心臓 が ない bts。 青い星

防弾少年団(BTS)名言集!笑えて泣ける名言が盛りだくさん!

心臓 が ない bts

』(日本テレビ系)にて、韓国のアイドルグループ『()』についてのニュースが放送された。 その報道内容に、〝ARMY〟と呼ばれるファンたちから怒りの声が殺到している。 【関連】ほか 同番組では、「BTS」のメンバーであるが、コロナ禍にも関わらず先月25日に韓国・梨泰院にある飲食店やバーへ訪問していたと報道。 またその事実が発覚し、所属事務所が謝罪したと伝えている。 ちなみに今回の騒動によりジョングクは自発的に検査を受け、〝陰性〟であったことも紹介されていた。 「『news every. 』ではジョングクのことだけをピックアップしていましたが、今回の騒動は彼だけでなく、『Seventeen』のミンギュ、『NCT』のジェヒョン、『ASTRO』のチャ・ウヌという、別のアイドルグループのメンバーもいたようです。 彼らは1997年生まれで結成された〝97ライン〟という会のメンバーで、別メディアでは4人で梨泰院へ行ったという事実が報道されていました。 もちろん悪いことをしたのには変わらないけど、グクが一人でやったわけじゃないのに》 《世間が「BTS」とARMYを追放しようとしてるのかと思えてくる。 本当にやり方が汚いと思います》 《ニュース番組なら本当のことを報道すべきです。 正しく報道できないなら無責任に全国放送しないでください》 《確かにやってはいけないことだった。 だけど「BTS」メンバーだからってグクだけを取り上げるのは違うと思う》 などの声が殺到。 どうやら「news every. 」へ抗議文を送った人もいたようだ。 また中には、 《これだから『ミヤネ屋』と『every』は大っ嫌い》 《『ミヤネ屋』は前から嫌いだけど、『ミヤネ屋』並に『every』が嫌いになった》 などの怒りの声も上がっており、なぜか『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)も標的になっている。 「BTS」が今回取り上げられたのは、それだけ彼らの知名度が日本で高いからということもあるだろう。 かといって不名誉な騒動を一部抜粋して報道するのでは、ファンから反感を買ってしまうのも無理はない。

次の

BTS・防弾少年団 X 心臓

心臓 が ない bts

BTS( )Vが、これまでのパーマスタイルから一転、 大胆なスタイルチェンジをした姿を披露。 その驚くべき変化に、ファンからは絶賛の声が殺到している。 Vといえば、つい最近までこれまでにないほど髪を伸ばし、V本人も「人生で初めて」と明かしたパーマスタイルを維持していたことでお馴染み。 ますますセクシーさを増したその姿は瞬く間に話題となり、Vが見せた新鮮なパーマヘアは「色気がありすぎる」と大好評だった。 するとそんなVが、 再び大胆なスタイルチェンジをしていたことが明らかに。 21日、BTSの公式Twitterにて投稿されたある映像に、世界中のファンの注目が集まった。 なんとVは、長かった髪をすっきりとカットし、大胆にイメージチェンジした姿を披露。 たびたびゴムで結ぶ様子が見られていたほど長かったVの髪だが、映像の中のVはそんな姿とは一転、ばっさりと短くなったヘアスタイルを見せており、その爽やかな美男子ぶりは思わず拍手してしまうほどだ。 さらにVは、この動画を公開後、ファンコミュニティ 『Weverse』にて「テヒョン(Vの本名)、髪を素敵に切ったね。 テヒョンは髪が長くても素敵で、短くても素敵」とコメントしたファンに対し、 「もうパーマヘア見れません… どうしよう」と返信。 ファンから大好評だったパーマスタイルがしばらくできなくなってしまうことを気にする様子を見せた。 난 이노래가 좋더라 pic. twitter.

次の

『BTS』ファンが日テレの偏向報道に激怒!「闇を感じた」「やり方が汚い」(2020年5月21日)|BIGLOBEニュース

心臓 が ない bts

「2人がこう、シックな表情で…」 カメラマンにどういう写真を撮るか説明を受ける。 横にはジョングク。 最近ますます男らしくなって、腹筋もバキバキだし、頼もしい弟だ。 大人になって友達も増えたみたいだけど、正直ちょっと寂しい。 「ジョングガ?どした?」 雑誌記者の方と話してたら、ジョングクと目が合ったけど、真顔でボーッとしてる。 「あー…いえ、なんでも」 疲れてる…ようには見えない。 考え事でもしてたのだろうか。 まぁ、ジョングクがなんでもないと言うから大丈夫かな? あ、そういえば… 「なぁ、さっきさぁ。 お前の好きなお菓子が差し入れであったんだけど、2個しかなかったからこっそりお前のカバン中入れといた」 「え?いつの間に…」 驚きならがも嬉しそうな顔をするジョングク。 こーいうとこはまだまだ子供だよな。 「あとで一緒に食べような」 俺の言葉に控えめに笑ったジョングクが、どこか大人びて見える。 子供に見えたり大人に見えたり…不思議だ。 「お二人とも目線外しでお願いしまーす!」 カメラマンの指示に合わせてポーズを変える。 視線を外してジョングクの喉元を見る。 …なんか、すごくセクシーだなジョングク。 「じゃあ今度は2人視線合わせて、向かい合って〜」 ジョングクが俺を見る。 俺の心臓が急にドキドキし始めた。 何でだ? ただいつもの様にジョングクを見てるだけなのに…。 ジョングクの瞳、すごくキラキラしてる…。 「もう少し近づいて貰えますか〜?」 カメラマンの指示にハッとして我に返り、ジョングクに近づいた。 何故かジョングクが少し後ろに下がる。 「ん?グガ近づくんだよ?」 「うん…ちょっとふらついただけ…」 「……」 やっぱ疲れてるのか? でもそんな顔してないし、今日は朝から調子良さそうだったけどな…。 それともなんか悪いものでも食べたか? でも今日は俺たち同じもの食べたし、お腹痛いとかではなさそう。 ………俺何かしたか? いや。 ジョングクならちゃんと言ってくれるはず。 ……あ、この匂い。 「なぁ、ジョングク」 「はい」 「今日の香水新しいやつ?」 「そうです。 新作でいいのあったので買いました」 嬉しそうな声色。 ちょっと安心した。 「あとで俺にもつけて」 「いいですよ。 …気に入りました?」 「ん。 お前からいい匂いして……抱きついて思いっきり匂い嗅ぎたい」 「ぷっ、何ですかそれっうぉ?!」 本当は匂いを嗅ぎたいからじゃない。 お前に笑って欲しいからだよジョングク。 狙い通り思いっきり笑ってくれて、嬉しい。 「あははー!わぁーホント仲良しだねぇ〜。 そのままで何枚か撮らせてね〜」 カメラマンの説明してたのとだいぶ変わったけど、こういう写真もあった方がいいでしょう? カメラを意識して色んな表情でジョングクに抱きつくと、ジョングクは笑ってそれを受け止めてくれた。 あれ、俺またドキドキしてる…? 「はい、OKでーす!チェックしますね」 モニターに映し出された俺たち。 シックに決めた俺たちと、いつもみたいに笑ってる俺たち。 どれを見ても良く撮れていて、カメラマンも俺たちも満足だ。 隣のジョングクを見ると、真剣にモニタリングしていた。 なんか……いつもよりカッコよく見える。 また心臓が早く鳴り出す。 「OK!じゃあ次、ジンくんとナムジュンくん〜」 ヒョン達と交代になり、2人で控え室に戻る。 「ジョングガ〜」 「はい」 「お前カッコイイなぁ」 思わず伝えずにはいられなかった。 だって、心臓がまだおさまらないから。 言ってしまえばおさまるかと思って。 「へっ?」 「本当にカッコイイよ」 ジョングクを見ると、目を丸くした後、すぐさっきの大人びた顔になる。 「…それは、ヒョンでしょ」 「ん?」 「ヒョン、本当に格好良いです」 「んふふ、そう?」 ジョングクに言われると、やけに嬉しい。 「ふふ、はい。 格好良くて、可愛くて、馬鹿っぽくて、子供っぽくて」 「やー!からかってるだろ!」 「ふふふ」 喜んだ俺が馬鹿だった! 悔しくてバシバシと肩を何度も叩く。 「こいつっ!この!」 「いたっ!痛いですって!」 「俺はカッコイイって褒めたのに!」 「ちょ、俺も褒めたじゃないですか!」 ジョングクに両手を掴まれると、さっきの匂いがフワッと香った。 「…やっぱこの匂い好きだな」 ジョングクの手首に鼻をつけて、匂いを確かめる。 鼻から伝わるジョングクの暖かい体温。 この体温に包まれたい…。 何故かそう思ってしまい、また心臓がドキドキし始める。 「俺も好きですよ」 「うん、いいよなコレ」 香水の事、だからな。 「はい。 好きです」 掴まれた手が自由になったと思ったら、ジョングクが俺の首元に鼻を埋めた。 「っ?!」 「ヒョンの匂いも、好きです」 思わず固まった。 ジョングクが鼻を鳴らして俺の匂いを嗅いでいる。 しかも、味わうように、長く息を吸っては吐いて。 俺…マジでヤバいかも……。 「…テヒョニヒョン?」 「………ジョングガ」 「はい?」 「やっぱ香水いらない」 「え?どうして?」 「だって……」 ジョングクの首元に鼻をつけて、抱きしめる。 「こうしてれば、お互いにいつも好きな匂い嗅げるってことでしょ?」 あくまでも香水の話、という事にしなきゃ。 「はぁ〜…いいわぁ。 ……好き」 「……俺もです」 そう言ったジョングクにぎゅっと抱きしめられる。 心地良い体温。 心地良い鼓動。 逞しくなったジョングクに、こんなにぎゅっと抱きしめられたのは初めてだ。 愛しくて思わず笑ってしまう。 そして、どちらからともなく身を離した。 「じゃ!お菓子食べよーぜ!」 「はい!」 俺に笑いかけたジョングクは、やっぱり大人びた顔つきで。 まだ俺の心臓がドキドキしてる。 お菓子食べたらおさまるかな? 違うこと考えて気を紛らわさなくちゃ、仕事になりそうにない。 鼻の奥にある香水の残り香が、しばらく俺の心臓を支配していた。

次の