ワンピース つまらない。 ワンピース空島編がつまらないと話題?面白くない理由を考察!

【解説】ワンピースがつまらない理由 & 読まなくなったワケ【元ファンの主張】

ワンピース つまらない

少年ジャンプの将来が不安な件 私は少年ジャンプの未来が不安です。 同じように感じている人も多いのではないでしょうか。 今やジャンプの中で長く続く人気がある漫画がワンピースくらいなんです。 新たな人気漫画の芽吹きもあまり見られないジャンプはワンピースだけ(?)が頼み綱になっている印象がありますよね。 もはやワンピース一強の週刊少年ジャンプ ワンピースを見るために少年ジャンプを読んでいると言っても過言ではありません。 こち亀が連載終了し、ワンピースが少年ジャンプの最長寿漫画になりましたがその年数がこれからまだまだ続いていきそうです。 人気もワンピース一強と言ってもいい安定した盛況ぶりです。 逆に言うと、ワンピース以外にぱっとした作品があまりないんですよね……。 ワンピースはあとどれくらい続くのか ワンピースの原作者・尾田栄一郎先生はすでに8割り程度は終わっていると明言しています。 単行本の1巻と61巻が似た表紙であるのも、60巻がちょうど半分で区切りだったと考えると120巻でワンピースは終わりと考察できます。 現在第91巻まで出てるので残りはあと29巻ですか。 追記:尾田先生自らが100巻ちょっとと言及していました(ちょっとがどれくらいかわからない……)。 単行本の年間刊行スペースは年4冊くらいだと言われているので、数年でワンピースは終わってしまうわけなんですね。 でも逆に考えて数年もあれば面白いそれこそワンピースに匹敵or超えるような漫画くらい出てくれるでしょう。 期待しましょうよ。 ……期待してるよ……。 連載中のジャンプ主力候補 僕らのヒーローアカデミア 人々の個性という特殊能力は発達しヒーローという職業が確立された社会で、ヒーローランキングNo. 1のオールマイトから力を授かったデクがヒーローになるまでの過程を描く漫画です。 なんか見ているとかつてのアイシールド21をなぜか思い出しました(ジャンルぜんぜん違うけど)。 なんか作風が似ているような気がする……。 ドクターストーン 2019年にアニメ化することも決まったアイシールド21でお馴染み稲垣理一郎先生が原作の漫画です。 全地球人類が謎の力により石にされてしまい、その後復活した少年少女が科学の力を使い人類復興を目指すという物語です。 展開が早く、サクサク進んでいく漫画なのでそれほど長くは続けないんじゃないかなぁと個人的には感じています。 HUNTERXHUNTER 主人公ゴンがゴンさんになって無双する漫画主人公のゴンが父親のジンに会うために親と同じハンターという職業につき冒険する物語。 最近連載開始しましたが、例の冨樫病によって休載が続くので作者が生きているうちに完結するかどうかは神のみぞ知るので主力にはなれないよもう。 BORUTO ご存知少年ジャンプの主力漫画であったNARUTOの息子であるうずまきボルトの活躍を描くバトル漫画。 NARUTO最後の映画作品『BORUTO -NARUTO THE MOVIE』で今連載中の内容は観ることができます。 映画の内容を漫画化しただけではなく映画の捕捉や映画内容ストーリーが終わったあとの内容が漫画版ではこれから続いていくそうです。 漫画版では作画が原作者の岸本先生から先生お墨付きの 池本幹雄先生に変わっています。 賛否両論ありますが私は期待しています。 でも月イチ連鎖なのがなぁ……。 ジャンプの未来は明るいのか ワンピースがある限り発行部数はある程度安定するんでしょう。 でも少年サンデーの大改革を行ったように(結果は知らん)少年ジャンプでも改革が必要な時期が来るんでしょうね。 日本一の少年漫画連載雑誌の少年ジャンプにはいつまでも面白い漫画を排出していてもらいたいものです。 まとめ もはや鳥山明先生を召喚した方がいいんじゃないでしょうかね。 ドラゴンボールの続編なら発行部数伸びますよ(ジャコはアレだったけど)。 それか「ジャンプ持ってこい!」で門前払いした進撃の巨人の諫山創先生を迎え入れるとか。 ……今更無理か。

次の

【悲報】今週もワンピース糞つまらない

ワンピース つまらない

今やワンピースと双璧「鬼滅の刃」 熱烈ファン多い理由は「禰豆子」の存在?〈週刊朝日〉 テレビ版鬼滅の刃(c)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable 週刊少年ジャンプ連載の大人気漫画「鬼滅の刃」の勢いが止まらない。 ある出版関係者はこう話す。 「今ではすっかり『ワンピース』とのジャンプ二枚看板になったといっていいと思います」 原作は2016年より連載されているが、昨年4月からテレビアニメが放送されるとその人気は爆発的に加速、コミックスの累計売上推定部数も、アニメ放送前の約6.5倍にふくれあがったという。 アニメ主題歌を歌うLiSAは「紅白歌合戦」に初出場し、劇場版の公開も予定されている。 批評家で早稲田大学文学学術院文化構想学部の石岡良治准教授は、この作品について、まず近年の人気作品の流れを汲んでいることを指摘。 「進撃の巨人」「東京喰種」「亜人」など人間の捕食者と戦う、少し残虐な要素を持つ特徴というのがこの作品にもみられる。 ただ、敵である鬼の事情も丁寧に描くことで、女性や子どもが苦手なグロテスクすぎる描写は抑えてあり、一方で、必殺技を繰り出す描写には、「少年ジャンプ」の歴代の王道バトル物に共通するような、ケレン味あふれる大ゴマを使った描写を用いているところも魅力のひとつだという。 男性のみならず、女性ファンも多いというのがこの作品のひとつの特徴だ。 石岡さんは、それについて次のように分析する。 「ヨーロッパと和のテイストをうまく混ぜ、近代の闇を描き出している。 それを華麗なビジュアルで展開することによって、女性ファンにも人気が出たのだと思います」 「ジョジョの奇妙な冒険」の第1部・第2部、「るろうに剣心」あたりの作品の雰囲気も漂うと石岡准教授。 また、アニメ版の人気には、制作会社ufotableの力も大きいという。 「ufotableは男性向け作品を女性向けに展開することも得意で、ティーン層にも訴求力のあるスタジオです。 今のアニメファンは、制作スタジオや監督で作品を見る面もあります。 さらには、こんな勝因も。 「過去のジャンプ漫画のように、速い展開で主要人物がバンバン死んでいったりするところも、若い層には新鮮に映るのかもしれません」 まさに、ヒットの法則を詰め込んだような「鬼滅の刃」。 芸能界にもファンを公言するタレントが多い。 主人公の妹・禰豆子が一番のお気に入りキャラで、そのコスプレで姿をSNSに投稿して話題を集めたモデルの伊藤桃々さんも、「こんなにハマって面白いアニメは久々に見ました! 第1話から号泣しました」という大ファンの一人だ。 「鬼にも一人一人、辛い過去があって、どうして鬼になったかなどが倒す時に分かったりして、泣ける部分もあります。 炭治郎の家族思いなところ、禰豆子への愛も感動します。 戦いも毎回ハラハラしますし、まだ見てない方は、絶対見た方がいいです!!」.

次の

ワンピース空島編がつまらないと話題?面白くない理由を考察!

ワンピース つまらない

少年ジャンプの将来が不安な件 私は少年ジャンプの未来が不安です。 同じように感じている人も多いのではないでしょうか。 今やジャンプの中で長く続く人気がある漫画がワンピースくらいなんです。 新たな人気漫画の芽吹きもあまり見られないジャンプはワンピースだけ(?)が頼み綱になっている印象がありますよね。 もはやワンピース一強の週刊少年ジャンプ ワンピースを見るために少年ジャンプを読んでいると言っても過言ではありません。 こち亀が連載終了し、ワンピースが少年ジャンプの最長寿漫画になりましたがその年数がこれからまだまだ続いていきそうです。 人気もワンピース一強と言ってもいい安定した盛況ぶりです。 逆に言うと、ワンピース以外にぱっとした作品があまりないんですよね……。 ワンピースはあとどれくらい続くのか ワンピースの原作者・尾田栄一郎先生はすでに8割り程度は終わっていると明言しています。 単行本の1巻と61巻が似た表紙であるのも、60巻がちょうど半分で区切りだったと考えると120巻でワンピースは終わりと考察できます。 現在第91巻まで出てるので残りはあと29巻ですか。 追記:尾田先生自らが100巻ちょっとと言及していました(ちょっとがどれくらいかわからない……)。 単行本の年間刊行スペースは年4冊くらいだと言われているので、数年でワンピースは終わってしまうわけなんですね。 でも逆に考えて数年もあれば面白いそれこそワンピースに匹敵or超えるような漫画くらい出てくれるでしょう。 期待しましょうよ。 ……期待してるよ……。 連載中のジャンプ主力候補 僕らのヒーローアカデミア 人々の個性という特殊能力は発達しヒーローという職業が確立された社会で、ヒーローランキングNo. 1のオールマイトから力を授かったデクがヒーローになるまでの過程を描く漫画です。 なんか見ているとかつてのアイシールド21をなぜか思い出しました(ジャンルぜんぜん違うけど)。 なんか作風が似ているような気がする……。 ドクターストーン 2019年にアニメ化することも決まったアイシールド21でお馴染み稲垣理一郎先生が原作の漫画です。 全地球人類が謎の力により石にされてしまい、その後復活した少年少女が科学の力を使い人類復興を目指すという物語です。 展開が早く、サクサク進んでいく漫画なのでそれほど長くは続けないんじゃないかなぁと個人的には感じています。 HUNTERXHUNTER 主人公ゴンがゴンさんになって無双する漫画主人公のゴンが父親のジンに会うために親と同じハンターという職業につき冒険する物語。 最近連載開始しましたが、例の冨樫病によって休載が続くので作者が生きているうちに完結するかどうかは神のみぞ知るので主力にはなれないよもう。 BORUTO ご存知少年ジャンプの主力漫画であったNARUTOの息子であるうずまきボルトの活躍を描くバトル漫画。 NARUTO最後の映画作品『BORUTO -NARUTO THE MOVIE』で今連載中の内容は観ることができます。 映画の内容を漫画化しただけではなく映画の捕捉や映画内容ストーリーが終わったあとの内容が漫画版ではこれから続いていくそうです。 漫画版では作画が原作者の岸本先生から先生お墨付きの 池本幹雄先生に変わっています。 賛否両論ありますが私は期待しています。 でも月イチ連鎖なのがなぁ……。 ジャンプの未来は明るいのか ワンピースがある限り発行部数はある程度安定するんでしょう。 でも少年サンデーの大改革を行ったように(結果は知らん)少年ジャンプでも改革が必要な時期が来るんでしょうね。 日本一の少年漫画連載雑誌の少年ジャンプにはいつまでも面白い漫画を排出していてもらいたいものです。 まとめ もはや鳥山明先生を召喚した方がいいんじゃないでしょうかね。 ドラゴンボールの続編なら発行部数伸びますよ(ジャコはアレだったけど)。 それか「ジャンプ持ってこい!」で門前払いした進撃の巨人の諫山創先生を迎え入れるとか。 ……今更無理か。

次の