ツイッター 高度 検索。 【最新版】Twitterで過去のツイートを検索する方法「高度な検索」

高度な検索の使い方

ツイッター 高度 検索

lang:ja 検索したいキーワードと「lang:ja」を入力するだけで、日本語アカウントのツイートだけを検索することができます。 例えば、「google」というキーワード日本語アカウントがつぶやいているつぶやきだけを検索したい場合は「google lang:ja」とします。 もちろん日本語以外にも海外の言語でも検索することができます。 その場合は、下記を参考にしてください。 言語 検索オプション 日本語 lang:ja 英語 lang:en アラビア語 lang:ar スペイン語 lang:es アイスランド語 lang:is アムハラ語 lang:am アルメニア語 lang:hy イタリア語 lang:it インドネシア語 lang:id ウイグル語 lang:ug ウルドゥー語 lang:ur エストニア語 lang:et オランダ語 lang:nl オリヤー語 lang:or カンナダ語 lang:kn ギリシャ語 lang:el グジャラート語 lang:gu クメール語 lang:km クルド語 ソラニー lang:ckb ジョージア語 lang:ka シンド語 lang:sd シンハラ語 lang:si スウェーデン語 lang:sv スロベニア語 lang:sl セルビア語 lang:sr タイ語 lang:th タガログ語 lang:tl タミル語 lang:ta チベット語 lang:bo ディベヒ語 lang:dv テルグ語 lang:te デンマーク語 lang:da ドイツ語 lang:de トルコ語 lang:tr ネパール語 lang:ne ノルウェー語 lang:no ハイチ語 lang:ht パシュトゥー語 lang:ps ハンガリー語 lang:hu パンジャブ語 lang:pa ビルマ語 lang:my ヒンディー語 lang:hi フィンランド語 lang:fi フランス語 lang:fr ブルガリア語 lang:bg ベトナム語 lang:vi ヘブライ語 lang:he ペルシア語 lang:fa ベンガル語 lang:bn ポーランド語 lang:pl ポルトガル語 lang:pt マラーティー語 lang:mr マラヤーラム語 lang:ml ラオ語 lang:lo ラトビア語 lang:lv リトアニア語 lang:lt ルーマニア語 lang:ro ロシア語 lang:ru 韓国語 lang:ko 中国語 lang:zh 2.どちらかのキーワードで検索(OR検索) どちらかのキーワードでヒットしたつぶやきを検索したい場合は、「OR」検索オプションを指定してあげます。 スポンサーリンク 検索オプションは組み合わせが可能 今回紹介した検索オプションは、検索オプション同士組み合わせして検索することができます。 検索オプションの指定がめんどくさい場合 検索オプションの記号を忘れたり、入力が面倒な場合はTwitterの公式サイトに「高度な検索ページ」が準備されています。 入力項目に入力していくだけで、検索オプション付きの検索ができます。 まとめ 今回紹介した検索オプションは一部になります。 紹介した以外にも様々な検索ができるように検索オプションが準備されています。 色々な検索オプションを組み合すことで、検索効率を上げることができますので、ご自身が必要と思うものだけでも覚えておくと後々便利かと思います。

次の

【最新版】Twitterで過去のツイートを検索する方法「高度な検索」

ツイッター 高度 検索

検索したい人の過去tweetをさかのぼる場合には、以下を入力します。 from:アカウント名 since:いつから until:いつまで• from:の後にはアカウント名• since:の後には指定期間の始まり(いつから)• until:の後には指定期間の終わり(いつまで) Sinceの前とuntilの前には半角の空白が必要です。 例文は、こちら。 入力すると、このように期間内のtweetが最初から表示されています。 「最新」をタップすると、指定期間の終わりから表示されます。 期間を狭めるほど見やすいかもしれませんね。 公式アプリのさかのぼり機能で過去tweetを見る方法は以上です。 アプリを使用したさかのぼり機能 公式サイトよりも使いやすいと評判の「過去tweetさかのぼりアプリ」がありますのでご紹介。 Frikaetter(フリカエッター) Frikaetter(フリカエッター)は、過去tweetを古い順から見ることができます。 step1:自分のIDでログイン step2:見たい人のアカウントを入力して「ふりかえる」をタップ 入力して「ふりかえる」ボタンを押すと、このように古い順から過去tweetを閲覧することが可能です。 動画や画像は表示されません。 twilog(ツイログ) twilog(ツイログ)は、ツイートをブログ形式で保存してくれるアプリです。 step1:自分のアカウントで行うなら赤い枠をタップ。 他の人のを閲覧したいなら、その下の検索窓にアカウントを入力。 step2:自分のアカウントから入ると、twitterに連携するボタンをタップ これで登録完了です。 step3:自分のtwilog(ツイログ)アドレスが表示されるのでタップ 画面に自分のホームが出てきます。 step4:広告の下、ツイートの上に「並び順」の選択があり、古い順から表示するボタンをタップ。 すると、このようにツイートの古い順から表示されていきます。 自分のアカウントで連携すれば、最大3,200件まで登録が可能です。 他の人のでも最新から100件は見ることができます。 pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status.

次の

エゴサーチも捗る!用途別Twitter検索コマンドまとめ #Twitter高度な検索

ツイッター 高度 検索

2016年7月に発表されたソーシャルメディアに関する調査によると、Twitterのユーザー数は世界中でおよそ2億8630万人となり、前年と比べて10. 9%も増えたという。 今後、成長率は低下するといわれているものの、2020年にはおよそ3億6880万人がTwitterを利用するという予想が立てられている。 出典画像:Twitter「高度な検索」ページより 知っていると役に立つ! Twitter検索技 まずは、Twitterの検索窓に「 filter:images 」を入れると画像添付ありのツイートが、「 filter:videos 」を入れると動画が添付されているツイートを探すことができる。 これを知っておけば、オモシロ画像や動画を探す時などに便利だ。 もちろん、検索ワードと組み合わせることもできるので「(検索ワード) filter:images 」で検索すれば、調べたいモノに関連する画像付きツイートを見ることもできる。 また、期間で絞り込めるという技も便利。 ちなみに、「(検索ワード)since:2017-2-1 until:2017-2-28」と合わせることで「2月1日以降、2月28日以前」のツイートが表示される。 つづいては「lang:ja」。 これは「日本語で書かれたツイート」を検索することできるというもの。 例えば「BEATLES lang:ja」で調べれば「ビートルズについて日本語で書かれたツイート」だけを探すことができる。 逆に「lang:en」で英語、「lang:fr」で仏語、「lang:ko」で韓国語だけを探すことも可能だ。 なお、「デジカメ OR 一眼レフ」といったように「(検索ワード) OR (検索ワード)」で調べれば、どちらかのキーワードに引っかかったツイートが出てくる。 これらのコードは組み合わせることができ、「デジカメ OR 一眼レフ lang:ja filter:images 」で検索すれば「デジカメか一眼レフについての画像付き日本語ツイート」が表示されるのだ。 高度な検索ページも存在する! 実はTwitterでは「高度な検索」というページも存在。 「キーワードをすべて含む」「キーワード全体を含む」「キーワードを含まない」「日付」といった、上記で紹介したような機能を使うことができる。 しかし、「高度な検索」でも使えないのが「リツイート」や「いいね」の数の検索。 といったように、Twitterには意外と知られていないさまざまな検索テクが存在する。 これらの機能を使えば、今まで以上にTwitterを楽しく便利に活用できることは必至。 Twitterユーザーは一度お試しあれ。

次の