ポケモンgo 一応戦ってみようかな。 ニョロトノ育成論 : スカーフ解除、雨起動ニョロトノ!|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

GOバトルリーグの緊急メンテ内容はかなり深刻?3日経っても再開できない事態の真相とは?

ポケモンgo 一応戦ってみようかな

キノガッサの弱点は? キノガッサは、 くさ/かくとうタイプのポケモンなので、 弱点は、 どく、ひこう、ほのお、こおり、 エスパー、フェアリー タイプの技になります。 特にひこうタイプの技は、 キノガッサの両方のタイプの弱点なので、 オススメの技です。 キノガッサレイド対策のポケモンは? キノガッサレイドの対策として おすすめなポケモンは、 ぼうふうを覚えたカイリューです。 カイリューはCPも高い上に、 スペシャルアタック(ゲージ技)の ぼうふうはひこうタイプの技なので、 キノガッサの両方のタイプの弱点を突けます。 キノガッサと戦ったポケモン達 自動で選ばれたポケモン達がコレ。 ひこうタイプの技を持った ポケモンが選ばれています。 でも、あまりにもCPが低いので、 エアームドだけ入れ替えました。 ブースターとナッシーに変え 後はそのまま戦って見ます。 知り合いと2人なので、 多分楽に勝てると思います。 キノガッサとレイドバトル 時間になりキノガッサと レイドバトルが始まります。 まずは、ぼうふうを持ったカイリューで 戦って行きます。 ノーマルアタック(通常技)でゲージを溜め、 スペシャルアタック(ゲージ技)の ぼうふうを使います。 ぼうふうは効果抜群でした。 その後、数発ぼうふうを使いますが、 カイリューはあえなくやられてしまいました。 そして2匹目のブースターで攻撃して行きます。 ブースターの技は 効果抜群ですが やはりHPが低いので すぐにやられてしまいました。 でも、キノガッサのHPも 少なくなって来たので 後少しで倒す事ができます。 そしてゲンガーで攻撃していると、 キノガッサを倒すことができました。 キノガッサレイドでもらった道具 キノガッサとのレイドバトルで もらった道具はコレ。 きんのズリのみが5個。 げんきのかけらが2個。 いいキズぐすりが16個。 ほしのすなが3000。 ふしぎなアメが1個でした。 バトルウィーク中なので、 ふしぎなアメは必ずもらえます。 今回はプレミアムボールを 12個もらいました。 キノガッサのゲットチャレンジに挑戦 キノガッサのゲットチャレンジに挑戦します。 キノガッサなので いりませんが、 まあ、一応やっておきます。 プレミアムボールを キノガッサめがけて投げます。 するとキノガッサはすぐに出て来ます。 コレを4回ほど繰り返します。 今回のキノガッサはなかなか捕まりません。 くそ〜! キノガッサのくせに! と少し熱くなりながら ゲットチャレンジをやっていると、 ようやく捕まえる事ができました。 捕まえたキノガッサのデーターはコレ。 まあ、キノガッサなので こんなもんでしょう。 終わりに 今日はキノガッサの弱点と、 キノガッサレイド対策の ポケモンを紹介しました。 バトルウィークということもあり、 かくとうタイプのポケモンが レイドバトルに良く出ています。 今回のキノガッサは ひこうタイプの技に弱いので、 ひこうタイプの技で攻撃すると 楽に倒すことができます。 キノガッサレイド対策の 本当のオススメのポケモンは ルギアです。 知り合いはルギアを使っていました。 私はルギアを持っていないので、 オススメに書いていません。 でも、エスパー技とゴットバードを持った ルギアはオススメだと思います。 ノーマルアタック、スペシャルアタック両方で ダメージを与えられるので、 カイリューよりも良いと思います。 でも、キノガッサはレベル3なので、 2人で戦えば楽に勝てると思います。 キノガッサとレイドバトルを戦う場合は、 参考にして見てくださいね。 スポンサードリンク ブログランキングに参加しています。 応援していただけるとブログ更新の励みになります。 応援宜しくお願いいたします。

次の

【ポケモンGO】GOロケット団対策パーティ解説!

ポケモンgo 一応戦ってみようかな

チートプレーヤーが多すぎた? 現在、チート行為を行っている(いた)プレーヤーを炙り出し、ペナルティを与えていることが考えられます。 しかしナイアンティックが調査を開始したところ チートプレーヤーが想像以上に多すぎて時間がかかっているのかもしれません。 ただし、現在のチートプレーヤーを潰すだけではまた今後新たなチートプレーヤーが表れて「いたちごっこ」になるだけでしょう。 時間がかかっている原因は、問題の根本が対戦の基本システムにあるから? 本来、サービスを提供する側にはチートができないゲームシステム、環境を構築することが求められるはずです。 もちろんチート行為を行ってはならないというのは大前提ではあります。 しかし、そのシステム破られてしまったということは、ナイアンティックにとっても 相当の屈辱だったのだと想像できます。 ウワサレベルの話ですが、 「ゲージ技を打つためのエネルギー蓄積の管理」は各プレーヤーの端末側でされているため、今回のチート行為はそこを突かれたのだとか。 サーバー側で管理するシステムであれば今回のチートはされなかったはずですが、こんな修正をいまからするとすると 根本から作り直すレベルの話になってしまいます。 そりゃあ3日では治らないですよね。 ゲーム内の通知で状況を報告して欲しい 現在の状況をTwitter上と公式サイト上のみでしか報告していない状況には不満があります。 シーズン2のスケジュールが大幅に狂っていることに対しても何の説明も謝罪もありません。 Twitterや公式サイトを見に来るユーザーなど、私も含めて少数派でしょう。 ここは ゲーム内の通知でユーザーに状況を説明するのが筋だと考えます。 このままだとユーザーが離れかねない 外を歩くことを前提としたこのゲームですが、現在はコロナ禍でEXレイドが開催されないなど多くの制限がかかった状況になっています。 そのためタマゴの孵化の距離が半分になったり、GOバトルリーグが無制限でプレイできたりと対策がされています。 特に GOバトルリーグは現在の目玉企画のはずです。 私もすっかりハマってしまっていますしね。 しかし、このままプレイできない状況が続くと、他ゲームにユーザーが離れてしまうことを心配します。 一度気持ちが離れると、新しい場所が心地よかったりして戻ってこなくなるというケースはよくあります。 でも、しっかりと直してください ポケモンGOを離れることが、本人にとって良いことなら問題はないのですが、個人的にはもっとGOバトルリーグが盛り上がって今後も楽しんでいきたいです。 だから早く解決することを望みますが、しっかりと直して欲しいのでナイアンティックの作業は応援しています。

次の

GOロケット団 (ごーろけっとだん)とは【ピクシブ百科事典】

ポケモンgo 一応戦ってみようかな

こんにちは。 通行人cです。 今回は、鎧の孤島で解禁されたニョロトノの育成論を書いてみようと思います。 誤字脱字等があった場合、コメントお願いします。 採用理由と役割 採用理由は、ガラルに2匹しかいない特性あめふらしです。 もう一匹のあめふらし、ペリッパーとの差別化は、四倍弱店の有無です。 こっちのほうが使いやすいと思い、ニョロトノを選びました。 特性 雨パの起動をしたい人はあめふらし、雨を降らさなくてもいい人は貯水で 持ち物 脱出ボタン、しめったいわ 脱出ボタンはこだわり解除で使います。 スカーフ解除すると気に引き先がいると便利です。 しめったいわは雨を降らすことが一番の時に使います。 性格・努力値と調整 性格はずぶといかおだやかです。 防御を上げるときはずぶとい、特防の時は穏やかで攻撃は意味がないので下げます。 物理環境なのでずぶといがおすすめです。 技構成 ねっとう 30パーセントでやけど。 受けポケモンの定番。 こごえるかぜ 素早さを下げます。 無効にされるタイプがないので便利です。 ほろびのうた うずしおとのコンボで うずしお 相手が逃げられなくなる。 滅びの歌とのコンボで さいみんじゅつ 相手を眠らせる。 相手を起点に くろいきり 積み技の無効化。 相手の積みエースに アンコール 相手の行動を縛ろう。 立ち回り例 初手でスカーフダルマを出したとします。 つらら落としで相手の一番手のポケモンを倒したとき、そのあとラプラスが出たとします。 そこでラプラスに氷技は四分の一なのでニョロトノに引き、 それと雨起動等します。 サポートして、すいすいエースにつなげるといいです。 与ダメージ計算 雨下で計算しています。 ねっとう 無振りウルガモス 確定二発 無振りファイアロー 乱数一発 無振りエースバーン 確定一発。 炎タイプじゃないとき確定二発。 無振りドリュウズ 確定一発 こごえるかぜ 無振りドラパルト 乱数三発 無振りガブリアス(未解禁)乱数二発 無振りボーマンダ(未解禁)確定二発 無振りランドロス(未解禁)確定二発 被ダメージ計算 HBずぶとい想定です。 物理方面 ドリュウズ地震確定二発 ギャラドスダイジェット(とびはねる)乱数二発 ギャラドスパワーウイップ確定一発 終わりに ポケモン徹底攻略のサイトを見てみると、まだスカーフ解除がコンセプトの育成論はまだありませんでした。 この育成論を応用して、コータスなどの晴れ版等もいいかもしれません。 エースバーンは一応、雨下でほのおタイプなら確定1発だと思います。 もうかエースバーンがどれほどいるか分かりませんが。 説明としてどういう展開で戦っていくのかが全くわかりません。 技構成についてもなぜ採用しているのかが一切触れられておらずただただ技の説明を書いているだけです。 そこらへんの追記修正をお願いします。 パーティ構築の紹介ではないので、拘り系のアイテムを持っているポケモン と言う書き方の方が良いと思います。 また、色々と雑に感じます。 そこの所を改善すれば、良い育成論になると思うので、修正お願いします。

次の