勉強 いらすと や。 英語の勉強のイラスト素材 [14953608]

効率のいい勉強法3選

勉強 いらすと や

知っておきたい根本的な子供の性格 まず、自分の子供の性格は理解していますか? 「そんなこと、親の私が1番知ってる」 そうかもしれません。 しかし、子供の性格に合わせて言動や態度を変えていかなければ、成長するにつれて良くも悪くも変わってきます。 子供の特徴の6分類 子供の特徴について、以下の6つに分類しました。 どれに当てはまるかチェックしましょう。 素直である。 親の言うことをよく聞く。 自分の「こだわり」を持っている。 通知表の『意欲・態度』欄が、「良い」という評価である。 (「悪い」がつかない)• わからないことがあると、自分で調べるクセがついている。 興味があるものとないものがハッキリしており、ないものには理解しようとしない。 「大丈夫」が口癖。 楽観的である。 さて、いくつ当てはまりましたか?上記の項目と、それにどのように対応すれば良いのか解説していきましょう。 成績が伸びる1番のカギは『素直である』こと 他人からの助言を素直に聞くことができる子供は伸びやすい子の特徴です。 もし、数学や英語で間違った勉強法をしていた場合、ノートの取り方がおかしかった場合、助言をされたときに「直してみよう」と思えるかどうかです。 直してみようと思える子は成績が伸びる、勉強の出来る子と言えます。 『こだわり』は勉強において必ずしもいいことではない ここで『2. 自分のこだわりを持っている』場合は特に、「素直さ」が重要になります。 普段は素直でも、「自分のやり方が全て」と頑なに聞かないのであれば、それは学力には繋がりにくいでしょう。 もし間違ったまま、非効率なやり方にこだわりを持ってしまっていれば、「この子は頭の悪い子だ」と烙印を押されてしまうのではないでしょうか? こだわる子にはどのように対処したらいいのか? 「自分のやり方を貫きたい」とこだわりが強い子供はいます。 それはダメだ、と言い切るつもりはないのですが、それがもし間違ったやり方であった場合に、中学受験・高校受験・大学受験で苦労する可能性が高くなります。 「こだわり」が強い子供の場合、「このようにしなさい」と言ってしまうと「嫌だ」と反抗してしまうので、提案を心がけるようにしましょう。 そして、その提案が何故良いのかを明確に示しましょう。 「貴方のやり方もいいと思う。 でも、こういうやり方はどうかな?こうすると、貴方のミスがこのように減るよ」 という言い方にしてみると、すぐにその通りにしなくても、耳には入っているものです。 そうするといざ躓いたとき、「やり方を変えてみようかな」と思うかもしれません。 勉強に対する姿勢、授業態度について 「私の子供は落ち着いていて人の言うことをしっかり聞く子だ」 と思っていても、学校ではそうでない場合もあります。 そこで判断するのが『3. 通知表の意欲・態度の欄が「良い」という評価である』ということです。 この、『意欲・態度』というのは、勉強に対する姿勢、授業態度です。 ここで良い評価が得られるのであれば、学校の授業をきちんと聞き、もしかすると積極的に発表もしているかもしれません。 しかし、ここで悪い評価がついている場合、授業中に寝ていたり、クラスの友達と私語をしたりと、授業に集中していない可能性があります。 最悪の場合は授業の妨害もあり得ます。 家でも学校でも「良い子」なのか、それとも家では「良い子」・学校では「悪い子」なのか判断しなければなりません。 勉強ができる子なのか、できない子なのか?学力差を分ける3タイプ 学力の差というものは、小学生のうちにつきます。 それは、大まかに3つのタイプに分けることができます。 授業や日常において、疑問をもったことは解決しないと気が済まない。 解決するまで調べる。 興味のあることは調べるが、ないことには「調べなさい」と言われなければ調べない。 調べる行為そのものが嫌いである。 疑問を持っていても解決しようとは思わない。 わからないことを調べる子は成績が伸びる! 小学生の中で、 群を抜いて学力が高い子供はAのタイプが多い傾向にあります。 つまり 「4. わからないことがあると、自分で調べるクセがついている」子です。 わからないことがあるとすぐに解決しないと気持ち悪い• 学校の授業でわからないことがあり、図書館に行って調べた• テストで95点をとって、悔し涙を流しながら家に帰ってきた これらは実際に聞いた話です。 「わからないことがある=調べる」ということは、「調べる」行為ではなく、「調べない」行為に苦痛を感じるのです。 勉強が出来ない子は疑問を解決しようとしない! Aとは逆のCのタイプの子供もいます。 「辞書を引くことが面倒だ」「疑問があってもそのままにしている」子供は著しく学力が低い傾向にあります。 例えば、• 国語の授業でわからない言葉があったら辞書を引かずに友達の解答を写す• 英語でわからない英単語があっても調べない このような状況だと、正しく言葉を使えなかったり勉強そのものが嫌いになってしまいます。 また、「調べる」行為が面倒になってしまうと、全ての教科に影響が出てきます。 「大丈夫」が口癖で楽観的な子の成績は伸びない! そしてさらに追い打ちをかける言葉が「大丈夫」です。 「今日は勉強したから、これでテストは大丈夫」「クラスの平均の位置にいるから大丈夫」と、子供からよく聞きます。 勉強においての「大丈夫」という言葉は、「ストップ」と同じ意味をもち、それ以上伸びないということです。 「このままでいいのだろうか」「自信がないから、もう少し頑張っておこう」という気持ちが学力向上に繋がっていくのです。 接し方1つで子供の学力は変わる! 自分の子供は可愛いものです。 可愛いから何でもしてあげたくなります。 何でも聞いてあげたくなります。 しかし、可愛いからこそ突き放すことも大切です。 何でも手取り足取りしてしまうと、子供は考える行為をしなくなり、「何かあっても、誰かが何とかしてくれるだろう」と楽観的になります。 子供がわからない言葉があれば親が教える、ではなく、知っていても教えない。 「わからないなら辞書を引いて調べなさい」 という一言が言えるかどうかです。 親が何でも教える習慣を作ってしまうと、「調べる」という時間をかける行為がどんどん面倒となります。 逆に、親に聞いても言われる言葉は「調べなさい」だから、親に聞かずに自分で調べよう、となるのです。 「調べる」行為が「当たり前」の行為になるのです。 親の子供への接し方ひとつで性格、学力は変わります。 子供が小さいうちから意識していきたいですね。

次の

勉強カフェ 名古屋グローバルゲートスタジオ

勉強 いらすと や

640 x 640px• 6 x 22. 00 5プリペイド M• 2000 x 2000px• 9 x 16. 00 15プリペイド L• 4000 x 4000px• 9 x 33. 00 30プリペイド XL• 5000 x 5000px• 3 x 42.

次の

勉強できない子とできる子の特徴!あなたの子供はどれに当てはまる?

勉強 いらすと や

スポンサーリンク PDCAサイクル 勉強や仕事の管理法だ。 PDCAサイクルを実践すれば、あなたの勉強の無駄が激減する。 また、あなたの行動をあなた自身が支配できる。 目的や目標の達成には強力な方法だ。 PDCAはPLAN-DO-ACT-CHECKの頭文字をとったものである。 この4つのステップを繰り返すことで、あなたの学習は劇的に変化する。 PDCAサイクルには終わりがない。 何周も繰り返すことで、継続的に学習が洗練されていくのだ。 PDCAサイクルを使う場面• 資格や試験勉強など、継続的な向上が必要なとき• 偏差値や点数が思うように伸びないとき• 新しい分野を勉強するとき PDCAサイクルの方法• PLAN:問題を提起し、目標を立てる• DO:目標を実践する• CHECK:出来栄えを評価する。 問題点を調べる• ACT:問題点の解決を考え、次のサイクルに活かす。 この4つのステップを繰り返すことで、目標を効率よく達成できる。 具体的な方法などは下の記事で述べた。 ポモドーロテクニック 勉強の密度を各段に上げる勉強法。 ポモドーロテクニック。 あまり聞きなれない人も多いかもしれない。 勉強に、あるルールを設けることで、集中力を持続させられる。 あるルールとは簡単に言えば「こまめに休む」。 これだけ。 具体的なポモドーロテクニックの方法を述べる。 ポモドーロテクニックの方法 1ポモドーロあたり25分と定義する。 達成したいタスクを決める• タイマーを1ポモドーロにセットし勉強スタート• 1ポモドーロ経ったら強制的に終了。 小休憩をとる。 (5分が推奨されている)• 1~4を繰り返す• 4ポモドーロごとに長めの休憩をとる(15~30分が推奨されている) ポモドーロテクニックの利点 いったん試してもらえれば分かる。 ポモドーロテクニックを実践すると疲れにくい。 短時間勉強して小休憩を繰り返すという工夫だけで、集中力が持続し密度が一気に濃くなる。 僕も勉強するとき、ポモドーロテクニックを利用しているが、25分が一瞬で過ぎ去る。 そのくらい深いレベルで集中できるのだ。 また、今まででは考えられないくらい勉強が捗るので、モチベーションもアップする。 参考サイト(英語) スポンサーリンク ファインマンテクニック 世界の大物理学者、ファインマンが勧める勉強法だ。 ファインマンテクニックの理念は「子供でも理解できるように説明できなければ、あなたは本当に理解したとは言えない」というものだ。 ファインマンテクニックを実践することで、知識の穴をすばやく発見できる。 また、学びたい概念について、より深く知ることが可能だ。 ファインマンテクニックは次の4つのステップに沿って行う。 ファインマンテクニックの4ステップ• 紙の一番上に勉強したい概念やテーマを簡単に書く。 勉強したい概念について、理解していることをできるだけ分かりやすく記述する。 難しい言葉を避け、子供に教えるつもりで書く。 こうすることで、あなたが理解しているところが明確になる。 また、よく理解できていない部分も判明する。 あなたが理解できていない部分を分析し、参考書や書籍に立ち戻る。 再読し、再び学ぶ。 そして、ステップ2を再開する。 冗長な表現や曖昧な表現は、あなたなりに噛み砕く。 できる限り簡単な言葉で。 分かりやすい例えを用いても良い。 これがファインマンテクニックだ。 簡単だが強力である。 勉強は加速し、複雑な概念を効率よく吸収できるようになる。 ファインマンテクニックを使ってMITのコンピュータサイエンスを勉強した猛者がいる。 彼は、4年間分のカリキュラムをたった1年で会得した。 参考サイト(英語) 勉強法の勉強はめちゃくちゃ大事 勉強はとにかく効率を追い求める必要だある。 なぜなら、勉強の目的は勉強ではないからだ。 成果を出すことのみに意味がある。 そして、効率のいい勉強法は先人に学べばよい。 今日までに、著名な科学者や起業家が実践してきたノウハウがある。 自分で考えるより、彼らの方法を真似る方が速い。 この記事では、PDCAサイクルという計画法、ポモドーロテクニックという集中法、そして、ファインマンテクニックという理解の方法の3つを勉強法として紹介した。 もちろんこれ通りにやる必要はない。 自分でやっていく内に、自己流に変化していっていい。 というより、変化するはずだ。 それが、あなたに最も適した勉強法だ。 最後に僕が最もおすすめする勉強法(というより生き方?)を2つ。 とりあえずやってみる• とりあえず終わらせる これだけ。 ぐだぐだ考えても仕方ない。 できる、できないは考えない。 ひとまずやってみる。 できなければそのとき考えればいい。 なんらかの目標を設定し、どんな形でもいいのでやり遂げる。 そうして大量の問題を解決していくことでで、できることがどんどん増えていく。 さらに、問題を解決する力もつき、次の問題はより要領よくこなせる。 大学受験の勉強法は下記事より。

次の