宇都宮 市 ハザード マップ。 宇都宮市の不動産屋のホンネの話: 【台風19号で宇都宮駅前の田川が氾濫!大通り周辺に泥水が流れ込む!】中心市街地周辺のハザードマップを確認してみたら!?

栃木市防災ハザードマップ

宇都宮 市 ハザード マップ

平成30年版「鹿沼市洪水浸水ハザードマップ」を作成しました。 鹿沼市では、平成29年12月に栃木県が策定した黒川及び思川の洪水浸水想定区域を基に「 鹿沼市洪水浸水ハザードマップ」を作成しました。 浸水想定区域図や避難所等が記載されている地図面と、水害の知識や避難情報の種類などの学習面とで構成されています。 なお、 地図に示した危険箇所以外のところであっても、雨の降り方や土地利用の変化などにより危険となることがありますのご留意ください。 今回の浸水想定区域について 今回作成したハザードマップの特徴は、 想定最大規模の雨量により浸水する範囲を導いたもので、前回のハザードマップよりも浸水想定区域が広がっております。 そのため、黒川や思川沿いの浸水想定区域内に立地している避難所もあります。 浸水想定区域内に立地している避難所• 東小学校• 東中学校• 鹿沼高等学校• 情報センター• 北押原コミュニティセンター• 南押原コミュニティセンター• 清州コミュニティセンター 浸水想定区域内の避難所の開設について このような想定区域内の避難所は、洪水時に避難をすると危険です。 しかし、黒川や思川が洪水を起こす危険性が低い場合など、状況に応じて柔軟に対応するために、浸水する可能性が低い場合には想定区域内の避難所も開設をします。 避難所の利用について 今回のハザードマップにある避難所の一覧には避難所を利用する各町名が割り振られていますが、これはあくまでも目安であり、 市民の皆さんの避難行動を拘束するものではありません。 避難対象の地区・町でなくても、避難が必要であると判断したときには、対象でない避難所も利用してください。 避難所の開設情報について 避難所の開設などは鹿沼市から災害情報メールなどでお知らせするので、もお願いします。 命を守る備えを 自分の命を守るため、今一度、次のことをご家族などとご確認いただき、万が一の災害に備えてください。 ご自宅が浸水想定区域に立地しているのか• 安全な最寄りの避難所はどこになるか• 浸水する可能性の低い避難所はどこか• 避難所までの安全な経路はどれかなど 鹿沼市洪水浸水ハザードマップ 電子データにつきましては、こちらからダウンロードをお願いします。 (参考)旧鹿沼市洪水ハザードマップ(注意:平成29年12月に県が改定した洪水浸水想定区域図を反映したものではありません。 ) こちらのデータは、古いハザードマップのものとなります。 鹿沼市の黒川及び思川流域の洪水による浸水が想定される区域や避難所等が記載されている地図です。 思川上粕尾地区ハザードマップ 大雨時には、道路が通行止めになる箇所です。

次の

宇都宮市ゆれやすさマップ|宇都宮市公式Webサイト

宇都宮 市 ハザード マップ

記録的な豪雨をもたらした台風19号の影響で、JR宇都宮駅のすぐ近くを流れる田川が氾濫しました!! 我が家も中心市街地にあるので、心配していましたが、宮島町十文字までで水がおさまり、、なんとか無事に済みました。。 今回の台風で関東エリアは至るところで河川が氾濫しましたが、氾濫したとはいえ、他県や佐野市のような川の堤防が決壊したわけではないので、 幸い台風一過の翌日のお昼前には、水がすべて引いて夜の水がウソのように無くなっていましたね。 ですが、、JR宇都宮駅西側の一体は泥の吐き出しと流れ着いたガレキの処理に皆さん追われていました。 いつもは申し訳なさ程度しかない水量の田川が氾濫するとあって今回の台風による豪雨の凄さを実感しました。 ツイッターなんかを見てたら被害の全容がリアルタイムで続々アップされていましたね。 昔から中心市街地に住むとある老賢人に以前聞いた話で、川の近くの地名を見て水に関わる名前がついた場所には住むもんではないと言うことが現実になりました。 私が生まれる前(40年以上前?)にも田川が氾濫したことがあったようでその時の話と、今回の被害とまったく同じような状況でした! 被害が大きかったのは駅周辺で少し北の錦エリアには管理物件があったので様子を見に行ったのですが、川のすぐ近くでも水が全然来ていなかったのには驚きました。 日本に住む以上災害は身近にあるのだと痛感しましましたね。 ということで、災害ハザードマップを改めて確認してみました。 駅東エリアは洪水の影響がほぼ無さそうなので今回の件をきっかけに改めて不動産の価値として災害許容度が注目を集めるでしょう。 洪水以外では八幡山のすぐ脇の大曽エリア(赤門通りの西側)が土砂災害危険地域に指定されています。 物件を探す際にはこのエリアのリスクを理解して判断を下す必要性があるでしょう。 泥水やガレキの影響はあったとはいえ、他の河川の堤防決壊などと比べれば水も引いているので比較的に被害が少なくて済んだのは何よりだと思います。 堤防が決壊したような場所では2週間以上も水がひかないようなので、これからがたいへんですね。 不動産の価値は一に立地、二に立地、三に立地とほぼ立地に集約されますが、利便性だけでなく、災害に対する許容度もしっかり確認する必要性が今回改めて実感しました。 ハザードマップのリンクを貼っておきますので、皆様もご確認することをオススメします!• 130•

次の

栃木市防災ハザードマップ

宇都宮 市 ハザード マップ

ページID1009941 更新日 平成28年9月23日 ライセンス表示について オープンデータカタログページ(以下、「カタログページ」と言います。 )で提供するデータのライセンスは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスにおける「CC BY(表示)」としています。 二次著作物を作成する場合は、以下のとおり、利用するデータの出典を表示してください。 ライセンスされている著作物を改変せずにそのまま複製して利用されるときは、以下のクレジットを記載してください。 (「」内の部分は利用者が記載してください。 ) 「ライセンスされている著作物のタイトル」、宇都宮市、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表示2. ライセンスされている著作物を改変して利用されるときは、以下のクレジットを記載してください。 この「作品・アプリ・データべース等」は以下の著作物を改変して利用しています。 「ライセンスされている著作物のタイトル」、宇都宮市、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表示2. 1」の文字部分などにハイパーリンクを貼る方法で提供することも可能です。 [クリエイティブ・コモンズ・ライセンス] この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 2. 1 日本 ライセンスの下に提供されています。 利用規約 宇都宮市オープンデータ利用規約は、宇都宮市オープンデータ一覧に掲載されているデータの利用に関する規約です。 データの利用の際には、本規約に従っていただくようお願いします。

次の