七五三男の子。 七五三とは?男の子・女の子のお祝いはいつ?七五三の知っておきたい基礎知識 [ママリ]

七五三っていつやる?男の子は5歳だけじゃないの?!

七五三男の子

七五三とは?時期はいつ?男の子と女の子の七五三の違いについても解説! 2019年4月22日 こそだてハック 子供の成長を祝うイベント「七五三」。 七五三を迎える年齢の子供を持つママは、時期が近づいてくると、準備をしなくてはと考えますよね。 でも、「そもそも七五三ってどんなお祝い?」「当日はなにをしたらいいの?」と疑問が出てくることも。 今回は、七五三とは何か、お祝いする年齢、男の子と女の子との違い、お参りの時期についてご紹介します。 七五三とは?何をするの? 七五三とは、子供の成長を祝い、これからの健康を願う日本の伝統的な行事です。 昔からの習わしでは、数え年で、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳でお祝いをします。 七五三は、もともと関東圏でのみで行われる地方風俗でした。 昔は乳幼児の死亡率が高かったため、7歳になるまでは、子供の成長を願う儀式がいくつも行われていました。 現在の七五三では、住んでいる地域や各家庭で違いはあるものの、近所の神社や有名な神社に出向いて、参拝や祈祷をします。 その後、写真館やフォトスタジオで写真撮影をしたり、レストランやホテルで食事をしたりします。 七五三のシーズンは、写真館やフォトスタジオが混み合うため、最近は、先に写真撮影だけをする家庭も増えてきています。 写真館やフォトスタジオによっては、6月から七五三の写真撮影を行っているところもあり、10月や11月に比べて安く撮影できることが多いようです。 関連記事 七五三は何歳でやるの?男の子と女の子の違いは? 前述の通り、昔は数え年で七五三のお祝いをしていましたが、現在では、満年齢でお祝いをする家庭が多くみられます。 また、兄弟でタイミングを合わせるケースもあり(例:ひとりは満年齢、もうひとりは数え年)、お祝いする年齢を厳格に守らなくてはいけないという決まりはありません。 男の子は、5歳でのみ行う地域や家庭も増えてきています。 七五三をお祝いする歳が男の子と女の子で異なるのは、その年にお祝いをする意味が大きく関係しています。 以下に、伝統にもとづく七五三の年齢やその意味と内容をご説明します。 数え年3歳(満2歳になる年) 男女ともにお祝いします。 江戸時代には子供の産毛を剃っておくと将来は健康な髪が生えてくると信じられていたため、男女問わず3歳までは坊主にする習慣がありました。 伝統的なお祝い方法としては、3歳になり髪を伸ばし始める「髪置きの儀(かみおきのぎ)」を行います。 数え年5歳(満4歳になる年) 男の子のお祝いをします。 人生で初めて袴(はかま)を着用する「袴儀(はかまぎ)」を行います。 袴は、江戸時代の武士が公の場で身に着ける盛装(せいそう)であったことから、この儀式は幼い少年にとって、男として社会の一員になるという意味合いを持っています。 正式な晴れ着としては袴を着用するほかに、紋付と羽織も着用します。 数え年7歳(満6歳になる年) 女の子のお祝いをします。 3歳まで着物を結んでいた付け紐(つけひも)から、成人と同じ丸帯(まるおび)をつけ始め、女性として社会の一員となるという意味合いを持っています。 関連記事 七五三のお参りの時期はいつ? 七五三は、本来は11月15日に行われる行事です。 旧暦の15日は、二十八宿の鬼宿日(にじゅうはっしゅくのきしゅくにち:鬼が出歩かない日)で、婚礼以外は何をするにも吉とされていました。 また、旧暦の11月は、田畑の収穫を終えて実りを神様に感謝する月でした。 その11月の満月の日である15日に、氏神への収穫と子供の成長に感謝を捧げ、加護を祈るようになったことが、七五三の日の由来といわれています。 明治の改暦以降は、新暦の11月15日に行われるようになりました。 江戸幕府5代将軍綱吉が長男の健康を祈ったのが11月15日だったことも、七五三が11月15日に行われるようになったきっかけといわれています。 ただ、最近では日にちにこだわらず、10月中旬~11月下旬で、六曜の縁起の良い日(大安、先勝)や家族の都合のよい日にお祝いをする家庭が増えています。 関連記事 七五三は地域によって違いがあるの? 七五三は地域によって独自の慣習があり、お祝いする日にちや規模が違います。 以下に代表的なものをご紹介します。 関東 神社に行って参拝や祈祷をする家庭が多く、いわゆる「七五三」の儀式をしっかりと行います。 3歳のお祝いは、女の子だけがする地域がほとんどです。 謝礼を入れる祝儀袋は、花結び(蝶結び)の水引に包みます。 関西 七五三当日は、近くの神社や寺に参拝し、祈祷せずに千歳飴を買って帰る家庭が多いです。 3歳のお祝いは、男女ともに行うのが一般的です。 内祝いの祝儀袋は、あわじ結びの水引に包みます。 埼玉県や千葉県、茨城の一部地域 ホテルのパーティー会場などを借りて、豪華な披露宴を開くことがあります。 北海道や東北 11月15日では着物や袴のみで出歩くには寒いため、10月中に行うこともよくあります。 九州 昔の成人が身に付ける褌(ふんどし)や湯文字(ゆもじ:女性の和服の下着の一種)を着る儀式を行う地域があります。

次の

七五三のお祝い、男の子はいつやるの?

七五三男の子

この記念撮影コラムの目次• 男の子と女の子の七五三の違い 昔は、乳幼児はあまり長く生きられない事も多かったことから、子供が無事に生まれてこれまで成長した事への感謝と、これからの成長と長寿を願う、大切な意味を持つ七五三。 歴史的に見ると、その七五三祝いは年齢によって行われる男女のお祝いの儀式に違いがあります。 昔、3歳では男の子女の子どちらも、「髪置きの義」というお祝いの儀式があり、これは3歳まで髪を剃っていましたが、3歳から髪を伸ばし始めることに由来したものでした。 さらに5歳になると、男の子が幼年から少年になる節目として「袴着(はかまぎ)の義」「着袴(ちゃっこ)の義」というお祝いで、初めて男の子が袴を着ける儀式がありました。 そして、7歳では女の子が幼女から少女になる節目として「帯解(おびとき)の義」というお祝いがありました。 このお祝いでは、女の子が6歳まで子供用の紐付きの着物を着ていた時期を過ぎて、7歳から四つ身の着物と普通の帯へ替える儀式を行いました。 このように、男女それぞれに成長にあわせたお祝いがあったことが現在の753、七五三祝いへとつながっていきます。 現代の七五三でも、男の子と女の子の成長によってお祝いの年齢に違いがあります。 一般的には「男の子3歳・5歳」「女の子3歳・7歳」が男女の七五三のお祝い年齢として言われていますが、関西では「男の子3歳・4歳・5歳」「女の子3歳・4歳・7歳」と3回行うところなどもあり、各地域によってもそれぞれ異なってくるので、一度おじいちゃんおばあちゃんに聞いてみるのもいいかもしれません。 男の子の七五三は5歳だけ?3歳・7歳は? 先に述べた通り、男の子の七五三をお祝いする年齢に関しては地域や家族の考え方によっても様々な考え方があり、絶対にこう、というルールはありません。 首都圏ではこれまで一般的に、2度お祝いする女の子と違って男の子は5歳の時に一度だけお祝いするご家族が多くいらっしゃいましたが、最近では3歳の男の子も七五三祝いをするご家庭が増えて来ていてお祝いの多様化が見られます。 実際、プレシュスタジオに来られるお客様を拝見していても、ご家庭の都合や、ご兄弟の節目に合わせて七五三を行うなど色んなパターンがあるようです。 3歳の男の子はかわいい七五三写真、5歳の男の子はかっこいい七五三写真に 5歳の男の子は写真撮影でも凛々しい表情や勇ましいポーズを見せてくれたりするのですが、3歳の男の子は、この年ならではのあどけない可愛らしさがあるので、記念写真にも違いが見られます。 最近では、男の子でも女の子同様に被布を着て3歳の七五三をお祝いするご家庭も見られるようになりました。 ぜひ、男の子も3歳の七五三をお祝いしてみてはいかがでしょうか。 男の子の七五三は羽織袴?おすすめの着物は? 男女共に髪型や着物を変えながら成長の変化、大きくなっていく節目が3歳、5歳、7歳の年齢になります。 3歳の男の子となるとまだ体が小さく、着物を着せても大きかったり、袴が長いかな?という心配もあるかと思いますが、プレシュスタジオをはじめ3歳用のお着物を用意している写真館、スタジオもたくさんございます。 スタジオは予約前に衣装とスタジオ内の見学が可能なところもあるのでお問い合わせしても良いかもしれません。 また、お着物を着ないでスーツ姿、フォーマルな格好で千歳飴を持って撮影する方も多いです。 その日のお子様の気分や様子で決めていただく事もできるかと思います。 また、3歳の七五三ではお着物を着られなかった方、洋装でお祝いされた方には、5歳のお祝いで羽織袴姿で大きく成長した姿が見られます。 最近は七五三のお着物をレンタルすることが多くなってきましたが、お父様も着物を着ていたり、兄弟や親戚から譲り受けた羽織袴を持参される方もいます。 ぜひ、七五三という節目でお子様の成長記録を残してあげてください。 男の子に洋装でおすすめの七五三衣装 洋装の場合、男の子の七五三の洋装でおすすめの衣装といえばやはりスーツです。 最近ではフォトスタジオでお着物・袴姿の写真を残し、お参りにはスーツ姿で行くお子様が増えてきています。 特に、移動が多いお参りでは、草履やお着物は着慣れていないため嫌がってしまうお子様が多く、途中でお着物を引っ張って着崩れてしまうこともあります。 その点では、スーツ姿で神社にお参りに行くと、お参り後のお食事会などもお着替えの手間なくそのまま向かえるのでお父様お母様の負担もグンと減ります。 また、洋装を購入した場合に限りますが、幼稚園の卒園式や小学校の入学式、結婚式やフォーマルの場面で利用することができるのもメリットです。 成長盛りの5歳の男の子なので、サイズアウトして着られなくなってしまったときにはご兄弟や親戚に着回すこともできます。 せっかくの七五三だから着物も着せたいけど、神社内の移動やお参り時のご機嫌が心配…とお考えの方には、フォトスタジオでしっかりと着物の写真を残し、お参り時やお食事会では終始機嫌が保つように、お着物だけでなくスーツも視野に入れて検討しましょう。 七五三の衣装・着物はレンタルできる? こども写真館プレシュスタジオでは、七五三撮影用の和服衣装に男の子は3歳・5歳用の羽織、女の子は3歳用の被布、7歳用の四つ身のお着物をご用意しております。 また、お着物撮影のあとは衣装を洋装にチェンジ可能!フォーマルなスーツやドレス、お洒落なセットアップ、カジュアルなお洋服などもご用意しておりますので、お着物とはガラッと違った雰囲気も楽しんでいただけます。 気になる料金も、プレシュスタジオの撮影用衣装は、レンタル費用がかからずすべて無料でレンタルしていただけるので安心です。 足袋や髪飾りなども撮影スタジオにてご用意しておりますので、手ぶらでお越しいただいても安心です!(衣装によってご用意のサイズが異なります。 また、お靴は一部店舗のみのご用意ですのでご了承ください。 ) 撮影前に、お子様とご家族一緒に「どれにしようかな?」と七五三の衣装を選ぶ時間も楽しみのひとつですね。 七五三写真の家族コーデのポイント 最近では、家族写真用に統一感のとれたコーディネートでお越しになるご家族も多くなってきました。 例えば、白シャツにデニムで爽やかコーデや、ボーダーTシャツにチノパンでカジュアルコーデ、お洋服のどこかにチェック柄が入っていたり。 家族でペアルック、とまでいかなくとも、おしゃれなリンクコーデを楽しむのもおすすめです。 思い出に残る七五三撮影なので、ぜひスタジオ衣装とお持ち込みのお洋服で七五三の記念撮影を楽しんでみてはいかがでしょうか。

次の

七五三 3歳男の子にぴったりな着物|こども写真館スタジオアリス|写真スタジオ・フォトスタジオ

七五三男の子

成長の節目と関連がある七五三 七五三いうのは、お子さまの成長に感謝しお祝いをする伝統行事です。 昔は食べ物も少なく、子供が病気になっても薬もなかなかない時代。 生れて間もない赤ちゃんが死んでしまうことが多く、また7歳までの生存率が低かったこともあり、「子は宝」としてして扱われ、無事に成長できるように願いをこめて様々な儀式が行われてきました。 それらの儀式の中で、七五三の起源になったとされているのが以下の儀式です。 男女が対象。 昔は乳児の頃に髪を剃っておくことで「後に健康な毛髪が生えてくる」と考えられていました。 また「病気予防」のためもああって、髪を剃って清潔に保っていました。 ですが男女共に3歳になると赤ちゃんを卒業するという意味で、この日から髪の毛を伸ばしはじめたそうです。 男児が対象。 古くは男女の区別なく、3〜7歳頃の間に行われていましたが、江戸時代以降は5歳の男児に行われる儀式として定着したそうです。 女児が対象。 子ども用の紐付きの着物でなく、帯を締めて着物を身に着けさせることで、一人前の人間として社会から認められる存在となったそうです。 3歳の「髪置き」という儀式は、男の子も女の子も髪を伸ばし始めるというものなので、起源から考えると「男の子が3歳で七五三のお祝いをしても何ら問題がない、むしろお祝いすべきではないか」という考え方もあります。 地域によって異なる七五三を祝う男の子の年齢 男の子の七五三を祝う年齢は地域によってかなり差があるようです。 関東地方などの東日本では5歳だけ祝うという声が多いようですが、西日本では3歳もお祝いをされる地域が多いようです。 ただ、最近では関東地方でも3歳の男の子の七五三をお祝いされる方が増えてきています。 なかには特に決まりがなく、「男の子も女の子も3歳、5歳、7歳の全部お祝いする」もしくは「男の子も女の子も3歳・5歳・7歳のいずれかをお祝いする」という地域や家庭もあり、数え年や満年齢という観点でもお祝いされる時期が異なります。 一度、お近くの神社や地域にお住いの詳しい方に尋ねてみると新しい発見があるかもしれません。 もし、パパとママの出身地が違うのであれば、親戚も交えてどちらの風習でお祝いするのか、話し合ったりしてみるのも素敵なことではないでしょうか! 七五三はお子さまの成長を実感できる機会 男の子は、3歳~5歳にかけて体系や顔立ちにかなりの変化が見られます。 3歳の男の子はまだ幼児らしさの残る「可愛いらしい」イメージがありますが、5歳ともなると男の子は心身共に逞しくなり、しっかりした「お兄ちゃん」へと成長していきます。 七五三は忙しい日常の中で「ご家族揃ってお子さまの成長を実感できる機会」となりますので、男の子は是非3歳のタイミングでもお祝いしてあげたいものです。 しかし、いざ3歳で男の子の七五三のお祝いしようと思っても「3歳の男の子の衣裳ってどんなものを着させるの?」「こんな小さな男の子が着れる衣装なんてあるの?」と思う方もいらっしゃるではないでしょうか。 スタジオマリオですと、3歳の男の子用の羽織袴のレンタルの用意もございます。 羽織袴を着た3歳の男の子は凛々しいながらも、5歳の男の子とはまた違った「まだあどけなさの残る」の表情を見ることができるでしょう。 また、羽織袴を着させたいと思っても、日頃なれない和装の着付けが苦手なお子さまもいらっしゃいます。 そんな時はスーツやタキシードなど撮影用の衣装もありますので、着物以外の衣装での撮影も素敵な思い出になるのではないでしょうか。 でもお参りもお食事会もとなると、お金も時間もと気になるのがパパとママの本音というもの。 3歳の男のお子さまのお祝いは記念に写真だけ残して…という方もいらっしゃいますので、どうぞお気軽にお問い合わせください!.

次の