グーグルアドセンス 審査。 ブログ必須のグーグルアドセンス審査はコロナで停止中でも合格できる

【2020年】Googleアドセンス審査に不合格にならない解答

グーグルアドセンス 審査

株式会社ティンカーベル代表取締役 古川英宏 Googleアドセンス総合専門家として、人が人らしく生きるため、叶えたい未来を叶えることをモットーに僕の学んだスキルで多くの人たちに喜んでもらえるノウハウ提供のブログ運営をしています。 Googleアドセンスに詳しくなって収益化する方法を初心者でも分かりやすく理解できるように提供しています。 現在は、オンラインセミナーの開催やコンサルティングをして、誰でもGoogleアドセンスで収益化していただけることに力を入れています。 Googleアドセンス実績:月141万PV・月41万円達成。 2019年6月30日3時間で71万PV達成。 オンラインセミナー開催実績:合計35回以上開催180名以上参加。 メルマガ購読者:2,500名以上が購読。 「ルールを守れていない=違反している」ことになるので、審査通過できません。 必ず目を通しておきましょう。 しかし、はっきり言って内容が小難しいので、これだけは最低限知っておいて欲しいことをで詳しくまとめていますので、参考にしてください。 禁止コンテンツ プログラムポリシーの中にあるコンテンツガイドラインの中の禁止コンテンツも重要です。 これに違反していてもGoogleアドセンスの審査通過はできませんので、特にあなたが扱うジャンルについては、しっかり見ておきましょう。 しかし、これも難しく、本当に自分が違反しているのか把握することが微妙なので、でかなり噛み砕いて詳しくまとめていますので、参考にしてください。 Googleアドセンス審査でよくある不承認• 「不十分なコンテンツ」のため不承認• 「Googleのポリシーに準拠していないサイト」のため不承認• 「コンテンツをコピーまたはリライトしたページが含まれる」のため不承認 プログラムポリシーに違反していないことが前提になりますが、記事のコンテンツボリュームが重要な審査基準です。 コンテンツボリュームとは、主に1記事の文字数や記事内容などのことを指します。 この不承認内容の 名称は、時期とともに頻繁に変更されます。 総合的に「ポリシー違反である」「価値の低い広告枠」と表現されている場合もあります。 Googleアドセンス審査結果が「不十分なコンテンツ」のため不承認 『不十分なコンテンツ』のために審査に不合格となり、不承認される場合のほとんどは、 価値あるコンテンツを提供できていない場合です。 簡単に言うと、 記事の質が低いということです。 ブログの記事数 以前までは、20~30記事くらい記事更新した方が無難とされてきましたが、 現在の記事数はそれほど重視されていません。 僕がアドセンス審査通過サポートしてきた事例だと、ほとんどの人が 5記事で審査通過しています。 逆にあまりにも多い記事数だと、不承認される理由が増えます。 100記事以上などで不承認されると、 「どの記事が不承認されていて、どこを修正すればいいか?」などとても分かりにくいです。 少ない記事数で審査申請して、さっさと審査通過してしまいましょう! 1記事の記事ボリューム・文字数 1記事の記事ボリュームや文字数も重要です。 400~500文字の記事ばかりでは、まず審査通過はできません。 Googleは価値あるコンテンツの提供を求めているので、原稿用紙1枚程度の文字数では、伝えるべきことも伝えらない不十分なコンテンツです。 最低でも 1000~1500文字くらいの記事を書きましょう。 1000文字は最低ラインですが、1000字超えたから終わりではなく、ボリュームのある記事を書こうと思うと、結果的に2000~3000文字くらいにはなるはずです。 価値あるコンテンツを提供する場合、内容が素晴らしいことはもちろんですが、4000~5000文字程度あれば、十分価値あるコンテンツを提供できていると思います。 Googleアドセンス審査結果が「Googleのポリシーに準拠していないサイト」のため不承認 プログラムポリシーに違反しているブログは、もちろんダメですが、コンテンツボリューム以外に、ブログそのものが意味のあるブログかどうかについても審査されます。 Googleのポリシーは、 「質が高く有用なコンテンツと価値あるユーザーに関連性の高い広告を配信できるサイトを広告主様に提供すること」と掲げているので、あなたのブログそのものが価値あるもので、読者さんにとって役に立ったり、興味深いものであったり、読んでよかったと思われる記事である必要があります。 それがどんなブログであるかは、アクセスしてくる読者さんが記事を最後まで読んでくれて、記事を読み終えた後も他の記事を読みたくなる記事をたくさん書いてるブログです。 そうすることでGoogleも広告を依頼している広告主もしっかり利益を出すことができます。 言うならばGoogleは、あなたのブログに期待を持って審査通過させているのです。 その期待に応えらえるブログを作ることが当然のことです。 更新したブログ記事が本当に価値があるかどうか、第三者視点で客観的に見てみましょう! さらに 著作権違反にならないように気をつけましょう! 著作権のある画像は著作権違反になるので、絶対に使用をやめましょう。 「〇〇〇〇 フリー画像」などで検索して出てくる画像は実は本当のフリー画像ではないので注意が必要です。 商用利用可能なフリー素材画像やあなた自身で撮影した画像などを使いましょう。 商用利用可能なフリー素材画像サイトは、『』が無料とは思えないほど高画質でとてもキレイなのでおすすめです。 ブログに設置する画像は、パソコン表示でも横幅800px以上のものは必要ないので適度に縮小をおすすめします。 Windowsならデフォルトで搭載されているペイントで簡単にサイズ変更ができるので、縮小しておきましょう! また画像の画素数やファイルサイズを必要以上に大きくせず、モバイル表示にも考慮して適度に縮小してください。 があるので、こちらで圧縮できるので、圧縮しておきましょう。 100k以下のファイルサイズにしておくようにしましょう。 Googleアドセンスの審査で「コンテンツをコピーまたはリライトしたページが含まれる」ため不承認 2018年秋ごろから 「コンテンツをコピーまたはリライトしたページが含まれる」という不承認理由がよく見られます。 「コンテンツをコピーまたはリライトしたページが含まれる」というのが、どういうものかというと、• 〇〇というラーメン屋に行ってきた内容• 〇〇というラーメン屋のメニューの紹介• 食べた方がいいおすすめラーメン紹介• 乗った方がいいアトラクションの紹介• 〇〇というラーメン屋のアクセス方法• まだ検証例が少ないので、確実なことは言えませんが、 1記事1記事差別化できる記事構成にしていることが審査申請において無難だと考えられます。 Googleアドセンスの審査に通過できるコンテンツ しかし、あなたはプロライターではないと思うので、そこまで堅苦しく考える必要はありません。 今日は友達とカフェに行って、おいしいケーキを食べてきたよ~! こんな感じの誰も見ないような価値のない日記みたいなブログは誰も見ません。 それなりに価値のある記事を書いていれば大丈夫です。 Googleは価値あるコンテンツを重要視するため、できる限りオリジナルティ溢れる記事を書くようにしましょう。 あなたの経験や体験などは完全なオリジナルコンテンツです。 例えば、どこからも情報収集していない旅行記などは、あなたにしか書けないですよね? そういう記事をただの旅行記とせずに、旅先で学んだことや読者さんに伝えておきたい情報を記事にしていくと審査通過しやすいです。 ブログは質問に代わりに答えるメディアなので、「知りたいことが回答されている」という記事が理想です。 例えばこんな記事です。 読者さん 「海外旅行に持っていく必需品が知りたい」から検索する。 読者さん 「会社でストレスがすごすぎて病気になりそう」何かいい方法はないか検索する。 これがGoogleが求める価値あるコンテンツです。 こういうコンテンツ作りをしないと必ず審査通過できないわけではないですが、 Googleは「価値あるコンテンツ」を求めているので、こういうコンテンツの方が圧倒的に有利です。 もっと簡単な例だと、• こういうのは、食べログなどの情報ではなく、そのお店に行った人しか記事にできない生の情報で行ってみたい人が絶対に知りたい情報です。 このように読者さんが検索してきて 「役に立った情報」だったと思ってもらえる記事を作成していきましょう! 日記のようなブログでアドセンス審査に申請したい場合は、で解説しているような記事を書くように心掛けましょう! ただ日記のような記事もやめた方がいい記事の1つですが、情報だけの羅列やニュースサイトが劣化した記事も価値あるコンテンツではないので、やめておいた方がいいでしょう。 アクセスアップには強力な 芸能ネタなども著作権の関係上控えておいた方が無難です。 ネガティブな内容もいい印象を得られないのでやめておいた方がいいでしょう。 ブログ記事の構成の仕方 情報を紹介するとしても結論を必ず断定的に提示してください。 小論文で使われる「序論」「本論」「結論」のように、• 「今から何を解説するか」• 「主張したいこと、解説したいこと」• 「読者さんが納得できる答えを提示して、結論を述べる」 こう文章の流れが理想です。 記事構成は「導入文」「本文」「まとめ」の構成が綺麗です。 「まとめ」に文字をたくさん入れるのではなく、記事をまとめる文章を書きましょう。 Googleは価値あるコンテンツを求めているので、審査でも価値あるコンテンツであることが前提になります。 価値あるコンテンツとは、 「読者さんが納得、解決、役に立つ」ことなどです。 Googleアドセンスの審査に申請するブログでは、特に答えのない記事は書かない方がいいです。 「こうだと思いますよ」「こうすればいいんじゃないでしょうか」ではなく、「こうです」と自信を持って明示できる断定的な答えの方がいいですね。 たった1記事が原因で不承認になる場合もありますので、Googleアドセンス審査には、神経質になって細心の注意を払いましょう。 Googleアドセンス審査でその他しておいた方がいい具体的な項目 ブログ記事タイトルを分かりやすく さっきの日記のような記事だと、「カフェでケーキを食べてきた」みたいな記事タイトルを付ける人がとても多く、記事タイトルに記事の具体性がないため、読者さんからするとこの先に何が書かれているのかイメージできませんし、読む価値があるのかも分かりません。 そして、ブログ記事タイトルと内容がずれないようにしましょう。 見出しを使う 見出し2 や見出し3 などのhタグの見出しを使って、記事内容を整理し、読者さんに記事を見やすくしてあげましょう。 見出しは、見ただけで何が書いてあるか分かりやすいことと、hタグは検索クローラーにも見出しがあることを認識させることができますので重要です。 見出しのデザインがあまりにも地味で、見出しかどうか分からない見出しのデザインは避けましょう。 「これは見出しである」と分かりやすくした方が絶対にいいですね。 見出しのデザインを派手にしてみて再審査申請をされて審査通過された方もおられます。 改行をしっかり使う 改行がなく、ずっと文章がまとまってしまっていて、まるで参考書のような記事は、非常に読みにくいです。 段落としてキレイに見えるように改行をうまく使いましょう。 改行や行間などの見やすい記事の書き方については、で詳しくまとめていますので、参考にしてください。 ただし、審査では行間は開けすぎない方が良いようです。 プライバシーポリシーを表示する プライバシーポリシーの表示は 必須コンテンツです。 必須コンテンツなので、あなたのブログに合うプライバシーポリシーをしっかり作成しましょう。 プライバシーポリシーについては、で詳しく解説していますので、参考にしてみてください。 画像や動画は設置しても構わない 以前まで画像や動画は一切設置しない方がいいと言われてきました。 しかし、画像や動画がある記事の方が、読者さんにとって記事のイメージがしやすかったり、分かりやすかったりする場合が多く、価値あるブログとして認められるようになってきました。 画像や動画を設置していても「審査通過できた!」という報告も多く、今は大丈夫です。 アクセスは考えなくてもよい 以前まで審査申請する際にブログに少しでもアクセスがあった方が有利と言われていましたが、ここ最近、Googleアドセンス審査通過されたご報告をいただいた内容を見せていただいていると、明らかにアクセス数が審査対象にされていません。 平均PVが一桁や0に近い方でも問題なくGoogleアドセンス審査に通過されています。 アクセス数は気にする必要はありません。 Googleアドセンス審査不承認後の再審査申請について Googleアドセンス審査不承認の結果が来て、不合格になった場合、コンテンツ内容を修正して、すぐに再審査申請をした気持ちはよく分かります。 少し前までは、 再審査申請をするまでに2週間の期間を空ける必要があるとよく言われてきました。 その理由は。 2週間の期間を空けずに再審査申請をしてしまうと、機械的に不承認通知が来て不承認になる確立が高かったからです。 私のブログのどこが悪いのよ~。 それを知らずに再審査申請をしまくっていると、何回も落ちて泣かないといけないほど、頭を抱えることになってしまいます。 しかし、最近は必ず2週間の期間を空けずに再審査申請をして、承認されるケースもできてきています。 だからと言って、どんな場合でも再審査申請をしていいわけではありません。 再審査申請をして、 機械的に弾かれていないことが重要になります。 承認されたケースを見ていると、審査申請してGoogleからの連絡が最低でも6時間くらいはかかっています。 1~3時間くらいで不承認の連絡が来ている場合は、機械的に弾かれていると判断してもいいと思います。 しかし、こればかりは絶対はありません。 あなた自身がしっかり判断して、「機械的に弾かれてるようだ」と思えば、ある程度の再審査期間を取った方がいいと思います。 Googleアドセンス審査で不安なこと分からないことはアドセンスヘルプフォーラムを参考にしよう 審査通過できるまでに不安なこと分からないことが、出てきても不思議ではありません。 最近審査通過できた方やGoogleアドセンスにより詳しい方々の情報がたくさん掲載されています。 Googleアドセンス審査不承認が続いた場合の最終手段 この記事に書いていることが審査通過の絶対条件ではありません。 これらのことに十分気を付けて審査申請をすれば、ほとんどの場合は審査通過してアドセンス広告の利用開始をすることができると思いますが、どうしても審査通過できない場合もないとは言い切れません。 もしかすると、あなたのブログのジャンルがダメであったり、審査にひっかかっていることが見つけられないこともあります。 そのような場合は、少し面倒かもしれませんが、新たに他のブログを開設し、プログラムポリシーに遵守したブログ記事を更新してから審査申請をする方法もあります。 しかし、これが必ずしも有効な方法とは言えません。 2018年10月からアドセンスには「サイトの追加」という項目が加わり、あるブログで審査通過できたとしても、別のブログで広告コードを使い回すことが簡単にできなくなりました。 別のブログでアドセンス広告を表示したい場合、 改めて審査が必要になります。 その内容については、で詳しく書いていますので見てみてください。 なので、Googleアドセンスの審査には、そういう方法もあると覚えておく程度に止め、まず1つのブログで審査通過を目指しましょう! まとめ• 審査通過を目指すなら最新の情報だけを頼りにする• プログラムポリシーに遵守してブログ記事更新をして審査申請をする• 審査通過することも大切だが読者さんのためのコンテンツ作りを意識する• ブログ記事の基本的な書き方を十分理解する• 審査申請の5記事くらいでも良い• 再審査申請をするにはある程度の期間を空ける必要がある場合もある• 審査用のブログを別に作成しても意味がなくなってきた 少し違う観点からGoogleアドセンス審査通過ができない方のために他にも記事がまとめています。 こちらもよろしければ参考にしてみてください。 諦めずリトライし続ければ、いつかは審査通過をすることができます。 もし諦めてしまっては、それまでです。 「あのとき諦めないでよかった」と思える日が必ずやってきます。 そして、収益化が始まるとあなたの生活や人生に必ず変化が訪れます。 僕がブログ開設後6ヶ月でGoogleアドセンスで41万円達成したすべてを詰め込んだノウハウを無料E-bookとして差し上げています。 僕がGoogleアドセンスで収益化したノウハウを惜しみなく公開しています。 何も知らない初心者でも『0』から初めても、このE-book通りに実践すれば、Googleアドセンスで収益化をすることができます。 無料なのに有料の教材を買ったのかと勘違いしてしまうほどのノウハウをぜひ手に入れて、あなたのGoogleアドセンス収益化に役立ててみてください。 さらにあなたのGoogleアドセンス収益化を少しでもお手伝いするとっておきの情報もお付けしています。 それはE-bookの最後でお知らせしています。 その後、前から興味があったブログに真剣にチャレンジし、ブログ開設から6ヶ月目にサラリーマンの平均月収を上回る月収41万円を達成。 もう雇用されることを辞め、人が人らしく生きるため、叶えたい未来を叶えることをモットーに、僕の学んだスキルで多くの人たちに喜んでもらえるノウハウ提供のブログ運営をしています。 Googleアドセンスに詳しくなって収益化する方法を初心者でも分かりやすく理解できるように提供しています。 現在は、オンラインセミナーの開催やコンサルティングをして、誰でもGoogleアドセンスで収益化していただけることに力を入れています。 Googleアドセンス実績: 月41万円 達成。 2019年6月30日 3 時間で71万PV 達成。 オンラインセミナー開催実績:合計35回以上 180名 以上が参加。 メルマガ購読者: 2,500名以上 以上が購読。 僕がブログ開設後6ヶ月でGoogleアドセンスで41万円達成したすべてを 詰め込んだノウハウを無料E-bookとして差し上げています。 僕がGoogleアドセンスで収益化したノウハウを惜しみなく公開しています。 何も知らない初心者でも『0』から初めても、このE-book通りに実践すれば、Googleアドセンスで収益化をすることができます。 無料なのに有料の教材を買ったのかと勘違いしてしまうほどのノウハウをぜひ手に入れて、あなたのGoogleアドセンス収益化に役立ててみてください。 さらにあなたのGoogleアドセンス収益化を少しでもお手伝いするとっておきの情報もお付けしています。 それはE-bookの最後でお知らせしています。

次の

アドセンスの審査期間はどれくらい?手順と審査を早める方法とは

グーグルアドセンス 審査

実際ツイッター等のSNSで見るとそのような声が多く見受けられます。 先日、以下のツイートをしました。 グーグルアドセンスの審査に通りました!合格!! 当日:審査に申請したときの記事数:8記事 1日目:ドメイン所有権で不承認のメール受領 2日目:ドメイン所有権の問題を解決して再審査 4日目:合格メール受領!! 審査期間中に1記事書いたので、審査結果が来たときは9記事。 最高に嬉しいです。 グーグルアドセンスの審査に通りました!合格!! 当日:審査に申請したときの記事数:8記事 1日目:ドメイン所有権で不承認のメール受領 2日目:ドメイン所有権の問題を解決して再審査 4日目:合格メール受領!! 審査期間中に1記事書いたので、審査結果が来たときは9記事。 最高に嬉しいです。 私の場合は待てど暮らせどという感じではなかったですが、これが3日~1週間、それ以上となると、そういう気持ちになっていると思います。 この悩みを解決するためには、グーグルアドセンスの審査基準について理解することが大事です。 本記事では、グーグルアドセンスの審査基準について書いていますので、本記事を読むことによって今の悩みを解決することができます。 なお、関連書籍から知識を学ぶことも大切ですので、こちらの記事もおすすめです。 スポンサーリンク グーグルアドセンスの審査期間が長い!遅い!来ない!土日の審査は!? グーグルアドセンスの審査期間について 審査期間は、基本的に次の3パターンだと思います。 審査期間はばらつきがありますが、受かった人の審査期間は、短期:中期:長期=1割:6割:3割位なのかなと思います。 ) 審査期間が数ヶ月掛かったという人も居ましたが、それでも審査結果が来たとのことなので、審査期間が長くても、ちゃんと審査はされているようです。 私の場合は、1回目が不承認で、2回目で合格しました。 どれくらいの日数が掛かったかは、以下のとおりです。 有益な記事と無益な記事の違い 「有益な記事と無益な記事の違いって何?」 有益な記事の代表例は次の2点だと思います。 なので、読み終わった後に「読んでよかったな」と思える記事でないと、有益な記事とはいえません。 私自身も記事を書くときに「誰かの役に立つ記事か?」ということを意識して書いてます。 「誰かの役に立つ記事か?」ということを意識しながら書き続けていれば、自然と有益な記事になっていると思います。 そしてさらに大事なことは、その記事の中に「自分の経験談」を加えることです。 知識を得たいだけならマニュアルやヘルプを見れば分かります。 ただ、読者が読みたいのはそういった情報だけではないですよね。 「それを使ってどうだったか」「そしてどうなったか」などのレビュー情報を求めていると思います。 なので、記事の中には必ず「自分の経験談」を入れましょう。 そうすることで、誰にも真似されない「独自性」が生まれます。 そして、それに関連する情報を付加して深堀することで「専門性」が生まれます。 グーグルは、こういった独自性かつ専門性のある記事(オリジナリティ)を高く評価します。 グーグルアドセンスの審査に合格するために「誰かの役に立つ記事」「自分の経験談」「オリジナリティのある記事」を意識して書いてみましょう。 土日の審査について 「有益な記事は書いている。 ただ、審査結果はまだ来ない。 土日だから?土日は審査してないの?」 そんなことを考えてる人も多いと思います。 結論からいいます。 結論=土日も審査され、土日も審査結果が来ます。 私の合格通知です。 9月2日(日)の23時53分に合格通知が来ています。 グーグルアドセンスの審査は土日も行われており、休みはない模様です。 土日もグーグルは審査を頑張ってくれていますので、土日でも合格通知が来ることを信じて待ちましょう。 ここからは推測ですが、世の中には数え切れない程のwebサイトがあり、アドセンスの審査を全て目視チェックで行うことはほぼ不可能だと思います。 なので、アドセンスの審査では、システムチェックがされていると思います(土日に関係なく) 感覚的には、基本的にシステムで自動審査して、人の目でマニュアル審査を掛けるイメージですね。 私の審査結果が日曜日の23時53分に来てますので、システムメンテナンスや特別な事情がない限り、24時間365日いつでも審査結果が来る可能性があると信じて待ちましょう。 審査期間中にすること 審査期間中に特別何かをする必要はなく、普段どおりに記事を更新すればいいと思います。 しいて言うならアドセンスの書籍を読むことですね。 特に審査に通らず悩んでいるのであれば、必ず読むべき内容の本だと思います。 遅かれ早かれ買うことになると思いますので買っておきましょう。 ブログに関しては審査期間中も記事を更新した方がいいと聞きますが、今までの記事を含めたサイト全体で評価されてると思うので、普段通りに記事を更新すればいいと思います。 私が審査期間中に更新した記事は「」ですが、1,574文字の比較的ライトな記事です。 なので、この記事があったから受かったとは言い切れないですね。 普段通りに記事を更新しましょう。 最後に 審査に何回も落ちて、なかなか合格通知が来ず焦る気持ちも分かります。 ただ、グーグルの気持ちを考えれば、申請されたwebサイトにグーグルの大切なお客さまの広告を載せていいか、慎重に審査すると思います。 なので、グーグルアドセンスの審査基準が厳しく、審査に時間を要することは仕方ないことだと思います。 この辺りを理解すれば、多少審査結果が長くても待てるのではないかと思います。 書籍を読みながら知識を深め、普段どおりに記事を更新して、審査結果を待ちましょう!.

次の

グーグルアドセンスの審査を通過できない20の原因!

グーグルアドセンス 審査

お疲れ様です。 激務会社員とみです。 グーグルアドセンスの審査は厳しいと言われており、ブログ初心者の登竜門と言っても過言ではありません。 ネットやツイートを見ていても、「審査が通らない」と嘆く方が多数います。 そのような中、 今見て頂いているこちらのブログは開設して日が浅く記事数が少ない状態でもグーグルアドセンスの審査に合格しました。 そこで本記事にて、 申請時の本ブログの状況や、グーグルアドセンス審査に合格するために最も重要な基準についての考察をお伝えしたいと思います。 以下のようにお考えの人にとって、この記事は読む価値があると考えています。 グーグルアドセンスに審査完了は申請後からどれくらい期間がかかるのか?• グーグルアドセンスの審査は記事数は最低どれくらいいるのか?• 審査に受かるためにはどれくらいのPV数が必要か?• グーグルアドセンスの審査になかなか通らないがどうしたらよいか? コロナウイルスの影響で審査が遅いとの噂もささやかれていましたが、申請から1週間程度で合格通知を貰いました。 具体的には、以下がグーグルアドセンスの審査申請時の状況です。 2020年5月4日に申請して、5月11日に合格をメールでもらっています。 時間がかかるケースで3~4週間ほどと聞きますので、早い方ではないでしょうか。 因みに、こちらのブログは私にとっては3つ目のグーグルアドセンスの審査が通ったブログです。 最初のブログは申請から通知まで2週間くらいかかったと記憶しています このブログを運用する前の遍歴やプロフィールは以下の記事で纏めています。 もしご興味あればご一読ください。 しかしながら 本ブログの結果を見ると、個人的にはあまりコロナウイルスの影響は関係ないのではないかと。 コロナウイルスの影響を受けた真っ只中でも審査合格の通知を貰いましたので。 そもそもアドセンスの審査はAIが実施していると言われており、コロナウイルスの影響を受けにくいのではないかと思います グーグルアドセンスの審査申請時の状況:記事数と記事内容 記事数はグーグルアドセンスの審査に 申請した時で6、合格した時には12になっていました。 1日およそ1記事のペースで更新していたため、合格時は少し増えています。 因みに、以下のリンク先の記事が申請時の6記事です。 どのような記事でグーグルアドセンス審査に合格したかの参考として、良ければご参照下さい。 しかも検索流入は0です。 こちらのPVは、全てTwitterからの流入です。 書いた記事はまだブログ運用歴・記事投稿からの期間が短いため、検索で上位表示されていません。 そのためGoogle検索などからの流入は全く起こっていない状況でした。 そのためこの時期、少しはPVを稼ぐためブログ開設と合わせてTwitterを運用しており、ちょうどフォロワー100名を達成した頃でした。 Twitterでフォロワー100名を獲得するためにやったことを以下記事で纏めていますので、良ければご覧ください。 ネット上で多数情報が出ていますので、検索して調べて頂ければと思います。 ただ本ブログの結果を見る限り、グーグルアドセンスの審査基準で最も重要なのはやはり、 「記事コンテンツがユーザーファーストと言えるか」「ユーザーにとって価値があるコンテンツか」 だと考えられます。 主観的な分析になりますが、本ブログの申請時の状況からグーグルアドセンスの審査に通った要因と考えられるのは以下です。 一言で言うと、 Googleが提唱する「ユーザーファースト」に合致している、「価値があるコンテンツ」と見做されたということだと思います。 グーグルアドセンスの審査に落ちてしまう、中々通らないという方は、今一度自身のコンテンツを見直すことをおすすめします ユーザーファーストへの対応は言い換えるとSEO対策と言えます。 もしSEO対策についてまだ学ぶ余地があるとお考えであれば本などで体系的に学ぶのが良いです。 以下のリンクでは、SEO対策のおすすめ本を紹介しています。 良ければご一読下さい。 その裏付けとしてグーグルアドセンスの審査が不合格になってしまう要因として、グーグルから「価値の低いコンテンツ広告枠」であると連絡がくるケースがあるようです。 価値の低い広告枠でGoogleAdsenseの審査が通らない 以下のような通知がされ、GoogleAdsenseの審査に通りませんでした。 「価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)についてAdSense のプログラム ポリシーに記載されているとおり、ユーザーにとって価値がほとんどないページやアプリ、または広告の比率が高すぎるページやアプリには Google 広告が表示されません。 」 グーグルがユーザーへの価値有無を重視していることが分かります グーグルアドセンスの審査に通った後は「収益化」 審査に通った後は、実際に広告を貼り収益化していくことが次のステップとなります。 グーグルアドセンスの審査に通ったからと言ってペタペタと広告をたくさん貼っていては効率的に収益化することはできません。 以下の記事では、Google Adsenseで稼ぐたった4つの方法について紹介しています。 宜しければ併せてご覧ください。 グーグルアドセンス審査は厳しいと言われており、ブログ初心者で苦戦する方も多くいらっしゃいます。 重要なのは、当たり前なのですが 「記事コンテンツがユーザーファーストか」「ユーザーに価値があるコンテンツか」という点です。 この基準をクリアしていれば、記事数・PVが少なくてもグーグルアドセンス審査に合格することができます。 たとえ審査に通らなくても、諦めずにユーザーファーストな記事を心がければ必ず審査に合格できます。

次の