シンボル エン カウント 色 違い。 常緑ヤマボウシ(ホンコンエンシス)

【色違い】色違い伝説ポケモンを楽々ゲット!色粘り初心者におススメな入手方法【ウルトラサンムーン】:CLUB Shiny’s BLOG

シンボル エン カウント 色 違い

ユニバーサルデザイン「心配りのある飲食店の色づかい」 「色」に関わる話をこれまで二度に渡って取り上げてきました。 今回は少し見方を変えて、すべての人にやさしい心配りのある色の話を紹介していきます。 突然ですが、こちらの2枚の画像。 これは何を比較したものかお分かりになりますか? 実はこれ、色を判別しにくい方が見ている草花の画像(上)と、色がすべて見える方が見ている草花の画像(下)です。 参照動画:ほんとのいろ. com ) 色を判別しにくい方は、人種や性別によって異なりますが、日本人の場合男性では20人に1人、女性では500人に1人の割合でいらっしゃるそうです。 世界を見ると、北ヨーロッパでは男性で10人に1人、女性では200人に1人の割合、アフリカ系の人では50人に1人から25人に1人の割合でいらっしゃるということです。 「はじめて色が見えた」はなし そんな方々に「鮮やかな色のある世界」を贈ろうというコンセプトでValspar(バルスパー)社とEnChroma (エンクロマ)社の合同プロジェクトで2012年に開発されたのが、ノーベル賞級の優れもの「EnChroma(エンクロマ) Cxグラス」です。 このエンクロマグラスは、色の違いが見えにくい人でもすべての色と鮮やかさを見ることができる「色の判別めがね」です。 この技術の進化が、その後開発されたネオダルトン社の色覚補正レンズにも見ることができます。 おととし、このめがねを初めてかけた人の動画を見て、私は涙がこぼれそうになりました。 この動画以外でも、色の見え方に関して心を動かされるブログに出会いました。 私たちがいつも当たり前のように見ている信号の色や、黄色と赤の看板が読み取れなかったり、本来目立つはずの赤と黄色の看板が読めていなかったり…。 色を判別しにくい方が実際にどういう場面で、どんな困難な状況を体験し、そしてどう対処してきたかを知りました。 出典:STORYS. 色づかいのセンスの良さに圧倒されました。 幼い頃からの色の見え方についての苦悩を克服し、現在デザイナーとしてすばらしい感性を発揮されている方のブログです。 色が見えにくいと、色の濃淡や明暗の違いに敏感になるそうです。 緑や赤といった色が黄土色に見えていたり、紫色が青色に見えていたり。 色の区別が困難だったにも関わらず、すばらしい作品の数々を生み出したことに驚きです。 出典:コモンポストムービーより 今、世の中ではこうした色を判別しにくい方にも不自由なく生活を送ってもらうために、しっかりと色の判別がしやすい色づかいを取り入れるようになりました。 そういった 全ての人に正確な情報が伝わるよう配慮されたデザインのことを 「カラーユニバーサルデザイン」と言います。 ぜひ、飲食店の方にもその方法を知っていただきたいと思います。 区別しやすい色と区別しにくい色 色を判別しにくい方のケースには大きく分けて二つあります。 生まれた時から見えにくい人と、高齢になって目の機能が衰えた人の場合です。 まず、生まれた時から色を判別しにくい方々のことを考えたデザインについてご紹介します。 生まれた時から色を判別しにくい方の場合にはいくつかのパターンがあります。 最も多いのは 赤緑色覚異常と呼ばれるものです。 この場合、 赤と緑と紫が見えず、ピンクは灰色に、青と紫は青に、全体的に黄色と茶色の多い光景になります。 紅葉がちっとも美しく見えないという話はよく聞きますが、区別がつかない色の組み合わせは次の通りです。 このほか、鮮やかな蛍光色同士の色の見分けも難しいとされています。 しかし、先ほどのブログ紹介でもお伝えしたように、明るさの微妙な差を見分けることに非常に優れているそうです。 共通していることは、どのパターンでも 青だけは青に見えるということ。 青以外は セピア系モノトーンに近い見え方なので、 青とその他の色に濃淡をつけて組み合わせる方法がいいですね。 飲食店では実際にどのようにすればいいの? メニュー表に関して メニューには様々な色が使われていることが多く、色を判別しにくい方にとっては難関です。 最も多い赤緑色覚異常の見え方をシミュレーションしてみました。 これらのことから、次のようなことに気を配ると親切かもしれませんね。 店舗内設備に関して 店舗内設備に関しても、色を判別しにくい方にとっては不便に思う時があるそうです。 例えばトイレの鍵一つにしても、空室なのか使用中なのか、鍵の色で表されていて判断がつきません。 お店の案内文として「赤い看板が目印です!」などと書かれているとその目印が見つけられない、といったケースも多くあるとのことです。 使用中状態の写真やシールを扉に貼る方法もありますが…。 これからのメーカーの開発に期待したいですね。 商品提供に関して これは焼き肉店での話ですが、 焼き肉の火の通り加減が分からないというお客様がいらっしゃいます。 これはお店側でも対策が困難でデリケートな問題です。 こんな時は「色の判別めがね」の貸し出しサービスを行うのもありかも。 周りを気にされないお客様であれば喜ばれるかもしれません。 <参考資料> 平成22 年度調査研究報告書 視覚障害者にも見やすい 飲食店メニューの調査 長野大学 社会福祉学部 伊藤専門ゼミナール(伊藤英一教授指導 カラーバリアフリー色使いのガイドライン(神奈川県発行)地域保健福祉課。 色覚問題に関する指導の手引き(平成6年 文部省作成) 老化による色の見え方の変化 ここからは誰にでもあり得る、知らず知らずのうちに本当の色が見えなくなっているという話です。 実は 年を取るとともに、青やその他の色が見えにくくなるのです。 一般的に青が白または薄紫、黒は金色や黄土色系に見えてくると言われています。 その例が下の画像です。 私の場合、時間がたってようやく薄紫とこげ茶に見えてきました。 不思議なものですが、その後はずっと白と黄土色には見えません。 この画像が一昨年話題になった時、「目の錯覚」が原因という説が飛び交いましたが、しばらくたった後、「これは目の老化が原因」という説明が見受けられます。 眼球の錐体細胞のうち、青を感知する細胞が衰えるそうです。 この話は飲食店にも関係があり、 調理場や家庭の台所でコンロの青い炎の大きさに気づかずに衣服に燃え移ってしまうという事故が多いのだそうです。 高齢の調理人は特に注意が必要ですね。 まずはできるところから これまで色の話をしてきましたが、私もあらためて知ることが多いテーマでした。 今回取り上げた内容をお店でやってみて評判になれば、同じような取り組みを始める店舗が増えるかもしれません。 普段何気ないと思っていることが実は当たり前ではなかったり神秘的だったりします。 こんなすばらしい世界をみんなが共有できれば素敵ですね。 一休まめけんちくし.

次の

常緑ヤマボウシ(ホンコンエンシス)

シンボル エン カウント 色 違い

様々な植木の共演で作る風景 庭づくりの基本としての「植木選び」となるこちらのケースでは、多種多様の植木を使用する事が多くなります。 重厚感を出す為に同種の植木を植える事もありますが、多くは写真の様にあらゆる個性が共演する様な植木選びを行います。 常緑樹と落葉樹を半々程度に振り分け、色の濃淡のバランスを考えてレイアウトするのが基本形となります。 お庭に植える植木を選ぶ4つの視点 庭へ植木を必要とするシチュエーションについて触れてまいりましたが、次は具体的にどんな種類の植木を選ぶかが考え所になってきます。 「庭に植木が欲しいけど、種類も個性も解らない。 」 弊社へご依頼のお客様、DIYに挑戦する方を問わず、多くの方がこの様なお悩みを抱えていらっしゃいます。 植木を選ぶ際は植え付け当初の姿だけでなく、将来像を始め特性や環境条件をおさらいしてから選ぶ事がおすすめです。 ・落葉樹と常緑樹の違い ・日向や日陰など、お庭の環境 ・生活環境との兼ね合い ・花や実、紅葉などの季節感 ここではこの4つの視点から植木選びを考えてみましょう。 この違いは冬季に葉を全て落とすか落とさないかですが、「半落葉」と呼ばれる寒さで葉を半分~それ以上に落とす常緑樹も存在します。 常緑樹の特性 写真のソヨゴの他、近年に植栽される常緑樹では シマトネリコ オリーブ カシ類 などが主流となっております。 コニファーなども常緑樹にあたり、これらは寒さに強い特性を持っています。 常緑樹で注意したい寒さ対策 常緑樹の全てが耐寒性を持っているという事はなく、常緑樹でも寒さや霜によって葉の色が落ちたり、葉数を減らす事があります。 冬眠をしないからこそ寒さを考慮した植栽が必要です。 寒さに弱い常緑樹を植栽する際は、北風が吹き続ける場所や、広い場所へぽつんと植えたりするのは避けると良いでしょう。 意外にも降り積もる常緑樹の落ち葉 落ち葉の掃除が大変だから落葉樹は避けたい、といったお声をよくお聞き致しますが、常緑樹でも落ち葉はあります。 玄関のドアを目隠しするフェイジョア 常緑樹はその存在感からシンボルツリーはもちろんの事、目隠しとして植栽したり、生垣を構成する事も出来ます。 花を楽しめる物もあり、こちらの様におしゃれな目隠しとして植栽するケースは多いです。 落葉樹の特性 落葉樹の特徴は冬季に葉を落として冬眠する事です。 そしてその自然を切り取ったかの様な樹形が魅力的です。 シンボルツリーとしてはもちろん、落葉樹同士であれば異種との混植によってナチュラルな庭を作る事が出来ます。 落葉樹をシンボルツリーとして植栽したい場所 落葉樹をシンボルツリーとして植栽する際は、冬に落葉した際に寂しさを感じさせない様な場所を選びたいもの。 落葉樹に葉がなくなっても樹形を美しく見せられるのは、スクリーンとなるものが背後にある場所です。 外壁沿いで映えるヤマボウシ こちらのヤマボウシは美しい外壁沿いの花壇へ植えられており、少ない葉数でも樹形の美しさが引き出されています。 落葉時期は外壁がスクリーンの効果を発揮し、繊細な枝もくっきりと浮かび上がります。 同じ効果を得る為、ウッドフェンスや樹脂フェンスなどをスクリーンとして施工するのも有効な方法です。 落葉樹で注意したい:夏場の葉焼け 落葉樹は種類によって夏の直射日光で葉がやけどしてしまう事があります。 少々の葉焼けであれば生育上に問題は生じませんが、あまりにも葉焼けを起こす環境ですと、年々木自体が傷んできてしまいます。 ヤマモミジやジューンベリーなど、ある程度の直射に耐える植木もございますので、環境と経験測に沿ったご提案をしております。 美しい樹形を維持したい。 落葉樹剪定のポイント 枝透かしをされたヤマモミジ モミジといえば写真の様にスッキリと、軽やかな姿を想像されるかと思います。 この様な姿を求める場合は、当初から落葉樹を狭い場所へ植栽しない事をおすすめします。 落葉樹の剪定は「背丈を詰める」ことは二の次であり、まずは徒長枝や重複枝を間引く事が肝心となります。 背丈が高くても枝葉の数が少なく留められていれば圧迫感も感じません。 むしろ樹形を崩す剪定を繰り返しますと元に戻すのは至難の業となります。 自然樹形をお庭へ取り入れる際は、周囲に余裕を持った植栽計画がお勧めです。 その際、私の方からは「半日陰や日陰の方が植木選びの選択肢が広いのですよ」とお伝えしております。 夏の直射日光と乾燥に耐える木 強い日射に耐える植木は、常緑樹から選ぶのが通常となります。 ですがソヨゴやハイノキなどは葉または木そのものが傷みやすく、あまりにも暑い場所は植栽を避ける様にします。 これを考慮しますと、植栽後の生長を考慮して植木を選ぶという事になりますが、どの様なケースがあるのでしょうか。 玄関や駐車場へ植える植木は生育の緩やかなものを 庭と異なり玄関や駐車場などは、毎日の様に歩く場所です。 植木を植えても通るのに苦労しない様に見えましても、時には荷物を手に持ったり、傘を差す事もあります。 この様な場所へ植える木は、生育の緩やかな種類を選びたいものです。 ソヨゴ ヒメシャリンバイ アロニア などは、生育が緩やかであり、お勧めの植木です。 こちらは通路を小庭としてデザインしておりますが、植木はヒメシャリンバイ1本というシンプルな構成です。 園路の傍へ植えても邪魔にならない雑木の魅力 ヤマモミジやアオダモ、コハウチワカエデなどは生育に連れて下の枝を枯らしていきますので、背の高いものは幹周りがすっきりとしたものが多いです。 下の枝が少ない木であれば歩いても干渉する事がなく、庭木の傍を歩く事が出来ます。 植木それぞれ季節ごとの美しさがありまので、植木選びのご参考として紹介を致します。 常緑樹で花を楽しめる庭木 常緑ヤマボウシ(ホンコンエンシス) 花元の葉が花弁に見える。 基本は白花で、赤模様が入るものも流通する。 フェイジョア 南国の雰囲気の花。 花の存在感が強い事を予め考慮する。 オガタマ バナナの様な芳香の白花。 ポートワインと呼ばれる赤花品種もあります。 ブラシノキ(キンポウジュ) 赤色のブラシの様な花が特徴的。 葉は小さく尖っています。 アセビ 房状に釣鐘の様な花が下がります。 ドウダンツツジの花にも似ています。 常緑ガマズミ(ビバーナム) ティヌスを始めレイフレアーズドワーフやハリアナムといった品種が有名です。 ギンバイカ 繊細な作りの白花が特徴。 生育は旺盛なものの切り戻しはしやすい木。 マホニアコンフューサ 寒い時期に黄花を付けるので、寒い時期もお庭が華やかに。 オオムラ・クルメツツジ類 寄せ植えによる造形などで使える低木の常緑ツツジ類。 花色の種類が豊富。 キンシバイ 寄せ植え仕立てで黄色い花が楽しめる低木 ビヨウヤナギ 半落葉の木として位置付けられ、キンシバイに似た花を楽しめる低木 アベリア 花壇での寄せ植え等に植栽されるアベリアは、剛健かつ花も見られる低木種として重宝されます。 落葉樹で花を楽しめる庭木 ヒメシャラ 白い小さな花が多く付くので、開花期は樹形が白く浮き上がります。 エゴノキ 垂れ下がる様に下向きの花が多く付く植木。 生育が旺盛なので余裕のある場所へ植える。 ジューンベリー 桜に似た展開を見せる白花が多く付く。 花期が短い代わりに実を多く付ける。 ヤマボウシ 花元の葉の部分も花として鑑賞する部類。 存在感が大きく、紅花も存在する。 ハナミズキ:紅花 春の新芽展開よりも先立って咲かせる花は存在感があり、上を向いた花姿が上品な印象を感じさせる。 ハナミズキ:白花 紅花と印象が大きく異なる白花ハナミズキ。 こちらは凛とした表情を見せてくれます。 アオダモ 主にナチュラルな樹形を楽しむアオダモですが、花も魅力の一つです。 小さな白花の集合は遠くから眺めると綿の様な美しさを感じられます。 アロニア 小さな花がいくつも寄せ合った状態で非常に美しい花。 花持ちも良く、やがて美しい実となっていきます。 ブルーベリー 実が主役の印象のブルーベリーですが、花期はドウダンツツジにも似た花を見る事が出来ます。 ヤマブキ レンギョウ等と並び黄花が古くから親しまれる植木。 生育の旺盛さを考慮した植栽が大切です。 白山吹 ヤマブキの黄花も美しいものの、樹形も異なり白花の付き方が上品な植木。 直射日光は避けて植栽する。 オトコヨウゾメ ナチュラルな低木雑木として魅力的なオトコヨウゾメ。 新葉の展開後に付ける可憐な小花は野趣も感じられる美しさです。 リキュウバイ(利休梅) 茶花として親しまれた事から名付いたリキュウバイの花は品があり、枝先に咲く様が風情を感じさせます。 ダンコウバイ 春早くに花を付ける黄花として、サンシュユやマンサクと共に知られています。 低~中木の雑木として植栽する事が多く、野山での春の訪れを感じる様な植物です。 ハナズオウ 白花~黄花の多い落葉樹の中で、ひときわ鮮やかな色彩を見せるハナズオウの花。 花の色はツツジ類やユキノシタの色と似ています。 ユキヤナギ 柳の様に枝垂れた樹形へ一面に小花を咲かせる事で知られています。 木のサイズを維持する為にも、花後の剪定作業が大切になります。 落葉のツツジ類 ミツバツツジやドウダンツツジの他品種多数。 庭作りの際は剛健な物を選びたい。 実のなる木を選ぶ お庭で実が成るのは楽しいものです。 収穫・食用となる果樹は限られますが、木の実は観賞用も多く、食用だけではありません。 昔は大きな柿の木や栗の木、ミカン、ビワなどをよく目にしましたが、近年の住宅事情で植えるのは難しいです。 弊社は実成りの植木を選ぶ際は、生育面や環境を考えてご提案を致しております。 ジューンベリー 食用も可能で、多くの赤い実を付ける。 ただし生育により樹高が高くなると収穫が困難になり、放置した実は落下して周辺が汚れやすくなる。 ブルーベリー 食用が可能で庭木としても扱いやすい植木。 特にハイブッシュ系の品種は葉も肉厚で実が大きく、樹形も乱れ難く丈夫。 ヤマモモ 食用も可能な有名な実で、実成り品種は「瑞光」「森口」が有名。 放任では大木になる為、最低でも3m~での樹高管理を想定する。 アロニア 実成り時期が早く、秋に赤く染まるまで付き続ける。 鑑賞用の赤味の他、加工用として黒実が付くアロニアはチョークベリーと呼ばれる。 オリーブ 造園・庭作り用としてはスプレッシーノと呼ばれる樹形重視のものが主流。 実成りの為には他品種のオリーブとの近接が必要とされる。 ソヨゴ(雌木) 花は存在感が小さいものの、実がなると秋に色付いて美しい。 実が小さい為、多く成ると繊細な美しさを見せる。 ナツハゼ 黒い実が幾つか垂れ下がり、加工して食用とする場合もある、野趣ある植木。 日向では葉焼けを起こすも、暗い日陰でも育ち難い。 周囲に風通しが確保されたような明るい日陰だと育ちやすい。 ツリバナマユミ 食用ではないものの、実が成った姿が美しい。 直射日光を避けて暗い場所へ植えてしまうと花~実が付きにくい。 ユズ・キンカンなど ミカンと比べやや小さな姿で樹形を維持する事が出来る柑橘類がお勧め。 ミカンは美味しく作る事が非常に難しいものの、こちらの2種であれば薬味やハチミツ漬けで楽しめる。 紅葉する植木を選ぶ 植木が美しく紅葉する様はとても美しいもの。 ですが紅葉の具合は環境による影響が大きく、どこでも山の様な色合いを見れる訳ではございません。 ですが根を張って落ち着いた頃に綺麗に色付いた例もございますので、長い目で期待する事も大切です。 ジューンベリーやブルーベリー、アロニアなど、比較的簡単に綺麗な紅葉を見せる植木もあります。 イロハモミジ 夏場の環境や昼夜の寒暖差によって紅葉具合が異なる。 小さな繊細な葉が樹形に沿って染まる姿が美しい。 コハウチワカエデ ヤマモミジよりも葉が少ないものの、それによる上品な樹形が紅葉を引き立てる。 ヒメシャラ 植栽場所や年により色味が異なるが、赤く染まる際は非常に濃い紅色も見せる。 ナツハゼ 生育場所を選ぶものの、自然に生えてきたかのような山間低木の雰囲気が美しく、樹形と紅葉のバランスが特に美しい。 アロニア 実の色付きと共に葉も見事な紅色に染まる植木。 自然味豊かな樹形に対して生育も緩やか。 ブルーベリー 特にハイブッシュ系は枝までも真紅に染まる見事な紅葉。 赤味は真紅と言える程で、かつ手軽に紅葉を楽しむ事が出来る植木。 オトコヨウゾメ ナツハゼと同様に生育場所を選ぶ植木。 特に葉焼けを起こしやすいが、健康に育った際は自然味豊かな表情を見せる。 ドウダンツツジ 紅葉を楽しむ植木の中では最も剪定方法を問わない植木。 強い刈り込みによる造形も行う事が出来るものの、丈夫さの反面夏の直射日光には非常に弱く葉焼けしやすい。 常緑樹(半落葉含む)ながら色付きを見せる植木 ヒメシャリンバイ:成育が緩やかで丈夫な為、植栽場所も自由が効く。 古くなった葉が落ちる際に赤くなる事があり、通常の緑葉とのコントラストが楽しめる。 紅花トキワマンサク:元々紅色を帯びた葉が秋になると部分的に真紅に染まり、紫と赤が混じる美しい姿になる。 日陰に植えると葉に艶が出て美しいものの、葉そのものが大きくなって花が付きにくくなる。 ビヨウヤナギ:低木類として扱える、黄花が美しい植木。 半常緑(半落葉)の植木にあたり、落葉する葉が美しい紅色に染まるのが特徴。 植木選びの4つの視点、如何でしたでしょうか。 住宅街のお庭に向く植木は限られており、無限な選択を迫られる訳ではございません。 弊社施工によってこれまで植栽してきた植木の特性を考慮し、お庭作りのお手伝いとなれれば幸いです。 庭木にしたいおすすめ21選 こちらでは庭木として特に扱う事の多い樹種のご説明を致しております。 お庭作りの際も登場する事は多いですが、種類それぞれの向き不向きもあります。 植栽する際は、用途や目的はもちろん環境も踏まえてご提案を致しております。

次の

【色違い】色違い伝説ポケモンを楽々ゲット!色粘り初心者におススメな入手方法【ウルトラサンムーン】:CLUB Shiny’s BLOG

シンボル エン カウント 色 違い

この記事の目次• 落葉種と常緑種の違い ヤマボウシ 山法師 はミズキ科ミズキ属の落葉高木です。 落葉と常緑どちらも梅雨の時期にきれいな花を咲かせてくれたり、食べられる実をつけてくれるという点は似ているのですが、いくつか異なる点があります。 個別に詳しく説明していきます! 常緑ヤマボウシは落葉しない 落葉ヤマボウシと常緑ヤマボウシと書いていますので、既にお分かりかと思いますが、落葉ヤマボウシは冬になると葉をすべて落とすのに対して、常緑ヤマボウシは葉を落としません。 2種とも秋になると紅葉し、葉が紅くなるのですが、 常緑ヤマボウシは葉が紅い状態で冬を乗り切り、春になると徐々に葉の色が緑に戻っていきます。 常緑ヤマボウシは寒さに弱い 落葉ヤマボウシ比べて、常緑ヤマボウシは寒さに弱いです。 常緑ヤマボウシは気温がマイナス5度を下回ると枯れる可能性があります。 落葉ヤマボウシは本州以南であれば特に気にすることなく植えることができますが、常緑ヤマボウシは北関東以北に植えた場合、冬に枯れる可能性がありますので注意が必要です。 寒さに強いから、葉を落とさないというわけでないんです・・・!ちょっと意外ですよね。 樹形が違う 落葉ヤマボウシの樹形は「単幹」、常緑ヤマボウシの樹形は「株立ち」に育つことが多いです。 「単幹」とは:木の幹が根元から上部まで1本になっている樹形 単幹イメージ 「株立ち」とは:木の幹が根元部分から何本にも分岐している樹形 株立ちイメージ 基本的に「単幹」は上に成長していくのに対して、「株立ち」は横にも成長していきます。 木の樹形はお庭にシンボルツリーとして植える場合、一株で存在の出る「株立ち」が好まれる場合が多く、価格も「単幹」に比べて「株立ち」が高額になります。 ヤマボウシの場合も、「単幹」で成長が進んでいくと葉や花がきれいに見えない高さまで成長してしまうため、横に広がる「株立ち」の方が人気が高く、価格も高いです。 常緑ヤマボウシは自然に「株立ち」になる苗が多く、横に広がっていく性質があるようです。 ちなみに 落葉ヤマボウシでも根元で 剪定して適切に管理すれば、人工的に株立ちに育てることは可能です。 ただし常緑ヤマボウシに比べると横への広がり 葉のボリューム感など は少ないようです。 庭木にオススメなのは? 常緑ヤマボウシがオススメ! ただし地域を選ぶ) (北関東以北の場合は、冬に枯れる可能性があるため、落葉の方が良い。 ) なぜ常緑の方が良いのか、その理由は大きく2つあります。 まず、一つ目は「見栄え」です。 上記で説明した通り、 常緑ヤマボウシは横に広がって成長するため、花が咲いた時の迫力がスゴイです。 剪定をこまめに行わないといけないなどデメリットはありますが、やはり花が咲いている時期が栄える方が良いかと思います。 また、花が咲いていない時期でも、一株で小さな林のような存在感を出してくれるため、シンボルツリーにに持ってこいです。 二つ目の理由は、「落葉しない」点です。 冬になっても落葉しないことで掃除が楽になりますし、周りに迷惑をかけにくいです。 ヤマボウシは10m近くまで成長する木ですので、落葉ですと後々落ち葉の問題に困る可能性もありますが、常緑であれば、道路やお隣の家に落ち葉が飛んで行ってしまう心配も少なく、安心して植えることができます。 常緑ヤマボウシがオススメですが、流通力が少なく希少ですので、入手が困難という問題があるかもしれません。 入手されたい場合は、通販を利用するか、植木屋さんに相談すると良いかと思います。 常緑ヤマボウシの品種紹介 オススメをお伝えしたところで、常緑ヤマボウシの代表的な品種を紹介させていただきます! ホンコンエンシス「月光」 「ホンコンエンシス」の花付きの良いところを枝分けして作られた品種で、常緑ヤマボウシの中で最も人気のあります。 ヤマボウシの品種の中で最も花付きが良く、開花時期の華やかさはダントツ1位! 花のサイズは落葉ヤマボウシと似て大きく、一輪の存在感があります。 開花時期が終わると、食べることができる赤い実をつけます。 実の見た目は通常のヤマボウシと同じですが、花が多い分沢山実ります。 常緑種ですが、他の品種に比べると冬の落葉が多い方です。 寒さに弱い方く、関東以北の地域では注意が必要です。 人気が高いのですが、生産している農家さんが少なく、入手は困難となっているようです。 通販などを使わないと、植木屋さんで見かけることは少ないです。 依頼すれば入荷してくれるかもしれませんので、売っていなくても相談してみると良いかと思います。 ホンコンエンシス「メラノトリカ」 カビサンヤマボウシ 月光と同じホンコンエンシスの亜種ですが、花は月光よりも小さく、少し黄色味入った白となっています。 花付きは月光よりも少なめで、葉も小ぶりなので、派手さは月光に劣ります。 月光より寒さに強く、落葉が少なのが特徴です。 ホンコンエンシス 月光の品種改良される前のものです。 月光に比べると花数は少ないですが、それ以外の性質は同じです。 花が少ないことで落ち着いた印象があり、月光よりもこちらを好む方も居ます。 常緑ヤマボウシは最近出てきた品種ですので、まだまだ知名度が低く、 ホンコンエンシス「月光」、ホンコンエンシス「メラノトリカ」、ホンコンエンシスはまとめて「ホンコンエンシス」と表記されて売られてい ることが多いです。 購入して植えた後で、「思っていたのと違う・・」とならないように、購入時はしっかり確認しておいた方が良いです。 ヒマラヤヤマボウシ 花はサイズ小さめでクリーム色になっており、葉はホンコンエンシス系に比べて細く、黄緑に近い色をしています。 花付きが良く、開花時期はとても見ごたえのある品種です。 ただし、、成長すると高さ10m以上の大きくなる品種で、そのサイズから庭木としては敬遠されがちです。 流通量はホンコンエンシス系よりも少なく、入手は困難です。 まとめ 今回は、大人気のヤマボウシについて落葉と常緑の違いに触れてみました。 ヤマボウシは、きれいな白い花を咲かせてくれたり、赤くて面白い形の実をつけてくれたり、とても楽しませてくれる高木です。 紅くて特徴的な実 そんなヤマボウシですが、品種改良によってその魅力はさらに増していますね・・! 常緑ヤマボウシは最近生まれた品種で入手が困難ですが、今後はもっと流通量が増えて手軽に植樹できるようになると良いなと思います。

次の