独り言が多い人 心理。 ※光or闇※独り言が多い人の心理6つと2面性!アノ病気が暴走中?

独り言がうるさい人は病気?その心理と対処法について

独り言が多い人 心理

もくじ• そもそも独り言って病気なの? その質問に答える前に、そもそも独り言とは、どういうものなのでしょう? 一人で過ごしている時間が長くなると、だんだんと孤独感が起こり、考えごとをするようになります。 そのようなときに、無意識に考えを声に出してしまうことを独り言といいます。 独り言は、自分の声を聞くことで不安や寂しさなど心理的なストレスを解消し、心と身体のバランスを図ろうとする無意識な行動です。 また、独り言には、考えていることをまとめる働きもあります。 一人で黙々と仕事をするエンジニアなどに多く見られるのですが、彼らは考えていることを音にして整理し、納得して答えを見つけようとしているのです。 こういった独り言は病気ではないので問題はありません。 独り言多い人、少ない人 どこからが病気レベル? 世の中には独り言が多い人がいます。 ではいったい、どこからが病気レベルなのでしょうか? テレビにツッコミを入れる、「あっ、あれしなきゃ」「買いもの忘れちゃった」などの独り言は心配ありません。 しかし、次のような症状が現れたときは、すみやかに受診してください。 ・突然怒りだす ・一人なのに誰かと会話をしているような話し方をする ・急に笑い出す 独り言が多すぎる場合、疑われる病気ってあるの? 独り言が増えると、 うつ病や統合失調症などの病気や、 発達障害が疑われます。 次のような症状が出てきたら、それは病気のサインかもしれません。 しかし、その症状に本人はなかなか気づかず、家族や周りにいる人が気づくことのほうが多くあります。 そのようなときは、本人に症状を説明して病院を受診するようにしましょう。 うつ病の治療には次の四つがあります。 心と身体の休養 疲れた心と身体を休ませること、学校や仕事を休み休養をすること• 薬物療法 抗うつ薬、抗不安薬や睡眠導入剤の服薬をすること• 精神療法 医師やカウンセラーなどと対話し、問題解決を図ること• 生活環境の整備 ストレスの要因となるものを周りから排除したり、リラックスできる環境をつくったりすること まずは、疲れてしまった心と体の休養が何よりです。 うつ病は良くなったり悪くなったりを繰り返して、回復に向かいます。 治療期間が長くなることもあるので、あせらないようにしましょう。 うつ病が原因だったら…周囲の対応 うつ病患者の周りにいる人は、態度を変えず、今までどおり接してください。 励ますと逆効果となってしまうので、自然に見守っていくようにしましょう。 重大な決断を迫ったりせず、決めなければならないことがあっても、できるだけ先延ばしにすることも大事です。 会社がストレスのようであれば、会社を休み、ゆっくりと休養することが大切です。 こんなところに注意して うつ病は良くなったり悪くなったりを繰り返すので、調子がいいから病院に行かない、改善しないから行かないなどでは、逆に治療が長引いてしまいます。 症状が改善しないからといってあせらず、治療を続けることが大切です。 自分に合った医師を見つけ、通院するようにしてください。

次の

独り言が多い人をどうすれば黙らせる事ができるかを真剣に考えてみた

独り言が多い人 心理

職場など身のまわりに独り言が多い人はいませんか? 独り言の多い人がいると気になるし、困ってしまいますよね。 では、人はなぜ独り言をつぶやくのでしょうか。 中には、心のを表すような危険なも。 今回は「独り言が多い心理」と、やめる(やめてもらう)ための対処法を紹介します。 一般的には、ひとり暮らしをしていたり、普段から人と話す機会が少なかったりすると、独り言が多くなる傾向にあるといわれています。 そこで独り言をつぶやくことで、を解消し、不安や寂しさから自らを解放しようとしているのです。 自分の声を聞くことで安心感が得られる効果もあるようです。 「よし、やるぞ!」というような自分を鼓舞する独り言や「次はこれをして、その次は……」といった頭を整理するような独り言は問題ありませんが、 精神的に不安定になると「もうダメだ」といったな独り言が増えていきます。 またひとりで黙々と作業する仕事などでは、考えを整理するためにつぶやいていることもあります。 恋愛において口下手な男性が好きな女性の前で独り言をいうこともありますが、これは自己のためでしょう。 にを入れたりやに話しかけたりする人もいますよね。 不安な心を落ち着けるために、「!」「よし!」など、自分に話しかけるようにしてを取っています。 誰かに話を聞いてもらいたいけれど、話せる相手がいないときに独り言が出やすくなります。 本来、自分から話しかければいいのですが、それができないため、独り言をつぶやくことでしています。 「はぁ~」「困ったな」などとつぶやいて、あわよくば「どうしたの?」と気にしてもらいたいと思っています。 な人に多く、自分の世界に入り込んで、まわりが見えなくなっている状態です。 危険な独り言は「」 な気持ちになるような独り言は、心のを表している可能性があります。 「なんて自分はダメなんだろう」「あぁ、また」など 、自分を責めるような内容を頻繁に言うときは、精神的に不安定なときです。 中には、が疑われるもあります。 誰かに話しかけているような話し方や声のトーンで独り言を言っている場合は、の幻聴が疑われます。 突然怒ったり、暴力的な発言をしたりするもあります。 ボーっとしていて元気のない様子で、ボソボソと自分を否定したり、悲観的な内容をつぶやいたりしている場合は心の病気が疑われます。 独り言に対して「え?」「どうしたんですか?」と反応する、同僚や後輩などが相手であれば「独り言多いですね」と素直に伝えてみるのもひとつの方法です。 仕事に対する不安やなどが原因であるのなら、温かく見守りながら、仕事をちゃんと覚えていけるように周囲がフォローしてあげたり、「?」「困ったら声かけてね」と声がけしたりしておくとよいでしょう。 助けを求めてもなんだと思ってもらえれば、少し安心できるはずです。 仕事のが軽減すれば自然と独り言は減っていくでしょう。 自然と減っていくことが多いです。 誰も反応してくれないことがわかれば、する意味がなくなります。 かまってほしくて独り言をいう人は、基本的に下手なので、その人を含めてざっくに会話ができるような職場の状況をつくっていくことが大切です。 それでも独り言が減らないようであれば、上司から注意してもらうなどの方法を考えましょう。 しかし中には、病気の可能性など危険なものもあります。 独り言が多い人は、何かしら精神的に不安を抱えていて、上手にを発散することができていない可能性も。 職場など身のまわりにいると、うるさくて気になってしまうものですが、「なぜこの人は独り言を言うんだろう?」という視点で見てあげると、何か発見があるかもしれません。 身近な人であれば「どうしたの?」「何か悩んでいるの?」と声をかけてあげるといいでしょう。 職場のが取れているような状態であれば、独り言は改善していくこともあるので、お互いにフォローし合えるといいですね。

次の

ぶつぶつ独り言が多い人は病気?うつ病や統合失調症の心配も|医師監修

独り言が多い人 心理

独り言が多い人っていますよね。 そういう私も、大学に入り、一人暮らしを始めた時は、よく言ってました。 独り言は、一人の時はいいですが、職場など、人がいる所では、周りの迷惑にもなります。 近くで、ぶつぶつ言われると、周りは気が散って、仕事の邪魔になりますよね。 しかし、意外と、無意識に出ていることが多く、自分では気づいていないことが多いです。 気づいて、直したいと思っても、なかなか直りませんし…。 どういう人が独り言を言うのか、どうしたら直せるのか、知りたいと思いませんか。 独り言が多い人の特徴と対処法(直し方)をご紹介します。 5つの特徴を通し、その心理・原因もわかります。 よかったら、参考にしてください。 独り言が多い人の特徴(心理・原因) では、独り言が多い人の特徴(心理・原因)を解説しながら、ご紹介します。 独り言が出る理由を理解するのに、お役立てください。 1.寂しい 独り言が多い人の特徴の一つに、『 寂しい』というのがあります。 一人暮らしなどで、話し相手がいない場合や、性格的に寂しがり屋な人は、独り言が多いです。 また、家族がいても、構ってもらえないなど孤独を感じてる場合も同様です。 通常なら、心の中に留めておくことを、口に出すことによって、 安心感を得ているのです。 見ていないのにテレビをつけるのと一緒です。 疑似会話、疑似家族といったところでしょうか。 人の声、音を聞くことで、 孤独を紛らしているのです。 2.ストレスを抱えている 独り言が多い人は、精神的に満たされておらず、『 ストレスを抱えている』のも特徴です。 不満や不安があっても、口に出せず、心の中に閉じ込めて、ストレスを抱え込んでいます。 そのままだと、心のバランスを崩してしまうため、独り言を言うことで、 ストレスを発散しているのです。 上司の前では、いい顔して、後で、ぶつぶつ言うのも、これに当てはまります。 驚いた時の「ビックリした!」、失敗した時の「あちゃー!」、悔しい時の「チクショー!」なども、突発的に声を出すことで、 ストレスを緩和しています。 そういう意味では、溜息も、 ストレス解消に貢献し、独り言と同様の効果があります。 3.構ってほしい 独り言が多い人は、『 構ってほしい』と思っていることが多いのも特徴です。 この「構ってほしい」の中には、様々な欲求が見え隠れしています。 職場などでは、「仕事を手伝ってほしい」、「大変なのをわかってほしい」など、 仕事や周囲への不満を遠回しに伝えるために、独り言を使うことが多いです。 また、目立ちがり屋で、 注目を浴びたいという欲求から、独り言を言う人もいます。 他には、「話し相手になってほしい」とか、小さな子供では、「一緒に遊んでほしい」など、 誰かに相手をしてほしい時も、独り言を言います。 いずれにしても、「構ってほしい」場合の独り言は、無意識ではなく、 意図的です。 自分を欲求を満たすために、言っているのです。 4.頭(記憶・情報)の整理が必要 独り言が多い人は、『 頭(記憶・情報)の整理が必要』な場合に、声を出すのも特徴です。 「あぁなって、こうなって…」など、 考えがまとまらない時や、「えーっと、何だっけ?」など、 記憶を辿る際に、独り言が出てしまいます。 特に、仕事や勉強などの何かの作業で、 難しいことや複雑なことをしている人、また、 忘れっぽい人などは、声に出して、頭を整理させようとするため、独り言が多いと言えるでしょう。 5.集中力がある or 高めたい 独り言が多い人は、『 集中力がある』人が多く、また、『 集中力を高めたい』時に、声が出てしまう人が多いのも特徴です。 集中力が高いと、 自分の世界に入って周りが見えない状況になります。 周囲の目を気にしないため、心の声である独り言が出てしまうのです。 また、独り言は、 集中力を高める効果もあります。 「やるぞー!」、「ヨッシャー」、「エイエイオー」など、口に出すことにより、やる気スイッチが入ります。 ある意味、 集中とは自分の世界に入ることです。 自分で、自分の心に投げかけることで、自分の世界に入りやすくなるのです。 かの有名なアインシュタインも、集中力アップのため、独り言を活用していたそうですよ。 独り言への対処法(直し方) では、次に、独り言への対処法(直し方)をご紹介します。 しかし、中には、直さないでよい独り言もあります。 周囲に迷惑をかけないものは、それにより得られることもあるので、無理して直す必要はありません。 問題は、仕事中の独り言など、 他の人の作業を邪魔する場合は、迷惑をかけないようにする必要があります。 近くで、ぶつぶつ言われては、うるさいですよね。 また、孤独で押しつぶれそうなど、 心のSOSを知らせる独り言は、対処が必要です。 そういった場合の独り言の対処法(直し方)をご紹介します。 1.会話できる機会を多く持つ 寂しさが限界に達し、独り言が頻発する時は、『 会話できる機会を多く持つ』が、効果的な対処法です。 定期的に誰かと食事に行ったり、習い事に行くのもよいかと思います。 ペットを飼うのも良いかもしれません。 自分では自覚していない、小さな子供や高齢者に対しては、周囲が積極的に声を掛けるなどして、安心感を与えましょう。 2.気分転換を図る ストレスや頭の整理、集中力からの独り言の対処法としては、『 気分転換を図る』が得策です。 仕事中は、トイレに行ったり、ティータイムを取るなど、適度な休憩を入れましょう。 違うことをすることで独り言が防止できます。 ストレスが緩和したり、頭がすっきりして、集中力が高まります。 頭の中の混乱の整理がつくこともあります。 また、ガムや飴を口にするのもよいかと思います。 気分転換と共に、口の中に何を入れることで、強制的に、 独り言を言いにくい状況することができます。 プライベートにおいては、気分転換に、お出かけしてはいかがでしょうか。 心が赴くままでに、行きたい所に行くのがベストでしょう。 ストレス解消には、自然の中に入ったり、カラオケやお笑いライブなど、大きな声を出したり、笑ったりできる所もよいかと思います。 3.自覚させる 独り言を自覚しているならいいのですが、そうでない場合は、『 自覚させる』ことも、対処法の一つです。 独り言を、 意図的に言っている相手には、 状況により無視した方がよいですが、 無意識の相手には、それとなく、 周囲が伝えることも大切です。 声を掛けたり、振りむくなどして、独り言が聞こえていることをアピールしましょう。 面倒かもしれませんが、自覚せずに独り言を止めてもらうことは、難しいかと思います。 4.書く習慣をつける ストレスや頭の整理、集中力からの独り言には、『 書く習慣をつける』のも、独り言を直す効果的な方法です。 声に出すことを書くことに変えることで、 同じ効果が得られますし、周囲に迷惑をかけずにすみます。 最近は、パソコンが携帯電話が普及し、書くことも話すことも機会が減っています。 それが、より一層、独り言を増やしているのかもしれません。 書くことで、心の声を表に出したり、頭の整理したり、集中力や記憶力も高まります。 独り言が多い人は、書くことを、意識的に生活に取り入れてはいかがでしょうか。 5.病院に行く どうやっても直らない独り言は、統合失調症や、うつ病などの精神疾患である可能性もないとは言えません。 疑いがある場合は、『 病院に行く』ことも、対処法の一つです。 専門家に診てもらい、適切な治療をしましょう。 いかがでしょうか。 独り言が多い人の特徴と対処法(直し方)は、以上になります。 よく「年を取ると、独り言が増える」と言いますが、夫婦のみや一人暮らしになり、隠居生活に入ると、寂しさがストレスになり、誰かに構ってほしい気持ちになるのかもしれませんね。 思考能力も落ちるでしょうし、周囲の目も気にならないようにもなります。 独り言が増えるのも、当然のことのように思います。 小さな子供が、よく独り言を言うのは、周りの目は気にせず、自分の世界に入り込んでいるからでしょう。 覚えたての知識を整理していたり、構ってほしい場合もあるかもしれません。 独り言が多い人がいると、ついつい、うるさいなぁなんて思ってしまいますが、もっと、温かい目で見る必要もあるように思います。 もちろん、自分自身の独り言にも、根本的な問題を少しでも緩和できるように、自分が喜ぶ快適な環境づくりを心掛けたいですね。

次の