受験生。 【受験生必見】受験勉強の金銭的価値は時給3万円以上であるという試算【超高収入バイト】

【受験生必見】受験勉強の金銭的価値は時給3万円以上であるという試算【超高収入バイト】

受験生

1,387• 1,603• 464• 886• 429• 239• 1,089• 489• 253• 533• 335• 1,755• 217• 746• 794• 818• 402• 193• 101• 187• 118• 423• 110•

次の

受験生の成功の鍵は「スマホ封印」にあるっていう話

受験生

思春期に差し掛かった子どもと親が二人三脚で挑む受験は、さまざまなすったもんだもあり、一筋縄ではいかないらしい。 中学受験から見えてくる親子関係を、『偏差値30からの中学受験シリーズ』(学研)などの著書で知られ、長年中学受験を取材し続けてきた鳥居りんこ氏がつづる。 写真ACからの写真 新型コロナウイルスの大流行は、私たちの暮らしに大変な災禍をもたらしているが、それはまた、中学受験の分野においても史上初めてというほどの混乱を招いた。 今現在においても、授業は配信のみ、模試は自宅で受験などという塾もあり、各校舎によっても対応はバラバラ。 例年であれば、中高一貫校の合同説明会も花盛りの季節であるが、全て中止。 当然、学校ごとの学校説明会もウェブが主流だ。 こういう現況下にあるので、特に小学6年生の親は不安を隠せない。 今回はこのコロナ禍で、小6生の中学受験生親子がどのように過ごしてきたのかをレポートしてみたい。 恵理子さん(仮名)は5人家族。 会社員の夫との間に、小6生の達樹君(仮名)と小学1年生の弟、さらに保育園児の妹がいる。 4月に緊急事態宣言が発令されると、恵理子さんの夫はリモートワークになり、達樹君の小学校も塾も休校措置が取られた。 当然、弟も妹も休校、休園。 恵理子さん自身は介護職ということで、普通に出勤という毎日だったそうだ。 恵理子さんは疲れ切った表情でこう訴えた。 「もう最悪です。 2月までは達樹もやる気満々で、志望校に向かって頑張っていたんです。 でも、主人との巣ごもり生活ですっかりやる気を失ってしまって……」 恵理子さんいわく、夫は今まで家事はおろか、子育てにもまったく参加してこなかったほどの仕事人間。 それが、突然のリモートワークで3人の子の面倒をみることになり、頭を抱えてしまったそうだ。 「最初はZoom会議の時に、下の子たちを静かにさせる目的で、ゲーム機を与えたみたいなんです。 夫は子どもが自分に迷惑をかけず、静かにしていてくれるほうを優先させたため、「自宅はゲームとYouTube天国になった」という。 「塾も最初は動画配信だけで、課題もチェックされなかったため、達樹はまったくやっていなかったんです。 当然、塾での学習内容は一切身についていませんでした。 そうこうするうちに、自宅で参加する塾のテストがあったんですが、考えられないほど悲惨な結果で……。 達樹は、もうすっかりやる気をなくしてしまい、主人も『やる気がないヤツに受験は不要』と言い出して、ウチはもう中学受験から撤退すると思います。 今まで、私は何のためにあんなに頑張ってきたのかと思うと、全てが虚しくなりますね……」と恵理子さんはうなだれていた。

次の

【受験生の夏2020】夏休み大幅短縮とオープンキャンパス中止で、実感できない「志望校のリアル」(アーバン ライフ メトロ)

受験生

1,387• 1,603• 464• 886• 429• 239• 1,089• 489• 253• 533• 335• 1,755• 217• 746• 794• 818• 402• 193• 101• 187• 118• 423• 110•

次の