乙女 ゲー 世界 は モブ に 厳しい 世界 です。 乙女ゲー世界はモブに厳しい世界ですとは (ルクシオンノマスターラブラブカンサツレポートとは) [単語記事]

乙女ゲー世界はモブに厳しい世界ですとは (ルクシオンノマスターラブラブカンサツレポートとは) [単語記事]

乙女 ゲー 世界 は モブ に 厳しい 世界 です

イケメン死すべし! モブから始まる、乙女ゲー風異世界ファンタジー! この世界では、男なぞは女性を養うだけの家畜のようなものであった。 例外なのは、ゲームで攻略対象であった王太子率いるイケメン軍団ぐらいである。 そんな理不尽な境遇において、リオンはある一つの武器を持っていた。 そう前世で生意気な妹に無理矢理攻略させられていたこのゲームの知識である。 本当は田舎に引きこもりのんびりとしたいリオンだったが その知識を使い、やりたい放題の女どもとイケメンに、はからずも反旗を翻すのだった。 ド外道主人公による、爽快? 下克上ファンタジー開演! ぶっちゃけますと、web版との違いは文章や話の順番が一部違っている程度で 本筋の話は全く変わっていません。 新キャラ追加なども無し また普通ならばweb版との違いを出すために、書下ろしの一つくらいは入れるものですが QRコードを読み込んでアンケートを答えなければ見れないという無駄な手間が必要。 それも本の帯の裏にQRコードがあるものだから、事前に知らないと気が付かない。 非常に分かり難いです。 実際のところ挿絵が付いて読みやすくなっただけ、これで一冊1080円です。 web版をすでに三回以上も読み直してる身としては、正直言って不満です。 またその肝心の挿絵も、ヒロインのアンジェやリヴィアより、敵側のマリエの方が可愛らしく描かれています。 何より重要なシーンで挿絵が入っておらず、リヴィア、アンジェが落ち込んでいるシーンという、割とどうでもいい部分で挿絵が使われているのが残念でなりません。 純粋に挿絵を担当しているイラストレーターが未熟なのも減点です。 これならコミカライズの潮里潤先生の方がよっぽど上手いです。 女尊男卑と聞いて女が戦場にでたり家を継いで男は所有物扱いな世界かと思ったら 戦うのも家を継ぐのも男で女は子供を産むだけでそれすら義務では無く男を跪ずかせるための交渉材料でその後は贅沢三昧という醜悪な世界。 そんな世界で父親の本妻に売り飛ばされかけた主人公は前世のゲーム知識を元にチートな船を手に入れるのだが本妻とそのオトモダチへの復讐はしない。 主人公は良くも悪くも大人で気にいらない相手でも大義名分が無ければ我慢してしまう、ぶっちゃけアレな女子にひどい目にあわされることも多々ありますその分大義名分を手に入れて全力攻撃に出た時の爽快感は大きいですが。 原作乙女ゲーの主人公と悪役令嬢は二人とも可愛く魅力的、主人公の立場を奪った謎の少女も悪役としてはなかなかの物。 女尊男卑の乙女ゲー世界のモブとして転生した主人公。 妹に何度も攻略させられた乙女ゲーだったので 知識をフルに活かし、金策のためにババアに身売りさせられそうな我が身を救うため、一攫千金を成し 遂げる。 やがて貴族の通う学園に入学し、清楚で優しくておっぱいの大きい可愛い嫁を夢見るが、現実は厳しく、 惨めで暗い毎日を送る羽目になるのであった。 序盤の一攫千金まではさして面白いと思いませんでしたが、学園入学後からぐんぐん面白くなり、一気に 読み進められました。 大半の貴族の女の子が愛人として奴隷を侍らせ、夜遊びをし、金のある男性を捕まえたあとは子作りは好 きな男とし、結婚相手はたんなる扶養者という想定斜め上の酷さ。 主人公はボコボコにされながらも耐え 忍んでいたのですが…。 我慢の末に、終盤でチートを爆発させ無双をするシーンは一歩間違えると大味で雑な凡作になるところで すが、キレた主人公の歯に衣を着せぬ物言いと容赦のなさ、vsイケメンという設定も相まって実に気分ス ッキリ爽快であった。 また、身分の差が上だったり下だったりで手を出せないダブルヒロインも、性根の 歪んだ女子が溢れる中で対照的に可愛らしく魅力的に映る。 今後の巻にも大いに期待できる良作でした。

次の

乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です 最新刊(次は4巻)の発売日をメールでお知らせ【コミックの発売日を通知するベルアラート】

乙女 ゲー 世界 は モブ に 厳しい 世界 です

『 乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です』とは、は与夢(通称わい)による、通称「せか」「に厳しい」「」。 出版は「」「」等を出版している。 は(もんだ)が担当。 このでは、男なぞはを養うだけの畜のようなものであった。 例外なのは、の対であった王太子率いる軍団ぐらいである。 そんな理不尽な遇において、はある一つのを持っていた。 そう前世で生意気なに理矢理させられていたこのの知識である。 はその知識を使い、やりたい放題の女どもとに、はからずも反旗を翻すのだった。 概要 与夢(以降わい)が、「」に連載していた連載であり版も含めの知名度を大きく上げた作品、今作は長編「ス」等を含め書籍4作である。 である ・・ドトが生前のに理やりやらされていたのに転生し、であり である ンのを借りて破滅の(一応自身の将来のため)を乗り越えていく作品となっており、「」「の」「」「&戦記」などこれでもかと欲り盛り沢山の内容となっている とは別に要の1人である エ・・は作品内では的な役割となっており、エの内容も多くなっている、の流れもあるが基本的にとエは一緒に扱われることも多く、外部出演でも競演することが多い というとのため勘違いされがちだがどちらかと言えば男向け作品であり、わいの作品の中では較的オーソドックスで展開?でところどころも散りばめられている作のためでも優しめの内容となっている、所謂「 」もそこまでいない・・・そこまでは また所謂「系」ではあるのだがどっちかというとが色々な意味で「 される」内容であると言った方が正しいかもしれない・・・ ちなみに今作のは「 」であり、これは作中でが説明している場面もあるがそれを照らし合わせても非常に皮が入ったになっている、版読了すれば尚更である 詳しくは下記で記載しているが、本作はの選択のように 版・書籍版(版含む)・ートと3つの別展開が存在する為、内容的には3つのが楽しめる仕組みとなっている。 今作のとも言える内容であり全7章の6話、1~3章が「王編」4~5章が「共和編」6~7(最終章)が「編」、基本的には書籍版も版に沿った内容となっている。 版では全てのは明かされず(とンのとしては綺麗に終わる)、書籍版+ートの複線になっている設定や複線も多い為、版を気に入ったのなら是非書籍版とートを一読することをおすする。 また、の各作品のや短編置き場である「与夢の」にて版の短編が度々開されている。 より発行されている書籍版であり版にべて至る所が修正や追加され版を読んだにも楽しめる内容となっており、版とべて標にしていた7章制限がない為連載時は尺が少なかった共和編以降は大幅にボリュームしている。 書籍版は「設定の変更や追加」「との出番大幅増加」「ディアドリーやルイーゼなどの新の追加」「 共和編以降版とは異なるに移行」など、版とは大幅に構成が変更されている。 特に書籍4巻以降の共和編からはそもそもや設定までと全く違う内容になっているので版を読了した人も先が読めない展開となった。 版はこの書籍版を軸にした内容となっている、基本的にこの項では書籍版を基準に解説する。 として書籍版裏表はの画面をにしたようなエと5ので全巻統一されており、はになっているとエで全巻共通している そしてこの書籍版を購入すると封入されているが記載されている帯(版だとの最後に先があり)の先に飛び、 本作3巻以降の各巻のを答えるとである「ート」を特典として読むことが出来る、詳しくは下記にて マリエルート 書籍6巻で4話が掲載予定 書籍3巻以降、書籍帯のから飛べる(版ではのに先が記載)にてに答えると特典として観覧することが出来るのでも書籍版が発行される度に1話ずつ連載している ちなみに 1話は3万字・2話は4万字・3話は4万とボリューム的には一般の半巻分もあるボリュームで特典の域を全にえている、というか書籍版を購入すると新作が2本読めるようなものである でエが5たちと交流するのをが未然に防いでしまったらどうなるのか?という、の序盤で分岐した内容で進む(その為、各の関係はよりも本来のの形に近くなってはいるが、あくまでとは異なる形で秘密裏にに介入する達が描かれており、結局はこのも通りには進んでいない)であり、はエとなる。 設定はと同じだが、では明かされなかった女のや初代ドトについてなどが明かされる展開となっておりートと言うよりも女と言うべき内容で、と交流を深めなかったやの扱いやでは出番の少なかったとあるにもスポットが当たったり、展開もとは違い「が知らないところで行きがどんどん怪しくなっていく」という緊感がある このートはで「最初に~すれば解決してたんじゃね?」ということを実際にやったらどうなっていたのか?という一種の要素も含んでおり、版をまで読了したにとってはかなり衝撃的な展開で進んでいるため、書籍版を購入するのであれば是非で読んでおきたい内容である。 また書籍版5巻特典のート3話にてついにあとがきが追加され、喋る苗木ちゃんが書籍版でも登場した( 相変わらず自分のしか言わない宣伝の) ちなみにートのみならず、(等)出版の作品はこのを回答すれば特典が読めるがあるため、せかに限らず作品を購入していた場合、をしてみよう コミカライズ(漫画)版 潮里潤氏による版であり書籍版を基本としているが一部設定が簡略化されている、とにて間連載中、単行本は3巻まで発売中で4巻がに発売予定。 書籍版で挿絵がないもが付き、潮里氏がわい作品好きである為かところどころ版のを使っていたりと溢れる内容となっている。 単行本にはわい書き下ろしのが記載されている他、を外すとが毎回載っている。 またのにて書き下ろしなどが掲載されているので、フォローしておくと良い。 が・の表現・挿絵をしていたりなどからも評価は高く度々重版されている為か、版ので今作は大幅に知名度が上昇したといえる 世界観• 全般 かつては文明が発展していた「旧人類」のであったが、「新人類」側がしたは文化が盛んになりな観となっている、 、、、、なども存在。 これがのである・・・• 領 を持つ領だが、女尊男卑で側室がに農のように搾取されつづけ、農を殺しつづけるのなどを放置する王への不満が高まっている為、ホルート王への忠心は低い。 専属使用人 の使用人はの身分だが、亜人の使用人は例外なく。 ホルート王ではを連れ回す特殊文化がある。 といってもの持ち物なので学園より待遇がいい。 にあるのはのみで人に忠を誓っているわけでもなく、ので行動を縛るわけでもないので人を裏切ろうと思えばいつでも裏切れる。 ではとして存在する。 旧人類側のを持つも存在しており、旧人類の遺伝子の割合が高ければ高いほどとの相性はよくなる。 なお旧人類勢のを持ったにとっては新人類勢は殺対である。 は穏便でさえ例外なく新人類を滅ぼす為に行動するが、の性格やの性格によってはを優先して新人類殲滅の的を先延ばしにする傾向もある。 別名とも言われているが、選択を間違うとをもったに襲われたり、裏切られたり、を使う敵がに存在するのでは取れている。 の中にはもあるが、実際はで操縦者に大きな負担をかける。 ンも元はがしていた1作のである。 ホルート王 たち要人物が生活している自、王は「・・ホルート」。 他と違いんだ女尊男卑文化が根付いてしまっている。 オース 1作・3作に登場する。 を操るとが存在する。 王編のとなる 登場人物 の出演は版のとなっている。 ・・ドト - 本作のであり、この作品は彼とンのがの内容である。 元はのであったが生前にからの頼みででをしたで階段を踏み外してしまい命を落とす、・・ドトとしての時に前世の記憶をし転生する。 学園まで命がけの冒険をすることとなり、その成果で前世でのこと「ン」を手に入れ共に運命を共同することとなる。 所謂相手を煽ることが得意な系のであるが実際には「 一人で抱え込もうとし自己犠牲精を持つ困った人を見捨てられないお人好し」であり特にに関しては病的なまでに尽くす一面を持っている、 というかただの。 好みのは でのであった、であったと関わりを持つようになり展開とは大きく異なる状況に追い込まれていく。 エとは当初は険悪な仲であったが3巻以降はわだかまりが解けて日々を繰り広げており、困ったらすぐにお小遣いをあげるなど周りが見たら仲の良いである。 書籍版の共和編以降、よりも設定が追加されており複雑な転生経路を辿って来た可性が浮上中 ートではとあるからの行動でエとすぐに接点を持った為、とは全く違う立ち回りをしている。 書籍版でのでは全中を保っている。 ン - ( )のでありであり今作の 、。 球体にい一つが付いた姿の、ーレとは違い。 が前世で購入したの端末で本体は巨大な。 多機な高性船での機も持っている。 当初は自分を回収に来たとになるが、彼がを理解した事で彼にを持ち、から新人類でありながら旧人類の遺伝子を確認できたので彼の所有物となる。 極めて高性で収集や資調達などあらゆる面でを的確にする。 一方で皮を言ったり辛辣なを入れる役でもある。 の右肩がンのであり、としても、「」としてもである為、所謂をほぼ地で行っている。 その正体はかつて滅んだ「旧人類」の遺物であり、その旧人類を滅ぼした「新人類」とその末裔であるの人類の殲滅をいまだに諦めておらず、隙がある度にを説得している。 ンの優先順位はのの安全である為、の低い敵に関してはによるからの逃亡も勧めたが、自身が命を賭ける場合はその命には逆らえない。 最初は新人類殲滅をしてくれないに疑問を抱いていたンだが、次第に負わなくて良い面倒ごとばかりに首を突っ込み他人ばかり優先するに信頼と心を開くようになる。 旧人類の物の為か的な嗜好も見られ、に「」と名づけようとするなど独特な一面も持っている。 ートでは狂気的な一面も見られ、3話のはに衝撃を与えた ンがした専用のらしいい、版では前世からとして登場、 ンがにピッタリな言葉を選んで と名付けた。 扱い的にはであり大かつ重装備で鈍重そうに見えるがでも機動性でも他のとは較にならない性を有し防御にも優れる、は。 にはパックを装備しており、これを外すと機動性がする。 後にンがした「シュヴェールト」とさせ機動性がさらにした。 は「なんだかですよ」と言っていたが、に美的感覚がおかしいとを受けている、元々は本来であるが入手予定のだったからであるからか? エ・・ - 本作の、わい作品でいうところの 担当である 本来がいたはずのにいるの嬢。 幼さを感じさせる容姿と的な雰囲気を持っており、は前世のをしている。 贅沢な暮らしが的で対と交際するを突っ走っており、やを追い落とすが、そのことがの介入を招き対立する。 その正体は序盤から散々描写されているのでバレバレであるが転生者であり、 の前世の。 関係を持ったを高で駄男やにし、その負担は自身に返ってくるなどとにかく男運が悪い。 学園前は食べられるや野生のを、そのや毛皮でような生活を送る等、その見たとは裏に腕っぷしは強くに長けている(と2人だけで王都のから女のを回収しており、冒険者としてのも高い) また、では召し使い同然の扱いを受けていた経験と、5の世話のおかげで事も高く、前世ではの店で働いていた事もあり(No. 1にもなった事ある)、の沙汰の機微にも聡く、治癒と女のも相まっては高め。 治癒が得意で女のもあるが、自身の持つは所有していない。 ンの見立てでは、 ・・の体である ちなみに書籍3巻である「エとの採点結果」での両者の好感度は は81点、エは点であった・・・ん~なんかおかしいな? ートではがとなり、とは大幅に異なったをと共に進むこととなる。 分かり易く言うと「 を5人引き連れてをしている状態」である 書籍版でも4巻の時点でではでやを抜かしてになっている。 - 本作のの1人。 1作ので瞳の色は。 民の特待生として学園にした。 好みので的な肢体の持ち。 とは相性の 「だけど」と評されるが、さが立つ他のとは違った純可憐な人物であり、自己評価がやや低いが芯の強さも持っている。 治癒が得意でかなりのでその正体は治癒を使える「女」の血を引く者。 さらに自身にもある特別ながあり、それが1作に不可欠。 エの介入で本来歩むはずだった運命から外れて孤立してしまうが、それを見かねたに会に誘わて以降、一緒に行動するようになる。 やがて彼に想いを寄せ、とは異なる形でのを歩み始める。 怒った時には「めっ!ですよ!」が決め、意外と辛口だったり(特に5に対して)深かったりする。 版ではではあるのだが他のの個性が強すぎたせい(にエと5)でからのは薄かったが、書籍版では2巻以降大幅に出番が増量されている。 ートではと違いエの妨がによってされた為本来通り5と交流をしているのだが、のような進み方をしており精的に病んでしまっている。 ・・ブ - 本作のの1人。 1作ので瞳の色は。 ブの嬢で、ウスの婚約者。 抜群で以上のの持ち。 性格は少々キツく、情であるが曲がった事を嫌う一途な人物。 やや視野が狭い所が災いして、周囲から誤解を受けることもあるが、面なだけであって決してなどではい。 1作のウトまたはでは、後先考えない情の性格が災いし、やに見限られのから々に立ち去る事になる役割。 エ、そしての介入によって対立する理由がくなったと出会う事になり、紆余曲折を経て、皮にも敵対どころか二の親友と言うべき関係となる、 相性だからね・・・ でのとは違い、明確なを持って暗躍しているエがウスに近づく事を快く思っておらず、を代理人としてのまで引き起こしたが結局ウスには振られてしまい婚約を解消。 騒ぎの後はやと一緒にいることが多くなる。 を可がるようになる一方でをに取り込もうとするが、徐々にを守る方向に考えをめた。 に不向きな情ではあるが、思考でもあるのでとの相性はいい。 もと同じく書籍版2巻以降は大幅に出番が増加している(に参加したりの順序が入れ替わったりととの変更点が多い) 書籍3巻のである「エの」によると、本来の通りの展開になったとしてもと結ばれる流れになるだろうと言われている、 つまり本来の断罪後に学園を去って行った先はドトだったということになる(運命の女かな?) ートでは今のところとの積極的な行動はなく顔見知り程度の関係である、ただしウスたちの暴挙により非常に苦しい思いをしている。 ・ベルトレ - 本作のの1人。 2作のでピの生き残り。 共和編からのであり 版と書籍版で設定が大きく異なる。 版では共和編開始時点では登場せず、中盤以降対に束縛されてる状態で登場し救出されるのだが、終盤までは束縛されていたからひどく怯えた状態となる。 書籍版では最初から本来の元気な性格で登場していて、と共に留の世話係に任命された事でい段階でと出会い交流していく内に彼に感情を抱くようになる ある理由からルイーゼに何かと絡まれており、クにしつこく言い寄られレからは冷たくされるなど色々と苦労している。 版では共和編からの登場ということもあり出番もそこまで多くなくやとべ立っていなかった為か、 書籍版では設定からまでを一新してほぼ新のような扱いになっておりかなりまともにをやっている。 の里の遺跡の研究所管理が元になっており、やを守る為に作り変えられ達の傍に配置された。 によって「アーレ」という称がつけられた。 管理の面な性格も球体になったせいか丸くなった。 旧人類側のなので新人類殲滅を優先するが、穏便なのでを気長に説得している。 後にから「達に手を出した新人類は好きに処分しろ」とを得てを行っている。 基本はお気楽で明るいがな一面もあったり、「」などと言って向かう新人類を殲滅しようとする怖さも持っている。 作中を通して同じ人口知であるの存在が結果的にンの感情に多大なを与えたのは間違いないと思われる。 ートではそもそもたちがのを訪れていないためーレとして存在していない(あとがきでそのことにご立であった) ウス・・ホルート - 1作対の一人。 ホルート王の王太子。 5の1人で、本作の成長 く「を捨てたので嫌いです!」 自身の立場に嫌気が差しており、それを理解してくれた(と誑かされた事で)エに夢中になる。 結果、を警すると対立。 エとのにエの5番手の代理人として参戦するがに惨敗し、までされるという醜態をしてしまう。 結果的に嫡され、との婚約も解消となるが、その後もエと一緒にいるのでの誓いを反しており、ミレーヌからはされている。 幼い頃に下町で食べた焼きが大好物であり、共和編以降は焼きに本気で取り組むようになる。 との出会いで彼の心情も変化していき、するエとの為に奮闘するようになる。 ク・フィア・リヤ - 丸 1作対の一人。 ウスの。 5の1人で 一番のやらかしで通称「」、く「じゃないですか!」 ウスへの忠心は非常に篤い。 優しげな雰囲気だが意が読めず、での難度が高かった。 エとのに4番手の代理人としてので参加し、3連勝したを危険と判断し、装備を変更したり、非な手を使って殺しようとするが失敗。 結果的にから勘当されてしまい、との婚約も解消となる。 対用のや戦を装備し、射撃の才以外は均的なだが、どこでも活躍できる万で中・長に強い。 も乗りこなせる。 しかし、に極端に騙されやすく、のに遭ってを買って来たり、色々な食器類のでエが号泣するほどの借を作る悪癖は最後まで治らなかった 銭的な問題はほぼこいつと言って良い程の駄男だが、それ以外は本来の上優秀なのは変わらず、何度ものを救っている。 ッド・・ - 1作対の一人。 の跡取り。 5の1人で、く「!」 の才に優れるが、武芸は苦手。 でありやたらと前に出たがるが打たれ弱い。 エとのに1番手の代理人として参加。 のでと対戦するが、切り札ので強化した4本のスピアを使おうとするが攻撃する前に殺され、醜態をした。 その後は元婚約者のリー嬢が関わっていたで自分の実を認識し苦手な武芸の鍛錬に勤しむ。 自分が他4人とべ劣っていることを自覚しており、日々の鍛錬を積んでいるな一面も持っている。 元婚約者がリーだったこともあり、結果的にのおかげで柵から開放された。 ・・セグ - 1作対の一人。 セグの跡取り。 五の1人で、く「筋!」 冒険者であり、実戦経験も豊富だが、では装備や具にこだわりがない弱点があった。 エとのに2番手の代理人としていで参加し、当初は善戦したが、の性差で惨敗 もっとも装備を整えてもどのには勝てなかった。 その後はで自分の実を認識し、大きく成長する。 得物は。 以降のことをと認識しており、ながらもをやり通すのことを尊敬している。 書籍ではとの被り防止にからに変更(わい見てた模様 ・フィア・ - 左座丸 ( )1作対の一人。 のを持つ。 五の1人で、く「!」 接近戦に強くに優れているが、ではしか使わないので遠攻撃手段がなかった。 感情表現が苦手。 エとのに3番手の代理人としていで参加する。 油断はしていなかったものの、な遠攻撃を受けて惨敗。 その後はの交戦で自分の実を認識し、精的成長を遂げる。 とのの反省を得てでにこだわらず手段を選ばず遠攻撃の鍛錬も積むようになる。 恐らく5の中でもっともでの成長を遂げたである。 - 1作対の隠し。 1作が買う事ができるの専属使用人。 性があった頃のウスとクのでエが専属使用人として購入。 対の6人のの中では一番がある。 を欲しがっているが魔を持つ新人類ではないので動かせない。 ユに冷たいのの住民を嫌っている。 騒ぎや偽女騒ぎなどでエと共に5人の世話をする内に人のエとの信頼関係ができた。 ートでは本来の通りと行動を共にしている。 ラ・フォン・ン - 1作では2年ので登場。 元はリー嬢の取り巻きであり、の命でを騙してに接触。 しかし、知識からラがと共犯と知っていたには討伐され、挙げ句に会話誘導によってのンの前で悪事を自させられてしまい、悪事の拠を掴まれたリーとその一は一掃される事になった。 幸いンは免れるも、ラは捨てられて学園の見せしめにされる。 そこを を嵌めた功績で エに救われ、エの友人、もとい取り巻きになり、偽女騒ぎなどでエと共に5人の世話をする内にエとの信頼関係ができた。 本来の展開を考えるとエの世話係になったは幸福になったといえる。 - 会のを教える、く「璧」での腕も段違い。 にとって頭が上がらない稀有な人物、相手の名前に「」や「」を付けて呼ぶ ミレーヌとは個人的な繋がりがあり、にはと呼ばれてることからも素性が気になるがその正体は最終章にて明かされる。 今作屈のでありを精的に支えた人物、彼がいなければは最後まで戦えなかったのは間違いない。 書籍4巻特典「の」ではな発言と登場をするが、恐らくートでの複線になっていると思われる。 ・フィア・ - たちの一つ上の。 クの婚約者だったがに婚約を破棄されたことでグレてしまう。 取り巻きを使ってクやその関係者に執拗な嫌が行うが、の計らいでクから謝罪を受けけじめをつけた。 こうしてと同じくに救われた事を切っ掛けにもまた好意を抱き、後に彼の会に参加するようになる。 ののドはとさせたがっていたが、身分の高いがいたので諦めた。 からはが立ち直れたお礼としてをに贈呈している。 親同士の親交もあり、実際のところとはに顔染みの中である。 書籍版ではの問題行動の一部が別の人物に置き換えられており、悪印がほぼくなっている。 ートではよりも悲惨な状況になってしまい危うく処刑されかけるところであったが、すんでのところでに救出された。 版連載時から密かにのは高かったようで、あとがきでわい自身も驚いたという。 ディアドリー・・ - たちの二つ上の。 が特徴的な嬢で取り巻きが多い。 オースの軍に襲撃された際、に面と向かって罵倒されたことでないに覚めてしまう。 これ以降を狙っているようで会に顔を出している。 版でもは登場するがの扱いとなっており、実際に正式名称が判明したのは書籍版2巻からである、書籍版では以降も登場し学園をして王宮で働いており用ついでにのもとを訪れている。 ートではのが登場する。 ミレーヌ・・ホルート - ホルート王妃。 ウスやの。 代のでだが、それを感じさせない程に若々しく、の魅と可らしさを同居させたで、も全く崩れていない。 外からいで来た身であるが、なので強い権を持つ。 1作ではの味方でと敵対するが、最後は認める役割。 からは執心を抱かれるほどに惚れられており、自身もまんざらではない様子を見せているが、彼の婚約者であるとからはそれを(は論、をに利用される可性がある為)快く思われていない。 からので浮き浮きする可らしい一面もあるが、の時は強面のデキる女として優秀な一面を持つ。 婚約解消のことを含めであるウスに失望しており、ウスにギレすることも多い。 ・・ホルート - ホルート王。 ウスの。 通称 「王」 オース戦でのある一件からを嫌っているが、彼の実は認めておりを出世させてのを押し付ける嫌が行い続けた。 王の座をに押し付けられ、本人もみたいなが欲しいらの気が知れないと考えておりを嫌っている。 ミレーヌとの仲は政略である為、を「の」と言い切るほどに冷めており、あくまでもな人材としてミレーヌに政を任せている。 やたちが忙しく働いている時に達と遊ぶ事情とが多く、 にによって 的状況にならないと自ら働かない為、王関係者を怒らせていた。 元のでは「の」としてを手助けするお助けだったようで性もかなり高かったらしい、その様子は編やートなどでも確認出来る を通して 最大のと言って良い存在、2人によるとてもくだらない出世は非常にわいらしい持ち味を出しているといえる、 駄なになったのような。 嫌がらせの為に出世させるという類を見ない権によるを行うというっぷりを披露するが、そのあまりにも特異な付けが好評だったのか(など)ではせかの中でものとなっている。 ルイーゼ・・ト - 書籍版での新規であり2作のでトの嬢、版では2には存在しなかった。 とはしょっちゅう喧をしている険悪な関係だが、何故かであるレには手を出していない。 意地が悪い様に見えるがそれには複雑な事情が絡んでおりもまたと同じくとは名ばかりのである。 かつて亡くしたにそっくりなに何かと肩入れするがその理由を周囲には秘密にし続けた。 書籍版ではが存在している為かであるベルクも版よりさらに的になっており、とは違ってルイーゼのになったジュは「養子」設定に代わっている 他のとべてもとても大きいな胸をしている・・・恐らく全中である 苗木(若木)ちゃん - 言 2作だったナルシスにピのを案内させて達が六大と交渉する為に用意した人質ならぬ物質、今ではわい作品における あとがきに住み着く化け物 からは達のを作り出した原因でもあるのでより役に立たないと思われたが、意外との延命に役立っているのであまり下に扱ってはいけない・・・ や(に感想欄)からは散々な言われ様であるが、?がいなければ結果的にはしていたので実はマンだったのである 書籍版のによると頭の中で聞こえるは「のような」らしい ではせかのあとがきに存在していた他、別作品「」のあとがきにも登場して迷惑を掛けている、大体感想欄では罵倒されてるのが定番である 「変なが居ついてしまってです・・・」 コミカライズ版ニコニコ静画公式• 既刊単行本各種 書籍版() 版(ジ) 関連リンク.

次の

乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です 最新刊(次は4巻)の発売日をメールでお知らせ【コミックの発売日を通知するベルアラート】

乙女 ゲー 世界 は モブ に 厳しい 世界 です

GCノベルズ刊『 乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です』第6巻ドラマCD付限定版が、2020年7月30日に発売されることが決定した。 本作は小説投稿サイト「」発の作品で、女尊男卑な剣と魔法の乙女ゲーム世界に転生した主人公が、妹に強制され得ていた乙女ゲームの知識を活かし、やりたい放題の女たちやイケメンに反旗を翻していく下剋上ストーリー。 昨年実施された「GCノベルズ5周年ボイスドラマ化投票」にて第1位を獲得していた。 ボイスドラマではリオン役を 小林裕介さん、ルクシオン役を 白井悠介さん、オリヴィア役を 花守ゆみりさんなどが演じる。 この世界では、男なぞは女性を養うだけの家畜のようなものであった。 例外なのは、ゲームで攻略対象であった王太子率いるイケメン軍団ぐらいである。 そんな理不尽な境遇において、リオンはある一つの武器を持っていた。 そう前世で生意気な妹に無理矢理攻略させられていたこのゲームの知識である。 本当は田舎に引きこもりのんびりとしたいリオンだったがその知識を使い、やりたい放題の女どもとイケメンに、はからずも反旗を翻すのだった。 ド外道主人公による、爽快(?)下克上ファンタジー開演! 【ボイスドラマキャスト】 リオン: 小林裕介 ルクシオン: 白井悠介 オリヴィア: 花守ゆみり アンジェリカ: 久保ユリカ マリエ: 種崎敦美 ユリウス: 逢坂良太 ジルク: 橘龍丸 ブラッド: 酒井広大 グレッグ: 藤井達也 クリス: 左座翔丸 <> また、「」では本作のボイスドラマ化に際して、リオン役の小林裕介さんとルクシオン役の白井悠介さんのインタビュー記事も公開されている。 本作は2018年より「」にてコミカライズの連載も行われているほか、「このライトノベルがすごい!2020」単行本・ノベルズ部門では第8位に選出されるなど、注目を集めているシリーズ。 ドラマCDの発売が決定したこの機会にぜひ本作を読んでみよう。 『乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です』は、GCノベルズより第5巻まで発売中。 ドラマCD付限定版第6巻、ドラマCD+シナリオブック付特装版第6巻、通常版第6巻は2020年7月30日発売。

次の