皇室ブログ 菊の紋。 菊花紋 : 古代史探訪

【菊の紋ニュースとは】最近皇室バッシングとも取れるニュースを見ますが...

皇室ブログ 菊の紋

スポンサードリンク 菊は縁起が良い花?悪い花? 菊の花は、縁起が良いという説と、縁起が悪いという説があります。 どうして両極端の説があるのか疑問に思いませんか? どうして菊は縁起が悪いと言われるの? これは「お葬式で使われる花」「仏花(仏壇に)としてお供えする花」なので、どちらも死や死後の世界に関わる花なのです。 だから、祝いごとやめでたいときは場を汚すと考えられてきたからです。 代表的なのが、「お葬式の輪菊」と「お彼岸の仏花」でしょう。 古来から日本では、死にまつわる事は全て穢れているとか、不吉だと言われてきたので、菊も同様なのでしょう。 菊の花は縁起が良いと言われるのはなぜ? 菊は日本を代表とする花で、天皇家の家紋でもあります。 海外では国花とう国のシンボルの花が制定されていますが、実は日本の法律上、国花はありません。 代表的な花として「桜「菊」が上げてられています。 菊は中国伝来の植物で、古来から「寿命を延ばす力がある」と言われていました。 だから日本に伝わったときも「長寿の霊薬」「重陽の節句に用いる花(別名:菊の節句)」と言われてきました。 菊の花の長寿にまつわるお話し 因みに、中国には次の様なお話が伝わっていて、この長寿の話を元に、日本では能の「菊慈童」「枕慈童」が演じられているんですよ。 スポンサードリンク 天皇家が菊の家紋を使うのはなぜ? 天皇家の家紋、日本のシンボルの花といえば「菊」!と直ぐにイメージできると思います。 それでは、いつ頃天皇家に使われるようになり、当時どの様に扱われてきたのでしょうか? 菊が天皇家に使われたのはいつ頃? 平安時代頃、菊花の紋は様々な美術品や工芸品になどに使われていました。 菊を最初に皇室に用いたのは「後鳥羽天皇」で、鎌倉時代(1185年~1333年)です。 後鳥羽天皇は 「備前則宗に16枚の花弁の菊紋を刀剣に刻ませた」というのが皇室に最初に使われた菊の紋です。 因みに、この剣の名は 「菊一文字」と名付けられました。 菊はいつ頃から詩で読まれているの? 菊が日本に伝わった詳しい経緯は解明されていませんが、飛鳥・奈良時代頃だと考えられています。 当時の漢詩では、中国文化や仙人や不老長寿を現す花として、菊を使った詠われています。 ただし「万葉集(奈良時代)」では一首も菊は使われていません。 和歌で最初に菊が使われたのは、平安時代の797年(延暦16年)10月11日に、桓武天皇が宮中の宴で、次の様な詩を詠みました。 「このごろの 時雨の雨に 菊の花 しりぞしぬべき あたらその香を」 その後、嵯峨天皇(786~842年)が、「凌雲集」や「経国集」に菊の花を使った詩を10首くらい残しています。 菊の伝来について! 菊は中国から日本に伝わったと説明しましたが、原産地は東アジアとなります。 どの様に菊の種類が変化して、「菊」という漢字がつけられたのか説明しますね。 菊とはどんな種類の植物? この植物は「キク科・キク属」に分類されていて、日本には20種類以上が自生しています。 つまり、私達が「菊」と呼ぶのは「キク属の総称」のことなのです。 そしてこの花は、観賞用、食用、薬用、装飾用など幅広く活用されていて、決してお葬式専用の花だけではありません。 昔の菊の種類は少なくてその内の2種類、「チョウセンノギク(白や紅色の花)」と「シマカンギク(濃い黄色い花)」がありました。 中国が唐の時代の頃、大陸でこの2種類が混ざった菊が日本に伝わったと考えられています。 菊の伝来と漢字の 中国から日本に様々な物が伝わる時、漢字と呼び方が変化する事がよくありますが、この菊は、中国語のまま日本に定着しました。 実は、平安時代頃は「カハラヨモギ」や「カハラオハギ」と日本語の別称で呼ばれていたのですが、一般的には浸透せずに中国語の「キク」がそのまま定着したのです。 最後に一言 菊は、仏教行事の先祖供養や葬儀に用いる事が多いので、「死=縁起が悪い」と一部では考えているようです。 本来の菊という意味では、出産、結婚、他の様々なお祝いで「不老長寿」「長続きする」など縁起の良い花なのですね。

次の

菊文様 その1 ~いろいろな菊文様と菊の紋章~

皇室ブログ 菊の紋

昨日は,古賀さん・宮崎さんと古代史のオフ会を行い, とても楽しかった。 古賀さんも宮崎さんも,いろいろな新知見提供してくれた。 そのお二人とは本日も,古田武彦氏の追悼会でお会いするのだが, その前に昨日の話で気になっていたことを調べてみたので, 忘れないうちに書き留めておこうと思う。 私の聞き間違いでなかったら,古賀さんは 江田船山古墳出土の銀象嵌太刀には, 鳥 鵜と思われる と魚 鮎と思われる ,そして馬 ペガサス のほかに 「12弁の菊花紋」がデザインされているということだったと思う。 前の3つは写真がインターネットでみられるが,菊花紋は出ていなかった。 言葉としては載っていたが 私はすでに,『富本銭と謎の銀銭』で紹介されている無紋銀銭のなかに, 12弁の菊花紋が刻印されているものがあり, またユダヤ教の12部族を表すのにも使われていたことを調べたが, 遠くの西アジアはいざ知らず,無文銀銭と江田船山古墳出土の銀象嵌太刀とくれば, 両者とも「九州王朝の家紋」ということでまとめられるのではないかと思った。 ちなみに,皇室が現在使っている家紋は,16弁の菊花紋である。 さらに,もう少し証拠固めをしようと,「12弁の菊花紋」でインターネット検索をしたところ, 九州王朝と縁の深い柿本人麻呂にちなむ人丸社という石祠の菊花紋が, 12弁菊花紋のものと16弁菊花紋のものとが 山口県で混在していることを調べたサイトを見つけた。 「防長人丸社新考」というものだ。 その関連部分を貼りつけてみよう。 geocities. html 山口県は昔は九州王朝の勢力範囲で, その王朝に仕えた柿本人麻呂に縁の深い地域 九州王朝の都があった なので, 16弁の菊花紋と12弁の菊花紋が「混在している」という様相なのかと思った。 世の中驚くべきことがあるものだ。 「この紋どころが目に入らぬか!」というのは, 「水戸黄門」の部下のお決まりのフレーズだが, 彼らの「三つ葉葵の紋」は徳川家の家紋である。 悪代官がその権威にひれ伏す様の爽快さが あの番組のキモなのだ。 8弁・・・古い神様,もしかしたら高祖社もそうか 12弁・・・私の考えるところでは,九州王朝を表す 16弁・・・ご存知天皇家の家紋なので,大和政権を表す 論証まではいかないが,けっこういいアイデアだと思うので, 忘れないうちに書いておいた次第。 肥さん Wikipediaからの引用です。 順不同で転載しています。 「菊紋のうち、八重菊を図案化した菊紋である十六八重表菊は、日本の天皇および皇室を表す紋章である。 俗に菊の御紋とも呼ばれる。 親王などの皇族はこの紋の使用が1869年(明治2年)の太政官布告をもって制限され、1926年(大正15年)の皇室儀制令(大正15年皇室令第7号)13条発布を経て「十四裏菊」や「十六裏菊」に独自の図案を加えたもの(有栖川宮家・伏見宮家など)や「十六八重表菊」を小さな図案によって用いたもの(秩父宮家・三笠宮家・久邇宮家など)を各宮家の紋としている。 」 各宮家の紋章も比較的近年に定められたようです。 歴史的にはというか古代史的には仮説として否定はされないのではないでしょうかね。 また、南朝・北朝との関連を指摘する説も存在するようです。 その説を採用しても多い方が偉いと考える傾向(ひとの習性)がありそうですね。 「鎌倉時代には、後鳥羽上皇がことのほか菊を好み、自らの印として愛用した。 その後、後深草天皇・亀山天皇・後宇多天皇が自らの印として継承し、慣例のうちに菊花紋、ことに十六八重表菊が皇室の紋として定着した(「十六弁菊は南朝の紋で、三十二弁菊(十六弁八重菊)は北朝(および現・皇室)の紋である」との説明も見かけるが根拠不明である)。 江戸時代には幕府により葵紋とは対照的に使用は自由とされ、一般庶民にも浸透し、この紋の図案を用いた和菓子や仏具などの飾り金具が作られるなど各地に広まった。 」 「「十六八重表菊」が公式に皇室の紋とされたのは、1869年(明治2年)8月25日の太政官布告第802号による。 親王家の菊花紋として十六葉の使用を禁止し、十四葉・十五葉以下あるいは裏菊などに替えることとした。 また、1871年(明治4年)6月17日の太政官布告第285号で、皇族以外の菊花紋の使用が禁止され、同第286号で、皇族家紋の雛形として十四一重裏菊が定められた。 その後、1926年(大正15年)に制定された皇室儀制令(大正15年皇室令第7号)第12条[4]、第13条[5] によって正式に定められている。 1867年(慶応3年)3月28日の太政官布告第195号で、提灯・陶器・貢物などに菊紋を描くことを禁止し、1869年(明治2年)8月25日の太政官布告第803号で、社寺で使用されていた菊紋も、一部の社寺[6] を除き一切の使用が禁止された。 その後、徐々に社殿の装飾や幕・提灯に菊紋の使用を許され、1879年(明治12年)5月22日の太政官達第23号で、一般の社寺でも神殿・仏堂の装飾として使用することが許されている。 」 投稿: 山田 はじめまして。 通りすがりにコメントさせていただきます。 滋賀県の某地に古い家を持つ者です。 (住んではいません。 ) 先日、家の整理目的で訪問しました際に、丸瓦の土?セメント?が剥がれ落ち、 12弁の菊紋を確認することができました。 祖父母は他界しておりますが、菊花紋の使用禁止令に伴い、上塗りしていた事を聞いています。 以降、違う家紋を使用しています。 九州との縁は皆無の家系ではありますが、古くは九州王朝との関わりがあると考えるのも有なのでしょうか? (佐賀に私の姓と同じ珍しい地名はありますが。。。 しかし、渡来の時点では九州だったのかもしれないと今感じました。 少しでも知りたい思いの中、貴サイトに到着した次第です。 書きたいことだけ書いてしまい、申し訳ございません。 少しでも双方の情報に接点があれば幸いです。 失礼いたします。 投稿: 通りすがり 通りすがりさんへ コメントありがとうございます。 「はじめまして」ということで, すでに登場している「通りすがり」さんとは違う, 新しい「通りすがり」さんということで, 「通りすがりB」さんとお呼びしたいと思います。 (ぜひ「長居」あるいは「定住」をお願いいたします) このサイトは,故古田武彦氏に学び,古代史を研究しているものです。 九州王朝説をはじめとした多元的古代が対象で, 九州王朝の家紋として,十二菊花紋や十三菊花紋を考えています。 通りすがりBさんの家の家紋が十二菊花紋だったということで, たいへん興味を持っています。 ぜひ情報をお知らせいただけたら幸いです。 古田史学の研究については,古田武彦氏の書籍がミネルヴァ書房から 多数出ております。 また「新古代学の扉」というサイトもその研究が載っておりますし, 私のこの「肥さんの夢ブログ」のコンテンツの一つである「古田史学」の中にも 多数書かせていただいています。 それらをご覧になって,興味を引かれましたら, 通りすがりBさんの情報も付け加えていただけたらと思います。 今日はコメントありがとうございました。 いい日になりました。 明日からまた研究する意欲がわいてまいりました。 投稿:.

次の

菊の花は縁起が良い悪い?天皇家が家紋に使い始めた関係は?

皇室ブログ 菊の紋

日本と古代イスラエル人との関連について、久保有政氏のYouTube動画解説「から、菊の御紋とエルサレムの紋についてご紹介いたします。 皇室の紋章 日本の皇室の紋章と言えば、菊の御紋である。 中央の小さな円と、そのまわりの十六枚の花びらとからなっている。 菊の御紋は古くからの伝統に基づいている。 エルサレムの紋章 それはエルサレムのヘロデ門上部に今もある紋章とほとんど同じ形をしている。 エルサレムのヘロデ門の紋章も、やはり十六枚の花びらであり、日本の皇室の紋章と同じである。 この形は、中近東地域では、古代からあちこちで用いられていたマークだった。 中近東で使用されたマーク もっとも、中近東のマークは、「菊の紋」とは呼ばれていない。 イスラエルには昔、菊はなかった。 この形は、古代のイスラエルや中近東地域で広く用いられていた一種のデザインであった。 エジプトでも、バビロニアでも、同じマークが発見されている。 いずれも、王家にかかわるマークとしてよく用いられていた。 なぜ日本の皇室の紋章となったのか それがなぜ、日本の皇室の紋章となっているのか。 これは日本の皇室と中近東とのつながりを示す一つの事柄である。 日本の皇室の紋章は、日本の皇室と中近東、とりわけ古代イスラエルとの関係を示すものなのかもしれない。 (久保有政氏の解説からの引用は以上です。 ) 聖書を読みましょう それでは今日も聖書の続きを読みましょう。 聖書は古代イスラエル系渡来人によってもたらされた日本の文化、伝統、習慣、信仰、国民性のルーツです。 キリスト教の教典としてではなく、日本の原点を知るために聖書を読んでみてください。 旧約聖書 創世記 20章8~18節 そこでアビメレクは朝早く起き、しもべたちをことごとく召し集めて、これらの事をみな語り聞かせたので、人々は非常に恐れた。 そしてアビメレクはアブラハムを召して言った、「あなたはわれわれに何をするのですか。 あなたに対してわたしがどんな罪を犯したために、あなたはわたしとわたしの国とに、大きな罪を負わせるのですか。 あなたはしてはならぬことをわたしにしたのです」。 アビメレクはまたアブラハムに言った、「あなたはなんと思って、この事をしたのですか」。 アブラハムは言った、「この所には神を恐れるということが、まったくないので、わたしの妻のゆえに人々がわたしを殺すと思ったからです。 また彼女はほんとうにわたしの妹なのです。 わたしの父の娘ですが、母の娘ではありません。 そして、わたしの妻になったのです。 神がわたしに父の家を離れて、行き巡らせた時、わたしは彼女に、あなたはわたしたちの行くさきざきでわたしを兄であると言ってください。 これはあなたがわたしに施す恵みであると言いました」。 そこでアビメレクは羊、牛および男女の奴隷を取ってアブラハムに与え、その妻サラを彼に返した。 そしてアビメレクは言った、「わたしの地はあなたの前にあります。 あなたの好きな所に住みなさい」。 またサラに言った、「わたしはあなたの兄に銀千シケルを与えました。 これはあなたの身に起ったすべての事について、あなたに償いをするものです。 こうしてすべての人にあなたは正しいと認められます」。 そこでアブラハムは神に祈った。 神はアビメレクとその妻および、はしためたちをいやされたので、彼らは子を産むようになった。 これは主がさきにアブラハムの妻サラのゆえに、アビメレクの家のすべての者の胎を、かたく閉ざされたからである。 人々は非常に恐れた アビメレクは朝早く起きて、しもべたちをことごとく召し集めて、このことをみな語り聞かせたとあります。 時を移さず、なるべく早く、この問題を解決したいと考えたのでしょう。 それを聞いた人々も非常に恐れたと記されています。 アブラハムはこの所には神を恐れるということがまったくないと言っていますが、アビメレクもしもべたちも神を恐れたのではないでしょうか。 正しく生きる者は神を恐れる必要はありませんが、自分が悪を犯していると気づいたら、神を恐れるのではないでしょうか。 それでも神への恐れがないとすれば、それは本当に良心が堕落してしまっている証拠でしょう。 神はアビメレクと妻、はしためたちをいやされた アビメレクはサラがアブラハムの妻と分かったので、サラをアブラハムに返し、また、サラのための償いもし、すべての人に正しいと認められるようにしました。 アブラハムは神に祈り、神はアビメレクと妻、はしためをいやされ、子を産むようになったと記されています。 アビメレクは神の前に正しく行ったと思います。 それが祝福となりました。 自己中心、人間中心が災いと滅びを招いてしまうのです。 神に立ち返り、神の御心に従って生きる。 それが祝福の道であり、太古の昔から日本人が大切に守って来た生き方に他なりません。 いかがでしたか 参考になりましたら「いいね!」でお知らせください。 また、シェアのご協力もよろしくお願いします。 今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。 本をお求めください Amazonからを出版しています。 電子版は100円。 文庫版は2,182円。 日本人の高い国民性のルーツは聖書にあること、イエスの教えはキリスト教よりむしろ「日本人の信仰」の中に引き継がれていることが分かります。 ぜひ、読んでみてください。 詳しくはをご覧ください。 目次 一章 世界から称賛される日本人の国民性 二章 日本人の宗教観 三章 古代日本にやって来たユダヤ系渡来人の影響 四章 日本人の信仰 五章 「人生の目的」 六章 「人間関係」 七章 「子供の教育」 八章 「恋愛・結婚」 「日本人の幸せ」(電子版100円)をお買い求めください! Amazonから(196ページ)が販売されました。 一人でも多くの方に読んでいただけるように、電子版の価格を100円といたしました。 (文庫版も好評発売中。 詳しくはAmazonのサイトでご確認ください。 )レビューのご協力もよろしくお願いします。 目次 第一章 学園の日常 第二章 イエスの教え 第三章 神と共に生きる 第四章 私が得たもの 第五章 古代ユダヤ人によって日本にもたらされた信仰 第六章 日本人の幸せ 第七章 日本の危機 第八章 求められているもの 第九章 信じるということ 第十章 宗教ではない 第十一章 日本人の宗教観 第十二章 現実逃避なのか 第十三章 神と共に生きる 詳しくはをご覧ください。

次の