軸馬と二列目。 ◆サラリーマンでも稼ぐ◆ふみの競馬予想

東海ダービー2020無料予想 最終結論

軸馬と二列目

私は勝負馬券は3連単<3連複馬券と考えて実行しているものです。 3連複馬券はあくまでも軸馬がしっかりしていてかつ荒れそうな高配当狙いの馬券と思っています。 軸にしたい馬が二頭いる場合なんて馬券を買おうとする時点でそんなレースは買いません。 なぜなら軸にしたい馬が二頭いるということは軸が絞れないということでしょ。 もし私が貴女の立場でどうしても2頭軸で組み立てるならこの30点の組み合わせで 30倍以下切り捨て馬券以外は買いませんね。 この組み合わせは2頭のうちのどちらかは3着までには入着するだろうという狙いですが 2列目が迷うところも全部入れれば多点数となってしまうのでせいぜい3頭まででしょう。 あくまでも個人的な意見ですが結論的に言わせてもらうと、 3連複馬券を2軸で買うのは愚の骨頂だと思います。 3連複馬券とはどんなものかを貴女の中でキッチリさせたほうが良いかと思います。 最近の3連複馬券は人気薄の1・2頭が必ず絡んで中波乱とか 3頭共に人気薄の組み合わせで大波乱とかの決着が多く難しくなったという感じがしています。 人気薄を2頭、伏兵を2頭、上位人気馬を2頭絡めた6頭ボックスを買います。 これで20点買いになります。 他に3連複軸1頭流しも面白いかと。 3着までに来そうな伏兵を軸にして、人気馬や人気薄馬を絡めて5頭~7頭流します。 いずれもハズレ、とりがみ 的中したが赤字 覚悟で買います。 しかしボックスや流しの場合、的中しても人気馬が絡めば赤字になりますが馬券に人気薄を絡めて現に人気薄が来て的中すればそれなりに高配当が得られます。 こうでもしないと高配当が取れません。 高配当狙いはハズレ、とりがみ覚悟です。 人気薄と上位人気をバランス良く絡める事がポイントです。 A ベストアンサー 競馬歴まもなく20年の者です。 私の場合は、馬連2、3点勝負です。 しかし、実際には1着からしんがりまで全着順を予想します。 そして、自分が予想した1着の馬から2、3着の馬へ流し、 ひょっとしたら1着と予想した馬は消えるかもしれないなあ。 というときには、2、3着と予想した馬の馬連も買っています。 さらに肝心なのは、自信が無い時には絶対に買わない。 ということでしょう。 そういった買い方をするものですから、競馬場に1日いて、 1回も馬券を買わないなんてこともよくあります。 まあ、馬が好きで馬を見るために競馬場に行っているので、 儲けようという発想が無いので出来る事だと思います。 ですから、ウインズなどでは決して買いません。 競馬場へ行って、パドックを見て買っています。 以上が私の馬券の買い方ですが、かなり変わっていると思います。 まあ、あまり人にお勧めできるものではありません。 その代わりといっては何ですが、私のお勧めの買い方を一つ。 1レースから複勝1点勝負。 勝ったら、それを全額次のレースの複勝へまたつぎ込む。 負けたら、1レースに賭けた額と同じだけ賭ける。 それの繰り返しです。 同じことを単勝でも出来ますが、リスクを考えると複勝が良いでしょう。 額の上限を決めておけば、少ない額で1日遊べますし、 上手くいけば、大儲けです。 でも、1番肝心な事は必ず小遣いの範囲内でやる事です。 借金をしてまで、ギャンブルはやるものではありません。 競馬に限らずギャンブルの楽しみ方は人それぞれで良いと思いますが、 自分1人で責任が取れる範囲で楽しみましょう。 競馬歴まもなく20年の者です。 私の場合は、馬連2、3点勝負です。 しかし、実際には1着からしんがりまで全着順を予想します。 そして、自分が予想した1着の馬から2、3着の馬へ流し、 ひょっとしたら1着と予想した馬は消えるかもしれないなあ。 というときには、2、3着と予想した馬の馬連も買っています。 さらに肝心なのは、自信が無い時には絶対に買わない。 ということでしょう。 そういった買い方をするものですから、競馬場に1日いて、 1回も馬券を買わないなんてこともよくあります。

次の

3月14日(土) 中京競馬場 本日の軸馬候補|【自称】馬券コンサルタント近藤|note

軸馬と二列目

こんばんは! 今週は三連複フォーメーションの買い方【人気馬から買う場合】として書いてみようと思います。 前のブログでも書いていますが改めて、ですね。 先に話しておきますと、「これが正解」なんてものはありません。 当たり前です。 ただ、三連複フォーメーションの買い方のパターン、引き出し、考え方として何かの気づきになればと思い書いてみます。 どうせなら馬券を当てつつ自分の競馬予想力を磨いちゃおう!!と言うところに落として行こうと思います。 それでは、肩肘はらず気楽にお付き合いください。 ・ スポンサーリンク 三連複フォーメーションの買い方【人気馬から馬券を買う場合】 三連複フォーメーションの買い方として…そもそも、三連複フォーメーションを買う意味、三連複フォーメーションの意味ってなんだか考えたことありますか?? そんな難しい話ではありませんが、 3連複一頭軸流しから点数を抑えるためにあります(たぶん)。 例えば、三連複一頭軸で相手、5頭だと10点、6頭だと15点、7頭で21点、8頭で28点…と点数が増えていきます。 当然、外れる目も出てきてしまいますが、それはあなたが「相手3頭に絞れている」と判断をしたのだから 「自分の意図を馬券に反映させた結果」です。 ごちゃごちゃ言わない。 大人なんだから。 1番人気=1、2番人気=2とします。 ただこの三連複フォーメーションの買い方は的中率はある程度確保できると思うのですが、回収率という点でみたらどうなのでしょうか?? この三連複フォーメーションの買い方では1、2、3番人気や1、2、4番人気などの(点数によりますが)確実にトリガミだろうって買い目が存在します。 もちろんトリガミでも次馬券を買うお金が少しでも戻って来ると考えるこもとできますが…競馬をしている以上盲目的に人気馬中心の馬券を買っても儲かりません。 とんでもなく予想力があれば話は別でしょうけれども そこで、あくまで「例」としてですが、人気馬を軸にして三連複フォーメーションを買うのであれば… 「2列目」で穴馬(配当を押し上げてくれるお馬さん)を探す練習兼ねて選定してみては如何でしょう?人気馬が強そうに見えてしまうのは仕方ないですが。 競馬を長く楽しんでいくなら(3連系の馬券も楽しみたいなら)ある程度穴っぽい馬の選定はさけて通れません。 その目を養いながら馬券を楽しむ一つの形です。 いかがでしょう?お気づきになりましたか? 最初の三連複フォーメーションの買い方では最高で、1、3、9番人気の組み合わせまでしたアプローチできませんが、この三連複フォーメーションの買い方では1、8、9番人気までアプローチできます。 そして何より盲目的に人気馬中心に馬券を買うことなく自分が成長できる…という理想系です。 ただし、当然外れる確率も上がります。 ただ、先のように 「1、2、3番人気」「1、2、4番人気」の3連複が取れなくて悔しいですか?といったところも考えて欲しいです。 むしろ、1〜2、3、4〜2、3、4、5、6、7、8、9の三連複フォーメーション買っちゃったけど、「クサい」と思っていた7番人気の逃げ馬が好走しちゃって2、3、4番人気が来なかったーーー。 1、7、8番人気決着だったーーーの馬券を逃した方が悔しくないですか?? これは何度もお話をしていますが、 1、2、3番人気のワンツスリー決着はわずか7パーセントしかありません。 その7パーセントの決着で得られるリターンなんぼですか? 小頭数ですし極端な例ですが2018年3月のチューリップ賞は1、2、3番人気決着で三連複の配当は410円。 同じく弥生賞1、2、4番人気決着の3連複は500円。 (まあこのようなレースは手を広げるレースではなくそれぞれ1、2点で当てたいレースですよね) その配当を逃して悶絶しますか?? ちょっとお金があるなら三連複一頭軸を買った上で重ねれば穴っぽい馬券が200円取れますし。 節約できた10点を自分が買いたいと思った組み合わせに100円、200円とオンさせる。 あくまで人気馬の好走確率は「均して」なので目の前のレースがどうかは考えなくてはいけませんが、競馬は何があるかわからないですからね。 その意味ではいくら人気馬から三連複フォーメーションを買う買い方であっても、 可能な限り2、3番人気あたりを本命にすることをお勧めします。 なぜか?? 競馬において配当が上がる条件耳にタコ、目にタコできるくらい書いていますが… ・1番人気馬の凡走 ・穴馬の好走 そしてさらにこの2つが同時に起これば、、、です。 1番人気をいつまでも本命にしていては始めからこの条件の一つを放棄してしまっていることになります。 1番人気の好走率は「均せば」… ・勝率30パーセント ・連対率50パーセント ・複勝率60パーセント そう、60パーセントも3連複の馬券になりますが、40パーセント馬券にならないのが1番人気なのです。 だから、目の前のレースで3連複フォーメーションを活用するときに、 1番人気の見極め、穴馬の選定をやってみませんか? で、「あなたの選定結果がどうであれ」1番人気は自動的に2列目の一頭に入れる。 でもし相手(2列目)を3頭とするなら残りの2頭は極力配当妙味出る馬を選ぶ。 2〜1、5、7〜1、3、4、5、6、7、8、9(同じく18点) 言ってしまえば1番人気を2列目に入れることで2列目は6割成立する可能性があるわけです。 私もさすがに朝日杯FSや弥生賞でダノンプレミアム本命にしましたがそれはさすがに「仕方ない」から。 そうでなければ極力1番人気を本命にしません。 いかがでしょうか。 三連複フォーメーションの買い方【人気馬から馬券を買う場合】「こういったことを」意識して予想に取り組んでいけば自分の競馬力も上がる気がしませんか? しません…かね(苦笑) 今日も、何かしら馬券の買い方の引き出しの一つとしてネタになっていれば幸いです。 月:回顧、火:馬券ネタ、水・木:週末考察、金:自由、土日:予想がスタンダードです。 スポンサーリンク 馬券の配当は世間が購入した票数で決まる。 1人気を軸にすると配当が安いので世間では手広く買えないデメリットがあります。 1人気絡みでの万馬券は100倍ちょっとの時もありますが、2万以上になる事だってあるんですよ。 マーチステークスは圧倒的1人気が飛んだにも関わらず、アルデバランステークスと配当的にはかわらない。 1・3人気絡みと8人気が絡んでそれだけの配当になるよ。 馬券は世間との買い方の戦いなのです。 世間では馬券で儲けを出したいでしょうから、1人気を軸にすると手広く買えないデメリットを逆手に取って、1人気と二桁人気前後が馬券に絡めば、1人気が絡んでも高配当になる事だってあるんですよ。 馬券でプラス収支にするには、世間が気がついていない買い方で的中させなければなりません。 馬券のライバルは他の馬券購入者だと言うことを肝に銘じなければいけません。

次の

勝ち馬投票券、3連複フォーメーションの意味が分かりません。例...

軸馬と二列目

私は勝負馬券は3連単<3連複馬券と考えて実行しているものです。 3連複馬券はあくまでも軸馬がしっかりしていてかつ荒れそうな高配当狙いの馬券と思っています。 軸にしたい馬が二頭いる場合なんて馬券を買おうとする時点でそんなレースは買いません。 なぜなら軸にしたい馬が二頭いるということは軸が絞れないということでしょ。 もし私が貴女の立場でどうしても2頭軸で組み立てるならこの30点の組み合わせで 30倍以下切り捨て馬券以外は買いませんね。 この組み合わせは2頭のうちのどちらかは3着までには入着するだろうという狙いですが 2列目が迷うところも全部入れれば多点数となってしまうのでせいぜい3頭まででしょう。 あくまでも個人的な意見ですが結論的に言わせてもらうと、 3連複馬券を2軸で買うのは愚の骨頂だと思います。 3連複馬券とはどんなものかを貴女の中でキッチリさせたほうが良いかと思います。 最近の3連複馬券は人気薄の1・2頭が必ず絡んで中波乱とか 3頭共に人気薄の組み合わせで大波乱とかの決着が多く難しくなったという感じがしています。 人気薄を2頭、伏兵を2頭、上位人気馬を2頭絡めた6頭ボックスを買います。 これで20点買いになります。 他に3連複軸1頭流しも面白いかと。 3着までに来そうな伏兵を軸にして、人気馬や人気薄馬を絡めて5頭~7頭流します。 いずれもハズレ、とりがみ 的中したが赤字 覚悟で買います。 しかしボックスや流しの場合、的中しても人気馬が絡めば赤字になりますが馬券に人気薄を絡めて現に人気薄が来て的中すればそれなりに高配当が得られます。 こうでもしないと高配当が取れません。 高配当狙いはハズレ、とりがみ覚悟です。 人気薄と上位人気をバランス良く絡める事がポイントです。 A ベストアンサー 競馬歴まもなく20年の者です。 私の場合は、馬連2、3点勝負です。 しかし、実際には1着からしんがりまで全着順を予想します。 そして、自分が予想した1着の馬から2、3着の馬へ流し、 ひょっとしたら1着と予想した馬は消えるかもしれないなあ。 というときには、2、3着と予想した馬の馬連も買っています。 さらに肝心なのは、自信が無い時には絶対に買わない。 ということでしょう。 そういった買い方をするものですから、競馬場に1日いて、 1回も馬券を買わないなんてこともよくあります。 まあ、馬が好きで馬を見るために競馬場に行っているので、 儲けようという発想が無いので出来る事だと思います。 ですから、ウインズなどでは決して買いません。 競馬場へ行って、パドックを見て買っています。 以上が私の馬券の買い方ですが、かなり変わっていると思います。 まあ、あまり人にお勧めできるものではありません。 その代わりといっては何ですが、私のお勧めの買い方を一つ。 1レースから複勝1点勝負。 勝ったら、それを全額次のレースの複勝へまたつぎ込む。 負けたら、1レースに賭けた額と同じだけ賭ける。 それの繰り返しです。 同じことを単勝でも出来ますが、リスクを考えると複勝が良いでしょう。 額の上限を決めておけば、少ない額で1日遊べますし、 上手くいけば、大儲けです。 でも、1番肝心な事は必ず小遣いの範囲内でやる事です。 借金をしてまで、ギャンブルはやるものではありません。 競馬に限らずギャンブルの楽しみ方は人それぞれで良いと思いますが、 自分1人で責任が取れる範囲で楽しみましょう。 競馬歴まもなく20年の者です。 私の場合は、馬連2、3点勝負です。 しかし、実際には1着からしんがりまで全着順を予想します。 そして、自分が予想した1着の馬から2、3着の馬へ流し、 ひょっとしたら1着と予想した馬は消えるかもしれないなあ。 というときには、2、3着と予想した馬の馬連も買っています。 さらに肝心なのは、自信が無い時には絶対に買わない。 ということでしょう。 そういった買い方をするものですから、競馬場に1日いて、 1回も馬券を買わないなんてこともよくあります。

次の