アリス 米津 常田。 米津玄師の家族との断絶とは?高機能自閉症や衝撃の半生が明らかに

米津玄師の曲「アリス」の漢字「爱丽丝」をスマホで出すには?中国語だから無理?

アリス 米津 常田

『 BOOTLEG』 の リリース 2017年11月1日 録音 - 時間 60分16秒• 米津玄師• チャート最高順位• 週間1位(オリコン)• 月間3位(2017年10月度)• 年間13位(2018年度)• Billboard JAPAN• 週間1位• 2017年度年間16位(Billboard Japan Hot Albums)• 登場回数137回()• 2018年度年間2位()• 2019年度年間9位()• 週間1位• ダブル・プラチナ(CD、)• ゴールド(配信、)• ダブル・プラチナ(M14、配信、)• ・最優秀アルバム賞 アルバム 年表 (2015年) BOOTLEG (2017年) (2020年) 『BOOTLEG』収録の 目次• 概要 [ ] 『BOOTLEG』は前作『』からおよそ2年1ヶ月ぶりにリリースされた。 米津が所属をからへ移してから初めて発表されたである。 ブート盤は盤サイズのジャケットで販売され、CDの他に複数枚のアートイラスト、ポスター、ダミーレコード(を模した装飾) が封入された。 CDジャケットの全面は額縁のようなデザインで、内側に挿入したアートイラストとアルバムタイトルのロゴをプリントしたクリアシートによって複数のジャケットワークを購入者が組み合わせられるようになっている。 映像盤はCDとDVDの2枚組仕様である。 DVDには「ナンバーナイン」を除いた「Bremen」以降に発表されたシングル表題曲、「LOSER」「orion」「ピースサイン」と、映像作家の加藤隆が手がけた「ゆめくいしょうじょ」のミュージックビデオが収録されている。 通常盤はCDのみを収録している。 デザイン [ ] 『BOOTLEG』のジャケットカバーには、これまでのリリースと同様、イラストレーターとしても活動する米津が自ら描いた絵が用いられている。 絵は薄暗い部屋に立つ首なしの人間と、その肩 留まる巨大なフクロウが描かれている。 米津は自らの絵の作風を漫画的だと評していたが、今作ではそこから離れ、絵画への接近を意識して描かれた。 米津はジャケットの完成品を知人に見せた際に、絵のタッチがののものに似ていると指摘された。 米津はそれがホッパーとのファーストコンタクトであり、ホッパーの絵画「」の題名を当時制作中だった楽曲へ引用した。 「砂の惑星」は2017年にYouTube、ニコニコ動画の米津のチャンネルでミュージックビデオが公開され、同年に配信が開始された。 「打上花火」はにDAOKOの3枚目のシングルとしてリリースされた。 2017年10月10日に東京国際フォーラムにおいて「米津玄師「BOOTLEG」プレミアム全曲先行視聴会」が開催され、アルバムに収録される全ての楽曲の情報が披露された。 それまで「fogbound(+?)」「灰色と青(+?)」として情報が伏せられていた楽曲において前者にはの、後者には俳優のがボーカリストとして参加したことが明らかとなった。 また、「灰色と青」は同日にミュージックビデオがYouTubeで公開、先行配信が開始された。 背景 [ ] 本作は、他の音楽家、媒体の異なる創作物へのオマージュがキーワードとなっている。 米津は「」では誰もが聞いたことのない楽曲を追求していた。 次作「」では前作の方向性を踏襲しつつ、大衆の受容を意識した普遍的な楽曲へのアプローチを見せ、さらに次作「」ではその方向へさらに踏み込んだ。 本作に収録された楽曲は、いずれも何らかの対象へのオマージュが立てられている。 「ナンバーナイン」は多数の漫画家が集結した「ルーヴルNo. 9 ~漫画、9番目の芸術~」。 「orion」はNHKTVアニメ「」と、からの影響がラジオ番組内で公言された。 「ピースサイン」は読売系アニメ「」と、和田光司の「」、DAOKOとの共作となった「」は「」。 「砂の惑星」は楽曲名にの小説「」を冠し、ハチ名義で幾度も使用したのへのオマージュを掲げ、楽曲中に同じVOCALOIDを用いた楽曲を彷彿とさせるフレーズが登場する。 その他新録曲にも同じ試みが存在し、オマージュがアルバム全体に通ずるテーマとなっている。 アルバムタイトルは、当初砂丘を意味する「Dune」となる予定だった。 しかし前述のオマージュを含んだ楽曲群から、他者の作品からの影響を集めたアルバムに仕上がり、最終的に海賊版を意味する「BOOTLEG」が採用された。 チャート成績 [ ] 『BOOTLEG』及びアルバム関連曲は、アルバム発売初週にかけて多数のチャートで好成績を残している。 発売日前日、日のに約6. 9万枚を売り上げ、同日付けのオリコンアルバムデイリーランキングで1位にランクイン。 発売日の11月1日も約3. 2万枚を売り上げ、1位を維持している。 に発表された週間アルバムランキングでは初登場1位にランクインし、通作2作目、2作連続で1位を記録した。 初動売り上げは16万枚を突破しており、2位以下に10万枚以上の大差をつけて首位獲得を果たした。 売り上げ枚数は米津が過去に発表したアルバム作品の初動売り上げを合計した数字を上回る記録である。 翌週のランキングでも約3. 7万枚を売り上げ、のオールタイムベストアルバム『』に次いで2位にランクインした。 以降も5週連続で週間TOP10入りを果たしている。 Hot Albumsでは、ランキングを構成する指標(CDセールス・ダウンロード・ルックアップの3部門)の全てで1位を記録し 、初登場1位を獲得した。 発売初週にはオリコンやBillboardをはじめとする、20を超えるチャートで『BOOTLEG』及び関連曲が首位を獲得している。 jp最新週間アルバムランキング music. 「灰色と青 +菅田将暉 」の単独成績 チャート 最高 順位 Billboard JAPAN Hot 100 3 iTunes 週間ソング・ランキング 1 レコチョク 週間シングルランキング レコチョク 週間シングルランキング/J-POP music. jp最新週間シングルランキング music. 先行配信されていた「灰色と青 +菅田将暉 」は前週7位から順位を上げて1位に返り咲いている。 その他シングルとして発売されていた「LOSER」「orion」「ピースサイン」はいずれも順位を20位以上上げている。 加えてアルバム新録曲6曲が単独でチャートに初登場し、合計11曲が100位以内にチャートインする結果となった。 評価 [ ] 著名人・批評家による反応 [ ] 『BOOTLEG』は2017年、18年内最大級のロングヒットを記録し、著名人、批評家から多数の反応を得た。 で企画された「J-POP 平成の名盤30」のランキングでは第1位に選出され、選考員のひとりである石黒大貴は本作への反響を評価し、「10年後『あの頃、何聴いてた?』という会話でこの作品が挙がる気がする」とコメントした。 『BOOTLEG』は全日本CDショップ店員組合が主催する「第10回2018」の二次ノミネート作品に選出された。 には、同作品の上位10作品入賞が決定した。 米津のアルバムが賞へノミネート・上位入賞を果たすのは1stアルバムから4作連続、4度目であり、これは、、と並んで最多の受賞回数である。 3月8日の授賞式にて、大賞の受賞が発表された。 楽曲について [ ]• 飛燕 楽曲名「」は空を「飛んでいるツバメ」を意味する。 の漫画作品『』から着想を得ており、同作の主人公であり、によって空を飛ぶナウシカと、同時に自身のことをモチーフにしている。 LOSER 5thシングル『』表題曲。 ミュージックビデオでは米津がダンスを披露している。 ピースサイン 7thシングル『』表題曲。 の『』から影響を受け、王道的なロックサウンドを踏襲している。 アルバムには米津がボーカルを務めたセルフカバーバージョンが収録される。 ハチ名義の楽曲のセルフカバーが音源化されるのは、2ndアルバム「」収録の「ドーナツホール COVER 」、7thシングル「ピースサイン」収録の「ゆめくいしょうじょ ハチ名義でリリースしたアルバム『』収録曲『沙上の夢喰い少女』のリメイク曲)」に続いて三作目である。 orion 6thシングル『』表題曲。 かいじゅうのマーチ 歌詞にの楽曲「」の一節がオマージュとして引用されている。 Moonlight 収録曲の中で最後に完成した楽曲。 途中まではこの楽曲を除く13曲構成で制作されていたが、楽曲の追加によって、アルバムのコンセプトがより具体的にされた。 歌詞にはの漫画作品『』の他、実在する物の名称が複数登場する。 楽曲名「」は春に鳴るを意味し、春の到来を伝える雷とも言われる。 2017年12月5日に、米津の公式Twitterアカウントのフォロワー数とYouTubeチャンネルの登録者数の100万人突破を記念して制作されたミュージックビデオがにて公開された。 制作には美術家のHouxo Queが携わっている。 10月7日にモデルのが歌唱参加したことが明らかとなった。 に投稿されていた池田の歌声を聞いたことをきっかけに米津がアプローチし、今回のコラボが実現した。 アルバム収録曲の中で最初に制作された楽曲。 爱丽丝 読みは「アリス」。 表記に使用されているのはで、これは米津の友人が作ったタトゥーシールから影響を受けている。 歌詞はの児童小説『』からの影響が受け取れる。 ともに米津の飲み仲間であるという常田大希(Gt. なお、常田大希は楽曲のプロデュース・編曲にも携わっている。 Nighthawks 楽曲名はの絵画『』から取られている。 とへのオマージュとして制作された。 シングルバージョンは劇場アニメ「」の主題歌に書き下ろした 楽曲。 アルバムには米津が全編を歌い上げ、一部の歌詞の削除、追加などの大幅なアレンジを施したセルフカバーバージョンが収録されている。 10月10日にホールCで開催された「米津玄師『BOOTLEG』全曲最速先行試聴会」で、俳優のが歌唱参加していることが明らかとなった。 米津が男性アーティストとコラボするのは今楽曲が初である。 同日中にYouTubeにが監督し、米津と菅田が出演するミュージックビデオが公開された。 Youtube上でのMVの再生回数が1000万回を突破した際に、米津が記念として、菅田の似顔絵を描き下ろした。 アルバム発売日の11月1日に、米津と菅田のレコーディング等の制作風景をまとめたスペシャル映像が公開された。 収録曲 [ ] CD 全作詞・作曲: 米津玄師。 ただし、 4「砂の惑星」のみ『 ハチ 』名義。 タイトル 作詞 作曲・編曲 編曲 時間 1. 「飛燕」 米津玄師。 ただし、 4「砂の惑星」のみ『 ハチ 』名義 米津玄師。 ただし、 4「砂の惑星」のみ『 ハチ 』名義 4:03 2. 「」 米津玄師。 ただし、 4「砂の惑星」のみ『 ハチ 』名義 米津玄師。 ただし、 4「砂の惑星」のみ『 ハチ 』名義 米津玄師・ 4:04 3. 「」 読売テレビ系列アニメ『』第2期第1クールオープニングテーマ 米津玄師。 ただし、 4「砂の惑星」のみ『 ハチ 』名義 米津玄師。 ただし、 4「砂の惑星」のみ『 ハチ 』名義 3:59 4. 「」 初音ミク「 2017」テーマソング ハチ ハチ 4:00 5. 「」 NHK総合アニメ『』第1シリーズ第2クールエンディングテーマ 米津玄師。 ただし、 4「砂の惑星」のみ『 ハチ 』名義 米津玄師。 ただし、 4「砂の惑星」のみ『 ハチ 』名義 米津玄師・蔦谷好位置 4:42 6. 「かいじゅうのマーチ」 米津玄師。 ただし、 4「砂の惑星」のみ『 ハチ 』名義 米津玄師。 ただし、 4「砂の惑星」のみ『 ハチ 』名義 4:56 7. 「Moonlight」 米津玄師。 ただし、 4「砂の惑星」のみ『 ハチ 』名義 米津玄師。 ただし、 4「砂の惑星」のみ『 ハチ 』名義 3:45 8. 「春雷」 米津玄師。 ただし、 4「砂の惑星」のみ『 ハチ 』名義 米津玄師。 ただし、 4「砂の惑星」のみ『 ハチ 』名義 4:49 9. ただし、 4「砂の惑星」のみ『 ハチ 』名義 米津玄師。 ただし、 4「砂の惑星」のみ『 ハチ 』名義 4:15 10. 「」 特別展『ルーヴルNo. 9 ~漫画、9番目の芸術~』公式テーマソング 米津玄師。 ただし、 4「砂の惑星」のみ『 ハチ 』名義 米津玄師。 ただし、 4「砂の惑星」のみ『 ハチ 』名義 米津玄師・ 4:22 11. 「爱丽丝」 米津玄師。 ただし、 4「砂の惑星」のみ『 ハチ 』名義 米津玄師。 ただし、 4「砂の惑星」のみ『 ハチ 』名義 米津玄師・ 3:10 12. 「Nighthawks」 米津玄師。 ただし、 4「砂の惑星」のみ『 ハチ 』名義 米津玄師。 ただし、 4「砂の惑星」のみ『 ハチ 』名義 4:20 13. 「」 米津玄師。 ただし、 4「砂の惑星」のみ『 ハチ 』名義 米津玄師。 ただし、 4「砂の惑星」のみ『 ハチ 』名義 4:19 14. 「」 米津玄師。 ただし、 4「砂の惑星」のみ『 ハチ 』名義 米津玄師。 ただし、 4「砂の惑星」のみ『 ハチ 』名義 5:32 合計時間: 60:16 DVD(初回限定盤「映像盤」のみ収録) タイトル 作詞 作曲・編曲 1. 「LOSER」 MUSIC VIDEO 監督: 2. 「orion」 MUSIC VIDEO 監督:山田健人 3. 「ピースサイン」 MUSIC VIDEO 監督:YDKA 4. 「ゆめくいしょうじょ」 MUSIC VIDEO 監督:加藤隆 演奏 [ ] 飛燕• :Vocal, Guitar• 真壁陽平:Guitar LOSER• 米津玄師:Vocal, Guitar• 須藤優 ARDBECK :Bass• 堀正輝 ARDBECK :Drums ピースサイン• 米津玄師:Vocal• 真壁陽平:Guitar• 須藤優 ARDBECK :Bass• 米津玄師、:Vocal• 真壁陽平:Guitar• 須藤優 ARDBECK :Bass• 宮崎裕介:Piano orion• 米津玄師:Vocal, Guitar• 堀正輝 ARDBECK :Drums かいじゅうのマーチ• 米津玄師:Vocal• 真壁陽平:Guitar Moonlight• 米津玄師:Vocal• 須藤優 ARDBECK :Bass 春雷• 米津玄師:Vocal, Guitar• 米津玄師:Vocal, Guitar• :Vocal• 須藤優 ARDBECK :Bass ナンバーナイン• 米津玄師:Vocal 爱丽丝• 米津玄師:Vocal, Guitar• :Guitar, Keyboards• マーガレット廣井 八十八ヶ所巡礼 :Bass• :Drums Nighthawks• 米津玄師:Vocal, Guitar• 須藤優 ARDBECK :Bass• 堀正輝 ARDBECK :Drums 打上花火• 米津玄師:Vocal, Guitar• :Vocal• 須藤優 ARDBECK :Bass• 堀正輝 ARDBECK :Drums 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• Musicman-NET 2017年11月8日閲覧。 ORICON STYLE 2017年12月10日閲覧。 2017年11月8日閲覧。 2017年11月8日閲覧。 ロッキング・オン ドットコム. ロッキング・オン・ホールディングス 2017年9月15日. 2017年9月15日閲覧。 米津玄師 official site「REISSUE RECORDS」. 2018年3月3日閲覧。 ツイート. より 2018年3月3日閲覧。 Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2017年10月26日閲覧。 リスアニ!WEB M-ON! Entertainment. 2017年8月31日. 2019年1月19日閲覧。 2019年1月19日閲覧。 rockin'on. com rockin'on japan. 2017年10月11日. 2019年1月19日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2018年7月12日閲覧。 リアルサウンド realsound. 2018年7月12日閲覧。 11月20日付 11月15日閲覧• Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク 2017年11月8日. 2018年3月3日閲覧。 T-SITEニュース エンタメ. TSUTAYA 2017年11月9日. 2018年3月3日閲覧。 2017年11月13日閲覧• Rate Your Music Rate Your Music. 2018年1月1日. 2019年10月9日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2018年3月8日. 2018年3月8日閲覧。 音楽ナタリー. ナターシャ. 2018年3月3日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2018年1月20日. 2018年1月22日閲覧。 森朋之 2017年6月16日. 音楽ナタリー. ナターシャ. 2018年3月3日閲覧。 ナタリー. 2017年12月5日. 2017年12月5日閲覧。 音楽ナタリー. ナターシャ. 2018年3月3日閲覧。 ツイート. より 2018年3月3日閲覧。 ツイート. より 2018年3月3日閲覧。 ROCKIN'ON JAPAN2017年11月号 VOL. 489• ORICON NEWS. 2017年6月28日. 2017年7月2日閲覧。 米津玄師 official site「REISSUE RECORDS」]• ナタリー ナターシャ. 2018年1月11日. 2018年1月22日閲覧。 ナターシャ 2017年2月20日. 2017年2月20日閲覧。 PRTIMES. 2017年10月17日. 2017年10月26日閲覧。 平野文子 [ fumikohirano] 2016年9月25日. ツイート. より 2018年3月3日閲覧。 ツイート. より 2018年3月3日閲覧。 加藤隆 [ ryukatoo] 2017年9月21日. ツイート. より 2018年3月3日閲覧。 外部リンク [ ]• ソニーミュージックによる紹介ページ•

次の

Kinggnu(キングヌー)がイケメン揃いで高学歴!メンバーみんな個性的すぎる|ももさくライフ

アリス 米津 常田

石原さとみさん主演のドラマ「アンナチュラル」(TBS系)の主題歌「Lemon」で米津玄師(よねづけんし)さんのことを知ってから、色々な曲を聴くようになりました。 「BOOTLEG(ブートレグ)」が第10回CDショップ大会2018の大賞に選ばれたと知って、興味を持ちました。 そのアルバムに収録されている「爱丽丝」という曲を見付けて、この曲を友人にもオススメしようと思って困ったのが、 「爱丽丝(アリス)」がスマホで漢字変換が出てこないこと! どうやって、「爱丽丝」をスマホで出せばいいのでしょうか? 調べてみました。 「不思議の国のアリス」の中国語版を見ると「 爱丽丝梦游仙境」と書いてあります。 中国語も日本語も同じ「漢字」なのに、どうしてスマホで変換できないのでしょうか? それは、中国で使われている漢字と日本で使われている漢字は、昔は同じでしたが、今は少し違受からなのだそうです。 例えばこんな風です。 中国で使われている漢字 结婚 日本语 电车 日本で使われている漢字 結婚 日本語 電車 微妙に違う漢字から、全く違う漢字まで、「漢字」と一言でいっても、文字は何種類かにわかれているんですね。 米津玄師はなぜ「アリス」を「爱丽丝」と中国語を用いたのか? 米津玄師さんは、どうして、わざわざ中国語の「爱丽丝」という字を用いたのでしょうか? 調べたところ、曲名を「爱丽丝」にした理由について、米津玄師さんご自身がツイートしていました。 因みに爱丽丝は「アリス」と読みます。 米津玄師さんのご友達であるCHiNPANさんが作ったタトゥーシールというのは、こちらのことです(ツイッターにリンクが貼ってありました)。 instagram. けれど、「スマホのユーザー登録に入れるほどではないかも」というあなたに、代替案のご提案です。 代替案の1つ目は、 「爱丽丝」を「アリス」とカタカナで書くことです。 米津玄師さんもツイッターで「 因みに爱丽丝は「アリス」と読みます。 」とつぶやいていたので、カタカナ表記だと、私たちも打ちやすいですよね。 代替案の2つ目は、 「爱丽丝」を日本で使われている漢字で書くことです。 中国語の「爱丽丝」は「愛麗絲」と書くことができます。 「爱」=「愛」 「丽」=「麗」 「丝」=「絲」 「愛(あい)麗(れい)絲(し)」で変換できますので、この漢字だと使いやすいですですね。

次の

米津玄師「爱丽丝」が攻めてて格好良いし圧倒的な飲み友感ある

アリス 米津 常田

私自身は2年ほど前に「」がラジオでヘビロテされた辺りでちゃんと存在を認識くらいで、それほど詳しい訳でもなかったのですが、4thアルバム「」は購入しました。 今回なぜ爱丽丝という曲を殊更取り上げるか、というよりそもそもの購入の動機が爱丽丝が収録されているから、なのですが、では何故そんなに爱丽丝を聴きたかったのかというと 御察しの方もいるかもしれませんが、以前別記事でちらっと申し上げたように、私は八十八ヶ所巡礼というバンドが好きなので 八十八ヶ所巡礼のベースボーカルであるマーガレット廣井さんがベースで参加されているからという理由ですね。 爱丽丝 に携わったメンバーは作詞作曲に米津玄師さん、編曲及びギターにKing の常田大希さん、ベースに八十八ヶ所巡礼のマーガレット廣井さん、ドラムに元の矢尾拓也さんという飲み友メンバーで構成されています。 新進気鋭感が凄いね! この楽曲、構成メンバーがお友達というエピソードによる周縁的な付加価値がなくても つまり、ビジネスライクに召集されただけのメンバーだったとしても 十分聞き応えのある面子です。 米津さんは言わずもがな、King は今キているバンドとしてと双璧をなすような存在になっているし 多分 、八十八ヶ所巡礼は業界内評価がめちゃくちゃ高いバカテクバンドです。 残念ながら私は矢尾さんについてあまり存じ上げないので、この後の文章には殆ど出て来ません。 申し訳ありません。 でも仲いいですよね おそらくなのですが、このメンバーは色々な音の中でもかなり独自の個性を持つ、ある意味癖が強いタイプの人達のように思います。 普段から歌を歌っていたり、それぞれのバンドの中心メンバーだったり。 爱丽丝という曲の素晴らしい所は、それぞれのメンバーの独自性が失われる事なく、一つの楽曲として融合している点です。 米津さんは、ストレートに爽やかだったり美しい感じの毒気のない歌詞も書かれますが、ちょっと衒学的で幻想的なタームを使ったシニカルなタイプの歌詞を書かれるイメージがあり、本作はまさにその方向性となっています。 サウンドも歌詞の世界観に合った、これまでの米津さんのイメージと齟齬のない曲調です。 八十八ヶ所巡礼の曲は、リズムを刻むというより旋律を作っているようなうねるベースラインが特徴的なのですが、本作でも遺憾無く発揮されています。 敢えて他人の名義の曲だから特徴を矯める、という事がされていません。 冒頭のベースが端的に特徴を表している、且つ色々な意味で最も癖が強そうな動画はこちら。 ギターについてはマジでKing です。 めっちゃKing 語彙力。 何がと問われても説明出来ませんが音色でしょうか?取り敢えずとかでKing の曲数曲聴いて下さい。 取り敢えずこの曲とか。 2番が終わった後の間奏部分の事をハイパーキングヌータイムと命名しています。 ここだけを聴いてKing の曲と言われたら納得しそうです。 語彙力 元々「誰某が他の誰某のレコーディングに参加!」という類のニュース、盛り上がってていいなとは思いつつ、その価値はいまいちピンときてなかったんですよ。 私の耳が悪いだけなんですけど、そこまで個々のプレースタイルがどうとか音源だけで聞き分けられないし、平素がそれならコラボした時の機微みたいなニュアンスみたいなのも分からないし。 でも逆にここまで個性の強い人々がそれをそのままぶつけてきたら流石にわかります。 こういうの化学反応などというのでしょうが、寧ろ何でちゃんと一曲に綺麗に纏まるの?という驚嘆を覚えます。 ここまで来て矢尾さんのドラムについて何も言えないのが悔しくなってきたので聴こうかと思うのですが昔のを聴いたら良いのん? 以前にさんとさんが共著「キャプテン・サンダーボルト」を執筆した時のエピソードで、「お互いが最初に書いたパートにもどんどん修正をかけたので、どの部分がどちらとかは分からない、り状態」と仰っていたのが面白かったのですが、曲の場合最終的な役割が分かれているのでどういう表現が適切なんでしょうか。 サラダボウルでもメルティングポットでもないし、あれです、鮪とアボカドとを出汁醤油と辣油で和えたやつですね。 ここまでが掲題の「攻めてて格好いい」についてでしたが、ここから「圧倒的な飲み友感」について述べて行きます。 駄文を極めていきますので、真っ当な歌詞解釈をお読みになりたい方は下記のブログを参考になさってください。 曖昧な意識で彷徨った 摩訶不思議なアド 虚しさを抱えたまんま 愛を使い果たした 何の話をしていたっけ フラついて零したブランデー 全てを明日に任せて踊ろうぜもっと 確実に飲み会が開催されている…ような気がする! 「曖昧な意識」、飛ばし飛ばしの記憶にループする話題、制御し損なった身体、「ブランデー」。 数あるの中からブランデーというところがお洒落ではありますが、それにしても米津さんが飲酒をモチーフにした曲を書くとは思いませんでした。 酒の歌は世の中に数あれど、コンスタントに飲酒がモチーフの曲をリリースしているバンドといえば八十八ヶ所巡礼を置いて他に居ません。 とはいえ、マーガレット廣井さんも八十八ヶ所巡礼名義ではない活動で、酒を前面に押し出してはいないはずです。 今回は米津さん名義の曲で米津さんが作詞をする訳ですから、酒要素など全く期待していませんでした。 ところが蓋を開けてみれば飲酒の歌。 何という酒に関する引きの強さ、安定感。 ありがとう米津さん。 ありがとう飲み友。 と、まあ巫山戯た感想を持ったのですが、結果的に廣井さんが外部でも飲酒の歌に携わった妙もさることながら、やはりこの曲を作ったメンバーが飲み友だったという事、飲み友たちがコミュニケーションをとりながらプロの仕事をして格好いい曲を作ったという事が有難い限りです。 そもそも私はの中で、純粋に曲調だけで言っても爱丽丝が一番好きなんですよ。 飲み友とか関係なく、好きな音達で作った曲だったらそれは気に入るに決まっています。 …何の話をしていたっけ。 話がループしている。 酩酊してないのに。

次の