーリングを強調する為にもいい事だと思います. そして、monti55さんとここの皆さんへ、私から、 I wish you be always filled with Happiness! アメリカに35年ほど住んでいる者です。 まだ締め切っていないようですので、私なりに書かせてくださいね。 囲まれている、包まれている、と言う外側からの表現もいいですね. その表現の代わりに、あなたがしあわせに溢れている、と言う中側からの表現をしてみました. Wish you be always filled with happiness. Wish happiness be always in you. Wish happiness be always with you. May God always fill your heart with happiness また、幸せと言う物があなたを引っ張っていく、と言う... A ベストアンサー アメリカに35年ほど住んでいる者です。 まず、これに対してのみ決まった言い方というものはありません。 御社のだしたいイメージによって変わってきます。 全く言わないで、そのまま、本題に入ることも、失礼とは見ません。 それが、メールのスタイルと見ているからですね。 つまり、Attn: Sales department customer service dept ここでは手紙のようにDear Sirs,とか書くことは殆んどありません。 もし、名前を知っているのであれば、 Attn: Mr. Jack Johnson We need to ,,,,,,, としてかまいません。 日本の感覚から言うとなんてぶっきらぼう、というかもしれませんが、問題はありません。 ただ、気をつけなくてはならないことは、スパムメールは犯罪とみなされますので、面識の全くない相手にメールを送る時には、念のために下の文をつけて置いてくださいね。 これで、スパムメールではないと言う事を表していますので。 そして、返事が来て、メールのやり取りが始まれば、これはもう書く必要はありません。 会社内の誰がメールしても、又、相手の誰でもメールを送っても。 If you no longer wish to receive these transmissions, press reply and type "REMOVE" in the subject line. If you have somehow gotten on this list in error, or for any other reason would like to be removed, please reply with "remove" in the subject line of your message. This message is being sent to you in compliance with the current Federal legislation for commercial e-mail H. 4176 - SECTION 101Paragraph e 1 A AND Bill s. 1618 TITLE III passed by the 105th U. Congress コピーすればいいだけです。 最後にメールは英語ではmailではなくe-mailですので、メールで返答してもらいたければ、Please e-mail us. 郵便でカタログなどを送ってもらいたいのであれば、 Please mail your catalogs (もしくはsend your catalogs via a mail to the below address. (住所を書いてください) 分からない点がありましたら、又補足質問をしてください。 アメリカに35年ほど住んでいる者です。 まず、これに対してのみ決まった言い方というものはありません。 御社のだしたいイメージによって変わってきます。 全く言わないで、そのまま、本題に入ることも、失礼とは見ません。 それが、メールのスタイルと見ているからですね。 つまり、Attn: Sales department customer service dept ここでは手紙のようにDear Sirs,とか書くことは殆んどありません。 もし、名前を知っているのであれば、 Attn: Mr. Jack Johnson We need to ,,,,,,, として... A ベストアンサー Would you~? 「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~? 「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。 依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。 つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。 Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。 Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。 I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。 Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。 例: Would you like another cup of tea? 「もう一杯紅茶如何ですか?」 Would you like going on a picnic? 「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」 Would you like to go on a picnic? 「同上」(このto不定詞は名詞的用法) ご参考になりましたでしょうか。 Would you~? 「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~? 「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。 依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。 つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。 Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。 Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め... A ベストアンサー I mean・・・ 今風に言えば「っていうかぁ~」みたいに使いますし、一度言ったことにもうちょっと説明を加えたいときに使います。 I like this book. この本好きなの It's interesting for me. おもしろいんだよね I mean, the story was good, and characters, too. ってかさ、話はいいし、キャラクター達もいいんだよね You know・・・ 意味はないです。 単に間をつなぐ「えっと」「あのね」「でしょ?」っていう軽い表現です。 You know , I was so busy today, you know, I worked so hard, too much talked to my client. あのね 今日すっごい忙しかったよ、あのね、一生懸命仕事してさ、お客さんといっぱい話したしさぁ。 一度覚えると使いやすい言葉ではありますが、多用すると聞き苦しい感じがします。 また両方ともカジュアルな会話で使いますので、使うときは周りの人が使っているかどうかよく確認してからのほうがいいかもしれません。 I mean・・・ 今風に言えば「っていうかぁ~」みたいに使いますし、一度言ったことにもうちょっと説明を加えたいときに使います。 I like this book. この本好きなの It's interesting for me. おもしろいんだよね I mean, the story was good, and characters, too. ってかさ、話はいいし、キャラクター達もいいんだよね You know・・・ 意味はないです。 単に間をつなぐ「えっと」「あのね」「でしょ?」っていう軽い表現です。 You know , I was so busy today, you know, I worked so hard, t... A ベストアンサー もう一度Shaggyです。 "have"を用いた表現として今思いつくのは、 "How have you been doing? "です。 "have" に関する質問の適切な答えになって いないような気はしますが・・・。 質問にある2文ですが、少なくとも正しくはないでしょう。 この場面で"have"にこだわることはないと思いますよ。 どうしても「疲れを取る」という"ニュアンス"を残したいなら、 "Did you have a good time to relax? " というのはどうでしょうか。

次の

「気遣う」と「気を使う」は違うって習いました ~電車で優先席と普通席が1席ずつ空いていたらどうするかという質問~

お気 を 遣 わせ て しまい

日常的に誰かに対して「気を遣う」という言葉は、使う事がある言葉でしょう。 書き言葉でも話し言葉でも、相手に気を遣うという事は大切な言葉です。 この「気を遣う」という言葉の正しい使い方ができているのか気になってきます。 誰かに対して「気を遣う」というのですから、この言葉自体も丁寧かつ正しい敬語表現で相手に伝えていきたいものです。 話し言葉から書き言葉に至るところまで「気を遣う」をどのように敬語表現することができるのか考えていきましょう。 単語として敬語を考える 敬語表現を考えていくところで、言葉自体の意味もわからなければ、敬語表現に直す事すら難しくなってしまいます。 「気」という単語は名詞でもあるので、難しく感じることはない事でしょう。 しかし「遣う」はどうでしょうか。 一般的に使われる「つかう」は「使う」ではないでしょうか。 実際に「気を使う」と表記されていることもあります。 しかし厳密には、それぞれ違った意味で相手に捉われることがある言葉になります。 「使う」の場合は一般用語で、主に動詞形として使われます。 「上目を使う」や「仮名を使う」と表すことができます。 対して「遣う」は限定用語で、主に名詞形として使われます。 先程の動詞を名詞系として「上目遣い(をする)」や「仮名遣い(をする)」となります。 「気を遣う」の敬語での使い方 正しい敬語で相手に伝えるためには、敬語がどのようなものであるかをしっかりと認識する必要があります。 敬語には3種類あり、「丁寧語・尊敬語・謙譲語」とそれぞれの定義によって分かれています。 丁寧語は単語頭に「お・ご」を付け、言葉を優しく包ませて語尾に「ですます調」で締める丁寧で、相手を尊重した言葉遣いの事を指します。 尊敬語と謙譲語は、主語が誰に当たるかによって使い方を分ける必要があり、敬語の難しい所はこの2つにあると言っても過言ではありません。 相手が主語に当たる場合は、相手を持ち上げた言い方で尊敬を表す「尊敬語」で、こちら側が主語に当たる場合は、こちら側を下げるへりくだった言い方をすることによって、相手が立場的に上の位置になることで相手を尊重した言い方をする言葉遣いの事を指します。 メールで相手に「気を遣う」という言葉を用いるのに気を遣わなければならない所は、主語が誰に当たるかを考えて「お気遣いいただき」と表現を適切に変えなければいけないという事です。 いくらこちら側が相手に対して「気を遣う」事をしていたとしても、相手に対してわざわざ「気を遣っております」とは言わないでしょう。 謙譲語として相手に表現するケースは珍しい事かと思われます。 相手の事を本当に気遣っているならば、やはり敬語の中でも丁寧語か尊敬語を使う事が配慮になるでしょう。 目上の人への使い方 目上の方に対して「気を遣う」という言葉を使うケースは、尊敬語一択であると言えるでしょう。 こちらがいくら気を遣っていたとしても、それは社会として当然であり、こちらが主語で「気を遣う」を言う際のケースとしては「お気を遣わせ奉りますよう」というように、少し古風ではありますが「どうかお気を遣わせてください」というような表現をしますが、そのようなケースは少ないかと思われます。 尊敬語を正しく用い、「お気遣い頂き誠にありがとうございます。 」というように誠実さを相手に示すようにしましょう。 「気を遣う」を敬語表現するときの例文 言葉の使い方についてご理解いただけた事でしょう。 では実際に、日常的にどのように「気を遣う」を遣っていけるのかを例文と共に考えて身に着けていきましょう。 ちなみに、「気を使う」にはまた別に意味があるので、書き言葉にする際は漢字の変換ミスの無いように、相手にしっかりと思っていることを伝えられるように心がけることが大切です。 たかが漢字一文字と侮らないように誤字には充分に気をつけるようにしましょう。 その一文字で相手には不本意な言葉として伝わってしまいます。 メールなどの文面のみのコミュニケーションには、字だけが相手に伝える事のできる表現方法になります。 そのあたりもしっかりと気を遣うようにしましょう。 褒め言葉の際の「気を遣う」 「気を遣う」という言葉は、相手を褒める時にも使われる言葉でもあります。 「そこまでお気を遣わないでも」というような言葉であったり、「あなたは良く人に気を遣うお人ですね」というような褒め言葉の表現としても用いることができます。 「気を遣う」を指摘 上からの意見として、相手にもっと気を遣う方が良いと子供や部下に言わなければいけない時もある事でしょう。 友達同士であれば冗談交じりに「気を遣う事をもう少し意識して」と言えるかも知れませんが、指摘として他人にいう事は相手には不快に思う事も多いでしょう。 アドバイスとして「あなたはもう少し気を遣う事ができると良いですよ」と言っても、上からの意見として伝わってしまいます。 「もう少し気を遣う事が可能でしたらお願いします」と言うと、上司からの意見として最善な敬語であると言えます。 感謝を相手に示す「気を遣う」 一般的に一番「気を遣う」という言葉を使うフレーズは、感謝の言葉をこちらから言う時ではないでしょうか。 何かしてもらった時に「お気遣いありがとうございます」というように、「気を遣う」事をされた身として感謝の言葉として相手に伝える表現になります。 相手は「気を遣いました」と言ったわけではありません。 「気を遣う」という言葉自体、意図的ではない無償の優しさからくる物なので、その優しさにこちらが気づいたときに「気を遣う」という言葉が出てきます。 「気を遣う」の別の敬語表現例 お心遣い 「気を遣う」という言葉を用いずに「お心遣い」という言葉を使う場合もあります。 同じように使う方も多くいらっしゃいますが、厳密に言うと意味が異なり、聞く人によって発信した人の意とは違った解釈を持たれかねない言葉でもあります。 「お心遣い」という言葉には心や精神、思いを形で表現するものという意味があります。 相手の気持ちや助けになる事を考えた結果として、積極的に行う行為を「お心遣い」といいます。 対してお気遣いでは、どのような意味を持っているのかも改めて考えていく必要が出てきます。 お気遣い 心や精神での思いやりについて表現したものを「お心遣い」というのに対して「お気遣い」はどのような時にどういう意味合いとして使う事ができるのか、心と気の違いも大きいものである事がわかります。 「お気遣い」は基本的に必要な行いや言葉を相手に発信する行為の事を指します。 したがって、わかりやすく例えるのであれば、怪我をして入院する際に「近いうちお見舞いに行きます。 お大事になさってください。 」という言葉に対して「お気遣いありがとうございます」というように言う事でしょう。 そうではなく、わざわざお見舞いに来てくれた際は、精神的にも助けられ、心に感謝する側として「お心遣いありがとうございます。 」と使うことができます。 ご配慮 「気を遣う」を「お気遣い」とした場合でも類語があり、「ご配慮」というものもあります。 「ご配慮」は、あいさつ文や報告書などの少し堅いビジネスシーンであっても問題なく使用できる言葉であり、意味も「お気遣い」と似ているため、目上の方や取引先など敬意を払うべき相手にも共通して使える言葉です。 意味としては、ご配慮の方が「お気遣い」より広い意味合いを含んでいるため、使えるシーンも幅が広いと言えます。 先程少し申し上げた通り、こちらから「お気遣い願います」と相手の心を強要することはできませんが、「ご配慮願います」であれば、心からでなくても「気にして」貰いたい事を求められるのです。 「気を遣う」を正しく相手に伝えましょう.

次の

ヤバイ! 「育ちが悪い女性」が言いがちなこと・6つ|「マイナビウーマン」

お気 を 遣 わせ て しまい

ビジネスシーンで「お騒がせしました」の使い方ですが、トラブルが起きてしまった後に改めてお詫びをする時に使う言葉です。 例えばあなたの作業が原因で職場の周りの人達を巻き込んでしまい、簡単にはもとに戻せないほどの大きなミスをしてしまったとします。 そのミスの修正をした時に、職場の周りの人達もホッとしています。 しかしミスした事であなたに対して怒っている人もいます。 そんな時にどうすべきでしょうか。 周りの人たちはなぜ怒っているか、それは起こしてしまったミスへの謝罪や反省をして二度と迷惑をかけないようにしてほしいからです。 そうです。 この時にこそ「お騒がせしました」を使うべきなのです。 お騒がせしましたは起こしてしまったミスへのお詫びをする時の周りの人たちへの反省の意思を伝えるために使う言葉なのです。 互いの今後の関係にわだかまりを作らないためにも使う 迷惑をかけてしまった人たちに許してもらうためには失敗を今後に活かすための対策を相手に伝えるといいでしょう。 失敗は失敗したままではよくありません。 なぜなら失敗を繰り返している事は成長していない事と同じだからです。 失敗は成功の母とも言います。 失敗からたくさんの事を学ぶことができます。 あなたのミスで迷惑をかけてしまった人達が望んでいるのは二度と同じことで巻き込まれたくないと思っているはずです。 お詫びと共に失敗した事を活かした対策を考え実行してくれることを望んでいるのです。 それができない場合はいくら頭を深く下げてお詫びしても、反省していないのと同じなのです。 誠意を見せるためにもこれからどういう対策を講じようと思っているのかをしっかりと伝えてあなたの誠意を見せていきましょう。 マヨタ商事の田中太郎と申します。 先程お送りしました下記メールですが、当方の宛先入力の間違いで油田様にお送りしてしまいました。 大変お騒がせいたしまして申し訳ございません。 今後このような事のないよう、重々注意してゆく所存ですので、何卒ご容赦いただけますよう重ねてお願いいたします。 どうぞよろしくお願いいたします。 迷惑をかけてしまうとその責任を重く感じ、わだかまりが残ったままでいるとその後のお互いの関係に亀裂が生じたり、委縮してしまいお互いのコミュニケーションに影響が出てしまう事があります。 ミスをした人はきちんとお詫びをする事だ大事です。 そうすることでわだかまりを解消する事ができます。 許してもらうためには上手にお詫びするコツがあります。 言い訳をせず素直に非を認め、反省の態度と誠意を示す事と失敗した事を今後に活かすための対策を講じる事と巻き込んでしまった人たちへの謝罪とフォローを心がけるのです。 そうすればお互いのわだかまりが解消され、今後も円滑なコミニュケーションがとれるようになりますお騒がせしましたと共に謝罪の言葉を丁寧に述べる事で相手に丁寧に謝る事ができます。 この時にコツで学んだ事をしっかりと実践する事が相手との関係を修復するために大事な事です。 お騒がせしましたを使う時は今後はこのような事が無いように対策をしっかりと考えそれを伝え相手への誠意をしっかりと示していきましょう。

次の