コード ギアス cc 設定 示唆。 ギアスC.C.~初打ちでボーナス終了後、高設定確定画面出現!~

コードギアスCC(シーツー)

コード ギアス cc 設定 示唆

皆さんこんにちは。 一撃編集部のティナです。 今回はSammyさんに、 「パチスロ コードギアスR2 C. ver」 の設定6のデータ取りに行ってきました。 筐体はC. カラーになってます 本機は、Sammyから登場する5. 9号機の第一弾となります。 個人的に非常に興味のあるコンテンツとスペックなので、打つのが楽しみです。 まずはそのスペック面から見ていくことにしましょうか。 時代を逆戻り!? RTの性能は現状維持程度なので、RT間で出玉を増やすというよりは、 RTで出玉を保ってボーナスで増やしていく流れとなります。 また、成立したボーナスに応じて、RTのゲーム数が変化します。 BIG後に必ず150GのRTが付いてくるのは非常に嬉しいですね。 それと、REG後のRTは50Gしか付いてきませんが、 次回ボーナスまで継続する無限RT「C. TIME」に昇格する大チャンスとなっております。 通常時に発生するとボーナスのチャンス!! REG後のRTは、こんな感じでC. カットインが発生して、揃うとC. TIMEに突入します。 実戦上では、 REG6回 294G に対して、1回昇格しましたので、一日に数回確認できるレベルのものみたいですね。 ちなみに、C. TIMEに突入すると、にゃんにゃんしてるC. を拝みながら次回ボーナスまで待てるのでオススメです ? C. その1「インターフェースが…!! 」 C. verになったことで、インターフェースもC. 仕様になりました。 右側のC. の腰のラインが素晴らしいですね。 ホントに素晴らしいです。 前作の「コードギアス反逆のルルーシュR2」のART中と違い、両サイドのキャラが動くということはありません。 少し悲しいです。 ただ、インターフェースにC. が2人配置されることで、液晶演出、リール図柄、上部のC. イラストの、計5箇所同時に出てくることとなりました。 これとかもう、 意味わからないくらい緑ですね。 その2「新規演出が多数搭載!! 」 本機の演出は、 が演出ベースとなっていますが、それ以外にも多数の新規演出が搭載されています。 新たに搭載された演出は、軒並みC. 絡みのものが多いですね。 無限RT「C. TIME」中は言わずもがな、 あと、さりげなくボーナス中のムービーもC. のカットが多くなっていたりと、とにかく緑です。 それに加え、遊技中のボーナスチャンスの核となる演出で "ギアス状態"という演出が搭載されました。 主に、通常時のリプレイやレア役の一部で発生する演出で、リプレイが連続成立すると、 青< 緑< 赤とステップアップしていきます。 ボーナスが当たっていればリプレイ確率が上がるので、その際のリプ連で演出も強くなるって感じです。 さらに、 本機はリプレイ重複のボーナス頻度がかなり多いので、通常時から打ち手を飽きさせないスパイスとして頑張ってくれます。 最初の当たりは、ウリとされているリプレイからのボーナス当選から だったようです。 普段なら、チェリーからのボーナスなんだなあ…と思うところではありますが、コードギアスシリーズといえば アレですよね。 今作も アレは搭載されているようで、ボーナスを揃えた後にPUSHボタンを押すことで、ボーナス同時成立役を報知してくれるんです。 記念すべき第一回目は、液晶上部のC. 画面が 青く点灯しました。 危ない危ない。 同時成立役についてですが、基本的には、上記の3色をよく見るんじゃないかなと思います。 レアなパターンを含めると、点灯パターンは以下の4通り。 青…リプレイ or ギアス目 赤…チェリー 緑…スイカ 紫…C. 揃いとか こんな感じで、紫点灯の場合は、実戦上C. 揃いやボーナス確定役でした。 今までの作品を踏襲しているならば、スイカからのボーナスに設定差を設けていると思いますので、ボーナス入賞後はしっかりPUSHボタンを押して契機をチェックしましょう! それからC. TIMEにも入りまして… ピザ天使 なんだかんだで、REG後の昇格やギアスビッグボーナスを契機に無限RTに突入しました。 昇格後の無限では、その日の最大ハマリだった約400Gハマリをくらったので、タイミング的には最高だったのかも。 昇格できなかったら350G間通常時で出玉を減らしていたわけですし。 ちなみにC. TIME中は、ベルの回数が10回を超えるごとにキャラクターのカードが出現して、その カードで設定示唆を行っているようです。 液晶右上にあるピザカウンターもとい、ベルカウンターですね。 円をピザが埋め尽くすと10回となって、画像の様にカードが出てきます。 今回の実戦では、白カードと、画像の青カードしか出ませんでしたが、隣の編集部員は コスプレをしたカレンの豪華なカードが出たと言っていました。 おそらくそれがスペシャルなパターンなんでしょうね。 これは…面白いなあ!! 小役狙い時は、これで黒頭ボーナス2確です 3000Gほど回してきたわけですが、とにかく面白いです! リール制御も単調なものではなく、いろんな打ち方で楽しめるので、データを取りつつも何パターンも打ち方を模索しながら打ってました。 順押しでも数パターン…中押しも面白かったので、解析ページに打ち方とか追加しておきます。 出玉面も非常に安定してました。 データを見るとわかるかと思いますが、RTでいかに出玉を減らさず打てたかが分かるかと思います。 ちなみに今回の実戦では、ボーナス6連で1400枚近い出玉を一気に獲得したりとかなり楽しむことができました。 150GのRTを消化後すぐボーナスを引いて枚数を引き継いだりして、表示上では2000枚を超えたりもしましたが…www RT機とはいえ、ボーナスとRTが繋がれば結構な出玉になりますし、侮れませんね。 『パチスロコードギアス反逆のルルーシュR2 C. ver』 導入日は 1月9日(火)! 乞う、ご期待! さて、ここまでで何回C. と言ったでしょう この記事に関連するパチンコ・パチスロ機種.

次の

コードギアス 反逆のルルーシュR2 設定判別・設定差解析まとめ【スロット・パチスロ】

コード ギアス cc 設定 示唆

タイム 約0. バージョン」と題してA+RT機に! この機種のウリはなんと言っても ボーナス後は必ずRTに突入する仕様! RTは純増0. 2枚 ハイパーBIG・ノーマルBIG後は 150GのRTに突入し、ボーナス連を目指します。 RT中のボーナス連確率は50%以上 ミドルボーナス終了後は50GのRTへ。 RT中にC. 6 PAY…97. 8%〜112. 16 C. 21 斜めC. 1 REG後に月背景C. …設定3以上確定 BIG後アキト…設定4以上確定 REG後アキト…設定5以上確定 アキト 虹背景 …設定6確定 C. 00 特定条件下での示唆内容 キャラ 条件 C. 1回の確定画面で複数回 出現すれば偶数期待度UP アーニャ 1回の確定画面で複数回 出現すれば高設定期待度UP スザク BIG否定で 設定2以上確定 皇帝ルルーシュ リプ3連目に出現すれば 設定4以上確定 ナナリー リプ3連目に出現すれば 設定6確定 ボーナス確定画面でリプレイを引き続けると、 SDキャラによる設定示唆を受けることができます。 *ボーナスが揃えられる状態になると無効• 5 REG中に技術介入をする事で出現するカットイン。 設定〇以上が確定する合計出現率• 0 0. 8 0. 0 1. 5 1. 48倍で差があり 設定6では確定系演出が出現しやすいです。 確定系が出るかどうかも、 設定6を判別する上で参考になりそうです。 打ち方 通常時の順押し手順 左リールに白7狙い• 左リールに角チェリー停止時 中リール適当打ちし、右リールに赤7狙い *右リールに必ずチェリーを狙う。 取りこぼすと3枚損をします。 中段に白7停止時 中・右に白7を狙い ハズレたら次Gで中に赤7、右に黒7狙い ギアスBIG狙い• 下段に白7停止時 中に白7、右に黒7狙い REGボーナス狙い• 上記の黒系・白系が否定された場合は 下記の手順を実践しましょう。 RT150G中の小役確率 設定 ハズレ リプレイ ギアス目 スベリギアス目 C. 38 *C. 00 *スイカでのボーナスはREG無し コードギアスR2 C. verの感想・評価 記事をご覧いただきありがとうございます! アララギです。 どのボーナスにもRTが付いてくるので、 REGで損した感じも少ないですし、 何より無限RTのチャンスもありますから 非常に期待してしまいます… が!! 問題はミドル経由の無限突入率。 辛そうなのは想像に難くない… R2も導入当初は非常に期待されましたが、 徐々に人気を失っていきました… 初代が名機でその後のシリーズが 鳴かず飛ばずで失速。 この業界ではよくあることですが、 コンテンツを裏切らない作り。 ファンが「打ちたくなる」パチスロ。 バージョンがそういうパチスロであることを ギアスファンとして願うばかりです… あと… GRTって一体何の略なんだ….

次の

パチスロコードギアスR2 experience-ga.ctb.com 設定判別で高設定を狙う!|パチスロ

コード ギアス cc 設定 示唆

押し順ナビ発生時以外は、必ず左リールから停止させること。 【1000円あたりの回転数】 約30. 強ベルや強チェリーや強スイカといった強小役の後は特に。 天井状態中に押し順ベルが成立すると、ARTの複数ストックが確定。 前兆を経由してから突入する。 【設定変更時】 天井到達までのゲーム数がリセットされる。 4 設定 機械割 1 97. 0 2 3 4 5 6 通常時の打ち方・通常時の小役確率 - [コードギアス~反逆のルルーシュ~] 【通常時の打ち方】 左リール枠上or上段に黒BARを狙う。 右リール中段にベルが停止すれば弱チェリー、それ以外は強チェリー。 スイカが揃えば中段チェリー、スイカが揃わなければボーナス確定。 スイカが斜めに揃えば弱スイカ、上段に揃えれば強スイカとなる。 また、小役がハズれた場合はチャンス目Bとなる。 ベルが小V字型で入賞すれば強ベル、第三停止時にリールフラッシュが発生すればチャンス目Aとなる。 押し順ナビ発生時以外は、必ず左リールから停止させること。 6G 2 30. 6G 3 30. 6G 4 30. 5G 5 30. 5G 6 30. 5G ボーナスについて・ボーナス中の打ち方 - [コードギアス~反逆のルルーシュ~] 【ボーナスについて】 ・BIG 赤7揃い、白7揃い。 払い出し枚数が287枚を超えると終了、純増枚数は約214枚。 ・REG 「赤7・赤7・白7」揃い、「白7・白7・赤7」揃い。 8G消化、または8回の小役入賞で終了、純増枚数は約40枚。 ・ギアスラッシュ BAR揃い。 払い出し枚数が47枚を超えると終了、純増枚数は約40枚。 プレミア的なボーナスで、ベルが4回入賞するまで超高確率で緑絵柄揃いが成立する。 緑絵柄が成立するたびに、ARTがストックされていく。 【ボーナス中の打ち方】 [BIG中] カットイン発生時は、各リールに緑絵柄を狙う。 レア小役告知時は、2回目までは通常時と同じ打ち方で獲得する。 3回目からはあえて取りこぼした方が純増枚数的に得となる。 [REG中] 通常時と同じ打ち方で消化。 【ボーナス中の状態】 ボーナス中にも状態の概念があり、「低確」・「高確」・「超高確」の3つの状態が存在する。 通常時にどの状態でボーナスが成立したかによって、ボーナス中の滞在状態が決まる。 良い状態に滞在するほど、ボーナス中のART当選に繋がりやすい。 通常時の状態について - [コードギアス~反逆のルルーシュ~] コードギアス~反逆のルルーシュ~の通常時には、「低確率状態」・「通常状態」・「高確率状態」・「超高確率状態」の 4つの状態が存在する。 【各状態の特徴】 各状態の特徴については以下の通り。 通常時の大半はここに滞在。 チャンス準備状態のようなもの。 しかし、ART当選時のストック個数振り分けが弱い。 ART当選率は高確と同じだが、ART当選時のストック個数振り分けが強い。 【特定役成立時の状態昇格抽選】 特定役成立時には、状態昇格抽選が行なわれる。 各特定役からの状態昇格期待度は以下の通り。 押し順ベル < チャンス目 < 弱スイカ < 弱チェリー < 強チェリー < 強スイカ < 強ベル 「強ベル」はとにかく強く、低確/通常滞在中に成立すれば必ず一つ上以上の状態へ昇格し、いきなり超高確まで 昇格することも珍しくない。 逆に、「押し順ベル」と「チャンス目」では状態昇格にはほとんど期待できない。 状態昇格が期待できるのは「弱スイカ」から。 【ボーナス後の状態昇格抽選】 BIG終了後は、必ず通常状態以上からスタートし、高確スタートも充分期待できる。 REG終了後は、必ず高確率状態以上からスタートする。 【高確/超高確移行時の保証ゲーム数】 高確/超高確へ移行した場合は、まず保証ゲーム数振り分け抽選が行なわれる。 保証ゲーム数は30G or 50G or 70G or 100Gのいずれか。 9割以上が30Gか50Gとなる。 【状態転落抽選】 ハズレ時とリプレイ成立時には、状態転落抽選が行なわれる。 ART(ブラックリベリオン)について - [コードギアス~反逆のルルーシュ~] コードギアス~反逆のルルーシュ~には、「ブラックリベリオン」と呼ばれるART機能が搭載されている。 ラスト10Gにて、 「1stバトル」と「2ndバトル」の2部構成のバトルが繰り広げられる。 1stバトルに勝利すればレアなARTへの突入が確定する。 1stバトル勝利はゲキアツ! 1stバトルに敗北しても、2ndバトルに勝利すればART継続となる。 どちらのバトルに敗北しても、引き戻しのチャンスあり! 【1stバトル「戦略バトル」】 ARTラスト10Gのうち、最初の5G間に行なわれる1stバトルは「戦略バトル」となる。 1stバトル中は、陣形や作戦内容によって勝率が変化する。 赤い陣地が広がるほどアツい。 1stバトルに勝利すれば、 上乗せ超高確ARTである「ガウェインART」か、 高継続ARTである「ループシステム」への 突入が確定する。 【2ndバトル「1対1バトル」】 1stバトル敗北後は、2ndバトルである「1対1バトル」へ移行する。 登場キャラや武器によって勝率が変化する。 2ndバトルに勝利すればART継続確定。 「紅蓮ART」か「月下ART」のどちらかに突入する。 月下ARTの方が上位ARTとなる。 【低確ART「紅蓮」】 上乗せ期待度が最も低いARTで、大抵はこのARTが選択される。 液晶に出現する機体が「赤(紅蓮)」ならば、低確ART濃厚となる。 「強ベル」・「中段チェリー」なら上乗せストックが確定。 その他の役では上乗せにはほぼ期待できない。 【高確ART「月下」】 上乗せ期待度がそこそこ高いART。 液晶に出現する機体が「白(月下)」ならば、高確ART濃厚となる。 上乗せストック率は、低確ART時の約2倍となる。 【上乗せ超高確ART「ガウェインART」】 ガウェインARTとは、上乗せ期待度激高のART。 また、ガウェインART中のボーナス成立もアツい。 BIG成立時は、終了後に再び40GのガウェインARTへ再突入。 REG成立時は、超高確REGとなる。 すべてのARTストックでループシステム発動抽選が行なわれている。 ループシステムへ突入すると、継続抽選に当選する限りストックを減らすことなくARTを消化することができる。 また、ループシステム中も上乗せ抽選が行なわれており、ガウェインARTを上乗せする場合もある。 【ART中の純増】 ART中は、1Gあたり約1. 5枚のペースでコインが増加していく。 通常時のART抽選 - [コードギアス~反逆のルルーシュ~] 通常時の特定役成立時には、ART抽選が行なわれている。 成立役や滞在状態によって、ART当選率が異なる。 各小役でのおおよそのART当選期待度は以下の通り。 低確率状態中/通常状態中はほぼ当選しないが、高確率状態中/超高確率状態中はART当選確定。 ART準備中のART抽選 - [コードギアス~反逆のルルーシュ~] ART準備中の特定役成立時にも、ART上乗せストック抽選が行なわれているため、無駄引きとはならない。 なお、ART準備中の上乗せストック率は全設定共通。 「中段チェリー」・「強ベル」・「CZ中のハズレ」は上乗せストック確定。 その他の各特定役からの上乗せストック期待度は以下の通り。 押し順ベル < チャンス目 < 弱チェリー < 弱スイカ < 強チェリー < 強スイカ 「押し順ベル」・「チャンス目」は、上乗せストックにはほぼ期待できない。 天井について - [コードギアス~反逆のルルーシュ~] コードギアス~反逆のルルーシュ~には、天井機能が搭載されている。 【第1天井】 ボーナスもARTも引かずに約960G消化すると第1天井到達となる。 天井状態中に押し順ベルが成立すると、ARTの複数ストックが確定。 【第2天井】 ボーナス後1500G消化で第2天井到達となる。 前兆を経由してから突入する。 小役とボーナスとの重複当選 - [コードギアス~反逆のルルーシュ~] コードギアス~反逆のルルーシュ~には、小役とボーナスとの重複当選機能が搭載されている。 各小役での重複当選確率は以下の通り。 設定 リプレイ 弱チェリー 強チェリーA 強チェリーB 中段チェリー 1 0. 0 2 3 4 5 6 主な設定差・立ち回り一言アドバイス - [コードギアス~反逆のルルーシュ~] 爆裂機好きからも、「いくらなんでも荒すぎる」と呆れられるほどの爆発力を持つコードギアス。 高設定であろうとも薄いところを持ってこないと勝負にならないが、一度出だすと止まらなくなり、一撃2万枚も珍しくない ほどの稀有な一撃力を持つ。 設定判別についてだが、最も使えそうなのは「通常時のART当選率」。 ボーナス中のART当選率には設定差がないため、通常時からどれだけARTに当選するかをチェックしていくのが よいだろう。 また、BIG中のキャラ紹介パターンで高設定が確定する場合がある。 BIG中のキャラ紹介の一人目にプレミアムコスチュームが選択され、キャラが着物姿のルルーシュならば 設定6が確定し、 キャラが猫耳を付けたC. Cならば 設定4以上が確定する。 なお、プレミアムコスチューム選択率は高設定ほど高くなる。 3回に1回以上の割合でプレミアムコスチュームが選択されるようならば、高設定の可能性が高い。 【換金可能】 目指せ一攫千金! オンラインスロットで電子マネーゲット! 特許取得により「換金」が可能となっている、オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」。 現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと 【250%超】! オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ! 【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説 当サイトの姉妹サイトで、 運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。 特に人気のコンテンツを以下にご紹介。

次の