言えません絶対に ネタバレ。 絶対にときめいてはいけない!第26話のネタバレと感想|デザート7月号|女性・少女漫画紹介サイト【manganista】

【スラムダンクが面白い理由】ネタバレなしで解説【絶対1度は見てほしい】-イシログ

言えません絶対に ネタバレ

韓国ドラマ『絶対彼氏』最終回をネタバレで紹介!ラスト結末の展開も詳しく解説しちゃいます! 2019年5月よりSBSで放送され、話題となった韓国ドラマ『絶対彼氏』。 」の最終回をネタバレでご紹介していきます。 」がどのようにして最終回を迎えたのか?ネタバレでご紹介をしていきましょう! 最終回の直前には、ロボットであるヨングが涙を流し、『人間みたいに涙が出た!』と喜ぶ一幕がありました。 しかしこれは、喜べるどころか、頭部にある冷却システムの不具合で漏れた液が目からあふれ出した現象であり、メルトダウンが深刻化している証拠だったのです。 ヨングを助けるべくダダは、ヨングにスイスに行きリセットしてもらうように伝え、別れを選びます。 しかしヨングは、ダダと過ごした記憶を失う事を拒み、ダダには内緒でスイスへは行かず、最期の時までダダと過ごす事を選んだのでした…。 真実を知るダダ ダダに真実を話せていないヨングは、リセットされていない事をワンジュンに伝え、「ダダを頼む」と託していました。 それを受けワンジュンは、ダダにメイクをしてもらっている時に、「ダダが本当の事を知らないのは間違っている…」と考えます。 そして、ワンジュンはダダに「ヨングはもうすぐいなくなる。 壊れたままなんだ。 」と真実を伝えるのでした。 真実を知ったダダは急いで帰宅し、ヨングを問い詰めますが、ヨングは何も話しません。 聞いたダダは、急いで帰宅しヨングを問い詰めますがヨングは何も話してくれません。 怒ったダダを観たヨングは家を去ろうとしますが、ダダは泣きながら「行かないで」と引き留めます。 ボウォンを呼び説明を受けたダダは、ヨングに時間があまり残されていない事を知るのでした。 ヨングの最期 残されたわずかな時間を、2人は一緒に過ごす事に決めます。 たくさんの思い出を作ろうと、グラウンドを一緒に走りまわったり、芝生で寝転んでピクニックをしたり… ウエディング写真の撮影をしているカップルを見かけて、二人も写真撮影をしました。 バス停につくと、雨が降り出し、「ちょっと待ってて。 傘を買って来る」ダダは慌てて傘を買いに走ります。 傘を買って急いでヨングの所へ戻ると、ヨングはベンチに座り、動かなくなっていたのでした。 ダダはヨングの横により沿い涙を流します。 「あの日も雨だった…」 ヨングは初めてダダに会った日の事を思い出していました。 ヨングとの別れの日 時は経ち、ダダは仕事に打ち込む日々を送っていました。 ワンジュンのハリウッド進出が決まり、一緒についてきてほしいと誘われたダダでしたが、「ワンジュンの陰ではなく、韓国で自分で輝いてから」と断ります。 ある日、ボウォンがダダを訪ねました。 「データ収集が終わったので、明日、本社へヨングが行ってしまう」 最後に一目、ダダとヨングを会わせてあげたい、というボウォンの計らいでした。 ダダがクロノスヘブン社を訪ねると、そこには目を閉じて横たわるヨングの姿が…。 ダダは以前のようにヨングに話しかけ、最後にキスをします。 外に出ると雪が降り続いていました。 ダダがフードをかぶると、1人の男性が近づいてきて、水色の傘を差しだしてくれます。 その男性を観たダダは、明るい笑顔を浮かべました…。 スポンサーリンク 韓国ドラマ「絶対彼氏」ラスト結末の展開を解説!傘を持った男性は誰? ヨング ジング や、本当の愛を教えてくれて、感じさせてくれてありがとう. 正直、もう少しほっこりするハッピーエンドを予想していましたし、こんなにも寂しくなる最終回は頭の片隅にもありませんでした! ヨングに元気になってほしいと思うダダの気持ちも、ダダとの記憶を大切にしたいヨングの気持ちも、痛いほど伝わってきましたね~。 2人が一緒にいる事は出来なくなってしまいましたが、バッドエンドとは言えないホッコリする最終回でしたね! そしてもう一つ気になるのが、最後ダダに歩みよって傘をさしてくれた男性は誰なのか!?ではないでしょうか? この展開が意味するものは何なのか?についても解説していきます! 絶対彼氏のラスト結末の展開を考察!ダダに傘を差したのはワンジュン? ヨングに別れを告げ、外に出た時に歩み寄る男性…誰だったのでしょうか。 傘で顔が隠れて見えない• ダダがパッと笑顔になった という所を見ると、まさかヨング!?と思ってしまいましたが、寝ている姿を見てきたばかりですし、これはあり得ないですよね。 ヨングがもう一人作られていたとしても、それはヨングではありませんし、パッと笑顔になるよりも、「なんで!?」という表情になるでしょう。 となると、やっぱりあの時現れた男性はワンジュンだったのでしょうか? ワンジュンとダダは復縁するの? 最終回の後半で、ワンジュンからハリウッドについてきてくれないか?と誘われたダダは、自分の力で上を目指すような事を言って、断っていますよね。 この時点で、ダダの中にワンジュンと復縁するという気持ちは無かったのではないかと思います。 しかし、ヨングとちゃんとお別れをして、気持ちに区切りをつけた事で、ワンジュンとのことも前向きにとらえる事が出来たのかもしれませんね。 もしも、この時ダダに傘をさしてくれた男性がワンジュンなのだとしたら、2人はもう一度恋人としてやり直す事になる可能性もあると思います! ヨングは恋のキューピッドだった? 結果的に、ダダがヨングに少なからず恋愛感情を抱いていたのは間違いないでしょう。 しかし、ヨングはロボットであり、普通の恋愛とは行かない部分も多かったですよね。 そんなヨングに対して、自分で最低な事をしておきながらワンジュンは嫉妬心が芽生えていました。 これによりワンジュンは、ダダへの気持ちを再認識し、ヨングがいなくなった後の2人の関係に変化をもたらしたと考える事もできますよね! となると、ヨングはロボット彼氏なだけではなく、全力で恋のキューピッドをしてくれたのか!?と想像してしまい、益々切なさがこみ上げますね!! 絶対彼氏のラスト結末は続編へ続く展開だった? 最後にダダに傘をさしてくれた男性が、直感通りヨングだったとしたら、続編の兆しも感じられたと思います。 が、例えワンジュンという予想が外れていたとしてもヨングではない可能性が高いですよね。 しかも、ヨングが動かなくなってしまってから、ヨングにお別れをしに行くまでには3年もの月日が経っていますので、続編が作られる可能性は限りなく低いのではないかと予想します。 ヨングが再来して、復縁したダダとワンジュンの前に現れて…という展開も想像してみましたが、ヨングが可愛そう過ぎますよね。 100%のハッピーエンドとは少し違う最終回となりましたが、この終わり方でよかったのではないかと思いますね! もしも続編が作られて、再びヨングが動けるようになっているのであれば、技術の進化を活かして、今までのヨングよりもハイスペックで、もっと自由に行動できるようにしてあげてほしいですね! ヨングはロボットでありながら自分の意志でリセットを拒否して、ダダの近くにいる事を選びましたし、感情や意思をしっかりと持っているように感じました。 ただ、韓国ドラマにしてはあっさりしすぎていたかな?と言った印象です。 日本ドラマにはないドロドロさをもっと押してたらもっと盛り上がったような。 2人は韓国版「絶対彼氏。 」に出演。

次の

羊たちの沈黙ネタバレあらすじ!結末の友人を夕食にの意味を考察!

言えません絶対に ネタバレ

てんちょう、ダメ、絶対のあらすじ紹介 お酒を飲み過ぎて財布からスカートまで 様々な貴重品や必需品を落としてしまい 困り果てていた七森結は、 見知らぬ紳士に助けられたことで、 その渋いルックスと優しさに 夢中になってしまいます。 しかし紳士に思えたその男子は、 滝沢天頂というまだ十六歳の少年で、 さらに言えばとてもウブな子でした。 好みのタイプとはまったく違うと、 結は勝手に失恋気分を味わいますが、 天頂は優しく純粋な部分があり、 やがて結は天頂に惹かれていきます。 しかし成人している結と、 まだ高校に上がったばかりの天頂では 立場の差はどうしても大きく、 恋を成就させるのは 決して簡単ではなかったのでした。 てんちょう、ダメ、絶対のネタバレと今後の展開は? 雪の日の夜、七森結は、 とても困っていました。 何故なら先ほどまで行われていた 飲み会の席で泥酔してしまい、 スマホをトイレに、財布を 路上に落としてしまった挙句、 スカートまで電柱に引っ掛けて、 そのまま眠ってしまったからです。 幸い事件にはなりませんが、 この状態では目が覚めても 身動きが取れないため、 完全に途方にくれていたところ、 通りがかりの紳士がマフラーを かけて、弁当までくれました。 そのダンディで優しい態度に たちまち夢中になる結でしたが、 もちろん急なことでもあって、 名前は聞いていませんでした。 それでもめげずに、くれた弁当の お箸袋に書いてあった店に 出向くことにした結は、 やたら逞しいその恩人が エプロンをかけて仕事に励むのを 目にすることができました。 しかしその彼は、周囲から 「てんちょー」と呼ばれていたものの、 実はその呼称は役職ではなく、 彼は滝沢天頂というバイト君で、 しかもまだ十六歳という 少年だったのです。 自分よりずっと年下で、 実際に中身も年相応以上に ウブな天頂君の本質は、 結の元々の好みとは違い、 思わず困惑してしまいますが、 天頂君は非常に誠実でした。 その優しさと純粋さは おじさま命だった結の 心にも響いていきますが、 そうした中でも結は パーティで知り合った、 怪しい紳士とデートすることに。 しかし、度を越えるというか まったく信ぴょう性のない話を し続けた紳士の危険さには気付かず、 結は窮地に陥ってしまうのでした。 サイト内で【 てんちょう、ダメ、絶対】を検索! てんちょう、ダメ、絶対の読んでみた感想・評価 「道でパンをくわえた子と衝突」、 ではありませんが、作品において 大事なのが出会いの瞬間です。 その点本作の出会いは、 泥酔して財布もスマホも、 スカートも置いてきた結さんが、 どう見ても渋いおじさんな感じの 紳士に助けられたのですから 強烈な印象がありました。 しかもその後、その紳士が 実はまだ十六歳だと知れたのですから、 私も正直ビックリしてしまいました。 各登場人物のパワーがあることもあり かなり爆笑な展開で進んでいきますが、 本筋の恋物語も面白かったですね。 まだ十六歳でとてもシャイなので、 恋の経験がない天頂君はもちろん、 結さんにしてもとても真っ直ぐで、 胸が思わずキュンとするような 正統派な恋愛物語も 十分に楽しむことができました。 感情が昂ぶると衣服が吹き飛び、 凄い筋肉がむき出しになる天頂君は、 「鉄人ガンマ」を彷彿とさせたり、 懐かしさと斬新さが同居する 独特の雰囲気がありますが、 正統派な誠実さも感じます。 見た目を全面に出していますから、 どうしても向き不向きは出ますが、 一回思い切り笑った上で、 じっくりと内容を読み込むと、 よりいっそうほっこりできる、 読み返しに適した作品でもあります。 てんちょう、ダメ、絶対はこんな方におすすめな作品!必見 ジャンルによってキャラの描き方も それぞれ異なってきますが、中でも、 「パワー系男性キャラ」の違いは顕著です。 男性向けの漫画では、鋼鉄でも ヘシ折ってしまいそうなヤバさを 漂わせる登場人物も多いですが、 女性向けとなると、その威圧感が かなりマイルドになっていくものです。 しかし、「俺物語」で超ごつい主人公が 人気を博したように、定番の中にも 変化が生じつつあります。 本作のテンチョーこと天頂君も、 見た目的には大人どころか部長クラス、 しかもやたらとパワフルで渋いという、 十六歳にはどうしても見えないような 強烈なビジュアルを持っています。 そのインパクトは強力ですが、 「出オチ」で終わるわけではなく、 見た目に似合わない純情さが、 胸にキュンと来るキャラであり、 むしろ小動物系な彼氏との 満喫できる作品でもあります。 また天頂君も見た目とは裏腹に ハードな部分はまったくなく、 安心して恋愛を楽しめる意味では、 まさしく王道の少女漫画を 楽しみたい方にも、 意外なほどオススメできます。 またヒロインの結さんも、 天然系ですがとてもひたむきで 優しい性格なので、 「初恋」を描く上で まったく嫌味にならないのが とても素晴らしかったですね。 冒頭から強烈過ぎるインパクト、 しかしそれにも負けないぐらい 純粋で温かい物語が楽しいですね。

次の

【僕ヤバ47話】考察感想とネタバレ|可愛いと言わせたい山だと姉への挨拶は今じゃない市川

言えません絶対に ネタバレ

帽子を被って見せる山田は『これっどう?』と聞きます。 しかし市川は『いいんじゃない・・?』とだけ言います。 山田の表情はその言葉が欲しいんじゃないという顔に。 市川はあれ、漫画を借りにきたんだよなと思い、カフェでは山田が仕事してるからと奢ってもらったことをやらかしだと思っていました。 女の子の服屋さんにいましたが、『ごめんね居心地が悪い?』と聞きます。 すると『いや・・・姉と時々来るんで』と言います。 試着 そこで山田が2つのワンピースを出して、『ね、どっちが可愛いいいかな?』と聞きます。 しかし市川が『さあ・・・自分の服なんだから自分の好みで買ったら』と言います。 それに山田は『違うッ』と言います。 すると市川は『じゃあこっち』とワンピースを選びます。 そして山田は『の方が・・か、かわ』と言いますが、市川は『色合いが落ち着いている』と言います。 市川はこのシチュラブコメでよく見るやつだと思います。 そこで山田が更衣室に入ってその前で市川が待ちます。 カーテンの向こうで山田が着替えていることを想像してしまいます。 すると山田が着替え終わり『じゃーん』とカーテンを開けると市川は遠くにいました。 山田が『おーい!』と呼ぶと市川は『いや・・・前にいる必要なくね?』と言います。 山田は『ある!』と言います。 そしてもう一着あるからと言ってまた着替えます。 姉に紹介 そんな時市川の姉がお店の前を通りかかります。 入ってくるなと思うも姉はお店に入ってきます。 そこで山田が着替え終わると『ぱらっぱらっぱー』と出てきます。 市川が『しっ』と言うと姉が来てると言います。 『あいさつを』と山田が言うと、『今じゃないっ』と市川が言います。 すると姉も服を試着しに更衣室に行きます。 そんな時、山田と市川が同じ更衣室に入っていました。 すると山田は後ろのチャックが閉められていませんでした。 そして『今じゃないってどういう意味?いつならいい?』と耳元で言います。 市川は『追々改めて』と言います。 山田は『約束だよ』と言います。 山田は『あー汗かいちゃった売り物なのに』というと市川は『え?買わないの?』と言います。 なんでと山田が聞くと『に・・・似合うから』と言います。 山田の顔がぱーっと明るくなり、『まーいっか』と言います。 『買ってこのまま着てこ』と言って振り返ると山田のチャックがしまっていないのを市川は見てしまいます。 山田もそれに気づきます。 そこに姉からのラインが市川にきます。 『スカート試着したよ』という姉の写真を見るとクールダウンできたと市川は思います。 【僕ヤバ】47話「僕は可愛いが言えない」の考察 可愛いと言わせたい山田 前回カフェデートで山田の母親に対して可愛いと言った市川に自分も可愛いと言われたいと思ったのか、可愛いと言わせるように仕向けます。 しかし、市川は全然かわいいと言ってくれませんでしたね笑 でも最後似合うからと言ってくれたことによって、山田がそれで許すかという感じになりましたね! 姉への挨拶 なぜか市川はとっさに姉に紹介するのは、今じゃないと言ってしまいました。 これは山田も嬉しかったでしょうね。 いつか紹介してくれるんだということですからね。 てか試着写真を送ってくれる姉って可愛いですね笑 山田の服はサイズがきつかったのか? 最後に着たワンピースですが、山田はチャックを閉めていない状態でした。 あの描写はキツくて閉められなかったのか?それとも、閉めるのがめんどくさくて閉めなかっただけなのか? でも結局は買って着てこということになったので、一応着れるということなのでしょうか? なぜ、後ろのチャックを閉めなかったのか・・・市川にとってはラッキースケベでしたけど笑 【僕ヤバ】47話「僕は可愛いが言えない」の感想 今回も最高でした!可愛いと言わせたい山田も可愛いし、姉に見つかると恥ずかしい市川も可愛いし! 山田が着替えた時に市川がめっちゃ遠くにいたのは面白かったですwww 個人的には試着室前の靴が市川の靴だと姉にバレないかなと思ってしまいます。 恐らく市川はそれほど靴をたくさんもっていないでしょうし!.

次の