黒猫のおうて。 黒猫のおうて!(八奈川景晶) : 富士見ファンタジア文庫

しまじろうシリーズの登場キャラクター

黒猫のおうて

黒猫のおうて! 黒猫のおうて! 女流の身で奨励会の三段リーグに入り、抜ければ正真正銘の四段プロ棋士となれたのに、何か理由があって将棋界を去った女性が、仕事をしながら改めてプロ棋士を目指そうとして、成績優秀者なら受けられる編入試験を目指し、アマチュアでも参加できる棋戦に挑む「将棋指す獣」(原作・佐藤真通、漫画・市丸いろは)という漫画がある。 ヒロインだけでなく、アマチュアの強豪もほかに出て来て、それぞれに将棋を指す理由めいたものが語られる。 読めばプロ棋士になることの辛さ、大変さ、けれども求めざるを得ない強情さを感じさせてくれる。 そこまでしてプロ棋士になりたい人たちがいる一方、奨励会の三段リーグを全勝で突破し、四段のプロ棋士になる資格を得ながら、将棋を辞めてしまった天才棋士の男子が出てくるのが、八奈川景晶の「黒猫のおうて!」(ファンタジア文庫、630円)だ。 三段リーグを全勝で抜けながら、プロ棋士になるのを辞めてしまった元奨励会員の名前は長門成海。 最終局で7手詰めまで追い込みながらも相手が最後まで投了しなかった対局の際に、自分がやっていることの意味にふと気付き、これ以上は続けられないと将棋界から離れた。 三段リーグで全勝すれば四段に昇段するのは決定事項。 今だと勝利した瞬間に四段と認められるはず。 とはいえ、未だ棋戦には参加していない棋士が引退なんて出来るのか。 そこが少し気になった。 そうやって離れてしまった立場から復帰できるのかといった部分にも関わってくるから、事情を知っている人がいたら聞いてみたい。 ともあれ、プロにならずニートになってアパートで寝起きするだけになっていた成海の部屋の扉を叩く音がする。 開けると、そこにはゴスロリ衣装を着た女子がいた。 聞けば三河美弦という名の女流棋士で、それなりに知られてはいたけれど、プロ棋士を相手に勝てないから、何が悪いのかを成海に見てもらいに来たという。 将棋を離れたことを伝えておひきとり願いたかったけど、なかなか引かない美弦のプロ棋士には勝てない理由を探ろうと対局し、その理由に感づく。 もちろん、そこで教える立場になる義理はなかった。 にも拘わらず、翌日からも迷わずゴスロリ服で通ってくる美弦を相手に師匠めいたことを続け、美弦の姉で女流タイトルを持つ美夏や、大家の娘の安芸茜らを巻き込んで、ニートの元棋士による将棋道場が作られる。 相手をリスペクトしすぎるのか、それで手が止まってしまうのか、美弦が男性のプロ棋士に勝てない理由はだいたい成海にも見えている。 それをしっかりを自覚して、戦い方に反映すれば解決する問題だけれど、それが出来ないからこその相談なんだろう。 おまけに克服したと思ったら、早速別の問題が持ち上がってゴスロリ姿での対局がそのまま続いてしまいそうになる。 嬉しいけれども棋士としてはどうなのか。 そこは白鳥士郎の「りゅうおうのおしごと」(GA文庫)シリーズにも、ゴシックな衣装で対局する女流騎士がいるから大丈夫なのかもしれない。 結果、得られる憧れの棋譜をまね、最善を尽くして戦う価値を教えて貰えるストーリーが繰り広げられていく「黒猫のおうて!」。 アニメーション化もされた「りゅうおうのおしごと」のように、正式な意味でのプロ棋士ではないけれど、収入は得ているという意味ではアマチュアではない、どこか宙ぶらりんの立場にある女流棋士の難しさを世に知らしめる啓発的な展開は薄い。 棋士が対局に臨むのにどこまででも自分を深め、削って立ち向かうシリアスな描写も少ないけれど、棋士という存在に興味を抱き将棋という遊びをやってみたいと思うようになることは確かだ。 いろいろあって何歩か進んだ将棋界の中、成海と美弦の将棋とプライベートでの関係がどう進むかが気になるところ。 というか、美弦は「りゅうおうのおしごと」の空銀子のように女、流で奨励会に入って三段になってプロ棋士を目指している訳ではないから、成海としのぎを削るような場面はしばらくなさそうだ。 だから、究極の可能性を突き詰めた「りゅうおうのおしごと」のようにヒリつく展開は少ないかもしれない。 その代わり、ソフトで緩やかに楽しく、そしてちょっぴり厳しい雰囲気で、将棋界と女流棋士の世界に誘ってくれる物語として読んでいくことが出来そうだ。

次の

黒猫のおうて!

黒猫のおうて

新刊自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。 ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!• ・買い逃すことがありません!• 現在発売中の最新号を含め、既刊の号は含まれません。 ご契約はページ右の「新刊自動購入を始める」からお手続きください。 配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。 ご契約中は自動的に販売を継続します。 不定期に刊行される「増刊号」「特別号」等も、自動購入の対象に含まれますのでご了承ください。 お支払方法:クレジットカードのみ 解約方法:マイページの「予約・新刊自動購入設定」より、随時解約可能です 続巻自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。 ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!• ・買い逃すことがありません!• ・いつでも解約ができるから安心!• 現在発売中の最新巻を含め、既刊の巻は含まれません。 ご契約はページ右の「続巻自動購入を始める」からお手続きください。 配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。 ご契約中は自動的に販売を継続します。 不定期に刊行される特別号等も自動購入の対象に含まれる場合がありますのでご了承ください。 お支払方法:クレジットカードのみ 解約方法:マイページの「予約自動購入設定」より、随時解約可能です Reader Store BOOK GIFT とは ご家族、ご友人などに電子書籍をギフトとしてプレゼントすることができる機能です。 贈りたい本を「プレゼントする」のボタンからご購入頂き、お受け取り用のリンクをメールなどでお知らせするだけでOK! ぜひお誕生日のお祝いや、おすすめしたい本をプレゼントしてみてください。 お受け取りされないまま期限を過ぎた場合、お受け取りや払い戻しはできませんのでご注意ください。

次の

黒猫のおうて! 感想 ネタバレ あらすじ

黒猫のおうて

『公女殿下の家庭教師』を手がける七野りく先生による、新たな育成ストーリーの登場です! 物語の舞台は、若い冒険者が集まる辺境都市ユキハナ。 主人公のレベッカは頭打ちを感じ、伸び悩んでいました。 そんな時に彼女が出会ったのが【育成者】を自称するハル。 外見はメガネをかけていて身体も細身とあまり強そうな感じはしませんが、大陸全土に名を馳せる数々の冒険者を育ててきた実績の持ち主なんです。 彼があるアイテム作りのための素材を探していると口にすれば、龍や悪魔を討伐しなければ手に入らない入手困難なものでも簡単に送られてきますし、有事の際には彼がお願いするだけで国内最強メンバーが直々に出動したりするんです。 優れた弟子達が世界各地で大活躍しているので、世界中に影響力を持つ超重要人物になっています! 弟子だけではなく彼自身もペーパーナイフで剣を断ち切ったり、歴史上で数例しか確認されていない技術をあっさり使いこなしたりと、とっても凄い人物なんですよ。 見た目は若いのになぜ弟子がいっぱいいるのか... 色々と謎も多いのですが、そこもまた魅力的ですね。 レベッカの才能を見抜いたハルが彼女を一人前に育てるというのが本作のメインストーリーでこの育成部分だけでも面白いのですが、それだけに留まらず後半で描かれる彼とその弟子たちによる規格外のバトルはとっても痛快です。 彼と彼の弟子たちが今後世界にどのような伝説を刻んでいくのか、先が非常に気になりますよ! ヒロインの白金小雪ちゃんは、男の子だろうと女の子だろうと近づく人には毒舌を飛ばす、「猛毒の白雪姫」なんて呼ばれてる女の子。 でも、そんな直哉くんの前だからこそ「猛毒の白雪姫」小雪ちゃんも、臆病な本心を素直にさらけ出せるんですよね! 本心には本心で答えなきゃですよ! 自分の気持ちをうまく表せない女の子と、女の子の気持ちにぐいぐいツッコんじゃう男の子、がっちりかみ合ってお似合いなふたりを眺めてると、なんだかニマニマして幸せな気持ちになっちゃいましたよ~! お互い想ってる同士なのに、いつも甘~くすれ違っちゃう先輩と後輩にたまらなくニヤニヤしちゃう青春ラブコメ! ラブコメのヒット作、「乃木坂シリーズ」の五十嵐雄策先生の新作だよ! 大好きな花梨先輩に喜んでもらいたい、って思う主人公の龍之介くんの目標は、一日三回、先輩を喜ばせてあげること。 いつもまっすぐに先輩を想う龍之介くんは、すごく一途で素敵な男の子なんだけど、彼のそんな想いは、花梨先輩を喜ばせるというより、大体へにゃへにゃになるまで照れさせちゃってるんだよね。 花梨先輩も、龍之介くんの前では先輩らしくふるまいたいって思ってるから、龍之介くんに照れておかしくなっちゃう回数を抑えようと頑張ってるんだ。 お互いに相手を大事に想ってるのは確かだけど、なんでかふたりのやることは絶妙なところでかみ合ってなくて……うぅ~、甘酸っぱくていいなぁ、こういう両片想い的な関係! 龍之介くんと花梨先輩のような毎日が日常だったら、いつもドキドキしちゃって楽しいだろうなぁ~!.

次の