遊戯王 ストラクチャー デッキ リボルバー。 ストラクチャーデッキ「リボルバー」特集

遊戯王OCG デュエルモンスターズ ストラクチャーデッキ リボルバー

遊戯王 ストラクチャー デッキ リボルバー

10年以上も前に大ヒットしたカードゲームの遊戯王ですが、シリーズなどの変更によって今ではスマホゲームなどでも遊べるようになっています。 やはり当時遊んでいた人は「ゲームじゃなくてカードを使ってデュエルしたい」と考えている方も多いと思います。 10数年前以上も前の遊戯王のキャラクターが 復刻版として新たに登場したことにより、大人たちでも当時の懐かしさを覚えて楽しむことが出来ています。 とは言っても今からカードを集めるのはとても大変ですよね。 そんな方に 今すぐにデュエルできる方法をご紹介します。 どうしてもすぐに勝ちたい。 という方は、まず ストラクチャーデッキを購入することをおすすめします。 そのストラクチャーデッキによりますが、およそ40枚入りなので1個購入すればすぐに遊べることができるのです。 初代遊戯王と言えば 武藤遊戯(むとう・ゆうぎ)シリーズですよね。 現在20代や30代の方が子供の頃に遊んでいた遊戯王は武藤遊戯が主人公だったシリーズだと思います。 「あ〜懐かしい。 これこれ」と感じるストラクチャーデッキになっています。 初代遊戯王「武藤遊戯」シリーズのストラクチャーデッキの特徴は、攻撃力と守備力の項目が大きく記載されていることです。 最新の遊戯王では攻撃力と守備力の項目が1番下に小さく表示されているので、違いがハッキリと分かると思います。 初代遊戯王のストラクチャーデッキの中には、15年以上経っても人気が衰えないキャラクターもたくさん存在します。 テレビでアニメが放送されていたり、マンガでも連載されていたので、ストーリーからキャラクターを好きになる方も多いのではないでしょうか。 2代目遊戯王としてシリーズ化されたのが、遊城十代(ゆうき・じゅうだい)です。 この2代目遊戯王から攻撃力と守備力の項目が小さくなり、効果の項目が大きくなりました。 10代後半〜20代前半の方が「懐かしいな〜」と感じるシリーズだと思います。 2代目遊戯王から、毎週テレビアニメが放送されていたので、テレビにかじりつく子供も多かったと思います。 初代遊戯王と比べて1番変わった部分は「ルール」です。 初代遊戯王だけしか知らない方は2代目遊戯王のルールに困惑してしまうと思います。 つまり、初代遊戯王しか知らない方は「武藤遊戯シリーズ」のストラクチャーデッキを購入した方が困惑しないで済むと思います。 2代目遊戯王のルールは難しくはないので、チャレンジしてみたい方は「遊城十代シリーズ」のストラクチャーデッキをおすすめします。 3代目の遊戯王と言えば、不動遊星(ふどう・ゆうせい)シリーズです。 5D'sとも言われているシリーズで、10代の方がつい最近までやっていたカードゲームと言えば不動遊星のストラクチャーデッキです。 5D'sは、これまでの遊戯王とは全く変わり、アニメの中では登場人物がバイクで走りながら戦うという斬新なタイプになっています。 もちろんカードゲームはバイク上で戦う必要はありません。 机の上で遊ぶことができます。 3代目の不動遊星シリーズでは、モンスターの召喚方法に違いが出てきます。 今までモンスターの召喚は生贄や融合などで召喚することが出来ていましたが、3代目の遊戯王は 「シンクロ」ルールをメインにしています。 遊戯王の中でもライバルキャラクターが使用することが多いアンデット属性のモンスターですが、使い方によってはとても強力でコアなファンが使っている印象が強いです。 アンデット属性のモンスターが特殊効果がとても魅力的なのです。 戦闘に敗れて墓地に送られたと思ったら、突然復活したり、墓地にいながらも特殊効果を発揮したりなど、まさにどこまでもついてくるゾンビのような存在感があります。 アンデットのストラクチャーデッキでおすすめされているのがヴァンパイアジェネシスを中心としたデッキです。 ヴァンパイアデッキは、それぞれのカードがもたらす相乗効果がとても大きく、連携できるカードが揃っていればとても強くなります。 そのため、パックを購入するのではなく強力カードが揃っているストラクチャーデッキを購入することをおすすめします。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. これまで融合召喚・特殊召喚・シンクロ召喚などで慣れていた方は、このストラクチャーデッキに収録されているのはリンク召喚です。 難しい内容とお伝えしましたが、このストラクチャーデッキには「これから遊戯王を始めたいと考えている人」に対して、分かりやすい説明書が同封されているので「とても分かりやすい」と好評です。 親御さんからも「子供に買ってあげたら喜んだ」とコメントが寄せられており、今ドキの世代にぴったりのストラクチャーデッキになっています。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. フィールドと墓地のモンスターを全てアンデット族として闘うアンデットワールドが復活しています。 戦術を強化する新規カードも多数収録されています。 新規カードとして「タツネクロ」「死霊王 ドーハスーラ」「屍界のバンシー」「グローアップ・ブルーム」「アンデット・ネクロナイズ」「アンデット・ストラグル」「リターン・オブ・アンデット」「真紅眼の不屍竜」という強力カードが入っています。 まさに不死身デッキと呼んでもおかしくないほどのコンビネーションで相手の戦術を崩壊させるほどの強力なストラクチャーデッキになっています。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. シンクロ召喚が慣れている方は即戦力になるカードばかり収録されているのストラクチャーデッキです。 低レベルを特殊召喚する効果を持つ「ジャンク・シンクロン」や自身の効果で特殊召喚のできる「ジェット・シンクロン」などを駆使して素材を集めながら、シンクロ召喚を続け「スターダスト・ウォリアー」を召喚することができます。 低レベルなモンスターだけしかいなくてもハイスピードで強力なモンスターを召喚できるのがシンクロ召喚の良いところです。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. ドラゴン族が好きな方は大興奮すること間違いなし。 強力な新規カードが多数収録されました。 モンスターカードだけではなく、ドラゴン族をサポートもあります。 「竜の転生」や「竜の渓谷」「レッドアイズ・ダークネス・メタルドラゴン」も入っています。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. 新規カードとして、「天帝アイテール」「冥帝エレボス」「冥帝従騎エイドス」「天帝従騎イデア」「汎神の帝王」「真源の帝王」を収録しています。 リニューアル前と同じく「帝で戦う」ことをコンセプトとしており、リニューアル前が「次元帝」だったのに対し、このストラクチャーデッキでは「家臣帝」となっています。 収録カードも帝のアドバンス召喚に特化した構築となっています。 このストラクチャーデッキに収録されているカードを別のデッキの強化用として使用することはおすすめできません。 それぞれのカードが特殊効果を発揮していくので、このストラクチャーデッキを使って闘う方が良いでしょう。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. 「E・HERO」はもちろん「M・HERO」も入っていることから、お互いのコンビネーションが発揮される強力なストラクチャーデッキです。 新カードも多数収録されており、「E・HEROシャドー・ミスト」はスーパーレアカードとして入っています。 特殊効果が2つあり、一定条件を満たすと発動することができる内容になっています。 1番の注目は「C・HEROカオス」です。 このカードは融合召喚でしか特殊召喚できません。 注目な効果は2つあり、その中でも「1ターンに1度、フィールド上のカードの効果をターン終了時まで無効にする」ことができる強力なカードです。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. このストラクチャーデッキで特に注目なのが「磁石の戦士」です。 購入した方からは「おかしいぐらい強い」と、興奮したコメントが寄せられていました。 「電磁石の戦士マグネット・バルキリオン」と「電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン」のコンビが実現しました。 このストラクチャーデッキの特徴は、融合です。 1つのモンスターも強いですが、さらに融合を重ねていくことで相乗効果を発揮してモンスターがどんどん強化されていきます。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. 当然、ブルーアイズホワイトドラゴンは入っていますが、ブルーアイズホワイトドラゴンだけではないのが魅力です。 超強力モンスターである「A to Zドラゴンバスターキャノン」を始めとする機械族のモンスターも入っているのです。 「なぜ海馬瀬人が機械族」と疑問に思うかもしれませんが、それらのカードが持つ特殊効果が海馬瀬人本来のデッキと相性が抜群だったのです。 相手のモンスターの効果の発動・魔法・罠カードの発動を無効にして破壊できるという誘発即時効果を持ち合わせ、自身モンスターを除外することで特定のモンスターを帰還させられるという連携に優れたストラクチャーデッキになっています。 商品名• 海馬瀬人ストラクチャーデッキ• 武藤遊戯ストラクチャーデッキ• HERO's STRIKE• ストラクチャーデッキR 「真帝王降臨」• ストラクチャーデッキR 巨神竜復活• シンクロン・エクストリーム• ストラクチャーデッキR アンデットワールド• 遊戯王OCGデュエルモンスターズ• ストラクチャーデッキ 機械の叛乱• RARITY COLLECTION レアリティ・コレクション• ドラゴン属性史上最強のデッキ• 岩石族の超融合デッキ• E・HEROが魅せるコンビネーションデッキ• 〜破壊と創造〜圧倒的な力で相手を倒す• 伝説の巨竜フェルグラントが神の力を纏う• シンクロ召喚で相手を圧倒• 相手の戦術を崩壊させる威力• リンク召喚で相手を圧倒• -機械の叛乱-のリニューアル• レアカードのオンパレード• 2158円 税込• 3200円 税込• 2920円 税込• 1530円 税込• 1680円 税込• 2380円 税込• 925円 税込• 2125円 税込• 3000円 税込• 7378円 税込• カード属性• ドラゴン・機械• 岩石族• 戦士族• アンデット族• ドラゴン族• 戦士族• アンデット族• スタンダード• 機械族• スタンダード• 主要カード• 青眼の白龍・ AtoZドラゴンバスターキャノン• 超電導戦機インペリオン・マグナム• C・HEROカオス• 冥帝エレボス• 巨神竜フェルグラント• スターダスト・ウォリアー• 死霊王 ドーハスーラ• デコード・トーカー• 古代の機械熱核竜• 商品リンク•

次の

【デュエリスト必見】遊戯王ストラクチャーデッキのおすすめ人気ランキング10選

遊戯王 ストラクチャー デッキ リボルバー

「ストラクチャーデッキ リボルバー」の収録カードリストや新規カード・再録カードなどの最新情報をまとめたページです。 「ストラクチャーデッキ リボルバー」は、アニメ「遊戯王 VRAINS」に登場する「リボルバー(鴻上了見)」の使用するカードや、「ヴァレット」「ヴァレル」テーマを収録した構築済みデッキです。 発売日は2019年6月22日、価格は1200円(税抜)で、 「エクストラデッキ強化パック」が付属しています。 このページでは、「ストラクチャーデッキ リボルバー」の収録カードリストを一覧表にし、新規カード・再録カードなどの最新情報をまとめています。 収録カードの画像・効果や、 3箱合体デッキレシピ・予約情報・商品情報についてもまとめました。 ぜひ「ストラクチャーデッキ リボルバー」購入の参考にしてください。 収録カードの型番・レアリティ・枚数を記載しています。 型番は「SD36-JP0XX」です。 カードの正確な型番は未確定です。 [01] 《シルバーヴァレット・ドラゴン》• [02] 《ヴァレット・トレーサー》• [03] 《ヴァレット・リチャージャー》• [04] 《エクスプロードヴァレット・ドラゴン》• [05] 《アブソルーター・ドラゴン》• [06] 《チェックサム・ドラゴン》• [23] 《ヴァレル・サプライヤー》• [24] 《ラピッド・トリガー》• [33] 《ゼロ・デイ・ブラスター》• [34] 《ガンスリンガー・エクスキューション》• [01] 《ヴァレルロード・F・ドラゴン》• 1 :フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。 このカードを破壊する。 その後、相手のEXデッキを確認し、その内の1枚を選んで除外する。 2 :フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。 デッキから「シルバーヴァレット・ドラゴン」以外の「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。 《シルバーヴァレット・ドラゴン》は、フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果発動時、自身を破壊する効果を持ちます。 「ヴァレット」モンスター共通の自壊効果になります。 その後の固有効果として、相手のエクストラデッキの1枚を選んで除外できます。 ランダムではなく、確認して墓地に送れるので、確実にモンスターを排除できます。 また、戦闘・効果 破壊 でフィールドから墓地に送られたターンのエンドフェイズに、同名以外の「ヴァレット」モンスター1体をリクルートできます。 リクルート効果も「ヴァレット」モンスター共通効果になります。 自爆特攻以外にも、《ヴァレルロード・ドラゴン》《ヴァレルソード・ドラゴン》の効果で破壊を狙えます。 2 :このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、 このカード以外のモンスターがリンクモンスターのリンク先に特殊召喚された場合に発動する。 フィールドのカードを全て除外する。 3 :このカードが自身の効果で除外された場合、 次のターンのスタンバイフェイズに発動する。 除外されているこのカードを特殊召喚する。 1 :手札を1枚捨て、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。 この効果でリンクモンスターを破壊した場合、さらにそのリンクマーカーの数まで、 自分の手札・墓地から「ヴァレット」モンスターを選んで特殊召喚できる(同名カードは1枚まで)。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分はリンク2以下のモンスターをEXデッキから特殊召喚できない。 [07] 《アネスヴァレット・ドラゴン》• [08] 《オートヴァレット・ドラゴン》• [09] 《マグナヴァレット・ドラゴン》• [10] 《シェルヴァレット・ドラゴン》• [11] 《メタルヴァレット・ドラゴン》• [12] 《ヴァレット・シンクロン》• [13] 《ゲートウェイ・ドラゴン》• [14] 《デフラドラグーン》• [15] 《バックグランドドラゴン》• [16] 《ラブラドライドラゴン》• [17] 《鉄騎龍ティアマトン》• [18] 《竜魔導の守護者》• [19] 《創世の竜騎士》• [20] 《霊廟の守護者》• [21] 《星杯の守護竜》• [25] 《スクイブ・ドロー》• [26] 《クイック・リボルブ》• [27] 《リボルブート・セクター》• [28] 《ヴァレル・リロード》• [29] 《竜の霊廟》• [30] 《復活の福音》• [31] 《融合》• [35] 《レッド・リブート》• [36] 《リンク・デス・ターレット》• [37] 《ミラーフォース・ランチャー》• [38] 《聖なるバリア -ミラーフォース-》• [39] 《魔法の筒》• [03] 《ヴァレルロード・ドラゴン》• [04] 《スリーバーストショット・ドラゴン》• 1 :フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。 このカードを破壊する。 その後、フィールドの表側表示モンスター1体を選ぶ。 そのモンスターは攻撃できず、効果は無効化される。 2 :フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。 デッキから「アネスヴァレット・ドラゴン」以外の「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。 1 :フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。 このカードを破壊する。 その後、フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで墓地へ送る。 2 :フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。 デッキから「オートヴァレット・ドラゴン」以外の「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。 1 :フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。 このカードを破壊する。 その後、フィールドのモンスター1体を選んで墓地へ送る。 2 :フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。 デッキから「マグナヴァレット・ドラゴン」以外の「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。 1 :フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。 このカードを破壊する。 その後、このカードが存在していたゾーンと同じ縦列のモンスター1体を選んで破壊し、 その隣のゾーンにモンスターが存在する場合、それらも破壊する。 2 :フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。 デッキから「シェルヴァレット・ドラゴン」以外の「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。 1 :フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。 このカードを破壊する。 その後、このカードが存在していたゾーンと同じ縦列の相手のカードを全て破壊する。 2 :フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。 デッキから「メタルヴァレット・ドラゴン」以外の「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。 そのモンスターを効果を無効にして守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。 1 :相手フィールドにリンクモンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。 2 :1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。 手札からレベル4以下のドラゴン族・闇属性モンスター1体を特殊召喚する。 1 :このカードは手札の他のモンスター1体を墓地へ送り、手札から特殊召喚できる。 2 :このカードが墓地に存在する場合、 自分の墓地からこのカード以外の同名モンスター3体を除外して発動できる。 このカードを墓地から特殊召喚する。 1 :このカードが墓地に存在し、自分フィールドにカードが存在しない場合に発動できる。 墓地のこのカードと手札のレベル4以下のドラゴン族モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。 そのウロコから生まれる眩い輝きは、見た者の魂を導き、 感情を解放させる力を持つ。 このカード名の 1 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :3枚以上のカードが同じ縦列に存在する場合に発動できる。 このカードを手札から特殊召喚する。 この効果は相手ターンでも発動できる。 2 :このカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。 このカードと同じ縦列の他のカードを全て破壊する。 3 :このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 このカードと同じ縦列の使用していないゾーンは使用できない。 1 :このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。 デッキから「融合」通常魔法カードまたは「フュージョン」通常魔法カード1枚を手札に加える。 2 :EXデッキの融合モンスター1体を相手に見せて発動できる。 そのモンスターにカード名が記されている融合素材モンスター1体を自分の墓地から選んで裏側守備表示で特殊召喚する。 1 :このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 このカードのレベルは相手ターンの間4つ上がる。 2 :このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。 デッキからレベル7・8のドラゴン族モンスター1体を墓地へ送る。 3 :手札を1枚墓地へ送り、 自分の墓地のレベル7・8のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。 このカードを墓地へ送り、対象のモンスターを特殊召喚する。 1 :ドラゴン族モンスターをアドバンス召喚する場合、 このカードは2体分のリリースにできる。 2 :このカードが手札・墓地に存在し、 「霊廟の守護者」以外のフィールドの表側表示のドラゴン族モンスターが効果で墓地へ送られた場合、 または戦闘で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。 このカードを特殊召喚する。 さらに墓地へ送られたモンスターが通常モンスターだった場合、 自分の墓地のドラゴン族通常モンスター1体を選んで手札に加える事ができる。 1 :自分フィールドのリンク状態のモンスターを対象とする魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、 手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。 その発動を無効にし破壊する。 2 :墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の通常モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターをリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。 1 :自分メインフェイズに発動できる。 自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。 この効果で墓地へ送ったカードの中に「ライトロード」モンスターがあった場合、 このカードの攻撃力は相手ターン終了時まで200アップする。 2 :自分エンドフェイズに発動する。 自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。 1 :自分フィールドの「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを破壊し、自分はデッキから2枚ドローする。 26 《クイック・リボルブ》 速攻魔法 1 :デッキから「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、エンドフェイズに破壊される。 27 《リボルブート・セクター》 フィールド魔法 このカード名の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :フィールドの「ヴァレット」モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。 2 :自分メインフェイズに以下の効果から1つを選択して発動できる。 28 《ヴァレル・リロード》 装備魔法 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :自分の墓地の「ヴァレット」モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。 そのモンスターを特殊召喚し、このカードを装備する。 このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは除外される。 2 :装備モンスターが破壊された事でこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。 自分はデッキから1枚ドローする。 29 《竜の霊廟(りゅうのれいびょう)》 通常魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 1 :デッキからドラゴン族モンスター1体を墓地へ送る。 この効果で墓地へ送られたモンスターがドラゴン族の通常モンスターだった場合、 さらにデッキからドラゴン族モンスター1体を墓地へ送る事ができる。 30 《復活の福音(ふっかつのふくいん)》 通常魔法 1 :自分の墓地のレベル7・8のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 2 :自分フィールドのドラゴン族モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、 代わりに墓地のこのカードを除外できる。 31 《融合(ゆうごう)》 通常魔法 1 :自分の手札・フィールドから、 融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、 その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。 32 《ツインツイスター》 速攻魔法 1 :手札を1枚捨て、フィールドの魔法・罠カードを2枚まで対象として発動できる。 そのカードを破壊する。 1 :相手が罠カードを発動した時に発動できる。 その発動を無効にし、そのカードをそのままセットする。 その後、相手はデッキから罠カード1枚を選んで自身の魔法&罠ゾーンにセットできる。 このカードの発動後、ターン終了時まで相手は罠カードを発動できない。 2 :自分が戦闘ダメージを受ける度にこのカードにカウンターを1つ置く。 3 :自分メインフェイズ2に、このカードのカウンターを1つ取り除き、 自分の墓地の「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、フィールドから離れた場合に除外される。 この効果を発動するターン、自分は闇属性のリンクモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。 37 《ミラーフォース・ランチャー》 永続罠 1 :1ターンに1度、自分メインフェイズに手札からモンスター1体を捨てて発動できる。 自分のデッキ・墓地から「聖なるバリア -ミラーフォース-」1枚を選んで手札に加える。 2 :セットされたこのカードが相手の効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。 墓地のこのカードと自分の手札・デッキ・墓地の「聖なるバリア -ミラーフォース-」1枚を選び、 そのカードとこのカードを自分フィールドにセットする。 この効果でセットしたカードはセットしたターンでも発動できる。 38 《聖なるバリア -ミラーフォース-》 通常罠 1 :相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。 相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て破壊する。 39 《魔法の筒(マジック・シリンダー)》 通常罠 1 :相手モンスターの攻撃宣言時、 攻撃モンスター1体を対象として発動できる。 その攻撃モンスターの攻撃を無効にし、 その攻撃力分のダメージを相手に与える。 40 《王宮の勅命(おうきゅうのちょくめい)》 永続罠(制限カード) このカードのコントローラーはお互いのスタンバイフェイズ毎に700LPを払う。 700LP払えない場合このカードを破壊する。 1 :このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、 フィールドの全ての魔法カードの効果は無効化される。 2 :1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。 この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。 この効果は相手ターンでも発動できる。 3 :このカードが相手モンスターに攻撃するダメージステップ開始時に発動できる。 その相手モンスターをこのカードのリンク先に置いてコントロールを得る。 そのモンスターは次のターンのエンドフェイズに墓地へ送られる。 その発動を無効にする。 2 :このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、 その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。 3 :このカードをリリースし、自分の墓地のリンク2以下のモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 その後、手札からレベル4以下のドラゴン族モンスター1体を特殊召喚できる。 この効果はこのカードが特殊召喚したターンには発動できない。 1 :1ターンに1度、このカード以外の フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターの攻撃力・守備力は500アップする。 この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。 2 :リンク召喚したこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合、 このカード以外の自分の墓地のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 《シルバーヴァレット・ドラゴン》2• 《ヴァレット・トレーサー》 3• 《アブソルーター・ドラゴン》3• 《アネスヴァレット・ドラゴン》1• 《オートヴァレット・ドラゴン》1• 《マグナヴァレット・ドラゴン》2• 《シェルヴァレット・ドラゴン》1• 《メタルヴァレット・ドラゴン》1• 《ヴァレット・シンクロン》3• 《ゲートウェイ・ドラゴン》1• 《ラピッド・トリガー》1• 《スクイブ・ドロー》2• 《クイック・リボルブ》3• 《リボルブート・セクター》3• 《ヴァレル・リロード》2• 《ゼロ・デイ・ブラスター》1• 《ミラーフォース・ランチャー》2• 《聖なるバリア -ミラーフォース-》2• 《魔法の筒》1 【エクストラデッキ】(15枚)• 《ヴァレルロード・F・ドラゴン》1• 《ソーンヴァレル・ドラゴン》1• 《ヴァレルロード・ドラゴン》2• 《ヴァレルソード・ドラゴン》2• 《スリーバーストショット・ドラゴン》1• 《ブースター・ドラゴン》1• 《トポロジック・ゼロヴォロス》1• 《ストライカー・ドラゴン》2• 《水晶機巧-ハリファイバー》1• 《星杯の神子イヴ》1• 全ての新規カード・高額な再録カードの買取価格を表示しています。 Amazon・楽天市場・Yahoo! ショッピング・トレトクなどの通販サイトや、Twitterのショップアカウントのツイートを参考にしました。 Amazonでは、1,296円(税込)+ 送料無料で予約できます。 ポイントなどのこだわりがなければ、Amazonで予約することをオススメします。 楽天市場では、992円+ 送料で予約できます。 本体価格自体は定価を下回るものが多いですが、 送料が600~800円前後のため、合計すると定価を超える価格となります。 ショッピングの予約画面 「ストラクチャーデッキ リボルバー」のYahoo! ショッピングの予約画面はこちらです。 Yahoo! ショッピングでは、967円+ 送料で予約できます。 楽天市場と同様、送料込みで考えると定価を超える価格となっています。 発売日は2019年6月22日、定価は1,200円(税抜)です。 構築済みデッキ1個(41枚)に、恒例の公式ルールブックと紙製のプレイマットが付属します。 2018年12月に発売した 「」同様に、 「エクストラデッキ強化パック」が付属しており、【ヴァレット】デッキを大きく強化できます。 参考記事: 「ストラクチャーデッキ リボルバー」公式CM 遊戯王の最新情報を「きりぶろLINE」で毎朝配信中です。 自分で情報を調べる必要がないので、とってもラクチンですよ。 今だけ参加特典として、 きりぶろLINE限定情報をプレゼント中。 すでに 6,000人以上のデュエリストが参加しています。 また、「ストラクチャーデッキ リボルバー」の3箱合体デッキレシピ・買取価格・予約情報・商品情報もまとめました。 「ストラクチャーデッキ リボルバー」は、初心者向けに簡単なカードが多数収録されています。 遊戯王に興味を持っている方は、これを機にぜひ遊戯王カードを始めてみてくださいね。

次の

「ストラクチャーデッキ リボルバー」のおすすめカード14選!

遊戯王 ストラクチャー デッキ リボルバー

どうも、ハイロンです! 今回は、「 」が出たということで、「ヴァレット」デッキを作ったので紹介します。 のみで作ったバージョン(正確には、の付録である「ストラー・ドラゴン」を使いますが。 の2つの共通効果があります。 では、を使ったデッキレシピを紹介したいと思います。 融合とリンク召喚を中心とするデッキにしてます。 【スポンサードリンク】 デッキの動かし方 デッキの動かし方としては、リンクモンスターを出すことが基本になります。 なので、まずは「ストラー・ドラゴン」をリンク召喚し、「リボルブート・セクター」をサーチするところから始めるといいでしょう。 「ストラー・ドラゴン」は、レベル4以下のドラゴン族1体でリンク召喚できるので、「クイック・リボルブ」やドラゴン族を召喚するなどして、作るといいでしょう。 「リボルブート・セクター」をサーチできれば、手札or墓地からさらに「ヴァレット」をして、さらなるリンク召喚へ繋げたり、「ヴァレット・トレーサー」の破壊対象にも使えます。 リンクモンスターを出せたら、「ヴァレット」を対象に取って効果の発動を起動すると「ヴァレット」モンスター達の効果が使えます。 ちなみに、リンクモンスターの対象になった場合の「ヴァレット」モンスターの効果ですが... となってます。 そして、「ヴァレット」が戦闘・効果破壊されたエンドフェイズには、デッキから「ヴァレット」をできますので、お忘れなく! ターン1制限ですが、自分フィールドのモンスターが戦闘・効果で破壊された場合に、1枚ドローできるカードです。 「ヴァレット」やその関連サポートカードには、破壊するカードが多いので、ドローソースとして活用するのもいいでしょう。 では最後に、改良案・強化案を参考にしつつ、自由に作った「ヴァレット」デッキバージョンも載せておきますね。 基本的なことは変わりませんが、 「ヴァレット・トレーサー」の効果でレベル4の「ヴァレット」非チューナーを出したり、「ヴァレット・シンクロン」で「アブソ・ドラゴン」を蘇生したりするとレベル8が作れる動きが加わっています。 採用したカードで補足を入れておくと、「光の護封剣」ですが、「デリンジャラス・ドラゴン」の効果の兼ね合いと「ヴァレット・トレーサー」で破壊する表側のカードとして採用しています。 (望みは薄いですが、いずれ様が使ってくれることを期待してます。 ) 罠カードは、自分のモンスターを破壊するような「タクティカル・エクスチェンバー」や「激流葬」で固めて、相手ターンでも「ヴァレット」の効果を使えるようにしています。 【スポンサードリンク】 まとめ 「ヴァレット」デッキは、いかがでしたでしょうか? 今回は、のカードのみで構築したデッキと、少し自由に作ったデッキの2パターンを紹介してみました。 個人的には、「ヴァレット・トレーサー」もそうなのですが、「シルバーヴァレット・ドラゴン」の効果がとても魅力的に感じ、「ヴァレット」デッキを作ってみました。 いずれは【ヴァレット・ローズ・ドラゴン】デッキの構築も試したいと思っています。 もし興味があれば作ってみてください~。 ではこのあたりで「ヴァレット」デッキの紹介を終わります。 「 」に収録されているカード中から、回収しておきたいカードについて、まとめた記事もあるので、もしよろしければご覧下さい。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の