いのち スケッチ 映画。 映画「いのちスケッチ」最新情報

いのちスケッチ : 作品情報

いのち スケッチ 映画

映画のストーリー 結末の記載を含むものもあります。 田中亮太(佐藤寛太)は東京で漫画家を目指していたが、仲間のデビューやバイト先の夜逃げにショックを受け、夢を諦めて故郷・福岡県に帰ってくる。 実家に頼れず、旧友の部屋に居候していると、地元の延命動物園でのアルバイトを紹介される。 いつも園内を駆けずり回っている多忙な園長・野田(武田鉄矢)をはじめ、飼育員の同僚には皮肉屋の猿渡(芹沢興人)、コミュニケーションが苦手な中島(須藤蓮)、妊娠中で一時的に事務仕事をしている松尾(林田麻里)がおり、何も知らない亮太は面食らうことばかりだった。 いちばん驚いたのは、認知症の祖母・和子(渡辺美佐子)のかつての家に現在住んでいるのが、獣医師の石井彩(藤本泉)だということだった。 しかし、かねてより市の予算縮小で、園の運営は危機に瀕していた。 彩は亮太に園の取り組みを広く伝えるために絵で協力してほしいと頼むが、亮太は躊躇する。 だが、施設に入った和子が再び絵を描き始めたことに触発され、もう一度漫画を描くことを決意する。 飼育員たちの根強い努力によって、日本初となるライオンの無麻酔採血に成功。 感動した亮太も漫画を完成させるが、彩との別れが迫っていた……。

次の

劇場情報|映画『いのちスケッチ』

いのち スケッチ 映画

ストーリーは 予想してたように、山場といった山場はないのですが、大牟田に住んでいる私にとっては、とても懐かしく見れました。 モルモットの可愛い事! ただ 動物よりも 認知症がすすんだおばあちゃんを心配する主人公の気持ちが、痛いほど 理解出来ました。 主人公のお父さん、いつも怒っているように聞こえますが、あれは大牟田独特の喋り方です。 元炭坑地域の話し方ですよね。 夕陽の綺麗なオレンジ色に、染まった干潟、あんな美しい場所が有ったなんて驚きました。 どなたかも書いてらっしゃいましたが、ロケ地巡りもいいかもしれません。 派手なアクションとCGの映画に疲れた方、たまには、こんな ゆったりと時がながれる映画鑑賞も良いかもしれませんよ。 この映画を見るきっかけになったのが去年から命を預からせてもらったモルモットです。 その子を育てているとモルモットで有名な動物園が福岡県大牟田市に在ると知り足を運びました。 そこでこの映画が上映されることを知り、観に行くことを決めました。 夢に挫折し、地元へ戻った主人公が友人の勧めで地元の動物園で働くことになり、その中で様々な人と再会し、新たに出会いゆっくりと人として成長していく内容です。 動物園で起こる人間模様で少しずつ変わっていく主人公の心境と環境 応援してくれていた人達との別れ 命を預かることの意味や重さ、温かさ 武田鉄矢さんのセリフの「初めてこの子が来た時の~」のくだりが在るのですが私的には心に刺さりすぎて今でもウルっとキてしまいます。 演者の方の違和感のない方言、大牟田の少し寂れてしまった風景、それでも温かい人間模様。 ホントに観て良かったと思える映画でした。 この映画に出合わせてくれたモルモットや大牟田市動物園に感謝します。 ありがとう ありきたりの地方都市での小さなエピソードを、そのまま映し出します。 主人公の活躍はなく、胸キュンのシーンもありません。 遠浅の海岸風景や祭りのシーンは美しく勇壮ですが、「私の町にもあるよ」と言う程度です。 国内初となる猛獣の無麻酔採血は、世界を変えたりしません。 だけど、この映画には、触れ合う人に向けるまなざしを柔らかくして、特別なことなどなにもない人生の輝きを増して、家族がいとおしくなり、故郷の町を歩きたくなる、そんな力があります。 クライマックスの無麻酔採血は、ヒロインの活躍というより、飼育員の地道な取り組みで成功に至り、大きな盛り上がりはありません。 だからこそ、一つ一つのシーンが心に響きます。 「私は、いつの日かこの映画をまた見たくなるだろう」と予感させます。 家族で見に行ったけど、長編の割にはメッセージが弱かったかなあ 「動物たちとしっかり向き合った動物園」という取り組みはわかったけど、それを「麻酔なしでライオンの採血に成功した」という出来事だけでは説明が弱すぎる。 他の動物園と何が違ったから廃園寸前から今のように成長できたのか、その説得力がない。 なんだか主人公が描いたマンガで誤魔化された感じだな。 せっかく園長に武田鉄也という名優をもってきたんだから、もう少しカリスマ性や存在感を持たせても良かったのでは?あと奥さんが浅田美代子だと夫婦を演じる役者の実力が違いすぎて、高杢さんの下手さが目立ってしまう。 高杢さんはやっぱり歌ってくださいよ。 あと藤本泉が演じる獣医さんがあの場面で退職して渡米する経緯も、今ひとつストーリーに重みを出せてない。 いろいろ考えて星3つ。 主人公がネイティブ福岡弁で心地いい モデルとなった大牟田市動物園に行ったことがあると面白さ2倍 動物園っていう子ども向けな題材にも関わらず、 登場人物がみんな、現実にもがき必死に生きてる大人ばかりってのが面白い 美しい風景と人物の心境にシンクロするBGMにはかなり心打たれた 夢に挫折した青年、エリートといわれながらも心に傷を負った女性、経営難の動物園、高齢者との向き合い方、、 観る人の人生経験によって感じ方がそれぞれ違う、間口のとっても広い映画だと感じた もちろん、動物もたくさん出てくるから、子どもも安心して楽しめるよ 福岡のテレビ局が1局だけじゃなく、全局がこの映画を支援してるってのも異例じゃないかな 観て良かった 福岡県人なので先行上映の初日に早速、映画館に足を運びました! ロケ地の大牟田市動物園には行った事はないのですが、映画で観るように特に混んでる訳でもなく特に珍しい動物を展示している訳でもなくキリン、ライオン、それと主人公の亮太が担当するモルモットなど動物園としては地味な(笑)所が好きです。 近くの公園を散歩する雰囲気で気軽に行ってみたくなりました! 石井彩さんみたいな美人獣医師がいるのであればなおさらです。 スタッフは動物の命を大切にする動物園を目指すのだが一方、市側から経営状態の改善を求められるというジレンマと戦うスタッフが印象的でした。 園長役の武田鉄也さんの演技、笑わせてくれます! 忙し過ぎてバタバタする姿はとって付けた笑いではなく、あっそうなんだな!と納得する自然な笑いを提供してくれてました! 他の役者さんもいい演技をされており母親役の浅田美代子さんや祖母役の渡辺美佐子さん、さすがだなと感じました。 ホッコリする内容で小さな子供から家族で楽しめる素敵な映画です。 最後にロケ地になった大牟田市動物園を応援したくなりました!.

次の

映画『いのちスケッチ』作品情報(予告編・あらすじ・キャスト)

いのち スケッチ 映画

映画『いのちスケッチ』のあらすじ 福岡県の大牟田市を舞台にした青春ドラマ。 漫画家の夢に破れて動物園で働くことになった青年が、動物たちやさまざまな出来事と向き合う。 監督は『恋のしずく』などの瀬木直貴。 『イタズラなKiss』シリーズなどの佐藤寛太、『劇場版 神戸在住』などの藤本泉、『死神ターニャ』などの芹澤興人をはじめ、林田麻里、浅田美代子、高杢禎彦、渡辺美佐子、武田鉄矢らが出演する。 田中亮太(佐藤寛太)は、漫画家になる夢を断念し、故郷の福岡県大牟田市に戻ってきた。 勘当のような形で上京したため実家に帰れず、同級生の家に居候していた彼は、動物園でアルバイトを始める。 この動物園では、高齢の動物にストレスをかけないような飼育を行っていた。 亮太は、動物しか愛せない獣医や個性的な飼育員たちに戸惑いながら、命に関わるさまざまな出来事に直面する。 ある日、園内で保護された認知症の老人は、亮太の祖母だった。 恋のしずく(年作品) あらすじ 日本酒の魅力に目覚めた農大生を主人公に、歴史ある酒造りと恋模様を描く青春ドラマ。 醸造学を研究する恋に奥手な理系女子を、元AKB48の川栄李奈が熱演。 彼女が恋する酒蔵の息子に劇団EXILEの小野塚勇人がふんするほか、宮地真緒、津田寛治、小市慢太郎らが脇を固める。 東広島市の西条を舞台に、『ラーメン侍』などの瀬木直貴がメガホンを取る。 唐揚げ専門店である実家に黒人の少女を連れて帰省したワケありのヒロインが、父親の病気をきっかけに唐揚げのトップを決める大会を目指す様子をつづる。 唐揚げが苦手にもかかわらず、閑古鳥の鳴く店を盛り上げようと奮起するヒロイン役である元モーニング娘。 の高橋愛を中心に、海東健、浅田美代子、石丸謙二郎らが温かい登場人物を好演する。 引用元: 映画『いのちスケッチ』視聴者の感想・評判 いのちスケッチの視聴者の感想・評判もまとめてみたいと思います。 「「いのちスケッチ」観てきました。 やさしい映画でした。 身近なしんどさと不条理といとしさとあったかさ。 いのちと向き合うのも、自分と向き合うのも、もどかしくもまっとうにまっすぐだった。 動物福祉。 好きなこと。 福岡の大牟田動物園が舞台なので方言が心地良かった。 心がぎゅっとした。 」 まとめ:フル動画を無料で見る方法は「U-NEXT」 映画『いのちスケッチ』のフル動画を無料で見る方法について情報をまとめてきました。 いのちスケッチを無料で見る方法は「U-NEXT」が最もおすすめ。 月額1,990円 税抜 かかる有料VODですが、登録後31日間は見放題作品180,000本を無料で視聴可能です。 さらに、無料お試し期間前に解約することも可能で違約金や月額利用料など費用をかけずに賢く見れます。 U-NEXTの無料お試し期間に視聴したい方は以下公式ホームページをご覧ください。

次の