水郷佐原あやめパーク。 水郷佐原あやめパーク

水郷佐原あやめパークとは

水郷佐原あやめパーク

の表玄関としてを代表する観光施設。 日本の花菖蒲園で唯一、舟による花鑑賞ができる。 5月下旬 - 6月下旬には400品種150万本の・が咲き乱れるが開催。 に選定されている。 藤のトンネル(5月上旬頃) (昭和44年)に、当時のにより 佐原市立水生植物園(さわらしりつすいせいしょくぶつえん)として開園。 後に市町村合併により、旧佐原市が香取市の一部となるのにあわせ 水郷佐原水生植物園(すいごうさわらすいせいしょくぶつえん)と改称、更に(平成29年)4月29日に現在の名前に改称した。 に利根川ので栄え、として選定されている「」の街に近く、水郷筑波国定公園の表玄関として水と緑を生かした観光レクリエーション施設。 約8の園内は島や橋、水面を配置し、、や、、などが植えられ、水郷地帯の面影を表現している。 季節行事 [編集 ] ()は150万本と日本有数の規模を有し、5月下旬から6月にかけての「 あやめ祭り」期間中は多くの来訪者がある。 品種としては江戸・肥後・伊勢系などの400品種150万本が植えられている。 あやめ祭り期間中は、嫁入り舟やの演奏など様々なイベントが行われる。 サッパ舟と呼ばれる小舟で園内の花めぐりを楽しむことができる。 の着物に赤い前掛けと、三角の編み笠をかぶってを操る女船頭の姿は、この時期の風物詩となっている。 は・から贈られた千弁蓮など300種以上が植えられている。 7月から8月にかけての早朝に開花する。 この時期に「 はす祭り」が行われる。 再整備完了 [編集 ] (平成23年)に発生した()により、香取市をはじめとした水郷地域に被害が発生したため 、(平成28年)までは営業を継続しつつも再整備を長期にわたり実施。 整備が完了した(平成29年)にあわせ、園自体の名称を「水郷佐原水生植物園」から「水郷佐原あやめパーク」に変更した。 データ [編集 ]• 新型コロナウィルス感染防止のため休園していたが、令和2年6月2日(火曜日)より営業を再開した。 令和2年7月現在、イベント等は実施されないが午前9時から午後4時30分まで営業している。 開園時間 あやめ祭り中 8:00 - 19:00(土日 21:00)、はす祭り中 8:00 - 16:00、その他の期間 9:00 - 16:30• 休園日 毎週月曜、年末年始(ただし、5月 - 8月無休)• 入園料金 あやめ祭り中、大人700円、小・中学生350円 施設 [編集 ] ハス回廊(7月頃) 自然施設 [編集 ] ハナショウブ田 [編集 ] 日本有数のハナショウブ田。 6月上旬になると、江戸・肥後・伊勢系など400品種150万本のハナショウブが見ごろを迎える。 ハス回廊 [編集 ] 300品種の花ハスを栽培し、品種数では日本一の規模を有する。 2000年前の種から発芽した大賀ハスや、花弁の数が1000枚以上ある千弁蓮など非常に珍しい花を見ることができる。 7月から8月に見頃を迎え、早朝に開花する。 藤のトンネル [編集 ] 5月上旬になると藤の花が見ごろを迎える。 園内入口近くにある長さ70メートルに及ぶ藤のトンネルは通称「幸せの道」。 その他、園内各所に藤棚がある。 園内舟巡り [編集 ] 園内水路をサッパ舟と呼ばれる小舟に乗って巡りながら、ちょうど目線の高さにあるハナショウブやハスを楽しめる(運行期間は4月 - 10月雨天や強風時には欠航)。 結の島 [編集 ] あやめ祭りの風物詩である嫁入り舟の際には、結の島にて神前式が執り行われる。 の神官を招き、ハナショウブに囲まれるなか新郎新婦が結ばれることから「結の島」と呼ばれている。 四季の庭園 [編集 ] 春の梅や桜のほか、やなどの紅葉樹木や冬に花や実のなる木々を配置。 遊具施設 [編集 ] 森のあそび場 [編集 ] ハナショウブをイメージした大型滑り台やターザンロープなどの遊具施設と芝生の広場。 ドッグラン [編集 ] 広さ約600平方メートルの芝生。 犬用の水飲み・足洗い場完備。 利用料金は1頭1回200円。 利用者証有。 管理施設 [編集 ] 管理棟 [編集 ] パークへの入口。 チケット売り場、インフォメーションがある。 トイレ [編集 ] 園内3箇所に多目的トイレを備えたトイレがある。 売店・カフェ [編集 ] 売店棟 [編集 ] おみやげの販売。 あやめ祭り期間中に営業。 体験工房棟 [編集 ] ハナショウブの植替えや工作などの体験教室を開催(公式ホームページ参照)。 あやめ祭り期間はおみやげも販売。 Cafe アイリス [編集 ] 休憩棟。 軽食と休憩スペース。 あやめパークならではのメニューを提供している。 交通 [編集 ] 例年あやめ祭り期間中の6月土曜・日曜日には、東京方面から臨時列車の特急が運転されている。 公共交通機関 [編集 ]• :から徒歩約35分• JR東日本:から(潮来車庫行、与田浦経由)乗車、「水郷佐原あやめパーク入口」下車• JR東日本:から(鉾田行、佐原・麻生経由、)乗車、「水郷佐原あやめパーク入口」下車• あやめ祭り期間中、佐原駅からによる臨時シャトルバスも運行される 自動車 [編集 ] 高速道路• ・:から20分• ・東関東自動車道:から25分 一般道路• 「水郷大橋北交差点」から「与田浦・潮来」方面へ 駐車場• 駐車場有(無料、乗用車500台、大型バス30台) ギャラリー [編集 ]•

次の

水郷佐原あやめパーク クチコミ・アクセス・営業時間|香取・佐原【フォートラベル】

水郷佐原あやめパーク

の表玄関としてを代表する観光施設。 日本の花菖蒲園で唯一、舟による花鑑賞ができる。 5月下旬 - 6月下旬には400品種150万本の・が咲き乱れるが開催。 に選定されている。 藤のトンネル(5月上旬頃) (昭和44年)に、当時のにより 佐原市立水生植物園(さわらしりつすいせいしょくぶつえん)として開園。 後に市町村合併により、旧佐原市が香取市の一部となるのにあわせ 水郷佐原水生植物園(すいごうさわらすいせいしょくぶつえん)と改称、更に(平成29年)4月29日に現在の名前に改称した。 に利根川ので栄え、として選定されている「」の街に近く、水郷筑波国定公園の表玄関として水と緑を生かした観光レクリエーション施設。 約8の園内は島や橋、水面を配置し、、や、、などが植えられ、水郷地帯の面影を表現している。 季節行事 [ ] ()は150万本と日本有数の規模を有し、5月下旬から6月にかけての「 あやめ祭り」期間中は多くの来訪者がある。 品種としては江戸・肥後・伊勢系などの400品種150万本が植えられている。 あやめ祭り期間中は、嫁入り舟やの演奏など様々なイベントが行われる。 サッパ舟と呼ばれる小舟で園内の花めぐりを楽しむことができる。 の着物に赤い前掛けと、三角の編み笠をかぶってを操る女船頭の姿は、この時期の風物詩となっている。 は・から贈られた千弁蓮など300種以上が植えられている。 7月から8月にかけての早朝に開花する。 この時期に「 はす祭り」が行われる。 再整備完了 [ ] (平成23年)に発生した()により、香取市をはじめとした水郷地域に被害が発生したため 、(平成28年)までは営業を継続しつつも再整備を長期にわたり実施。 整備が完了した(平成29年)にあわせ、園自体の名称を「水郷佐原水生植物園」から「水郷佐原あやめパーク」に変更した。 データ [ ]• 新型コロナウィルス感染防止のため休園していたが、令和2年6月2日(火曜日)より営業を再開した。 令和2年7月現在、イベント等は実施されないが午前9時から午後4時30分まで営業している。 開園時間 あやめ祭り中 8:00 - 19:00(土日 21:00)、はす祭り中 8:00 - 16:00、その他の期間 9:00 - 16:30• 休園日 毎週月曜、年末年始(ただし、5月 - 8月無休)• 入園料金 あやめ祭り中、大人700円、小・中学生350円 施設 [ ] ハス回廊(7月頃) 自然施設 [ ] ハナショウブ田 [ ] 日本有数のハナショウブ田。 6月上旬になると、江戸・肥後・伊勢系など400品種150万本のハナショウブが見ごろを迎える。 ハス回廊 [ ] 300品種の花ハスを栽培し、品種数では日本一の規模を有する。 2000年前の種から発芽した大賀ハスや、花弁の数が1000枚以上ある千弁蓮など非常に珍しい花を見ることができる。 7月から8月に見頃を迎え、早朝に開花する。 藤のトンネル [ ] 5月上旬になると藤の花が見ごろを迎える。 園内入口近くにある長さ70メートルに及ぶ藤のトンネルは通称「幸せの道」。 その他、園内各所に藤棚がある。 園内舟巡り [ ] 園内水路をサッパ舟と呼ばれる小舟に乗って巡りながら、ちょうど目線の高さにあるハナショウブやハスを楽しめる(運行期間は4月 - 10月雨天や強風時には欠航)。 結の島 [ ] あやめ祭りの風物詩である嫁入り舟の際には、結の島にて神前式が執り行われる。 の神官を招き、ハナショウブに囲まれるなか新郎新婦が結ばれることから「結の島」と呼ばれている。 四季の庭園 [ ] 春の梅や桜のほか、やなどの紅葉樹木や冬に花や実のなる木々を配置。 遊具施設 [ ] 森のあそび場 [ ] ハナショウブをイメージした大型滑り台やターザンロープなどの遊具施設と芝生の広場。 ドッグラン [ ] 広さ約600平方メートルの芝生。 犬用の水飲み・足洗い場完備。 利用料金は1頭1回200円。 利用者証有。 管理施設 [ ] 管理棟 [ ] パークへの入口。 チケット売り場、インフォメーションがある。 トイレ [ ] 園内3箇所に多目的トイレを備えたトイレがある。 売店・カフェ [ ] 売店棟 [ ] おみやげの販売。 あやめ祭り期間中に営業。 体験工房棟 [ ] ハナショウブの植替えや工作などの体験教室を開催(公式ホームページ参照)。 あやめ祭り期間はおみやげも販売。 Cafe アイリス [ ] 休憩棟。 軽食と休憩スペース。 あやめパークならではのメニューを提供している。 交通 [ ] 例年あやめ祭り期間中の6月土曜・日曜日には、東京方面から臨時列車の特急が運転されている。 公共交通機関 [ ]• :から徒歩約35分• JR東日本:から(潮来車庫行、与田浦経由)乗車、「水郷佐原あやめパーク入口」下車• JR東日本:から(鉾田行、佐原・麻生経由、)乗車、「水郷佐原あやめパーク入口」下車• あやめ祭り期間中、佐原駅からによる臨時シャトルバスも運行される 自動車 [ ] 高速道路• ・:から20分• ・東関東自動車道:から25分 一般道路• 「水郷大橋北交差点」から「与田浦・潮来」方面へ 駐車場• 駐車場有(無料、乗用車500台、大型バス30台) ギャラリー [ ]•

次の

水郷佐原あやめパーク

水郷佐原あやめパーク

水郷佐原あやめパークのアクセス 駐車場は無料で広いです。 水郷佐原あやめパークの入場料金 入場料は大人800円子供300円でした。 あやめ祭り以外で安い時期は大人200円なので今はちょうどピークな割高の時期です。 でも先ごろに来なけりゃ意味ないので仕方ありません。 夏休み期間中は、夏休みイベントとしてザリガニ釣りなど子供向けのイベントもあるようです。 水郷佐原あやめパークの割引券・クーポン券 これを書いている時に気づいたのですが割引券・クーポンがあるので行かれる際は是非印刷してから行ってください。 水郷佐原あやめパークの花 今咲いているのはあやめではなくハナショウブだそうです。 響きが良いからあやめ祭りにしたのだとか。 橋と船。 メダカ 色んな種類のメダカがいました。 1匹1000円以上するものまで。 これを繁殖させれば・・・なんてつい考えてしまいます。 お茶 1人400円でお茶+茶菓子でした。 茶道部の女子高生がいれてくれました。 子供は抹茶が苦かったけれどお姉さんが気になってご機嫌でした。 茶菓子も美味しかったので満足です。 お昼・お食事処 レストランもありましたがうどんとカレーしかなかったので、外でやっていた焼きそばにしました。 塩焼きそばとソース焼きそばとソーセージです。 結構美味しかったので選択は間違えていないかもです。 となりでお土産用の喜多方ラーメンを売っていて、来た人には試食用にも配っていたのですが、段ボールの山を見ると賞味期限が切れてました(笑) 賞味期限が切れたものを試食させているのでは?と思いましたがきっと気のせいですよね! 船 あやめパークを周遊する船に乗りました。 せっかく来たのだからお約束ですよね。 並んでいましたが10分くらい待っただけですぐ乗れました。 大人500円子供300円でした。 出発時に写真を撮ってもらって、周遊が終わって帰って来ると写真販売の時間となります(笑)せっかくなのでという事で1枚1100円の写真を買ってしまいました・・・。 十二橋めぐりは大人1000円台ですが結構楽しめそうです。 あやめパーク内の周遊でハナショウブを見るのは楽しめたので、今度来たらこっちに乗って船の上から町並みを見たいと思いました。 白鳥 あやめパークは与田浦と接しているのですが、なんとそこに白鳥が無残にも横たわっていました・・・。 いや、普通に休んでいただけか。 十二橋めぐりのおばあちゃんが言っていたのですが、船にいきなり白鳥が乗って来る事があるって言ってました。 確かに近づいても逃げないし人に慣れている白鳥でした。 あやめパークの公園 ここの公園のポイントが意外に高かったです。 コンコン叩いてみましたが、ハリボテのようなものではなく、どっしりとした材料で作られた滑り台でした。 色んなコースがあって子供は夢中です。 裏にはボルタリングがあり、子供が登っていく力強さも見られました。 色々なところに滑り台。 桃の休憩椅子テーブルと大きな滑り台。 親用の椅子も良い感じ。 土管も面白い。 色々気遣われた公園でした。 この公園を設計した人はきっとすごい人なのでしょう。 こんな公園が近所にあったら助かります。 ただ、残念だったのが、年配の男性が子供達の写真を無言でバシバシ撮っていたことです。 良く見ると胸になんとか写真部みたいなバッチが。 望遠レンズだったし。 今のご時世なので・・・。 そういうのは大丈夫なのでしょうか。 あやめパークの蓮 次期はこれからでしたが、蓮のコーナーもありました。 咲いている蓮は3つほどでしたが綺麗でした。 池にエビやゲンゴロウなどがいたので子供が食いついていました。 どこから侵入したのでしょうか。 入れたのかな?それか蓮を植えた時に根っこについていたかでしょうか。 あとそう言えばヘビもいました。 にゅるにゅるって。 水郷佐原の町並み あやめパークで思ったより時間がかかってしまい、水郷佐原の町並みを見始めたのが、16時を過ぎていました。 やっぱりこういうところって閉まるのが早いのですよね。 もしくは最初っからそんなに開いていなかったか(笑) 伊能忠敬の家 田舎の祖母の家を思い出し、なんだか懐かしい空気がしました。 かき氷 唯一入れたお店が花冠(はなかんむり)という茶屋でした。 食べログ 子供も嫁もみんなが甘い物を欲していたので甘い物は?と聞くと、お汁粉かかき氷との事でしたので、宇治金時にしました。 子供はちょっと苦かったけどてっぺんに乗っているあんこと、真ん中に埋まっていたあんこで持ち直し、全員でペロリでした。 いくらなんだろうね・・・?と気になって値札を見たところ1200円! まさかのかき氷1杯でこの値段。 道理で美味しいわけだ・・・。 テレビにも出た事あるような事を嫁も言っていたので、せっかくだし食べて良かった。 次はお汁粉も食べてみたいです。 カテゴリー• 105• 1 アーカイブ•

次の