クラミジア 感染 症 と は。 性器クラミジア感染症の症状・治療・予防方法について解説

性器クラミジア感染症とは?男女別の症状や感染経路・検査方法について

クラミジア 感染 症 と は

クラミジア感染症はこんな病気 クラミジア・トラコマチス Chlamydia trachomatis という病原体による感染症です。 性行為により、女性の子宮頚管や男性の尿道、咽頭粘膜 喉の粘膜 などに感染します。 女性の性感染症では最も多い病気で、特に若い世代に感染者が多いことが問題とされています。 1998年~2002年にかけての5年間の調査で10~20代の女性に広く蔓延していることが初めて指摘され、その後は若干の減少傾向もあったものの、現在でも若い女性の間で無症状も含めて多くの感染者が存在すると推測されています。 クラミジア感染症の症状 クラミジア感染症の症状には主に次のようなものがあります。 【クラミジア性子宮頚管炎】 クラミジアが子宮頚部に感染し発生する炎症のことです。 多くはクラミジアに感染した男性の尿道分泌物から感染します。 感染後1~3週間で帯下 おりもの の増加や軽い痛みなどの症状が出ますが、無症状のまま気づかれないことのほうが多いと考えられています。 感染が子宮から卵管へ進むと卵管の閉塞が起こり、の原因となることがあります。 妊婦が感染している場合は出産時に子どもに感染し、新生児結膜炎や肺炎の原因にもなります。 クラミジア性子宮頚管炎 【クラミジア咽頭感染症】 口腔性交により、クラミジアなどの性感染症の病原体は咽頭にも感染します。 クラミジアが咽頭に感染している人との口腔性交により性器にも感染します。 無症状であることが多いため、感染の自覚が難しく、感染の拡大や放置の危険性があります。 口腔性交の機会があり、性器などからクラミジア感染が見つかった場合、婦人科医や泌尿器科医だけではなく耳鼻科医も受診することをお勧めします。 【クラミジア性尿道炎】 男性の尿道がクラミジアに感染し炎症を起こすことを指します。 性行為による感染後1~3週間で、排尿痛がある場合や粘り気の少ない膿を尿道口から排出した場合には、クラミジア性尿道炎が疑われます。 排尿時の痛みはそれほど強くないため、気づかないまま細菌を保持してしまうことも少なくありません。 クラミジアが尿道から精管を逆流して精巣上体 精巣に隣接し精子の通り道となっている部分 に感染すると精巣上体炎となり、腫れや痛み、発熱などの症状が出ることがあります。

次の

不妊の原因になる病気「クラミジア感染症」とは?

クラミジア 感染 症 と は

「性感染症」というテーマは、日常生活の中ではなかなか話題にしにくいものかもしれません。 しかし、性感染症の知識は、私たちがきちんと身につけておかなければならないものです。 さまざまな性感染症について、性感染症学会の代議員としてわが国における性感染症予防・治療を牽引し、ご自身の診療所でも長きに渡り性感染症の患者さんと向き合われてきた尾上泰彦先生に伺います。 今回は「」についてのお話です。 クラミジア感染症とは 「」とは、一般的に・トラコマティスという細菌による感染症のことをいいます。 クラミジア感染症は、診断技術の進歩により1985年頃から注目されはじめました。 現在では最も多い性感染症のひとつとなっており、性活動が盛んな若者に多く発症します。 女性の患者さんは男性の2倍以上います。 クラミジアは非常に弱い菌であり、ヒトの身体から出てしまうと長く生きることができず、性的接触以外ではほとんど感染することはありません。 感染ルートとしては通常の腟性交により男性尿道と子宮頸菅の間を感染し合ったり、そのほかに口腔性交 オーラルセックス や肛門性交 アナルセックス により、咽頭や直腸が感染源になることがあります。 クラミジア:女性の症状 女性の症状としては、下腹部痛、性交痛、排尿痛、帯下の増量や不正出血などが挙げられます。 もしも感染していることに気付かないで放っておくと、から卵管炎に波及し、卵管狭窄を生じます。 これは、の原因やにつながる危険性があります。 また、、肝周囲炎になる恐れもあり、注意が必要です。 子宮頸管炎 妊娠中にクラミジアに感染すると、産道感染を起こすことがある は、病原微生物「・トラコマティス」による感染症であり、性行為等によって感染する病気です。 一説には一般健康女性の約5~20%が感染しているといわれています。 クラミジアに感染した女性が、もしくは妊娠してからクラミジアに感染した場合には、や早産の原因となる可能性があります。 クラミジア感染症は初期の自覚症状がほとんどありません。 そのため、クラミジアが子宮頸管に侵入し、さらに子宮から骨盤内へと感染が広がってくことがあります。 その結果、・卵管炎・といった骨盤内感染症を引き起こします。 これらはの原因ともなるため注意が必要とされています。 クラミジアに感染している妊婦が治療を行わずそのまま出産に望むと、生まれてくる赤ちゃんが産道感染をおこす確率が高くなります。 すると産道感染が原因と考えられるやなどを発症する可能性が高くなるのです。 もし赤ちゃんが産道感染をしていた場合、赤ちゃんに現われる具体的な症状には、出生後1週間前後であれば、目が赤くなり目やにが増える結膜炎を上げることができます。 また出生後1ヶ月前後では、肺炎を発症する可能性も考えられます。 肺炎になると咳が出て哺乳力が低下するため、早急に治療する必要があります。 による命の危険性はそれほど高くはありません。 しかし赤ちゃんが呼吸機能障害をおこしたり、その後肺炎を繰り返したりするなどの可能性も十分あるため注意が必要です。 せきが止まらないなどクラミジアの感染が考えられる場合には、出産時の産院または眼科あるいは小児科を早めに受診しましょう。 クラミジア:男性の症状 男性の場合は、感染後1~3週間の潜伏期を経て尿道から分泌物が出現したり、排尿時痛や尿道のが出現します。 しかし分泌物の量は少なく、また排尿痛も軽かったり、尿道のかゆみも違和感や不快感といった程度であまり気づかないことも多くあります。 これはの原因になることがあります。 精巣上体炎 クラミジア結膜炎のはなし とは、「クラミジア・トラコマティス」に感染しておこる結膜炎のことです。 クラミジアというと性感染症という認識をお持ちの方が多いですが、実はクラミジア結膜炎はクラミジア感染者数に比例して増加しつつあります。 クラミジア自体は空気に触れ乾燥すると死んでしまう、環境の変化に弱い微生物です。 クラミジアは感染している人の体液に直接ふれない限り他の人に感染する心配はありません。 しかし、のどにクラミジアに感染している人の唾液が目に触れたり、手に分泌物が付着したまま目をこすったりしてしまうと、クラミジア結膜炎にかかる場合があります。 クラミジア結膜炎の症状ですが、結膜が充血し眼瞼結膜に小さなブツブツが生じるほか、目やにが出るようになります。 結膜以外に角膜にも炎症を起こす場合があるので、クラミジア結膜炎が進行すると視力が低下する場合もあります。 治療方法には、抗生物質を含んだ眼軟膏や点眼薬、そして内服薬を使用します。 性器クラミジアと同様、医師に指示された期間治療薬を服用し、服薬休止期間後には完治しているか検査を受けるようにしましょう。 クラミジアの感染を放置してしまうと、女性の場合は、、のなどの要因にもなります。 またクラミジアの治療が不十分な妊婦が出産すると、出産時の産道感染により生まれてきた新生児に母子感染することがあります。 新生児のクラミジア結膜炎は、生後1週間から2週間で発症します。 大人のクラミジア結膜炎と同様に結膜の充血、目ヤニなどの症状があらわれるので、クラミジア結膜炎と判断することができます。 産道のクラミジアが感染すると、結膜炎以外にもやを合併し思わぬ事態を引き起こす可能性もあります。 していることが分かったら、早い段階でクラミジアに感染していないか、検査を受けるようにしましょう。 クラミジア封入体結膜炎 クラミジアの検査 女性の検査法としては、子宮頚管の分泌物、もしくは腟壁擦過検体からのクラミジア検出を行います。 男性のクラミジア検出法としては、初尿を検体とし、クラミジアの検出を行います。 尿検査で中間尿を検体として採られる患者さんがいますが、それではクラミジアが検出されにくいので、尿の出始めを検体として提出しましょう。 咽頭感染の場合、綿棒で喉をぬぐうスワブ法と、専用のうがい液でうがいを行ううがい液法の2種類の方法でクラミジアの検出を行います。 うがい液法はスワブ法に比べ患者さんの負担が少なく、また検出率も高いため、うがい液法の有用性が評価されています。 クラミジア感染症は検査で調べることができる 指定された部位の粘膜を、送られてきた専用の綿棒で採取し検査機関に送るだけで感染しているか検査ができる「検査キット」があります。 クラミジアをはじめとした性感染症が心配でも病院に行きたくない、または仕事などで病院に行くことができない方たちの間で、こうしたキットは手軽な検査方法として浸透しつつあります。 特に若い人の間で増えつつあるはや早産以外にも、のようにの原因になることもあるため注意が必要です。 クラミジアは感染してから症状があらわれるまで1~3週間かります。 そのため感染している本人も気がつかないまま性行為等を通じてパートナーへと感染を広げてしまいます。 感染した際の症状ですが、女性のは「帯下(たいげ。 おりもの)が多くなった」「性交時に違和感がある」と感じることが多く、男性の場合では「尿道のや排尿時の違和感」などを訴えることが多いです。 クラミジアの検査キットはインターネット上で購入が可能です。 検体を付着させた検査キットを投函すると最短で2日で結果が判明します。 検査結果の通知方法は郵送・電話・メールなどから選べますので、利用者のプライバシーが守られるというメリットがあります。 【検査キットの使い方】 女性用の場合キット内にある綿棒の先端を腟口から挿入して、子宮口付近の粘液を拭き取ります。 男性の場合は尿を採取して専用容器に入れます。 この検体を指定の封筒や箱に封入してポストに投函します。 この検査キットを使用する際の注意点ですが、これはあくまでも早期発見の補助として用いるものです。 検査結果が陽性だったときや、すでにクラミジア感染の症状がある場合は、専門の医療機関を受診しましょう。 男性は泌尿器科・性感染症科、女性は産婦人科・性感染症科が該当します。 のどに違和感があるときには耳鼻咽頭科を受診するようにしましょう。 クラミジアの治療 の治療には基本的に細菌を殺す抗生剤を用います。 マクロライド系抗生剤またはニューキノロン系抗生剤のうち、クラミジアに対し抗菌力のあるもの、もしくはテトラサイクリン系抗生剤を投薬します。 アジスロマイシンの単回服用療法も行われています。 重症例では、ミノマイシンの点滴を行うこともあります。 また他の病気でも言えることですが、薬の飲み残しをしたり、医師に言われた通りにきちんと服薬しないと、菌が消滅しなかったり耐性菌が出現して完治しないことがあるので、注意が必要です。 そのため、服薬終了後2~3週間経った後にクラミジアの病原検査を再び行い、治癒を確認することが推奨されます。 またパートナーにも感染している可能性も十分あるので、パートナーの治療も必要となります。 ですが、性感染症のなかでも特に感染者の多いクラミジアの場合も、性器と同じように購入することができるでしょうか。 ただし、インターネットの通販で個人輸入品として購入することができます。 アジスロマイシン以外にも、アジスロマイシンのジェネリック医薬品も通販がされています。 性感染症は他の病気と比べ「恥ずかしい」と感じる方が多い病気です。 そのため他の人に知られることなく病気を治そうとする方もいらっしゃいます。 クラミジアは繁殖力が強いので、薬を飲んだ後でも体内にクラミジアが残っていると再び繁殖を繰り返すことがあります。 そのため服薬による治療が不十分な場合には、クラミジアが再発してしまいます。 医師によってクラミジアと診断されると、服薬期間終了3~4週間後に再検査を受けるよう指示されるのは、クラミジアがいなくなっていることを医師が確認するためなのです。 また、日本の正規ルートで販売されている薬は厳しい規制のもと製造・管理されていますが、海外の薬はどのように作られているか把握できないだけでなく、必ず効くという保証もありません。 ネット販売されている薬品にはリスクが伴い、体に異変が生じたとしても責任を問うことができませんので、全てが自己責任となる事を知っておく必要があります。 性感染症は誰でも感染する可能性があります。 性感染症は決して恥ずかしい病気ではありません。 もし不安や悩みがあったら、恥ずかしがらずに医師の診察と適切な治療を受ける。 これが性感染症の最善の解決方法です。 クラミジアは完治させることができるのか 「・トラコマティス」という微生物が原因の(以降クラミジア)は投薬によって行われます。 クラミジア治療ですが、指定された日数は薬を飲み続け、服薬終了後は病院で陰性になっているか検査をしてもらうことが大切なポイントとなります。 たまに、服薬期間中に症状が軽くなったからといって薬の服用を勝手にストップしてしまう方がいらっしゃいますが、これではせっかくの治療の意味がなくなってしまいます。 クラミジアの治療が不完全だと、再びクラミジアが増殖をはじめてしまいます。 服薬終了後に医療機関で再度検査を行うのには、処方した薬がしっかりと効いていたか、そしてクラミジアがいなくなっているかを確認するという理由があります。 クラミジアと診断されたら服薬終了後の検査も必ず受けて、完治していることを確認するようにしましょう。 クラミジアが再発するとき は正しい治療によって完治させることができれば、その後再発することはありません。 しかし、完治したと思ったクラミジアが再発してしまうことがあります。 その理由のひとつに、病院で治療を受けた患者の中には症状がなくなった段階で、完治したと思い込み投薬をやめてしまうことがあげられますが他にはどのようなことが考えられるのでしょうか。 クラミジアの再発を防ぐため、注意すべき点について確認してみましょう。 投薬終了後には3~4週間ほどの休薬期間をもうけたあと、クラミジアが陰性か陽性か再度検査を受けましょう。 これでは完治しても再びクラミジアに感染してしまいます。 この期間中はまだ体内にクラミジアが残っていますので、性行為は避ましょう。 再感染を防ぐためにも、不特定多数とのセックスをしないようにしましょう。 再検査で陰性、完治したことが確認されたらコンドームを使用するなどして再感染しないようにすることも大切です。 クラミジアは自覚症状が乏しい性感染症です。 そのため感染に気づかずに放置してしまうことが多いため、やなどの原因になる事も少なくありません。 クラミジアと診断されたら医師の指示を守りしっかりと完治させるようにしましょう。 クラミジアは他の病気を引き起こすこともある 性感染症のひとつであるは性器以外の部位にも感染します。 例えばオーラルセックスを通じ性器から口内に感染することもあれば、分泌物がついた手で目をこすったりすることで目に感染することもあります。 眼に感染すると鼻涙管(びるいかん)を通じて咽頭感染をおこすこともあるので、クラミジアの頭部感染例は多いのです。 クラミジアは10代、20代を中心に感染が拡大しており、感染者数は2015年だけでも24,000人を超えるなど大きな問題となっています。 また、クラミジアに感染すると他の性感染症を引き起こしやすくなり、HIVの感染率は3~5倍に高まるともいわれています。 クラミジアに感染したのが女性の場合、子宮頸管から子宮内膜、卵管、腹腔内へと侵入します。 すると、侵入したクラミジアによって卵管の癒着を招くこともあり、その結果の原因になることもあります。 男性がクラミジアに感染した場合には、クラミジアになる可能性が非常に高くなります。 クラミジア尿道炎の症状ですが、多少のや違和感のほかに、尿道から透明~乳白色をした水っぽく粘り気の少ない分泌物が出るのが大きな特徴です。 また、用を足しているときだけでなく、日常生活の中の何気ないタイミング分泌物が出てくるケースも多く、下着に分泌物が付着することで異変に気がつくこともあります。 しかしクラミジア尿道炎の症状は軽いことが多いので、そのまま放置されてしまうことも多いです。

次の

クラミジア感染症とは……原因・症状・検査・治療法 [性感染症・STD] All About

クラミジア 感染 症 と は

特定の病気が関係して妊娠しづらくなっていることがあります。 その内の1つが、 クラミジア感染症です。 クラミジア感染症について解説していきます。 クラミジアとは? クラミジアとは、クラミジアトラコマチスという微生物が病原菌で、性器やのど、直腸などに感染して炎症を起こします。 クラミジア感染症は、性行為を通じて感染する性感染症の一種です。 正式な病名は 「性器クラミジア感染症」といいます。 性器クラミジア感染するとどのような症状が? 男性がクラミジアに感染した場合、感染から1~2週間の間に初期の尿道炎が起こります。 排尿時に痛みまたは熱が伴う、尿道から膿がでるといった症状が当てはまります。 膿は透明から乳白色、サラサラな液体、とあまり粘り気がありません。 感染した状態で放置してしまうと、クラミジアが尿道の奥へ入り込んでしまいます。 尿道の奥には、前立腺が存在し、この臓器は痛みを感じる神経があまり無いので、自覚症状がほとんどなくなってしまいます。 さらに、前立腺炎を放置してしまうと、前立腺の奥にある睾丸(精巣)へ菌が移動してしまうことがあります。 睾丸の周りにある副睾丸(精巣上体)が病原菌を捕らえることで副睾丸炎(精巣上体炎)が起こります。 このとき、睾丸から太ももの付け根(そけい部)にかけて激痛や高熱を伴います。 2つ存在する睾丸がどちらも副睾丸炎になったら不妊症を引き起こす危険が高くなります。 少しでも違和感があったらすぐに病院に行って診察を受けましょう。 一方、女性がクラミジア感染にかかった場合、クラミジアの感染は上行感染といって、子宮頸管や子宮内膜、卵管、腹腔へと広がっていき、それぞれの場所で炎症を起こします。 すなわち、子宮頸管炎、子宮内膜炎、卵管炎、腹膜炎などを起こします。 主な症状として、おりものの増加や生理以外の出血、下腹部の痛み、性交痛の痛みがありますが、自覚症状があまりないため、感染に気づかないまま慢性化させてしまうケースが多いこと。 これが不妊症との関連で問題になります。 子宮頸管の通過障害や着床障害、卵管障害などが二次的に起こる 子宮頸管炎が慢性化すると、頸管の組織が破壊され、頸管粘液の分泌が悪くなるという頸管粘液不全を起こしがちです。 そうなると、精子が子宮頸管を通過できないということになってしまいます(子宮頸管の通過障害)。 また、子宮内膜炎によって受精卵が着床しづらくなったり(着床障害)、卵管炎によって卵管がせまくなったり、詰まってしまう(卵管障害)ことがあります。 腹膜炎の場合も、子宮や卵管、卵巣と腹膜組織との癒着が起こりがちです。 このように、ほうっておくと不妊症へつながりますので、クラミジア感染症は女性にとってはかなり要注意の病気といえます。 治療は抗生物質を使うが、パートナーも検査・治療が必要 クラミジア感染症かどうかは、血液検査や尿検査、子宮頸管塗沫検査などを行って調べます。 その結果、クラミジアの感染がわかれば、抗生物質(クラビット、ジスロマック、クラリス、オゼックスなど)を使って治療します。 治療で大切なのは、必ずパートナーも一緒に(検査をして)治療すること。 そうでないと、せっかく治っても、また感染してしまいます。 なお、子宮頸管の通過障害や着床障害、卵管障害などが起きている場合は、クラミジア感染症が治ってもそれらが解消するわけではないので、ひき続き、不妊治療が必要です。 クラミジア感染は性器以外でも温床に! 最近では、オーラルセックスの認知が昔に比べ増してきたことにより、のどへクラミジアが温床するケースも出てきました。 咽頭クラミジアによる咽頭炎は、咽頭痛や発熱などの症状がほとんどありません。 見た目においても明らかな所見はなく、咽頭所見も乏しい現状があります。 そのため、本人の申告以外、咽頭感染症を疑うことは困難になります。 性器からクラミジアが検出された方、パートナーと性行為はないがキスなどの接触があった人とそのパートナーは、一度検査をしてみるといいでしょう。 検査方法としては、のどの奥を綿棒で拭う方法やうがい液で検査する方法があります。 性病検査のときに合わせて行うことをオススメします。 背後から忍び寄る「クラミジア感染」 いかがでしたか?クラミジア感染は、決して他人事ではありません。 感染率も年々横ばいの一途を辿っています(1)。 やっかいなことに、クラミジア感染は自覚症状があまりないため、発症に気づくのが遅くなりがちです。 子供を授かりたいと思ったとき、不妊専門医院であれば性病検査も行うことが大半ですが、一般の婦人科だと自己申告によって検査することもしばしばあります。 通院を考えている病院において、どのような検査が受けられるのか把握しておきましょう。 はるねクリニック銀座では、不妊治療をはじめ性病検査も行っております。 まずはお気軽にご相談くださいね。

次の