クレイジー ジャーニー badhop 動画。 クレイジージャーニー 動画 BADHOP /8月28日2019年無料視聴パラビ!見逃し配信/再放送|VOD宝箱

クレイジージャーニー 動画 BADHOP /9月4日2019年無料視聴パラビ!見逃し配信/再放送|VOD鑑賞館

クレイジー ジャーニー badhop 動画

私はCMディレクターやドキュメンタリー映画の監督として、15年近く映像を作り続けている。 作り手として言えることは、作為のない映像など存在しない、ということだ。 私は、今回の一件を『クレイジージャーニー』 がバラエティー番組の顔と、 ドキュメンタリー番組の顔という二面性を持つことから起きた悲劇 と考える。 お笑いタレントの番組として見ている人には、 アリの演出だった。 「不適切な手法」と「ヤラセ」の境界線 今回の件に関して同番組のMC松本人志はツイッターで「ヤラセ」とはっきり書きつつ、番組の他の部分を擁護した。 確かに一般視聴者の立場で語れば、事前準備は「ヤラセ」と言われて当然だ。 一方で、制作したTBSは「不適切な手法」という控えめの表現をした。 この差は何か。 一般的にテレビ業界では「ないもの」を「あるもの」にすることを「ヤラセ」と定義する。 「UFOを見てない!」という人に「UFOを見た!」と言わせたらヤラセだ。 しかし、この定義には抜け道がある。 例えば、電車が駅のホームに到着するところを、ある出演者が見たとする。 しかし、カメラが1台しかなかったため、出演者の表情しか撮影できていなかった。 だからもう一度別の時間帯に電車を撮影し、編集でこの二つを組み合わせて電車到着シーンにした。 では、出演者が実際に電車の到着を見ていたものの、カメラがなくて撮影しておらず、もう1回そのシーンを丸ごと再現してもらって撮影したらどうか。 それは「ヤラセ」か「事実の再現」か。 こうした定義の複雑さから、TBSは『クレイジージャーニー』の一件を「ヤラセ」と断定せず、「不適切な手法」という曖昧な表現にしたと推測される。

次の

クレイジージャーニー出演の東大卒プロポーカープレイヤー木原直哉とプロになる方法。

クレイジー ジャーニー badhop 動画

松本人志、設楽統、小池栄子がMCを務めるTBSのクレイジージャーニー。 番組名の通り、個性的であったり、趣味に走りすぎて普通の人では理解できないようなクレイジーな行動をする人を取り上げている番組です。 そこに2週連続でBAD HOPが取り上げられました。 そこで放送された、衝撃的なBAD HOPメンバーの生い立ちを紹介します。 html メンバーは、T-Pablow、YZERR、Tiji Jojo、Benjazzy、Yellow Pato、Bark、G-K. D、Vingoの8名です。 神奈川県川崎市出身の元不良、元ギャングで結成されたグループです。 川崎市でも武蔵小杉などの人気のある住宅街ではなく、南部(川崎サウスサイドと言っていました)出身で一癖ある人生を送っています。 関連記事 各メンバーのプロフィールについてはこちらに詳しく記載しています。 メンバーの中で、リーダー的存在なのが、T-Pablow、YZERRの二人です。 二人は双子で、T-PablowがBAD HOPの心臓、YZERRがBAD HOPの脳と言われています。 音楽活動ではもちろん、ギャングチームとしてもリーダー的存在で、ケンカはピカイチに強かったようです。 衝撃な内容 ・メンバーや友達は、みな中卒 ・一家心中を計ろうとした親から刺される ・貧困から小2から物盗む ・人を傷つけて当たり前と思っていた ・当時はパトカーでは事足りず、ヘリが上から見張る ・走行中の貨物列車に飛び乗るという遊びをする ・中学では特別教室を用意され、外鍵で窓が開かない部屋に隔離されていた ・少年院に収監されるも3クラスしかなく同中学が一緒のクラスに入れないため 地方の少年院に移送される ・先輩から金銭の要求がある その額は中学生相手に30万という高額 日本での出来事とは思えないような話ですよね。 最後に述べた先輩から理不尽な金銭の要求や暴力から身を守るため、仲間を助ける為ギャングチームを結成したそうです。 先輩といっても20歳を超えた大人が相手だったようで、中学生からしたら怖いですよね。 そのギャングチームは、名前は特になかったそうです。 000012949. html 日本のヒップホップ界先駆者のZeebraは、BAD HOPの魅力はリアルな歌詞と最先端のビートを取り入れたミュージック、今一番勢いがあって新しい波を一番リードしているグループだと語っていました。 BAD HOPは自らの経験をもとにした歌詞を書いており、内容が衝撃的でそこがまた魅力だったりします。 クレイジージャーニーで、ファンはBAD HOPの魅力を「生き様がかっこいい」「カリスマ性」と語っていました。 BAD HOPが育った川崎サウスサイドは聖地として観光で聖地巡りをしているファンもいたほどです。 ファンからしたら、BAD HOPの不良なところも生き様も全てが魅力でカッコいいのですが、世間からの反応(ツイッター)は、また別の意見が多かったです。 番組放送中のツイッターで「悪を売り物にするな」「犯罪自慢」など否定的な意見が多かったですが、クレイジージャーニーという番組に出てたくさんの人がBAD HOPという存在を知る事ができ、結果的に良かったのではないでしょうか。 「川崎区で有名になりたきゃ 人殺すかラッパーになるか」というフレーズに対し、ツイッターではどちらかと言えば批判の嵐でした。 アンチがいても認知度が上がれば結果良し!ですよね(笑) なお、BAD HOPのライブには ボディーガードがいました。 html クレイジージャーニーで来年早々に横浜アリーナでライブをすることが発表されていました。 武道館を目標にしていたBAD HOP、キャパも武道館(14471人)から横浜アリーナ(17000人)へ大幅に増えます。 血のつながっていない家族、血より濃い繋がりがあるBAD HOP,080コレクションからの活躍にさらに期待ですね! おまけ ルパンと言われる盗みの天才だったタクヤさん。 BAD HOPのメンバーの仲間みたいですが、頭があまりよくなく歌詞覚えられなくて加入断念したようです(笑).

次の

BADHOPの生い立ちは?クレイジージャーニーで紹介された衝撃過去!?

クレイジー ジャーニー badhop 動画

スポンサーリンク BAD HOP バッドホップ がクレイジージャーニーに!? これまでにクレイジージャーニーに出演していた方は職人やスポーツをやってる人、その道を極めた破天荒な考え方を持った人ばかりが登場しているイメージがありますよね。 今回登場するBAD HOPは「 ヒップホップ・クルー」として活動しているグループ。 「ヒップホップ・クルー」とは同じ志を持った複数のグループやアーティストの集まりのような意味があります。 簡単に言うと ヒップホップ仲間ですね。 クレイジージャーニーでは「母親に刺された…」という過去や川崎市で育った環境について紹介されるみたいですね。 次はBAD HOPの過去についてみていきます。 BAD HOP バッドホップ の過去や経歴 BAD HOPは T-Pablow、YZERRの双子を中心に、Vingo,Bark,G-K. D,Yellow Pato,Benjazzy,Tiji Jojo の8人で構成されています。 BAD HOPのメンバーが育った町は 川崎市の工業地帯にある池上町。 池上町は「 日本で一番空気が悪い場所」と言われる場所で、当時は在日韓国人や朝鮮人が多く工場の労働者として働いている町で過ごしていました。 工場の多い池上町はトラックや工場の煙・排気ガスなどがあり、公害による影響がたくさんあったそうです。 歩いていると肌がピリピリする• 家に帰って顔を拭くと黄色い• メンバーはみんな喘息やアトピーを発症 幼い頃から普通では考えられない環境で生活をしていますね。 他には 理不尽なことでお金を取られたり、周りは犯罪で警察に捕まったり、と 映画で見るような出来事ばかりが起こっています。 「普段何かにおびえて生活してきて、ラップで自分たちは変わることができた」 こう語るBAD HOPのヒップホップの歌詞はメンバーが体験した生活環境から作られていて、彼らの思いが込められているので気になる方は見てみてください。 スポンサーリンク BAD HOP バッドホップ の喧嘩や乱闘とは BAD HOPのメンバーが学生の頃は喧嘩大会が日常的にあったり、周りにいる人やメンバー内でも犯罪で捕まったりしていました。 お店に入ってレジのお金を取るのを繰り返していると、あるとき店員にバッドで返り討ちにあったこともあるそう。 もう普通じゃ考えられないですよね(笑) BAD HOPの幼少期のエピソードや育った環境についてのドキュメンタリー 「MADE IN KAWASAKI」というのもあるので気になった方はYouTubeでググってみてください。 まとめ いかがだったでしょうか? 今回はBAD HOPの育ってきた環境やメンバーの過去について紹介しました。 育った環境によって人はこんなに考え方が違ってくるもんなんですね。

次の